コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

離職率が高い仕事として、コールセンターがよく挙げられます。実際に、全コールセンターの約半数で、新人の離職率が30%以上になっており、離職率が50%を超えるコールセンターは全体の約3割もあるようです。一般の仕事では、入社して3年以内の社員の離職率が30%を超えると、離職率が高く、ブラックな会社なのかなという印象を与えてしまいます。


それでは、どうしてコールセンターの離職率はこれほどまでに高いのでしょうか?業務内容がストレスを感じやすいものだから、コールセンターはブラックなところが多いから・・・理由はたくさん考えられます。


今回は、コールセンターの仕事や辞めたくなる人が多い理由、コールセンターから転職するときのコツなどを紹介します。

そもそもコールセンターの仕事とは?

そもそもコールセンターの仕事内容をよく知らない人も多いのではないでしょうか。では実際にコールセンターではどのような仕事をしているのでしょう。

コールセンターの仕事のほとんどは電話対応

コールセンターの職種は大きく二つに分類されます。一つ目は、インバウンドという職種で様々な問い合わせやクレームの電話対応をするところです。二つ目は、アウトバウンドという職種でコールセンター側から会社で指定されたリストに載っているところに電話をして、様々な調査やサービスの提案などをします。コールセンターでもアウトバウンドの仕事は営業でもあるので、ノルマやインセンティブが設定されているところもあります。

コールセンターの研修とOJT

コールセンターに入社すると、実際に仕事を始める前に、研修とOJTを受けて、一人で受電するためのテストに合格しなければなりません。このテストに合格できないとせっかくコールセンタ-に入社してもクビになってしまいます。


研修には、座学・ペーパーテスト・ロールプレイング・パソコン入力などが含まれます。これらの研修を一週間から一カ月間かけて行います。たいていの場合は、研修中も給与は支払われるようになっています。


研修が終わると、OJTを行います。OJTとは、「on the job training」 の略で上司が部下に具体的な仕事を与えることで、実際に仕事に必要な知識・技術・技能・態度などを計画的かつ継続的に習得させる、社員の育成方法です。これはコールセンター以外でも行われているトレーニングです。


コールセンターのOJTでは、ベテランオペレーターがそばについた状態で、一緒に実際の顧客の電話対応をします。電話対応の後はベテランオペレーターによるフィードバックが行われます。これを繰り返し、徐々に一人で応対ができるように練習します。ある程度電話対応ができるようになると、最後にテストが行われます。テストでは一般的にSVと呼ばれるリーダーが、電話対応の音声を聞いて、しっかりと顧客の対応ができているか判断します。テストは二、三回行われて、これらに合格できれば、晴れて一人のオペレーターとして仕事をすることができます。


このようにコールセンターで働くまでには、様々な試練を乗り越える必要があるのです。

コールセンターの労働環境

上記で説明した通り、コールセンターの仕事の大半は、電話対応なので勤務中はほとんどヘッドセットをつけて、顧客と電話をしている状態です。では、その他のコールセンターの労働環境はどのようなものなのでしょうか?

正社員の給与

コールセンターの給与は、正社員で月給で24~27万円程度とされています。スーパーや事務職などより少し高い給与になっています。また、アウトバウンドの場合は、営業の成績によって、インセンティブがつく場合もあるので、より高い給与を得ることができます。さらに、夜間シフトの場合も夜間就業の手当出るので、昼間よりも給与が高くなります。


会社の業績や売上によっては、賞与やボーナスが出ることもあるので、基本の月給より多く給料がもらえる場合があります。

アルバイトやパートよりも派遣社員の方が給与が高い

アルバイトやパート派遣社員の時給は1200円~1500円程度です。月給であれば、20万~23万円程度です。アルバイト・パートと派遣社員の間でも給与に差が出る場合もあり、400円程違うこともあるようです。派遣の方が少し給料が高く設定されている場合には、派遣で登録することをおすすめします。


アルバイトやパート、派遣社員であっても、正社員と同じように、営業の成績によってインセンティブがつくことがあり、成績が良いほど多く給料を得ることができます。また、基本の時給も他のアルバイトやパート、派遣より少し高く設定してあるので、待遇は他よりも良いと言えるでしょう。

勤務時間

コールセンターの勤務時間は基本的に9時~18時のということが多いようです。ほとんどの場合シフト制になっているため、自分の都合で休みを取ることは難しいです。また、24時間体制で問い合わせを受けている会社もあるので、夜間に勤務しなければならない会社もあります。


しかし、コールセンターの主な業務は電話対応なので、締め切りに追われるというようなことはなく、残業は比較的少ないでしょう。

コールセンターの勤務時間は基本的に9時~18時のということが多いようです。ほとんどの場合シフト制になっているため、自分の都合で休みを取ることは難しいです。また、24時間体制で問い合わせを受けている会社もあるので、夜間に勤務しなければならない会社もあります。


しかし、コールセンターの主な業務は電話対応なので、締め切りに追われるというようなことはなく、残業は比較的少ないでしょう。

男女比

コールセンターの従業員の男女比は圧倒的に女性が多い会社がほとんどでしょう。職場の7~9割を女性が占めている会社が多いです。やはり、コールセンターは女性の仕事というイメージが強いため、男性がコールセンターで働こうと思うことは少ないようです。


反対に、パソコンのスキルやデジタルに強い人材を求めているコールセンターでは、従業員がほぼ男性のところもあるようです。

服装や髪型

コールセンターでは、電話対応が主な業務であり、お客様と直接合って仕事をすることがないので服装や髪型の指定がない会社が多いです。しかし、大手企業や厳しいルールがある会社では、服装や髪型にルールを設けていたり、制服を支給していることもあります。

コールセンターを辞めたくなる人が多い理由

コールセンターは、仕事を始める前に研修やロールプレイング、テストなどを繰り返し受ける必要があるので、コールセンターで電話を受けられるようになるまでは困難がたくさんあります。


しかし、そんな困難を乗り越えてやっと電話対応ができるようになったのに、コールセンターではすぐに辞めたくなる人が多いようです。その理由は何なのでしょうか?ここでは、コールセンターを辞めたくなる理由をいくつか紹介します。

苦情やクレームが精神的苦痛になる

コールセンターの従業員のストレスの原因の多くは、顧客からの理不尽なクレームです。電話の問い合わせには、クレーム目的のものが多く、中には電話を取った瞬間から怒鳴られることもあるようです。クレームの内容は理不尽なものもありますが、顧客相手なのでこちらができることはただひたすら謝ることしかありません。


クレーム対応で負の感情に接していると、だんだんと気分が落ち込んでいき、電話を取るのが怖くなってしまう人もいるようです。クレーム対応が原因で電話を取るのが億劫になってしまうので、転職を考える人が多いのです。

給料が比較的低い

コールセンターでは、クレーム対応が多くストレスが溜まりやすいということを紹介しましたが、ストレスに対して給料が割に合わないと考えている人が多いようです。一般的なアルバイトに比べて時給が高いと言われているコールセンターでも、業務によるストレスが大きいため、給料が低いと感じてしまうのです。


また、長年勤務したり、どれだけ多くのクレーム対応をしても基本的に昇給することがなく、努力が給与に現れない面も、給料が割に合わないと感じる一つの理由でしょう。


さらに、コールセンターで正社員として働く場合は、他の一般職の仕事より年収が低いため、コールセンターの給与で生計を立てるのが難しいということもコールセンターの仕事が続かない理由の一つです。

専門的なスキルが身につかず、やりがいを感じられない

コールセンターでは、指定されたリストに電話をかけたり、問い合わせに応えるという毎日変わらない業務を繰り返すばかりで専門的なスキルが身につかないため、やりがいを感じられずに仕事を続けられない人が多いです。


また、誰にでもできる仕事であり、どれだけ上手くクレーム対応をしてもお金がもらえるわけではないため、コールセンター業務は価値がないと考える人もいるようです。世の中には、弁護士やコンサルタントのように相談を聞くだけで、大きなお金を得られる仕事もあるので、コールセンターの仕事は軽視されやすいのです。

周りの人が助けてくれない

コールセンターの業務は、基本的にチームで行うものではなく、個人で行うものです。新人のころは研修やOJTによって、上司が業務を教えてくれたり、アドバイスをくれることもあります。しかし、一人前になればそこからは個人業務であり、ノルマがある場合は自身できっちり仕事をこなす必要があります。チームで協力して仕事をするのが好き、一人でもくもくと仕事をするのはつまらないという方には合わない仕事かもしれません。

ノルマが厳しい

コールセンターのアウトバウンド業務は営業職の要素があり、ノルマが厳しい職場もあります。一般的なコールセンターのノルマには二種類あり、一つ目は契約を取った件数、二つ目は電話を掛けた件数です。この成約数と架電件数のどちらの数字も気にして仕事をしなければならず、さらにノルマ件数が高く設定されている場合があるため、ノルマが厳しいと感じる人が多いのです。

コールセンターの仕事を続けるメリット

コールセンターの仕事を辞めたくなる理由はたくさんありました。しかし、そんなコールセンターの仕事もすべてが嫌なものばかりというわけではないと思います。そこでコールセンターの仕事を続けるメリットを紹介します。

仕事に体力を使わない

コールセンターの仕事は、基本自分の席で電話対応をするものです。一日中立ちっぱなしだったり、重い荷物を運んだりすることはないので、体力的に辛いと感じることはないでしょう。仕事内容は決して簡単ではなくても、ずっと座っていられるので仕事で体が疲れて動けないというようなことになることもありません。

接客スキル、コミュニケーション能力が身につく

コールセンターは、ずっと顧客の応対をする仕事です。したがって、当然のことですが、仕事をしているうちに応対が上手くなっていきます。言葉遣いや会話の間、抑揚のつけ方が上手くなり、普段友人と話すときも、相手が話しやすいように会話できるでしょう。また、顧客の難しいクレームにも対応することがあるため、相手をなだめることも上手くなります。

頑張った分だけの評価が得られる

コールセンターの仕事には、厳しいノルマが課せられているということを説明しましたが、インセンティブが設定されている場合もあり、頑張っただけ数字に表れ、給与も増えます。


インセンティブもノルマと同様に成約数と架電件数に対して設定されているので、自分の成績がどのくらいなのか把握しやすいです。ノルマという最低ラインを気にするのではなく、インセンティブを得られるように高みを目指して、努力すればやりがいをもってコールセンターの仕事を続けられると思います。

主婦が働きやすい

コールセンターでの仕事を家事と両立してやりたい主婦の方は多いのではないでしょうか?


主婦の方が働く際には、勤務時間が限られていたり、扶養内で働かなければいけなかったりと条件に合った仕事を見つけるのは難しいと思います。しかし、コールセンターは社員を大量募集をしていることが多いので、働く際の条件が多くても、会社に貢献できる人材であれば採用されやすいです。夫が働いているが、扶養内で働いて少しでも収入を得たいという主婦の方にはおすすめです。

効率的に転職を成功させるコツ

コールセンターを退職したら、次の勤務先を探す必要があると思います。しかし、転職活動は意外にやることが多く、多くの時間がかかるので自分ひとりで転職活動をするのはとても大変です。そこで、自分ひとりで転職活動を上手く進めることができないという人のために効率的な転職方法を紹介します。


効率的に転職するには、転職エージェントを利用するという方法があります。転職には第三者の客観的な意見も重要になるので、この転職エージェントを利用した転職方法は自分ひとりで転職活動ができないという人に最適です。


転職エージェントがしてくれることは主に以下の4つです。


・自分に合った企業を探してくれる

・履歴書作成や面接対策を手伝ってくれる

・給料交渉や面接の日程調整をしてくれる

・志望動機がわからないなど転職に関する様々な相談にのってくれる


これらのことから転職エージェントを利用すれば、自己分析・企業研究、履歴書作成・面接対策など転職活動の工程のほとんどを手助けしてくれることがわかります。転職エージェントを利用するだけで自分でやるべきことが大幅に減り、転職活動にかかる時間も少なくなるのです。転職活動で悩んでいる場合には、ぜひ転職エージェントを利用してみましょう。

コールセンターから転職するときのおすすめの転職先

コールセンターから効率的に転職するには、転職エージェントを利用したほうが良いと紹介しましたが、自身でも転職後どんな職業に就きたいか一度考えてみましょう。


それでは、コールセンターからはどんな職業に転職するのが良いのでしょうか?コールセンターでの経験を活かせるおすすめの転職先を紹介します。

事務職

事務職では、コールセンターほどではありませんが、電話応対をする場面があるので、コールセンターでの電話応対のスキルを活かすことができます。しかし、一日中電話で顧客のクレームを聞くということはないので、コールセンターよりストレスは少ないでしょう。また、事務職は定時勤務で土日は休みなので、派遣やパートで働く際には、働きやすい仕事です。

データ入力

コールセンターの仕事と同様に派遣社員やパートが多いデータ入力の仕事もおすすめです。顧客と電話で話すこともないので、コールセンターの業務で顧客のクレームを聞くのがストレスであった場合には、データ入力の仕事は顧客と話すことがないので、ストレスフリーで働くことができるでしょう。時給も1300円程度なので、コールセンターと給与はあまり変わりません。

営業職

営業職はコールセンターとど同様に自分が頑張って出した成果がそのまま評価につながる仕事です。コールセンターで顧客のクレームを聞くのは嫌だったが、ノルマやインセンティブが設定されている状況で目標を持って仕事ができたという方にはおすすめです。また、コールセンターで培ったコミュニケーション能力も営業で契約を取る際に活かすことができます。

まとめ

いかがでしたか。コールセンターの仕事は厳しく、辞めたくなるような事が多い仕事かもしれません。しかし、人によってはコールセンターでの電話対応やノルマが設定されているという特徴に適していることもあるでしょう。一概にコールセンターの仕事はダメな仕事だと言えないので、自分の得意不得意を考えて、コールセンターの仕事を判断しましょう。


しかし、働いてみて、コールセンターの仕事が自分に合わず、毎日働いていてストレスしか感じないという場合には、転職を考えたほうが良いでしょう。転職する際には、転職エージェントを利用すると転職がスムーズに行えます。コールセンターで培った能力と自分の強みを活かして、ストレスフリーで働ける職場を探しましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


コールセンター 辞めたい

最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。


異動したいけどできない時の行動や言い方のコツとは!?

異動したいけどできない時の行動や言い方のコツとは!?

「異動したいけど…なかなか言えない」「異動したいのに聞き入れてもらえない」と悩んでいる人もいるでしょう。会社を辞めるまではいかないけど今の職場環境は嫌だから異動したいという人も多いでしょう。この記事では異動したいときに取るべき行動や言い方のコツを紹介します。