【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

「志望動機なんてねーよ」という人は多い

就職活動をする際に頭を悩ませるものの1つとして志望動機が挙げられます。
いざ志望動機を考えようとしても、この会社でなくてはダメという具体的な志望理由が思いつかず困ってしまいます。

実際、このように志望動機をどうすれば良いか頭を悩ましている人が多いのは事実です。
Twitterなどで「志望動機」と検索しようとすると、「志望動機 ない」「志望動機 書けない」という検索候補が出てきます。

つまり、「志望動機なんてねーよ」と思っている人は決して少数派などでは無く、自分の思っている以上に多くの人たちが、同じ様にして悩んでいるのです。

ネットニュースでも、志望動機が無く就活が憂鬱になってしまっている大学生の話が取り上げられており、コメント欄には共感の声が多くありました。
ただし、共感意見もあれば、反対の厳しい意見もあります。

共感意見としては
・「まぁ、実際志望動機なんてないよな。普通に働けて金もらえればそれでいい。」

・「志望動機なんて建前だけど本音からかなり乖離するわけで。それを聞く意味ってなんだろうね。嘘つき集めてどうするの?とは思う。」

・「最大限に共感する。仕事なんて所詮生きるために現状必要だからやるものだ。本心でないお題目なんて何もかも時間の無駄でしかない。」
などのコメントがありました。

反対の意見としては
・「社会に出れば建前だけで取り繕わなきゃならない場面が多々出てくる。我慢して乗り越えなくちゃ社会に出てもあれ嫌これ嫌で続かないよ。」

・「相手が何を望んでるのかという視点がないなら、そもそもビジネスにならんでしょ。アルバイトでもやってればいいじゃん。」

・「就きたい職業に就くため勉学に励んだ自分としては、志望動機がないって感覚がわからん。」
といったコメントが見受けられました。

そもそも、自分でその会社を選んでいるのにも関わらず志望動機が無いというのは、どのような理由からなのでしょうか?
その理由を考えていきましょう。

志望動機が無い理由は?

その会社を選んでいる以上、本来であれば何かしらの志望動機があると思います。
志望動機が無いという人のほとんどは、「面接で話せる志望動機が無い」ということではないでしょうか?

実際、「志望動機なんてねーよ」という人たちも、その会社を選んだ理由が全く無いという訳ではないと思います。

志望動機に悩んでいる多くの人たちは
・「休日が多いから」
・「給料が沢山もらえるから」
・「楽そうだから」
・「立地が良いから」
などの理由が志望動機となっているために、志望動機としてふさわしく無いと感じているのでしょう。

確かに、これらの理由を直接伝えてしまうと採用してもらうのが難しくなってしまうとおもいます。ただし、理由自体が必ずしもダメということでもありません。
伝え方次第では、上記の理由も志望動機として使うことも可能です。

それではまず、志望動機を考える前に、なぜ志望動機が無いという状況になってしまうのか理由を考えていきましょう。

そもそも志望度の高い会社ではないから

自分の働きたい会社を探していると、第一志望、第二志望と会社によって自身の志望度合いが変わってくると思います。

まず前提として、誰しもが第一志望の会社に就職出来る訳ではありません。
志望度の高い会社であれば志望動機もどんどん浮かんでくるかもしれませんが、志望度の低い会社になると、これといった志望理由も無くなってしまうことが考えられるでしょう。

この場合、志望動機が思いつかないのもある程度は仕方のないことかもしれません。
ただし、自分で志望している以上は何かしらの志望動機を考える必要があるでしょう。

自分のやりたい仕事では無いから

自分のやりたい仕事が分からないという人が志望動機を考えるのは、かなり大変なことだと思います。

やりたい仕事、もしくは自分の得意なことなどが分かっていないと会社を選ぶことも出来ませんし、仮に会社を選んだとしても、志望動機が考えつかないのも当然としか言いようがありません。

このようにやりたい仕事が無い方の多くは
「生きていくためにはお金が必要だから仕方なく働く」という考えだと思います。
しかし、だからといってこれを志望動機にしてもまず受からないというのは皆さんも想像がつくと思います。

志望動機に悩む前に自分の好きな分野や得意なことを考え、少しでも興味のある会社を探すようにしましょう。
全く興味の無い会社の志望動機を考えることは難しいですし、その会社に入社しても長く続かないことが考えられます。

会社側が志望動機を聞く理由

そもそも、会社側はどうして私たちに志望動機を聞いてくるのでしょうか?
志望動機を考える前に、志望動機がなぜ聞かれるのかを一緒に考えていきましょう。

志望動機がきちんと伝えられると、会社に対して自身の志望度の高さを伝えることが出来ます。
当然、会社側も志望度の高い人へ働いて欲しいと考えていますので、志望動機がしっかりしている人を選びたくなるのです。

それでは、志望動機が聞かれる具体的な理由を見てみましょう。

会社との適正を知りたい

会社側が志望動機を聞く理由として、応募者が会社で働いていける適正があるかをチェックしていることが挙げられます。

現在、新卒で就職した人の中で、3年以内に会社を辞めてしまう人が3分の1もいます。
一人の人材に対して掛かるコストは思っている以上に大きいです。
せっかく採用した人でも、すぐに辞められてしまっては今までの時間や労力も無駄に終わってしまいます。

そこで会社側も「より、会社に対して入りたいと思っている人を採用しよう」と考えているのです。
考えてみれば、きちんと志望動機がある人と志望動機の無い人の二択であれば、志望動機がある人の方に対して、より会社へ入って欲しいと感じるはずです。

つまり、志望動機を聞くことで会社に入りたいという気持ちの程度を確認しようとしているのです。

人柄を見たい

会社では自分一人で働いていく訳では無いので、志望動機を通してあなたの人柄が社内の人たちとマッチしているかを確認している場合も考えられます。

「◯◯な理由で志望しました。」には少なからず物事に対する自分の考え方、性格などが表れていると思います。
つまり、「この人はこういう考え方をするから、会社のメンバーとも合いそうだ」と思ってもらえれば、会社により合った人材であると判断され内定に近づく可能性が高くなるでしょう。

ただし、入社したいがために志望動機に自分の思ってもいないことや嘘を書いて入社してしまうと、実際に働いてみて「イメージと違った」「職場の人と合わない」などのミスマッチを引き起こしてしまうこともあるので注意してください。

入社後にやりたいことを知りたい

志望動機を聞く理由の1つに、入社後にやりたいことを聞きたいというのが挙げられます。
これは、事前に聞いておくことで、入社後のミスマッチを防ごうとしているのです。

例えば「私は入社後〇〇に携わりたいと考えています。」と言ったとします。
しかし、会社側がそれを任せる予定が無かったとしたら、仮に採用したとしても
「自分の思っていた仕事が出来なかった」と辞められてしまう可能性が高くなってしまいます。

そうならないためにも、会社側は前もって「応募者がどのような仕事をやりたいのか?」
「それはうちの会社で実現できそうなのか?」ということを判断しようとしているのです。

会社選びの軸を知りたい

会社側は志望動機を通して、あなたの会社選びの軸を知りたいとも考えています。
例えば、どんな考えでこの業界を選んだのか、もしくはこの職種を選んでいるのかを知りたいということです。

他にも、「なぜ大企業(ベンチャー)を選んだのか?」「なぜこの会社なのか?」など様々ありますが、志望動機を通してあなたの会社を選ぶ際の価値観を知り、本当にこの業界・職種であっているのか判断しようとしているということです。

志望動機の考え方

ここでは実際に志望動機をどのように考えれば良いか紹介していきます。
志望動機が無く悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

まずは、志望動機の基本的な構成についてお伝えします。
基本的には2つのステップで考えていきます。

・ステップ1
どのような価値観を軸に就職活動をしているのか?

・ステップ2
その軸に対して志望する会社のどのようなことが当てはまっているのか

上記の2ステップで考えていくと志望動機が考えやすいかと思います。
ポイントは自身の過去の体験から共通することを考え、自分の中の行動の軸を見つけるようにすることです。

自身の行動の軸が分かってくると、将来やりたいことが分かってきますし、更には「将来どうなりたいか」について考えられるようにもなってきます。

続いては具体的な志望動機の書き方を見ていきましょう。

会社の求める人物像に寄せる

会社がどういう人を求めているのかは、意外にもその会社のホームページに書いてあったりします。
つまり、自分が会社の求める人物像に近いということを志望動機でアピールするのです。
ただし、求める人物像が「〇〇な人」となっているからといって「私は〇〇な人です」とするのでは無く、自分の過去の体験などと絡めて〇〇な人間であるとアピール出来ると更に良い志望動機が作れるでしょう。

エピソード(原体験)を入れる

自分がその会社を志望するきっかけになったエピソードや原体験がある人は、それを正直に書くと良いと思います。
原体験というのは、今の自分(の考え方)に大きな影響を与えた過去の出来事という認識で大丈夫です。

もちろん、「テレビのCMで見たから」のような単純な理由では意味が無いですが、その会社で働きたいと思うに至った具体的なエピソードがあれば、ぜひそれを元にして志望動機を書きましょう。
そうすることで、あなたの入社への気持ちが強いということを伝えることが出来ます。

他の人の志望動機を参考にする

手っ取り早く志望動機を完成させたいという人は、過去の先輩方のESを参考にするのが良いでしょう。
特に、ES通過者の志望動機をいくつか読むことで、何を書いていいのか分からなかった人でも具体的なイメージを持つことが出来ると思います。

もちろん完全に真似するのはダメですが、書いている内容であったり文章構成など、自分で志望動機を考える際に取り入れられるテクニックが学べます。
成功者の例に学ぶことで効率よく志望動機が書けるようになるでしょう。

相談する

志望動機の書き方に悩んでいるのであれば、相談してみるのも一つの方法です。
例えば、大学のキャリアセンターです。
キャリアセンターは就職支援を目的とした機関ですので、志望動機を一緒になって考えてくれたり、自分で考えた志望動機を添削してくれます。

他にも外部のキャリアアドバイザーを利用するのも良いですし、ゼミやサークルの先輩方に相談してみるのもありだと思います。
キャリアアドバイザーの中には無料で相談に乗ってくれる所もありますし、先輩であれば直近の経験者ですので様々なアドバイスをしてくれることでしょう。

いずれにしても、自分一人で中々考えつかないのであれば、一度、周りの人にも頼ってみることをオススメします。
やはり、自分一人で考えるには限界もありますし、時間も掛かってしまいます。

ESなしの会社を選ぶのも1つの手

どうしても志望動機を考えられ無いというのであれば、ESの提出が無い会社を選ぶのも方法としてはあります。
ESの提出が求められていなければ、ひとまず志望動機を考える必要はありません。

ただし、ESの提出が無い場合でも、ほとんどの場合には面接時に志望動機を聞かれると思います。
最初の時点では考えつかなくても、後々のためには志望動機を考える必要が出てくるでしょ
う。

面接で使える志望動機に変える工夫

志望動機はあるけど面接で言えるような内容では無いという方に向けて、簡単な工夫の方法を紹介したいと思います。
会社を選んだ理由が福利厚生である、という方に多い悩みであると考えられます。
ここでは、いくつかの例を挙げて説明していきます。

例えば、「残業時間の少なさ」を理由に選んだ場合には
「仕事とプライベートの両立をしたいと考えていて、、、」と言い換えることが出来ます。

他にも
・「有名だから」という理由なら
→「御社の有名な◯◯というサービス(商品)が好きで、今度は自分が提供していく立場として携わりたいと思った。」

・「給料が良いから」という理由であれば
→「成果に対する評価制度がしっかりとしているため、仕事に対するモチベーションが維持しやすいと感じた」

というように言い換えることが出来ると思います。
直接的に言えば印象が悪くなってしまうかもしれませんが、同じような意味の表現方法に置き換えて伝えることが出来ると、相手の捉え方も変えることが可能です。

ただし、福利厚生などの理由だけで志望動機にしてしまうと、どうしても志望動機として弱くなってしまいます。
「更に福利厚生の充実した会社があれば、そっちに行くのでは?」と思われてしまうことがあるからです。

面接で言いにくいと思っていた志望動機の他にも、自分がこの会社で働きたいと思えるような要素を見つけることが重要になってきます。

志望動機を伝える際のポイント

ここでは志望動機の伝え方について話していきます。
志望動機の内容も大切ですが、それと同様に大切になってくるのが志望動機の伝え方です。
そして、伝え方として重要になってくるのは、話す内容の順番です。
その順番について以下で詳しく紹介していきます。

・順番①
企業のサービス、事業内容についての話を伝える

・順番②
自分の本音の志望動機を伝える(ただし、工夫して伝える必要があります)

「たったこれだけ?」と思う人もいるかもしれません。
しかし、以上の順番を意識して志望動機を伝えることで会社側に与える印象が良くなってきます。
ここで簡単な例を挙げて説明したいと思います。
面接に来たAさんとBさんがいます。
どちらの人の志望動機の方が良い印象を与えるでしょうか?

Aさん「御社の事業内容に興味を持ったため志望しました。また残業が少なくプライベートとの両立が出来そうだと感じたのも志望理由の1つです。」

Bさん「残業が少なくプライベートとの両立が出来そうだと感じたので志望しました。また、御社の事業内容にも興味を持ったのも志望理由の1つです。」

二人の志望動機の伝え方を比べてみて、どのように感じたでしょうか?
おそらく、Aさんの志望動機の伝え方の方が良いと感じた人が多いのではないでしょうか。
このように、話す内容が同じでも相手に与える印象は変わってきます。

面接官は、質問に対する最初の答えをあなたが伝えたいことであると感じます。
そこで、話す順番が大切になってくるという訳です。

ウチじゃなくてもいいよね?への対策

志望動機を伝えたら「それ、ウチじゃなくてもいいよね?」というようなことを言われた経験のある方はいるでしょうか?

面接が進んでくるにつれて、志望動機について更に聞かれる可能性があります。
ここで大切になってくるのが、志望動機に対して自分の価値観を絡めて説明出来るかどうかです。

志望している以上、少なからずその会社のことが他社よりも好きで志望していると思います。
その好きになっていった過程を説明し、それがどうして自分にとって重要であるかを説明することで、相手に対して「自分はこの会社が良い」ということを伝えます。
このようにすることで「ウチじゃなくてもいいよね?」への対策になってきます。

そもそも志望している会社があまり好きでは無いという方は、会社のホームページなどを調べたりして、自分が好きになれる要素を探す必要があります。
自分が好きでも無い会社に対して、その会社でなければダメな理由考を考えるのは、かなり難しいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「志望動機なんてねーよ」という方も、少なからず志望動機はあると思います。
ただ、面接で言えるような志望動機ではないと思っているために、無いと感じてしまうのです。

もちろん伝える内容も重要ですが、伝え方も大切です。
自分が本当に思っている志望動機を、ESの提出や面接の時に良い印象となるように、工夫して伝えられるようになりましょう。

少しでも多くの人が、希望した会社に入社出来ることを願っています。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


転職 就活 志望理由

関連する投稿


面接が苦手なのは対策を知らないから?場面別対策法とは!

面接が苦手なのは対策を知らないから?場面別対策法とは!

面接は苦手だと感じている人は多いのでないでしょうか。大学入試や就職など、人生のターニングポイントに面接はつきものです。だからこそ苦手を克服したいですよね。実は面接対策を知らないから苦手だと感じるのです。対策を知り、自信を持って臨みましょう!


転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職活動を始めようと考えたときにベストなタイミングはいつなのでしょうか?退職してからなのか、する前なのか?、転職に有利な時期は人それぞれ異なります。この記事では、あなたに合った転職のタイミングを知る方法を紹介します!


転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

三年以内の離職率三割と言われるように転職することが当たり前とされています。しかし、転職することに対してポジティブな意見ばかりではありません。転職回数が多いことに否定的な意見もありますが、多すぎると言われてしまう基準はいくつくらいなのでしょうか?


業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外にも上司からメールが止まらない、電話がかかってくる、など逃れられない状況に置かれた人がするべき対策集です。そもそも業務時間外の労働の基準はなんなのか、というところから業務時間外労働の断り方まで幅広く紹介しています。


モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

「上司のあの行動、もしかしてモラハラなんじゃ・・・?」職場で上司や同僚から嫌がらせを受けた経験はないでしょうか。自分ではなかなか判断しづらく、つい我慢してしまう方も多いのかもしれません。 実際に、職場でのどのような行動がモラハラに当たるのか、自分がモラハラにあったときの対策などをまとめました。


最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。