退職すると言ったら怒られる?怖い上司から解放される方法!

退職すると言ったら怒られる?怖い上司から解放される方法!

仕事を辞めたいけれど、辞めれない人はたくさんいます。その多くの理由として、退職の意思を上司に言い出せないことがあります。退職は会社や一緒に働いていた従業員に迷惑をかけてしまうので、なかなか言い出しにくいですよね。そんな時の対処法を紹介していきます。


退職すると言ったら怒られる?怖い上司から解放される方法!

「仕事を辞めたい!」と思っても、退職を申し出るのが怖くて退職を迷ってしまう人は少なくないと思います。退職はポジティブなことではないので言いにくく、周囲の人に申し訳ない気持ちになりますよね。

しかし、全ての労働者は退職する権利があります。したがって、すべての人は自由にその権利を行使することができ、実際には退職に罪悪感など感じる必要はないのです。

そこで今回は、退職を申し出るのが怖い人のために退職に関する心配事、その対処法と円満退職の方法を解説します。

どうして退職を申し出るのが怖いのか

退職を申し出ることが怖い理由は人それぞれあると思います。主な理由を紹介します。

(1)上司に退職を申し出ることが申し訳ない

これまで、お世話になった上司に退職を申し出るのは、なんだか上司を裏切ってしまうようで申し訳ない気持ちになりますよね。

また、退職を申し出た時の上司の反応を想像すると、嫌な顔をされたり、嫌味を言われたらどうしようと不安になり、言い出すのが怖くなってしまいます。

(2)退職理由が明確でない

退職するには正当な理由が必要だと思う人が多いと思います。

日本ではまだ一つの会社に長く勤務することがキャリアを積んでいく上で大切だとされています。また、退職は人生の中でも重要なことであり、一回の失敗や一時の感情ですぐに退職するのは良くないことだと考えられています。したがって、退職には周囲を納得させる理由となります。

この暗黙の了解によって、正当な理由がないと退職を申し出ることができないことになっています。

(3)トラブルが起こりそう

退職する際に会社とトラブルになるのはよくあることです。
会社とトラブルになると個人で対処するのは難しい場合もあります。退職を申し出たら、そのようなトラブルに巻き込まれると思うと不安になって、なかなか退職を言い出せなくなります。

(4)転職できるか不安

退職をするとその時点で、その人の収入はなくなってしまいます。そこで多くの人は転職先を探すでしょう。しかし、退職後に転職活動が上手くいく保証はありません。

転職先が決まっていない状態で職がなくなるのはとても怖いことです。したがって、退職を考える理由があったとしても、申し出るか迷ってしまいます。

仕事を辞める人はどのくらい?

一度、一つの会社に就職したらしばらくはその会社で働くことが一般的ですよね。先に述べたように、正当な理由もなくすぐに仕事を辞めるのは印象が悪いので、なかなか仕事を辞められない人は多いと思います。

では、長期間働かずに仕事を辞める人はどれくらいいるのでしょうか?
厚生労働省の調査では、就職して3年以内の退職率は中卒の社員で7割、高卒で4割、大卒で3割とそれほど少なくないです。

「我慢して働き続けるのが大切」という考えが多くの人にあると思いますが、退職したいと思いながら働いても辛いだけで精神的にも負担が大きくなる可能性があるので退職することも時には良い選択になるのです。

転職は難しくない

退職後に転職できるかが不安であるため、退職を申し出ることができない人も多いと説明しました。

しかし、転職エージェントDODAの調査によると、社会人全体の半分以上が転職を経験しています。このため、現代では転職は珍しいことでもとても難しいことでもないのです。

したがって、今の仕事にやりがいを感じなかったり、自分と合わないと思ったら、転職を考えるのも良いと思います。

【オススメの転職エージェント】

退職理由にはどのようなものがある?

退職する人の割合は意外に大きいことがわかりましたが、会社に受け入れてもらいやすい退職理由にはどのようなものがあるのでしょうか?主な退職理由を3つ挙げます。

(1)健康上の理由

健康上の問題があって、出社できないとなると退職せざるを得ません。病気になったり、精神的に異常をきたした場合は我慢して仕事を続けても状態が悪化するだけなので、我慢せずになるべく早めに退職できるようにしましょう。

(2)家庭の事情

健康上の理由と同様に、家庭の事情があって出社できない場合もすみやかに退職する必要があります。この場合も、会社は事情を理解して退職を認めてくれので早めに退職を申し出ましょう。

(3)将来のため

退職はネガティブな印象がありますが、将来を考え、他の仕事に転職するために退職するという理由だとポジティブなものに聞こえます。

退職がキャリアに必要であることを会社に伝えれば、一時の感情で退職するわけではないということがわかり、会社も退職を受け入れやすいでしょう。

退職時に起こり得るトラブルと対処法

退職する際には、不安なことが多いと思いますが、具体的にはどんなトラブルが起こり得るのでしょうか。

(1)会社に引きとめられる

退職を申し出ても、会社が退職を認めてくれなかったり、退職日を延長されたりなど、会社の引きとめによってなかなか退職できない場合があります。時には仕事を辞めるなら損害賠償を請求すると脅されることもあるようです。

しかし、退職を申し出た時点で会社にそれを止める権利はなく、ましてや退職するだけで損害賠償を請求することはできないので会社の引き止めには、耳を貸さずにきっぱりと退職する意思を伝えましょう。

それでも、会社が認めてくれない場合は、労働基準監督署に相談して、会社に退職を認めるように促してもらいましょう。

(2)退職金が支払われない・不当に減額される

退職金については、それぞれの会社の就業規則の退職金規定で定められています。それに基づいて自身で退職金を計算し、上司に確認してもらいましょう。

そこで退職金が支払われなかったり、不当に減額されている場合は会社の規則違反になるので、会社に申し出ましょう。

円満退職をする手順

退職するにあたって、それまでお世話になった上司や周囲の人との関係が悪くなるのは嫌ですよね。そのことが怖くて退職を申し出ることができない場合もあります。

そこで、職場の人との関係が悪くならずに円満退職するにはどうすれば良いのでしょうか。
円満退職をするための一般的な手順を紹介します。

(1)上司に退職を申し出る

まずは、上司に退職を考えていることを申し出ます。これは退職日から数カ月~一カ月前に行いましょう。

退職の相談という形で話を持ち掛け、上司の了解が得られたら退職日や退職までの予定を上司と相談して決めましょう。

(2)退職願を作成・提出する

上司へ退職の意思を伝えた後に退職願を作成しましょう。会社に退職願のテンプレートがある場合はそれを使用し、ない場合は自分で便箋に書きましょう。

退職願を作成したら、退職の数週間前~一週間前までに直接手渡しで上司に提出しましょう。ドラマでは、退職の相談もなしに突然退職願を上司に投げつけるようなシーンがよくありますが、そんなことは絶対にせずに退職の意思を伝えてから提出しましょう。

(3)引き継ぎ作業や各種手続きの確認

退職願を提出したら、退職日までの残りの日で後任への引き継ぎ作業をしましょう。自分がやってきた仕事を整理してリストにまとめましょう。

また、退職後には年金や税金の手続きがあるのでそれらに必要な書類などを確認しておきましょう。退職後に焦らないようにしっかりと準備しておきましょう。

どうしても退職を申し出られない場合には

会社でいじめがあったり、出社できない理由があって退職を申し出られない場合は退職代行サービスを使ってみましょう。退職代行サービスとは、その名の通り、退職の手続きをすべて代行してくれるサービスです。

このサービスを使えば一切出社せずに退職できるので、どうしてもという場合は利用してみましょう。

【オススメの退職代行】

■EXIT

退職代行のパイオニアです。一番信用できるのは『EXIT』。

安心 :☆☆☆
コスト:☆☆
法律 :☆
転職 :☆☆☆

退職代行EXITの利用はこちら

■ニコイチ

低価格で依頼したい方は『ニコイチ』。

安心 :☆☆
コスト:☆☆☆
法律 :☆
転職 :☆☆

退職代行ニコイチの利用はこちら

■汐留パートナーズ法律事務所

有給消化などの交渉まで丸ごと依頼したい方は『汐留パートナーズ法律事務所』。

安心 :☆☆☆
コスト:☆
法律 :☆☆☆
転職 :

退職代行汐留パートナーズ法律事務所の利用はこちら

まとめ

今回は退職を申し出るのが怖いということについて、どのような心配事やトラブルがあるのかとその対処法を解説しました。

退職することはなかなか言いにくいことで、その後に何かトラブルがあったらどうしようという不安もありますよね。

しかし、退職と転職を経験している人は多く、珍しいことではなくなってきています。

今回の記事を参考に、退職を申し出て円満退職を目指しましょう。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連する投稿


退職しても懲戒処分されることなんてある!?退職の際の知識

退職しても懲戒処分されることなんてある!?退職の際の知識

退職しても懲戒処分されることってあるの?なんて疑問に思っていたりしませんか?実際に懲戒処分されることがあるのかについて専門家の意見や過去の事例も紹介しながら詳しく説明していきたいと思います。今回の記事では、懲戒処分や懲戒解雇についても詳しく紹介するので、参考にしてみてください。


退職代行に失敗や詐欺やトラブルで後悔することはある??

退職代行に失敗や詐欺やトラブルで後悔することはある??

 自分では退職をなかなか言い出せない、退職するなんて上司に言えば何をされるか分からないなんて方には退職に関する手続きを全て行ってくれる退職代行サービスは魅力的ですよね。しかし、中には悪質な業者もあり、失敗、詐欺、トラブルといった事例もいくつかあります。さらには、自分の力ではなく退職代行を使って辞めたということに後悔する人もいます。今回は皆さんに退職代行について気を付けたいリスクや安心して利用できる退職代行の選び方まで詳しく徹底的に紹介していきたいと思います。


セクハラを受けたら転職活動しましょう!退職すべき理由3選

セクハラを受けたら転職活動しましょう!退職すべき理由3選

セクハラは、許される行動ではありませんので、もし被害に遭った場合は、退職し転職活動をしましょう。この記事では、被害者がどんなセクハラを受けたか、なぜ被害に遭ったのか、どんな場合に退職すべきなのかを紹介しますので、是非読んでみて下さい。


退職後の社会保険の手続きを紹介!知っておかないと損!?

退職後の社会保険の手続きを紹介!知っておかないと損!?

退職後の社会保険の手続きを知っていますか?知っておかないと保険料を2倍払うことになってしまいます。この記事では、退職してから社会保険の手続きをどうすれば良いのか紹介しますのでぜひ読んでみて下さい。


ストレスが原因で退職。良い会社で働くにはどうすればいい?

ストレスが原因で退職。良い会社で働くにはどうすればいい?

ストレスを抱えながら仕事をしている人は、たくさんいますが、ストレスが原因で退職までする人は少ないです。この記事では、ストレスはどんなもので、どのように付き合っていくことが良いかを、紹介しますので是非読んで見てください。


最新の投稿


退職しても懲戒処分されることなんてある!?退職の際の知識

退職しても懲戒処分されることなんてある!?退職の際の知識

退職しても懲戒処分されることってあるの?なんて疑問に思っていたりしませんか?実際に懲戒処分されることがあるのかについて専門家の意見や過去の事例も紹介しながら詳しく説明していきたいと思います。今回の記事では、懲戒処分や懲戒解雇についても詳しく紹介するので、参考にしてみてください。


【無料転職相談】20代の転職は『行列のできる転職相談所』未経験でも応募可能!

【無料転職相談】20代の転職は『行列のできる転職相談所』未経験でも応募可能!

『行列のできる転職相談所』は20代・第二新卒に特化した転職サイトです。今は、無料転職相談を実施しています。『行列のできる転職相談所』は実績のある紹介サービスも行なっていて、個別面接対策を受けた方は、志望企業への内定率が5倍にもなっているそうです。


退職所得控除額とは?知らない人は大きなリスクが!?

退職所得控除額とは?知らない人は大きなリスクが!?

 皆さんは退職所得控除額についてご存知でしょうか?いずれ退職金を受け取る際に聞く可能性のある言葉ですが、いずれにせよ皆さんには退職所得控除額はあまり馴染みのない言葉ですよね。今回の記事では退職所得控除額の計算方法や退職金にかかる税金についての説明なども詳しく紹介していきたいと思います。 


就職の際に説得力のあるアピールポイント5選とその極意!

就職の際に説得力のあるアピールポイント5選とその極意!

 自分は何をアピールすればいいんだろう?就活生だけど自己PRについて先輩や友人に聞くのも気が引けるしなんて思っている人はいませんか?また、何もアピールすることなんてないなどと途方に暮れていたりしていませんか?今回の記事では誰でも自分自身を最大限にアピールする方法や就職の際にアピールポイントになるスキルや就活生がよく犯す間違いなど皆さんに役立つ情報を徹底紹介していきたいと思います。


退職代行に失敗や詐欺やトラブルで後悔することはある??

退職代行に失敗や詐欺やトラブルで後悔することはある??

 自分では退職をなかなか言い出せない、退職するなんて上司に言えば何をされるか分からないなんて方には退職に関する手続きを全て行ってくれる退職代行サービスは魅力的ですよね。しかし、中には悪質な業者もあり、失敗、詐欺、トラブルといった事例もいくつかあります。さらには、自分の力ではなく退職代行を使って辞めたということに後悔する人もいます。今回は皆さんに退職代行について気を付けたいリスクや安心して利用できる退職代行の選び方まで詳しく徹底的に紹介していきたいと思います。