退職するのが怖い?上司に怒られる?会社を簡単に辞める方法

退職するのが怖い?上司に怒られる?会社を簡単に辞める方法

「退職すると上司にきつく怒られそうで怖い」となかなか会社を辞めれずに悩んでいる人は少なくないです。会社には労働者を引き止める権利はあるのでしょうか?また、そのような会社からトラブルなく退職する方法はあるのでしょうか?


目次



「仕事を辞めたい…だけど、上司が怖くて退職するなんて言えない…」


このように悩んでいる人は少なくないと思います。特に、上司とコミュニケーションを上手く取れていない人や普段から理不尽に怒る上司の下で働いている人は、怖くて退職意思を伝えれていないのではないのでしょうか?


退職の相談はただでさえ、ネガティブな内容なので伝えにくいと思います。この記事では、上司とコミュニケーションをとることが苦手な人でも簡単に退職することができる方法を紹介します。なかなか、退職に踏み出せていない人は参考にしてみてください。

1.退職するのが怖い…

退職するのが怖いと思うのには、「会社、上司に怒られるのが怖い」または「あなたが退職意思を伝えることが苦手」であることが考えられます。


退職すると伝えた時に怒る上司の特徴や怖くて退職すると伝えることができない人の特徴を紹介させて頂きます。

退職すると伝えたらキレられた

理不尽にキレる上司

退職することは労働者の権利であるにもかかわらず、「退職するなんてありえない行為だ!」とキレる上司もいます。普段から理不尽にキレている上司は、退職すると伝えたら怒る姿が想像できてしまい、退職意思を伝えるために勇気がいると思います。


人手不足に困っている上司

人手不足で困っている時に退職することを伝えると、「なんて空気を読めない奴なんだ」と腹を立ててしまう上司もいます。時期によって、閑散期になれば人手不足が解消される会社であれば良いですが、年中、人手不足の場合は、退職を伝えるタイミングがなくて困ってしまいますよね。


あなたのことを可愛がっていた上司 未経験で入ってきたあなたを一から育てた上司ならば、少なからず思い入れがあるでしょう。自分の努力が失われてしまう気持ちと寂しさから怒ってしまう上司もいると思います。


怒られるのが怖くて仕事を辞めると伝えられない

上記のような上司に怒られるのが怖くて仕事を辞めることができないのは問題です。労働者には退職することができる権利があり、それを退職を伝えることが怖いと言った理由で諦めてしまっては後々、後悔してしまうと思います。


どうしても、自分自身で退職することができない人は、退職の手続きを依頼することもできます。具体的には、「退職代行サービス」を利用することであなたが直接、退職の手続きをしなくても退職することができます。

怖くて退職すると言えない人の特徴

退職することができない人の特徴には以下のようなものがあります。


コミュニケーション能力がない人

コミュニケーション能力がない人は、上司と二人で話し合うことに恐怖を抱いてしまうこともあると思います。特に、普段の業務連絡をチャットやメールだけで済ましているエンジニア、デザイナーなどの職種の人に多いです。退職の意思は、メールでも伝えることができます。


人に気を使いすぎてしまう人 人に気を使いすぎてしまう人は、「退職することを伝えると職場の同僚に恨まれる」や「上司に厳しい処置を与えられるかも?」と勝手に被害妄想をしてしまいます。


2.退職を申し出るのが怖いと思う理由

具体的に、上司や会社に退職意思を伝えるのが怖いと思ってしまう理由を紹介していきます。

上司に怒られるのが怖い

退職意思を伝えることが怖いと思う理由に最も多いのは、「上司」が怖いことが挙げられます。怖い上司には、普段の業務中から「下手に声をかけると、大した用もないのに声を掛けるなと怒鳴られるかもしれない…」と気を遣っていると思います。退職の相談となるとネガティブな内容なので、より一層に気を遣うことになるでしょう。


どうしても、一般的な退職の手続きをすることが難しい場合には、電話やメールで退職する、人事に退職意思を伝える、「退職代行サービス」を利用する、など、怖い上司を避けて退職する方法もあるので参考にしてみてください。

職場の同僚に迷惑をかけてしまう

退職するということは、今まであなたが行なっていた仕事を後任の人が請け負うということです。その分、誰かの仕事量が多くなり負担になります。このように、退職することで少なからず同僚に迷惑をかけてしまうので「恨まれるかもしれない…?」と不安に思ってしまう人もいます。


特に、退職することが決定してから退職日までの期間が長い場合は同僚との気まずい期間が続き働くことが辛くなってしまうでしょう。

試用期間中に辞めるのが申し訳ない

入社して数ヶ月で辞めてしまう人には、会社に何も貢献せずに辞めることやせっかく試用期間中に仕事教えてくれた人の努力を無駄にしてしまうことに対して申し訳ないと思い、退職を申し出ることに抵抗を感じてしまう人や怖いと思う人もいます。

退職理由が明確でない

退職理由が明確ではないと、上司からの退職の引き止めに合った時に辞めることができないと思ったり、「本当に退職しても良いのか?」と不安になってしまい、退職することが怖いと感じてしまいます。なので、退職の意思を上司に伝える前に、まずは退職の意思を固める必要があります。

トラブルが起こりそう

会社の中である程度の責任を持って仕事をしている人は、退職した時に、上司からひどく責められてトラブルが起きてしまうのではないか?損害賠償を請求されてしまうのではないか?と不安に思い退職することが怖いと感じてしまいます。


そのようなトラブルから逃れたい人は、弁護士を利用することで解決することができます。オススメなのは、退職代行と弁護士業務の療法を行ってくれる「退職代行 汐留パートナーズ」です。

転職できるか不安

転職準備をせずに退職しようか検討している人は、退職後に本当に転職することができるのか不安に感じてしまう人は少なくないでしょう。できるならば、退職前に転職先を決定していることをオススメしています。しかし、仕事を続けることが限界の状態であるならば、無理をせずに退職することを決めるのも一つの手です。


退職した後にスムーズに転職をするために、「転職エージェント」を利用することをオススメしています。

将来が不安

子供の育児のためや結婚相手の転勤について行くために退職を決める人は、このまま退職しても良いのか?キャリア復帰できなかったらどうしよう?と不安に思い退職することが怖いと感じる人は少なくないです。一定期間の間だけ仕事ができない場合は休職したり、転勤についていかなければいけない場合は、退職前に転勤先での仕事を探しておきましょう。

3.退職意思を伝えると怒られるのはおかしい

そもそも、退職することに対して、引き止めたり怒ったりすることをしても良いのでしょうか?また、労働者は会社側の引き止めに対して言いなりにならなければいけないのでしょうか?

退職することは労働者の権利

まず、労働者には退職するという権利があります。民法に定められている通りに退職手続きを取れば、会社側は引き止めることができません。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(民法627条1項)

民法には、雇用期間の定めがない労働者は退職日の二週間前に退職する意思を伝えていれば、退職することができると定められています。なので、上司がひき止めようが怒ろうが、「退職します」と上司に伝えてから二週間後には退職することができます。


また、退職の意思を伝える手段については定められていないので、電話、メール、ラインなどの方法でも退職意思の通達としてみなすことができます。ただ、注意したいのが”退職意思を伝えた証拠”が残っていなければ、後々にトラブルになってしまう可能性があります。何かしらの証拠が残るようにしましょう。

会社を辞めると伝えて怒るのは理不尽

上述させて頂いた通り、労働者には退職する権利があります。その行為に対して、上司が怒りを伝えてきた場合は理不尽な対応と判断して、退職の権利があることを主張しましょう。


ただ、上下関係がはっきりしている会社などでは上司に反発する事ができないという問題が労働者が退職することを難しくしています。

退職を申し出て怒られるのはブラック企業

「直接、退職することを伝えないのはお世話になった会社に対して失礼だ」と考える人もいるかもしれませんが、労働者の権利を守らない会社にそのようなことを言われる筋合いはないのではないでしょうか?


そのような会社は、通称ブラック企業と呼ばれていますが、労働者はブラック企業から逃れるための手段を取る必要があります。その手段として、「退職代行サービス」が有力だと言われています。


退職代行サービスは、自分だけは退職できない人の代わりに、退職の手続きを行ってくれます。


退職代行を利用するメリット


・確実に退職することができること

・即日に退職することができること

・自分で退職手続きをしなくても良いこと


オススメの退職代行


『退職代行 ニコイチ』

退職代行『ニコイチ』は業界の中で最も古株の会社です。そのため、実績が豊富で安心して退職を任せることができます。もう一つ注目すべきポイントはサービスの価格です。ニコイチの利用料金はEXITの3/5です。質の高いサービスを低価格で提供しているのが『ニコイチ』の強みです。


退職代行「ニコイチ」

 



『退職代行 汐留パートナーズ』

退職代行『汐留パートナーズ』の1番の特徴は、退職代行を弁護士が担当してくれることです。退職における交渉をするためには、弁護士資格が必要になります。そのため、有給消化や未払い給料の請求を希望する方は、『汐留パートナーズ』を利用することをお勧めします。



退職代行『汐留パートナーズ』

 


『退職代行 EXIT』
『EXIT』は退職代行のパイオニアです。様々なメディア掲載実績が業界NO.1で今、最も注目されている退職代行です。また、転職サポートも充実していることから退職後のことまで安心して任せることができます。


退職代行「EXIT」


4.上司に伝える退職理由

勇気を出して怖い上司と話し合う機会を作ることができたとしても、退職をする理由を明確に伝えることができなければ上司の引き止めに合ってしまいます。そのようなことがないように、引き止めさせない理由を考えておきましょう。


引き止められない退職理由として、前向きな理由またはやむを得ない理由が挙げられます。会社への不満や労働条件への不満を伝えてしまうと、「改善するから辞めないでくれ」と引き止めるきっかけを与えることになってしまいます。


以下、具体的にオススメの退職理由を紹介させて頂きます。

将来のため

「違う職種、業種の仕事に挑戦してみたい」、「小規模の会社で働いてみたい」、「起業したい」などのように将来のため、キャリアのためにやりたいことがあるという理由であれば上司は引き止めることができないでしょう。また、前向きな理由であるため応援したいと思ってくれる可能性もあります。


退職意思を伝える前に、なぜ退職するのか?退職した後は何をするのかをよく考えましょう。そうすることで、転職活動をスムーズに進めることもできます。特別な事情がない限り、多くの人は「将来のため」を理由に退職することになると思います。

健康上の理由

健康上の理由で退職することを決めた場合は、事実をそのまま伝えましょう。上司も病気や怪我の人を無理に止めることはできないでしょう。その際に、病院で書いてもらった診断書があれば話が早くなると思います。

家庭の事情

親の介護、子供の世話、結婚のための引越しなどの家庭の事情を理由に退職する場合もそのまま伝えましょう。ただし、休職でどうにかなる理由であれば、休職するように交渉される可能性があります。どうしても、退職した場合は、休職後に復帰することができないような理由を明確に伝えるようにしましょう。

5.退職時に起こり得るトラブルと対処法

退職というネガティブな行動にはトラブルが生じやすいです。なので、退職をする際には、事前にトラブルを想定して対策を練っておいたり、リスクが低い退職方法を選ぶ必要があります。退職する際に起こり得るトラブルを紹介させて頂きます。

怖い上司に引き止められる

退職を申し出ると会社側は様々な方法で労働者を引き止めようと交渉してきます。例えば、退職願を受け取ってくれない、退職の交渉に応じてくれない、退職日を引き延ばす、退職することを認めないなどが挙げられます。


引き止める方法としては、労働条件を変更することを条件に退職を取り下げることを交渉したり、人手不足を理由に退職日を遅らせることを交渉したりします。悪い場合には、退職するならば、損害賠償を請求すると脅してくることもあると思います。


ただし、そのような退職の取り下げ、引き止めや脅しには乗らなくも良いです。理由としては、交渉に応じるかどうかはあなた次第だからです。どちらを選んだとしてもあなたに不利益が生じることはないので、安心して選ぶことができます。ただ、退職の取り下げに応じてしまうと、今まで通りに働くことができないリスクも考える必要があります。


損害賠償を請求される可能性はほとんどないと考えて良いでしょう。損害賠償とは、あなたが退職することで、会社に大きな損害を与えた場合に請求されます。一人の社員がそれほどの責任を持っていることは稀なので、会社側は脅すために言っていると判断することができます。

退職金が支払われない・不当に減額される

退職金については、それぞれの会社の就業規則の退職金規定で定められています。それに基づいて自身で退職金を計算し、正しく支払われるかを確認しましょう。


退職金についてや計算方法は下記記事で紹介しています。

退職金はいつもらえるの!?相場や税金や条件から額を算出! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/154

退職を検討する時に、気になることの一つに「退職金」がありますよね。退職金はいつもらえるのか?どのくらいもらえるのか?そもそも、もらうための条件はあるのか?など疑問に思うことは多いと思います。この記事では、退職金をいつ、どのくらいもらうことができるのかについて詳しく説明していきたいと思います。

そこで退職金が支払われなかったり、不当に減額されている場合は就業規則違反になるので、会社に申し出ましょう。

6.円満退社をするための退職手順

円満退社をするためには、お世話になった会社にできるだけ迷惑をかけないように、感謝の気持ちと申し訳ないという気持ちを持って退職しなければいけません。


ここでは、退職する際に会社との関係が悪くならないためにできる、一般的な退職手続きの方法を紹介していきます。

ステップ①退職意思を固める

まずは退職意思を固めましょう。具体的には、退職理由、退職後の計画です。上司に、「なぜ退職するのか?」、「退職後はどうするのか?」を尋ねられたときに、明確に答えることができなければ、引き止められてしまう原因になります。 上司の引き止めに合ったときに、自分の意思がブレないように退職意思を固めることにも十分に時間を使いましょう。

ステップ②転職先を探す

転職先を決めるのは退職前と退職後のどちらでも大丈夫です。しかし、オススメは退職前に転職先を決めておくことです。そうすれば、上司の引き止めに合っても退職意思がブレることはないでしょうし、安心して退職することができると思います。


また、退職後に仕事がない状態が長期間続くと焦ってしまい、希望の転職先に就職できない可能性もあります。確実に希望の転職先を見つけたいのであれば、計画的に転職先を見つけるようにしましょう。


ただし、病気やパワハラなどのやむを得ない事情がある場合は無理をして仕事を続けるのはオススメしません。

ステップ③退職の意思を上司に伝える

退職意思が固まったら、その旨を上司に伝えましょう。このアクションが早ければ早いほど早く退職することができます。転職先への就職日が決まっているなどの希望の退職日がある場合は、早めに退職意思を伝えるようにしましょう。


上司が忙しくて時間が合わない場合は、メールやラインで退職の相談のアポを取ることもできますし、メールやラインでのメッセージを退職意思の通達とすることもできます。

ステップ④退職願を提出、退職日の設定

退職意思を上司に伝えることができたら、次は退職願の提出、退職日の決定をします。退職願は労働契約を解除することの承認を会社側からもらうための書類です。


また、就業規則に定められている退職準備期間を考慮して退職日を決定しましょう。実際は、退職願の提出日から2週間後には退職することができますが、一般的に、就業規則には退職願の提出から1ヶ月から3か月以上の準備期間を設けるように記述されています。


円満退社を希望する場合は、就業規則を考慮した退職日を設定しましょう。早期の退職を希望している場合は、この手続きをステップ③と同時に行うことで早い退職日を設定することができます。上司が忙しい場合も同様に、ステップ③とステップ④を同時に行うようにしましょう。

ステップ⑤引き継ぎする

退職日が決定したら、引き継ぎの準備をしましょう。円満退社するためには、あなたが退職した後も業務が滞りなく進める状態にしておかなければいけません。具体的には、引き継ぎ資料の作成、後任の社員への教育、取引先への挨拶があります。退職日から逆算して計画的に引き継ぎができるように進めていきましょう。

ステップ⑥退職の挨拶をする

引き継ぎまで完了したら、いよいよ最後のステップです。退職日当日には退職の挨拶をしましょう。退職の挨拶には全体のスピーチ、個別の挨拶回りがあります。


全体での退職のスピーチ

全体での退職のスピーチがあるかどうかは、会社によって異なります。スピーチをするためには準備が必要だと思うので事前に上司に確認するようにしましょう。


退職のスピーチで伝えるべきことは3点です。

・退職するという事実

・お世話になって人への感謝の気持ち

・これからを応援する気持ち


要点を押さえて、聞く側を感動させたり共感してもらえるようなスピーチで最後を締めくくりましょう。


個別の挨拶回り


個別の挨拶回りは役職者、同じ部署の同僚に行いましょう。注意すべきは、挨拶をする順序です。役職や地位が高い人から順に挨拶回りをするようにしましょう。挨拶をするきっかけがなくて困る人は、菓子箱を用意するようにしましょう。退職の挨拶をするきっかけとなります。


退職の挨拶に関して、下記記事で詳しく説明しているので参考にしてみてください

【例文あり】退職の挨拶で話す一言メッセージのポイントは? | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/21

退職の挨拶をする時に、一言メッセージを求められることがあると思います。しかし、どのような内容を誰に伝えれば良いのか、そもそも退職する際に挨拶は必要なのか、などの疑問がありますよね。退職の挨拶をする際のポイントやコツを全てまとめているので参考にしてみてください。

7.怖くて退職を言い出せない人の解決策

円満退社が理想の退職であると思いますが、ブラック企業で働いている人の多くはそのような退職を実現することができていないことが事実です。


そのような人たちが、トラブルなく確実に退職するための方法として、「退職代行サービス」を利用する方法があります。


【オススメの退職代行】



『退職代行 ニコイチ』

退職代行『ニコイチ』は業界の中で最も古株の会社です。そのため、実績が豊富で安心して退職を任せることができます。もう一つ注目すべきポイントはサービスの価格です。ニコイチの利用料金はEXITの3/5です。質の高いサービスを低価格で提供しているのが『ニコイチ』の強みです。


退職代行「ニコイチ」

 



『退職代行 汐留パートナーズ』

退職代行『汐留パートナーズ』の1番の特徴は、退職代行を弁護士が担当してくれることです。退職における交渉をするためには、弁護士資格が必要になります。そのため、有給消化や未払い給料の請求を希望する方は、『汐留パートナーズ』を利用することをお勧めします。



退職代行『汐留パートナーズ』

 


『退職代行 EXIT』
『EXIT』は退職代行のパイオニアです。様々なメディア掲載実績が業界NO.1で今、最も注目されている退職代行です。また、転職サポートも充実していることから退職後のことまで安心して任せることができます。


退職代行「EXIT」


8.退職するのが怖いと思う人のQ&A

直接伝えるのが怖い場合は電話でも退職できる?

退職の意思を伝える方法は直接ではなくても大丈夫です。例えば、メール、ライン、電話でも退職することができます。ただし、有給休暇が2週間以上残っていない場合は、上司に退職の意思を伝えてから出勤しなければいけません。有給休暇を使わずに、長期間、無断欠勤を繰り返してしまうと懲戒解雇をされてしまう可能性があるので注意が必要です。

退職代行を利用しても転職できる?

「退職代行を利用すると転職に不利になるのではないか?」と疑問に思う方もいるかと思いますが、問題ないです。転職面接では、退職方法で評価されることはありません。そもそも、退職代行を利用した事実は個人情報の保護により守られているので、情報が漏れることはありません。

アルバイトを辞めるのが怖い場合も同様に辞められる?

アルバイトの場合も同様に退職代行で辞めることができます。確実に辞めることができることと自分で退職の手続きをしなくても良いことが利用するメリットとなります。

9.まとめ

上司が怖いと、なかなか、退職することを伝える勇気が出ないですよね。この記事で紹介させて頂いた、会社を簡単に辞める方法を参考にしてみてください。


✔︎退職代行を利用する

✔︎電話、メール、ラインで退職意思を伝える

✔︎人事に退職の相談をする


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連する投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトをライン(LINE)だけで辞める時にはメリットやデメリットを知っておくことが大切です。そもそもラインだけでバイトは辞められるのか?などの疑問に答え、伝えるまでの手順等をご紹介。


退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職することが決まった瞬間は、喜びなど様々な感情が湧いてくると思います。しかし、退職日までは会社に出社しなければいけません。そのため同僚や上司の関係がギクシャクして気まずくなることがあります。 本記事では、退職日までの気まずさについて説明していきます。


適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

仕事で適応障害になった時に、まず何をすれば良いの?動揺してしまう人は少なくないと思います。まずは、適応障害の原因であるストレスを除去するために「休職」か「退職」をしなければいけません。この記事では、適応障害になった時に具体的に取るべき行動を紹介します。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。