ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

「毎日の仕事がストレス・・・。もう仕事に行きたくない。」と思いながら、毎朝出勤していませんか?仕事では、みんなある程度のストレスを抱え、それを我慢しながら仕事をしていると思います。


しかし、ストレスがどんどん溜まり、こらえきれなくなると精神的に辛くなってしまったり、仕事を辞めたくなってしまったりすることもあります。そうならないように仕事はストレスが少ない方がいいですよね。


今回の記事では、仕事で感じるストレスやストレスの少ない仕事を選ぶコツを紹介します。

仕事で感じるストレス

どんな人でも、多かれ少なかれ仕事にストレスを感じてしまうことはあります。時には、ストレスが原因で仕事を辞めたいと思うこともあるでしょう。


仕事でストレスが溜まってしまう要因にはどんなことがあるのでしょうか?ストレスが溜まる主な場面をいくつか紹介します。

上司や取引先に無茶なことを言われる

仕事の中で、上司や取引先に、仕事量や期限などに関して、無茶な条件を提示されることがあると、大きなストレスがかかってしまいます。


どれだけ無茶な仕事でも上司や取引先には逆らえない状況であれば、引き受けなければいけません。一度引き受けてしまうと、責任があるので「やっぱり無理でした」では済まされず、何を犠牲にしてでも仕事を終わらせなくてはなりません。


このようなギリギリの状況がずっと続くと、ストレスが溜まってしまい、仕事を辞めたいと思う場合もあるでしょう。

職場でいじめを受けている

職場でいじめのターゲットにされると、自分は何も悪くないのに理不尽ないやがらせを受けることになり、ストレスが溜まってしまいます。


いじめを受けると、仕事が思うように進まなかったり、職場に行くことさえもできなかったりするかもしれません。どんなに仕事が好きでも、職場の人間関係に問題があれば、ストレスで仕事を続けられなくなります。

いつも笑っていなければいけない

営業職やクライアントと接する仕事は、相手にどう見られているかが仕事の成果に表れるので、いつも笑って、相手に明るい印象を与えなくてはいけません。


仕事で失敗したり、プライベートで嫌なことがあっても、接客をする際には切り替えて笑顔を作る必要があります。しかし、人間はロボットではないので、気持ちを完全に切り替えることはできません。無理に仕事で笑顔を作ろうとすると、やはりストレスが溜まってしまうのです。

仕事はストレスの少なさで選ぶべき!

ストレスが多い仕事でも、「給料が高ければ大丈夫」、「仕事はストレスが溜まるもの」などと考えて甘く見ていませんか?実際に仕事を始めるまでは、その仕事がどれだけストレスが多いか、自分にどれだけストレス耐性があるかははっきりとわかりません。


転職が多くなった現在でも、仕事は基本的に週五日、長期間続けるものです。高い頻度で長い間大きなストレスがかかると、せっかく始めた仕事を辞めたくなることもあるでしょう。したがって、仕事を選ぶ際には、自分にストレスがかからないものを選ぶべきなのです。

ストレスのない仕事の共通点

ストレスがない仕事を選ぶべきだということを説明しましたが、ストレスがない仕事とはどんな仕事なのでしょうか?いくつか共通点を紹介します。

ノルマがない仕事

仕事がストレスになる原因として、無茶な仕事を任され、仕事に追われることがありました。ノルマがある仕事は、常に自分との戦いで、仕事に追われる日々になるので、上手く数字が出せないとストレスが溜まってしまうでしょう。


ノルマがなければ、自分のできる範囲で計画を立てて、きっちり仕事をこなせばいいので、ノルマがある場合よりストレスなく仕事を進められるでしょう。

他の従業員との接点がない仕事

他の従業員と接点があると、人間関係の悪化やいじめが起きることで、仕事以外のストレスが溜まり、結果的に仕事も嫌になってしまうことがあります。他の従業員とあまり接点がなければ、人間関係に悩むことも少なく、あまり良好でなくても我慢できる範囲であることが多いでしょう。

残業がない仕事

定時に終わらないことが前提の仕事であれば、毎日仕事にしか時間を使えず、自分の時間がなくなることもあります。そんな日々を過ごしていると、「自分は何のために働いているんだろう?」と考えてしまうこともあるでしょう。


残業が少なく、プライベートと仕事を両立できると、ストレスなく、充実した生活を送れるでしょう。

ストレスが少ない仕事ランキング

次は具体的なストレスの少ない職種を男性と女性の場合に分けて紹介します。

男性の場合

①送迎バスの運転手

福祉施設、教習所、スイミングスクールなどの送迎バスの運転手の仕事は、ストレスが少ないです。その理由は、業務時間が短いこと、バスの乗客からクレームをつけられることがないこと、他の従業員との接点が少ないことが挙げられます。

②夜間の施設警備員

施設の警備員の仕事もストレスが少ないです。夜間であれば、他者との接点が全くなく、客からのクレームなどもありません。また、残業もない上に、夜勤であれば日勤よりも給与が高いので、自分の時間も取りながら、高収入を得られます。

③マンション管理人

マンション管理人は、マンションのエントランスで勤務して、敷地内の清掃、郵便物対応、住居人のトラブル対応をする仕事で、これもストレスが少ない仕事と言われています。


決められた時間だけ、マンションに滞在し、事務作業が終われば、後は座っているだけでいいのです。他者と関わることも少なく、トラブルもめったに起こらないのでストレスを感じる場面は少ないでしょう。

女性の場合

①コールセンター

コールセンターは、客のクレームや問い合わせに電話で対応する仕事です。コールセンターでは、様々なクレームに対応する必要があり、大変なイメージがありますが、社内ヘルプデスクという大手企業内の窓口であれば、電話の相手は社員なので理不尽なクレームがくることはありません。


業務は基本一人で自分の席に座って電話対応ををするので、他の従業員と関わることも少なく、体力的に疲れることもないので、ストレスもあまり溜まらないでしょう。

②受付嬢

大手企業やショッピングモールなどの受付は、来客の対応や電話の取次、施設内の案内などをする仕事です。受付は、1~3人の少人数なので集団のいじめにあうことはありません。また、簡単な対応ばかりなので、時間に追われて残業しなくてはならないということもなく、ストレスは溜まりにくい仕事でしょう。

③大学職員

大学職員はホワイト高収入で有名な職種です。仕事内容は大学や部署によって違いますが、民間企業より、少ない勤務時間で同じくらいの収入が得られる仕事です。仕事が少ない部署では、一週間の仕事が三日で終わってしまうくらい少ないこともあるようです。


残業が少なく、高収入であれば、プライベートと仕事を両立してストレスない暮らしができそうですよね。

ストレスが多い仕事ランキング

ここまでストレスが少ない仕事について紹介してきましたが、反対にストレスが多く注意が必要な仕事をいくつか紹介します。

①警察官

警察官は年功序列で、上下関係や階級が厳しい仕事です。下っ端であれば、常に厳しい環境で働く必要があり、上司に逆らうことはできません。また、休日出勤が多く、プライベートと仕事を両立するのが難しいでしょう。さらに、住民からクレームを言われることもストレスの一因になります。

②営業職

営業職は、常に人と接する仕事です。プライベートで嫌なことがあっても、笑顔で顧客に接することが求められ、会社によっては個人に厳しいノルマを課せられて長時間の残業が必要になる場合もあります。


営業職には向き不向きがあります。話すのが得意で人の心をすぐに掴んでしまう人にとっては、簡単な仕事かもしれませんが、人と接するのが苦手という人は、なかなか目標を達成できずに落ち込んでしまい、仕事のパフォーマンスも下がっていくという悪循環に陥ってしまいます。向いていない人が営業をするととてもストレスになります。

③教職員

教職員も営業と同じように常に人と接している仕事です。さらに接する相手は生徒なので、相手に自分の考えを伝えるのは、営業職より困難かもしれません。


心を開いてくれない生徒や建設的な会話がなかなかできない生徒と諦めずにコミュニケーションをとろうとするのは、とてもストレスのかかることだと思います。教育という仕事に大きなやりがいを感じていないとストレスに押しつぶされそうになってしまうこともあるでしょう。

ストレスの原因は人それぞれ

仕事で感じる一般的なストレスを紹介してきましたが、実はストレスの原因やかかるストレスの大きさは人それぞれです。


仕事が難しくてストレスを感じる人もいれば、簡単すぎるとストレスになってしまう人もいます。また、コミュニケーションを活発にとれる会社の方が良い人や反対に周りと全く接することがない仕事の方が良いと思う人もいるでしょう。


ストレスのない仕事に就くには、自分が何にストレスを感じるのか、自分が向いていること、やりたいことは何なのかをじっくり考えることが重要です。

ストレスのない仕事を見つけるコツ

ストレスのない仕事に就くには、自分について知ることが重要ですが、自分と仕事のミスマッチによってストレスが発生する場合の他に、会社自体にストレスの原因がある場合があります。すごくタフな人でないと続けられない仕事量を任せられる職場や人間関係が悪い職場など、仕事の向き不向きに関係なく、ストレスが溜まってしまう原因があるのです。


ここでストレスが少ない会社を見つけるためにチェックした方が良い数値を紹介します。それは、「離職率」です。離職率とは仕事に就いていた人数のうち、退職した人数の割合です。離職率が低いほど会社を辞める人が少ないのです。


離職率の対象や期間は会社によって異なりますが、入社して三年以内に辞める人が多い会社は、会社自体にストレスの原因がある場合があります。一般的に離職率が三割近くあると、辞める人が多く、労働環境が悪いという印象があります。

まとめ

いかがでしたか?


仕事にはストレスになる原因がたくさんあります。仕事を選ぶときには、なるべく自分にとってストレスが少ない仕事を選びましょう。ストレスが多いと、仕事のパフォーマンスが上がらなかったり、精神的に辛くなって、仕事が続けられなくなってしまいます。ストレスの少ない仕事で、長く楽しく仕事ができる方がいいですよね。


しかし、ストレスになる原因は人それぞれなので、仕事を探している場合は、まず自分がストレスを感じることを考え、自分を知ることから始めましょう。楽しく仕事をするために、自分にピッタリな仕事や会社を見つけましょう!

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


ストレスのない仕事

最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。