試用期間中に退職するメリットとデメリットとトラブルを解説

試用期間中に退職するメリットとデメリットとトラブルを解説

試用期間中だけど仕事辞めてもいいのかな?入社してすぐに退職することは、申し訳なくて気が引けてしまいますよね。しかし、退職はあなたのキャリアの一部なのであなたの意思を尊重すべきです。試用期間中に退職することのメリットとデメリットを紹介していくので参考にしてみてください。


試用期間中に退職するメリットとデメリットとトラブルを解説

一般的には、会社に入社して数か月間は「試用期間」があるのをご存知ですか?なんとなくお試しで働いてみる期間というイメージがありますが、具体的にどのようなルールがあり、試用期間中の社員はどのような扱いなのでしょうか?

また、試用期間中に働いてみると想像と違って会社を辞めたくなるなんてこともあると思います。では、試用期間中は退職できるのでしょうか?

そこで今回は、試用期間について、試用期間中の退職を中心に解説していきます。

試用期間とは?

そもそも試用期間とはどういう期間のことなのでしょう?

会社は一般的に面接で社員を選びますが、面接だけでは本当にその人が会社に貢献してくれる人材かどうか判断するのは難しいです。したがって、採用後の試用期間で、その人の働きを見て正式に雇用するかを判断します。

試用期間とは会社が社員を見極めるための期間であり、この期間によほどの問題がなければ、試用期間終了後に正社員として正式に会社に雇用されます。

一般的に試用期間は1~6カ月とされています。試用期間の長さは最初の契約のときに決められているため、延長されることはありません。

通常は、試用期間中と正式に雇用された後の雇用契約は同じなので、試用期間中も正社員と同様の扱いになりますが、給料は正社員より低くなる可能性があります。ただし、その地域の最低賃金を下回らないように設定することが義務付けられているので、契約の際に給料が最低賃金より低くなっていないか確認しておきましょう。

試用期間中の契約については、就業規則や労働契約書に記載されているのであらかじめ確認しておくことをおすすめします。

試用期間中は解雇されやすい?

試用期間は会社が人材を見極めている期間であり、仕事で失敗したらすぐに解雇されるのではないかと不安になりますよね。

試用期間といっても、長期的な雇用を前提としていて、雇用契約も正社員と同じであるので、正当な理由がないと解雇されることはありません。解雇される理由として、経歴詐称・無断欠勤・勤務態度が悪いことなどが挙げられます。したがって、仕事で少しミスをしたからといってすぐに解雇されることはないので安心してください。

また、解雇する際に会社側は、通常の正社員と同じように解雇予告を30日以上前に出すか、解雇予告手当として30日分以上の平均賃金を支払うかしなくてはなりません。

試用期間中は退職できるの?

試用期間中は正社員と同じ扱いであると説明しましたが、まだ会社が社員の適性を判断している途中の期間でもあります。その時期に退職することはできるのでしょうか?

試用期間中でも正社員とほとんど同じ手順を踏んで退職をすることができます。
退職の主な3つの手順を紹介します。

(1)上司に退職の意思を伝える

退職することを決めたら、まず始めに直属の上司に口頭で退職の意思表示をします。

意思表示をする時期としては、法律で退職日の最低2週間前に退職の意思表示をすることが定められています。ただし、就業規則に「1カ月前までに申し出ること」などという記載がある場合には就業規則に従いましょう。

退職の意思を伝えるタイミングは、始業後やお昼休憩前後などの忙しい時間帯を避けて、上司に話をきちんと聞いてもらえる時間帯にしましょう。また、このときに退職を断言するのではなく、退職を考えているという相談として話を持ち掛けましょう。

(2)退職願を作成・提出する

上司への退職の報告後、了解を得られたら、退職届を作成しましょう。退職届は退職の意思表示をしたことや退職日を決めたことなどの証拠として重要なものです。会社から引き止めや退職日の延長をされないためにもこれらのことを書面に残しておきましょう。

会社指定の退職届のフォーマットがある場合はそれに従って作成し、ない場合は白い便箋に記入しましょう。退職届に記入する退職理由は、詳しいことは書かずに「一身上の都合」だけで構いません。

(3)各種手続きを確認する

試用期間中は入社して間もないため、保険の手続きが完了しているか確認しなければなりません。また、退職後には次の転職先が決まっていない場合に、自分で社会保険や年金などの手続きを行う必要があります。

退職後に、年金や健康保険をどうするかを自分で決めなくてはならないので、事前に確認して、スムーズに手続きができるようにしておきましょう。

試用期間中の退職理由

試用期間中に退職する際は、会社側を納得させる退職理由を言わないと会社に引き止められる可能性が高いです。そこで、試用期間中の退職に使える理由を2つ紹介します。

(1)社風に合わない

社風は入社してみなければ分からないものであり、試用期間中に社風が合わなくて仕事を辞めたいと思うのは仕方のないことですよね。これは会社側も為す術がないので、退職することを納得してくれるでしょう。

ただし、会社のここが嫌だという具体的な例を出してしまうと職場への不満になってしまい、印象が悪いので、「社風が合わない」という曖昧な表現にしておきましょう。

(2)求めていた環境・仕事と違う

会社の環境や仕事も社風と同様に入社してみないとはっきり分からないものです。他にやりたい仕事があるとなれば、会社も引き止めることはできないでしょう。

しかし、退職理由は同じ仕事をしている上司に伝えるものなので、「仕事が楽しくない」などという表現は避けて、「自分には合わない」という表現にしましょう。

試用期間中の退職のメリット・デメリット

試用期間中の退職はできると説明しましたが、そのメリットやデメリットは何でしょうか。試用期間中の退職を迷っている人はきちんとメリットとデメリットを把握して決断しましょう。

(1)メリット

・やりたい仕事ができる

長年働き続ければ自分のやりたい仕事ができたり、仕事のおもしろさが分かるようになるという考えもありますが、入社してみて自分のやりたい仕事と違うなと感じたらすぐに、他の仕事に切り替えるのも一つの手です。試用期間に辞めるのは甘えだと思わずに、仕事をしていて時間を無駄にしているように感じたら他の仕事を探して充実感が得られる仕事に就く方が良いはずです。

・罪悪感がない

仕事は長く働くほど重要な役職になったり、重要な仕事を任されて責任が重くなっていきます。責任が重くなると退職するときの罪悪感も大きくなりますよね。また、人間関係も構築されていくので、退職することによってお世話になった人を裏切る気持ちになって心苦しいでしょう。

しかし、試用期間中であれば、責任重大な仕事も任されないでしょうし、職場には関わりのない人がほとんどなので、あまり罪悪感なく仕事を辞めることができると思います。

(2)デメリット

・転職に不利になる可能性がある

試用期間中に退職したとしても、履歴書には勤務したことが記載されます。そして在職期間が短いと、転職活動のときに指摘され、転職理由を聞かれる可能性があります。

ここで、前職の会社が合わなかったというような理由を答えると、長期間勤務できない人だという悪い印象が残ってしまいます。必ず、自分が求めている仕事をするためという将来を考えた退職理由を言いましょう。

・会社内での印象が悪い

短期間で退職してしまうと、社内でも「失礼な人」や「甘えた人」などと悪い印象がついてしまいます。転職後も一緒に仕事をしたり、悪い噂がたてられる可能性もあるので試用期間中に退職する場合はあまり印象を悪くしないように注意する必要があります。

仕事が合わないということを防ぐために

転職したからといって、次の仕事が本当に自分に合うかどうかはやはり実際に入社して、その仕事やってみないと分からないですよね。仕事が合わなくて何度も退職し、転職を繰り返すということがないように次のことを確認しましょう。

・自分が何を重視して仕事をしているか
・会社の評判はどうか

自分自身と会社について、入社する前に調べて考えることで本当に自分に合った仕事なのか考えてみましょう。

試用期間中のトラブルと対処法

上記で説明したこと以外にも試用期間には様々なトラブルがあります。
3つのトラブルとその対処法について説明します。

(1)正当な理由もなく、突然解雇された

先に述べたように、会社は経歴詐称などの正統な理由がない限り、試用期間中であっても社員を解雇することはできません。また、解雇する際にも解雇予告か、解雇手当が必要です。

これらのことを違反している場合は、会社にそのことを伝えて解雇を取り消すように訴えましょう。

(2)試用期間を延長された

試用期間は最初の契約で設定されると説明しましたが、就業規則に試用期間の延長があることが記載されていて、正当な理由があり、全体の試用期間が一年以内であれば延長は認められます。ただし、これらの条件がそろっていないときは延長できないので、不当に延長された場合は会社に、申し出ましょう。

(3)給与が最低賃金より低く、残業代が支払われない

試用期間であっても、給与を最低賃金より低くしたり、残業が支払わないことは違法行為なので、試用期間中の給与もきちんと確認して、このような状況であれば会社に申し出ましょう。

まとめ

試用期間は入社しているけど、正規雇用とは違うような期間でよくわからないことも多いと思います。しかし、雇用契約は正社員と同じなので、試用期間にもほぼ同じルールが適用されると思って良いでしょう。

退職する際も、正社員と同じ流れで退職できますが、試用期間中という時期を考え、メリットとデメリットを把握して退職するか判断してください。

また、曖昧な期間であるためにたくさんのトラブルも発生します。トラブルが発生した場合には、法律や就業規則をよく確認して対処しましょう。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職 退職マナー

関連する投稿


退職エントリとは?なぜ書くのか?メリットとデメリット!

退職エントリとは?なぜ書くのか?メリットとデメリット!

退職エントリってそもそも何なのか?退職エントリは退職者が退職後に前職や転職のエピソードをブログのように書いてネットにあげることです。それでは、なぜ、退職エントリを書く人がいるのですか?この記事ではそのメリットとデメリットについて紹介していきます。


社長を含め管理職は仕事を辞めたくても退職できない?!

社長を含め管理職は仕事を辞めたくても退職できない?!

会社を引っ張っていく必要がある管理職の方で職場でのプレッシャーや労働環境の辛さが理由で退職を考える方もいますよね。しかし、もし退職したら会社への影響が心配になって退職なんかできる訳がないなどと、一人で悩んではいませんか?そんな方のために、今回の記事では、管理職の方の退職する方法や退職する際の法律上の問題などについて詳しく説明していきたいと思います。


退職前に上司に復讐しても良い?やってはいけない2つの理由

退職前に上司に復讐しても良い?やってはいけない2つの理由

就業中に積もり積もったイライラを退職前に上司にぶつけてやると思っている人はいませんか?退職すると決まっても復讐を考えてはいけません。この記事ではなぜ復讐してはいけないかを紹介しますので、是非読んでみてください。


社内恋愛のきっかけは?禁止なのにバレたら退職すべき?隠すための秘訣

社内恋愛のきっかけは?禁止なのにバレたら退職すべき?隠すための秘訣

社内恋愛をしていたけれど、周囲に関係がバレてしまった!という場合は退職せざるを得ないのでしょうか?また、バレてしまった際に、同僚とどのように接していけば良いのか?社内恋愛がバレてしまった時の対処法を紹介します。


保育士が一斉退職!?子供好きでも辞めてしまう3つの理由!

保育士が一斉退職!?子供好きでも辞めてしまう3つの理由!

保育士が一斉に退職するというニュースが報道されました。保育士の現状は、どうなっているのでしょうか?子どもの世話を仕事としている保育士の方の笑顔の裏に、様々な苦労があることも事実です。この記事では、保育士の仕事が大変だとされている理由について紹介していきます。


最新の投稿


退職エントリとは?なぜ書くのか?メリットとデメリット!

退職エントリとは?なぜ書くのか?メリットとデメリット!

退職エントリってそもそも何なのか?退職エントリは退職者が退職後に前職や転職のエピソードをブログのように書いてネットにあげることです。それでは、なぜ、退職エントリを書く人がいるのですか?この記事ではそのメリットとデメリットについて紹介していきます。


社長を含め管理職は仕事を辞めたくても退職できない?!

社長を含め管理職は仕事を辞めたくても退職できない?!

会社を引っ張っていく必要がある管理職の方で職場でのプレッシャーや労働環境の辛さが理由で退職を考える方もいますよね。しかし、もし退職したら会社への影響が心配になって退職なんかできる訳がないなどと、一人で悩んではいませんか?そんな方のために、今回の記事では、管理職の方の退職する方法や退職する際の法律上の問題などについて詳しく説明していきたいと思います。


退職前に上司に復讐しても良い?やってはいけない2つの理由

退職前に上司に復讐しても良い?やってはいけない2つの理由

就業中に積もり積もったイライラを退職前に上司にぶつけてやると思っている人はいませんか?退職すると決まっても復讐を考えてはいけません。この記事ではなぜ復讐してはいけないかを紹介しますので、是非読んでみてください。


警察官の退職金って何千万円!?相場?なんでそんなに高いの?

警察官の退職金って何千万円!?相場?なんでそんなに高いの?

警察官の退職金が高いということを聞いたことがある人も多いと思います。しかし、実際に警察官の退職金ってどれくらいか知っていますか?警察官の中で最も高額な退職金はいくらか気になったりしませんか?今回はそういった警察官の退職金に関する疑問を解消すべく、警察官の退職金ランキングや最も高額な退職金なども交えて詳しく説明していきたいと思います。


転職最強アプリを紹介!AIキャリア診断アプリ『VIEW』

転職最強アプリを紹介!AIキャリア診断アプリ『VIEW』

「自分のやりたい仕事が見つからない!」、「自己分析ができない!」と悩んでいませんか?自分の価値観を洗い出して、自己分析するという今までのやり方ではなく、AI診断アプリ『VIEW』を使った革新的な天職の探し方を紹介しますので、自分のやりたいことがわからない人は参考にしてみてください!