退職時の会社への返却物は?返すもの、受け取るものリスト!

退職時の会社への返却物は?返すもの、受け取るものリスト!

退職するときに、会社へ返却するもの、転職先に提出するために受け取っておくべくものの整理は付いていますか?退職日が近くなってバタバタすると忘れてしまいますよ?退職後に、忘れ物を取りに会社へ行くのは恥ずかしいので事前に準備しておきましょう!

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

退職するときには、会社に返さなければならないものと会社から受け取っておかなければいけないものがあります。また、退職時にしておかなければいけない手続きもいくつかあります。

いざ退職するときになって、何をすればいいかわからないというようなことにならないように、あらかじめ準備しておくべきことを考えておきましょう。

この記事では、退職するときに返却するもの・受け取るものと退職するときの手続きについて紹介します。

退職時に会社に返却するもの

まず、退職するときに会社に返却するものを紹介します。

・保険証

会社で加入している健康保険は、退職時に脱退することになっていて保険証は使えなくなるので返却しましょう。

・社員証・社章・カードキー

その会社の社員であることを証明するものは必ず返却します。

・制服

きれいに洗濯するかクリーニングに出してから返却しましょう。

・名刺

自分のものと取引先や顧客のものを両方返却しましょう。自分の名刺は会社の社員であることを証明するものであり、取引先や顧客の名刺は個人情報なので返却する必要があります。
自身で処分するように指示された場合は必ずシュレッダーにかけて情報漏洩が起こらないようにしましょう。

・通勤定期券

現物支給されている場合は、期限が退職時までなので退職するときに返却します。定期代が振込の場合は、自身で定期券の清算を行ってください。

・会社の経費で購入したもの

会社の経費で購入してあるものは、文具や書籍なども会社の所有物なのですべて返却しましょう。

・データや書類

自分で作成したデータや書類でも、業務の一部として作成したものは上司と相談して消去するか、会社に返却しましょう。データを返却するときは記録媒体に移して返しましょう。

退職時の返却物についての注意点

退職時に返却しなければならないものの中には個人情報や企業秘密に関わるものもあります。これを勝手に持ち出すことは刑法に違反する行為となったり、損害賠償を求められる可能性もあるので、情報漏洩をしないように、個人情報や企業の情報を扱っているものはくれぐれも注意して、返却するか処分してください。

⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

退職時に会社から受け取るもの

・離職票

会社を退職することを証明する書類で失業手当の申請をするときに必要な書類です。転職先が決まっていない人は必ず受けとっておきましょう。離職票は、退職後10日以内に会社が手続きをして、ハローワークから本人に直接郵送されるものなので、期限を過ぎても届かない場合は会社に問い合わせましょう。また、問い合わせても届かないようならハローワークにその旨を伝えて会社に催促してもらいましょう。

・源泉徴収票

所得税の年末調整に必要な書類で、転職先に提出します。退職した年内に転職先が決まらなかった場合は、自分で税務署にこの書類を提出して確定申告をします。

・年金手帳

厚生年金の加入者であることを証明する書類です。この書類も転職先に提出するので、会社が保管している場合には退職するまでに受け取っておきましょう。転職先が決まっていない人は、自身で役所に行って、国民年金の手続きをします。

・雇用保険被保険者証

雇用保険に加入していることを証明する書類です。失業手当の手続きに必要であったり、転職先に提出する書類なので、会社が保管している場合は必ず受け取っておきましょう。

退職時に会社から受け取る書類についての注意点

いざ手続きするときに必要書類がないということが起こると大変ですよね。退職後にどんな手続きが必要で、退職前に受け取っておかないといけないものは何か整理して、チェックリストを作っておくと良いでしょう。退職後の手続きはどれも重要なことで、必要書類が一つでも欠けると手続きが行えないので注意しましょう。手続きの主な内容については次の項で説明します。

退職後に必要な手続き

退職後に必要な手続きを4つ説明します。

・失業保険

退職した際に、転職先が決まっていない場合はハローワークに求職の申請をして失業保険に加入しましょう。このとき必要なのは、雇用保険被保険者証、離職票、身分証明書、印鑑、証明写真、預金通帳です。失業保険は申請してからすぐにもらえるものではないので、退職した際に離職票を受け取ったらなるべくはやく申請するようにしましょう。

・年金

二十歳から六十歳のすべての国民は国民年金を納める義務があり、これは失業期間中にも当てはまります。国民年金には、三種類の被保険者があり、会社に勤務している人は第二号被保険者です。しかし、退職後は第一号被保険者か第三号被保険者に変わるため、年金の種別変更手続きをして、自身で年金保険料を納めなくてはなりません。このとき必要な書類は、年金手帳、離職票、身分証明書、印鑑です。退職翌日から14日以内に、役所または国民年金窓口で手続きをしてください。

・健康保険

退職後には、前の会社で加入していた健康保険に引き続き加入する任意継続被保険制度を利用するか国民健康保険に加入するか選択できます。
ただし前の会社の健康保険に引き続き加入する場合は、勤務していたときと違い、保険料を自身で全額払う必要があります。

任意継続被保険制度を利用する場合に必要な書類は、健康保険任意継続被保険者資格取得申出書、住民票、印鑑です。退職翌日から20日以内に申し込みをし、加入できる期間は二年間です。

国民健康保険に加入する場合に必要な書類は。健康保険資格喪失証明書、各市町村の届出書、身分証明書、印鑑です。退職翌日から14日以内に加入手続きを行いましょう。

・住民税

住民税は会社に勤務中は給与から天引きされる特別徴収ですが、退職後は個人で納付する普通徴収に変わります。転職先が決まっている場合は特別徴収を引き続き受けることができる場合もありますが、転職先が決まっていない場合には特別徴収から普通徴収に変更する手続きを行います。また、転職先が決まった場合には特別徴収へ切り替えましょう。

転職先に提出するもの

・雇用保険被保険者証

転職先で雇用保険に入るために必要です。

・源泉徴収票

転職先に提出すると前の会社と合わせて年末調整が行えます。

・年金手帳

前の会社で受け取った年金手帳を提出しましょう。

・給与振込先届書

振込先の口座を申告する書類で、会社から配布される書類に必要事項を記入して提出しましょう。

・身元保証書/健康診断書

企業によっては入社時に提出する必要があります。事前に確認して準備しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
退職するときには返却するものや受け取るものが意外に多く、退職する際にバタバタしていると忘れてしまいそうですよね。

返却せずに持ち帰ると違法行為になっていしまったり、退職後のいくつかの手続きに必要なものもあるので、今回紹介したものを参考にきちんと返却と受け取りを退職前に行っておきましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職 退職マナー

関連する投稿


退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

少しでも注意をすると、すぐに退職をちらつかせる部下はあなたの周りにいらっしゃいますか?今回はその部下に対しての対処法や、心理などを紹介していきます。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。


退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に、ほとんどの人が有給休暇が残っていると思います。その際に、全て有休消化してしまおうか迷いますよね。特にお世話になった会社や退職ということで迷惑をかけてしまう上司に強気で交渉できない人は少なくありません。この記事では、退職時の有休消化について詳しく説明していきます。


退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思った時にどのような手続きが必要なのか、いつ退職できるのか理解できていますか?退職はいきなりしたいと思ってもできないものです。今後、退職する予定がある方は今のうちに理解しておきましょう。この記事では、退職するために必要なことを詳しく説明しています。


最新の投稿


周りを明るくする女性って素敵!そんな女性になる方法とは?

周りを明るくする女性って素敵!そんな女性になる方法とは?

あなたの職場や学校にも、いるだけで雰囲気が和んだりポジティブな気持ちになったりするような、周りを明るくする女性が一人くらいはいるのではないでしょうか。このような女性はとても素敵ですよね。この記事では周りを明るくする女性の特徴やなり方を紹介します!


うまくいかないことばかりの人生を成功に導く秘訣とは!?

うまくいかないことばかりの人生を成功に導く秘訣とは!?

人生うまくいかないことばかり。そんな風に悩んではいませんか。うまくいかない人生を良くしていきたいと思っているけれど、どう行動すれば良いかわからないと思っている人も多いと思います。この記事では、人生がうまくいっていないと感じた時の対処法について紹介していきます。


仕事が覚えられない!?今すぐ覚えられる3つのコツを紹介!

仕事が覚えられない!?今すぐ覚えられる3つのコツを紹介!

仕事が覚えられないと悩んだ経験はありませんか。特に入社して間もない時期は、業務に関する知識も仕事の進め方も分からないので、仕事を覚えるのに苦労したのではないでしょうか。この記事では、仕事が覚えられない際の対処法を紹介するので参考にしてみてください。


自分の殻を破れない人理由とは?一歩踏み出すためにできること!

自分の殻を破れない人理由とは?一歩踏み出すためにできること!

自分の殻を破れたら…一歩踏み出す勇気があれば…のように何かに挑戦しようと行動を起こす時に躊躇ってしまう人は少なくないでしょう。しかし、多くの著名人の名言として残るように自分の殻を破って行動を起こすことは成功の鍵となります。この記事では、自分の殻を破ることのメリット・デメリットを詳しく説明します。


今の職場の雰囲気が合わないかも!?退職を考える判断基準!

今の職場の雰囲気が合わないかも!?退職を考える判断基準!

職場が合わないかもしれないと思い悩んでいませんか?仕事にやりがいを感じることがなかったり、ストレスを感じていると今の仕事があっていないのではないかと不安になることがあると思います。しかし、一時の感情で転職を決断することもできないでしょう。この記事では、職場が合わないと感じた時の対処法を紹介します。