ブラック企業で働くことは損!人生を楽しむための退職方法!

ブラック企業で働くことは損!人生を楽しむための退職方法!

ブラック企業で働いていませんか?ブラック企業で働くことは百害あって一利なしです。我慢することが正義だという風潮が流れていますが、それはブラック企業の都合に合わせた、言い分でしかないです。企業のための働き方だけではなく、あなたのための働き方も考えてみましょう!


あなたはブラック企業で働いていませんか?働いている時間は、人生のおよそ三分の一もの割合を占めていると言われています。働く企業を選ぶ重要性がわかっていただけたでしょうか?上手くキャリアを歩むことができている人の、人生の幸福度が高いことがわかっています。

人生を楽しむためにも、ブラック企業で働くことは辞めましょう!

ブラック企業とは?

ブラック企業とは、過度な長時間労働やノルマなどを押し付けたり、残業代の不払、ハラスメントなどによって精神的に追い詰めたりして、労働者を「使い捨て」状態に扱う企業です。

「ブラック企業」という言葉が一般的に使われるようになったのは、2009年に公開された「ブラック会社に勤めているんだが、もう俺は限界かもしれない」という映画がきっかけだと言われています。ブラック企業は、「ブラック企業」と呼ばれ始める以前から存在していましたが、この映画をきっかけに何がブラック企業なのかを定義するようになり、今まで以上に問題視され、訴えやすい環境に変わっていきました。今では「ブラック企業大賞」と呼ばれる、各年のブラック企業を決める賞までもができたほどです。

あなたの知り合いでブラック企業で働いている、働いていた人はいますか?

全国の20代〜30代の男女を対象に「あなたの知り合いでブラック企業で働いている、働いていた人はいますか」とアンケート調査を行ったところ、「はい」-54.0%、「いいえ」-15.0%、「わからない」-31.0%という結果になりました。

この結果から、「はい」と回答した人が過半数いることと、「いいえ」と回答した人が15%しかいないことから、ブラック企業で働いている人の多さがわかります。

日本企業にブラック企業が多い理由

日本でブラック企業が増えている理由として一番に考えられるのは、「人材不足」です。日本では、少子高齢化が進んでいるため、人材不足問題は年々加速しています。つまり、日本企業のブラック企業化も年々深刻化している現状があります。

この問題は、会社内の問題だけでなく社会問題が関わっているので簡単に解決できる問題ではないと言われています。

解決するためには、労働者一人一人がブラック企業を見抜いて自分自身を守る必要があるのではないでしょうか?

1つでも当てはまったらブラック企業?

ブラック企業にはいくつかの特徴があります。以下チェックリストの項目から、1つでも該当する特徴があった場合は、ブラック企業だと言えます。あなたの働いている会社はどうなのかチェックしてみてください。

✔️チェックリスト

⬜︎ 給料が低い・最低賃金を下回っている
⬜︎ ハラスメントの横行
⬜︎ 残業代が出ない
⬜︎ 長時間労働・過重労働
⬜︎ 休日が取れない・有休休暇を拒否される
⬜︎ 休日出勤が多い

✔️給料が低い・最低賃金を下回っている

各都道府県で最低賃金が制定されています。そのため、自分の給料の時給を計算した際に最低賃金を下回っていたら、間違いなくブラック企業だと言えます。

✔️ハラスメントの横行

ハラスメントとは、いじめや嫌がらせなど、人に不快感を与える行為や言動です。大きく分けて二つ、身体的な攻撃と精神的な攻撃に分けられます。暴力、暴言を繰り返してきたり、私生活に干渉してきたりすると、ハラスメントとして訴えることができるので、嫌な思いをしている人は、相談機関を頼りましょう。

✔️残業代が出ない

会社は残業代を支払う義務があります。残業代を出さない会社は、違法な残業代未払いを行なっている可能性が高いので、ブラック企業として対処しましょう。

✔️長時間労働・過重労働

労働基準法では、1日8時間、1週間40時間を超えてはいけないとしています。しかし実際は、休日出勤や時間外労働によって40時間を超えて働いている人も多いでしょう。あまりに辛かったり、無理やり押し付けられる実態がある場合はブラック企業として対処しましょう。

✔️休日が取れない・有給休暇を拒否される

冠婚葬祭や病気などでも会社が休みを許してくれない場合や、有給を消化させてくれない場合は、ブラック企業だと言えます。基本的に雇用主は従業員からの有給申請を断る権利はありません。

✔️休日出勤

すでに休日出勤が当たり前になっている方は、ブラック企業を疑いましょう。また、通常は休日出勤をした場合は代休を取ることができますが、代休も取れない場合は、ブラック企業として対処しましょう。

就職前にブラック企業を見抜くポイント

誰しもブラック企業だと思って入社していないと思います。入社してみたら、実はブラック企業だったなんてことも?そんなことがないように、入社前に「ブラック企業」を判断するためのポイントを抑えておきましょう!

(1) 先輩に聞く

求人票を見たり、説明会で得た情報だけで判断すると、実際はブラック企業である可能性は十分にあります。なので、実際に働いている人の声を聞くことが一番です。その会社に知り合いがいない場合は、インターネットの情報を活用しましょう。

(2) キャッチコピー

会社のキャッチコピーは魅力的に書くために、良い言葉が並べてあります。内容の正誤を判断することはできないですが、具体性の無いものは、虚偽の内容が含まれていると疑うと良いです。

(3) 給料

給料が異常に高い求人や会社も要注意です。例えば、休みが少なかったり、過酷すぎる仕事内容だったり、福利厚生がなかったり、条件面も含めて判断しましょう。

(4) 求人数

社員の人数に比べて、求人数が多い会社も心配です。求人数が多いことは、離職率が高い企業の特徴となります。離職率が高いのはブラック企業の可能性が高いので、慎重に判断しましょう。

(5) 逆質問

逆質問で突っ込んだ質問をした時に、濁した回答をされた場合は、怪しいと疑いましょう。面接官が答えられないような、質問に関しては、インターネットで調べた方が正しい情報が載っている可能性もあるので、一度調べてみてください。

ブラック企業で働いていると思ったら?

自分がブラック企業で働いているかも?と思った方に3つの対処法を紹介させていただきます。このまま辛い会社で働き続けるのは自分の健康のためにも辞めたほうが良いです!

その3つの対処方法とは、「改善する」「戦う」「辞める」です。

改善する

悪い状況というのは、自ら打開していかなければなかなか変えることはできません。なので、自分の会社がブラック企業かもしれない場合は、ブラックである要因を取り除くようにアクションを起こしていきましょう。とはいえ、自分で全て解決することは難しいです。なので、厚生労働省管轄の「労働基準監督署」という機関に相談してみましょう。労労基署に権利救済を求め、企業を法律違反つまりブラック企業だと認定した際には、是正をするように指導を行います。改善すれば、今までの不満も無くなり、安心して働くことができますよね!

■EXIT

戦う

働いている企業に。あまりにもひどい労働を強いられている場合は、法律に則って対抗することも一つの手段です。法的処置をすることで、未支払いの給料も返ってくる可能性もあります。労働者のために手軽に法的処置が行える「労働審判」というものがありますので、参考までに覚えておいてください。

辞める

ブラック企業で働き続けると、自身の健康に害をきたす可能性があります。体の健康を損なってしまっては、今後の長い人生にも影響を及ぼしてしまうので、我慢して働かずに第二のキャリアを歩むことをオススメします。ただし、転職先でも同じことが起こらないように、転職先は慎重に選びましょう。 

ブラック企業に勤めている人で、仕事を辞めたいけれど辞めさせてもらえない人が増えています。そのような場合は、「退職代行」というサービスを利用することをオススメします。

【オススメの退職代行】

退職代行のパイオニアです。一番信用できるのは『EXIT』。

安心 :☆☆☆
コスト:☆☆
法律 :☆
転職 :☆☆☆

退職代行「EXIT」

■ニコイチ

低価格で依頼したい方は『ニコイチ』。

安心 :☆☆
コスト:☆☆☆
法律 :☆
転職 :☆☆

退職代行「ニコイチ」

■汐留パートナーズ法律事務所

有給消化などの交渉まで丸ごと依頼したい方は『汐留パートナーズ法律事務所』。

安心 :☆☆☆
コスト:☆
法律 :☆☆☆
転職 :

退職代行「汐留パートナーズ法律事務所」

ブラック企業を退職した後は『転職』

安い給料で働かせるブラック企業に転職することがないように注意すべきポイントを紹介しています。

給料が遅れている理由は会社が倒産危機だから?!違法に当たるのか

https://taisyokuagent.com/articles/358

給料日にウキウキして口座を見たらお給料が入っていなかった…なんて経験はありますか?実はその経験、やばいです!給料が遅れてしまう理由は様々ありますが、その裏に隠された背景とリスクをご説明していきます。 困っている方々に対して何か少しでも情報を残せればと思うので、是非最後までご覧ください。

まとめ

✔️仕事が辛い人はブラック企業を疑う!
✔️ブラック企業かどうか見抜く!
✔️ブラック企業で働いている人は今すぐ対処!

いかがでしたか?

ブラック企業で働き続けることはオススメしません。素敵なキャリアを歩んでいる人の人生の幸福度はすごく高いです。多くの人がホワイト企業で働くことができることを願っています。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事のライター

関連する投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトをライン(LINE)だけで辞める時にはメリットやデメリットを知っておくことが大切です。そもそもラインだけでバイトは辞められるのか?などの疑問に答え、伝えるまでの手順等をご紹介。


退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職することが決まった瞬間は、喜びなど様々な感情が湧いてくると思います。しかし、退職日までは会社に出社しなければいけません。そのため同僚や上司の関係がギクシャクして気まずくなることがあります。 本記事では、退職日までの気まずさについて説明していきます。


適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

仕事で適応障害になった時に、まず何をすれば良いの?動揺してしまう人は少なくないと思います。まずは、適応障害の原因であるストレスを除去するために「休職」か「退職」をしなければいけません。この記事では、適応障害になった時に具体的に取るべき行動を紹介します。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。