自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

自由な仕事って何だろう?

皆さんは「自由な仕事」と聞くと、どのようなイメージを持たれるでしょうか?

「服装や髪型が自由」「勤務時間が決まっていない」「好きな場所で仕事が出来る」などなど、沢山思いつくことが出来ると思います。

例えば、一般的な会社員はどうでしょうか?

スーツ(仕事着)を着て、決まった時間に出勤して、基本的に決まった場所(会社のオフィス)で仕事をしています。

このように言われると会社員は全く自由では無いと感じてしまうと思います。

しかし、「この働き方でも自由だと思っている」という人も当然います。
ではなぜ、自由であることを感じることが出来るのでしょうか?
続いては、その理由について考えていきましょう。

何を持って自由と感じるかは人それぞれ

ここでは、自由な仕事と感じる要因は人によって違うということをお伝えしていきます。

先ほど、服装や出勤時間、働く場所が決められていても自由に仕事だと感じている人がいるという話をしました。

例えば、仕事内容や仕事の進め方などが自分の好きなように出来る職場であればどうでしょうか?仕事における裁量権が自分にあるということで自由に感じることが出来る人も多いのではないでしょうか。

そのような人たちにとっては、服装や出勤時間などは些細な問題なのかもしれません。
つまり、「この仕事なら自由な仕事だよ」というように一概には決められないのです。

自由な仕事をしたいと考えている方は、一度、自分が何に対して自由を感じるのか考えてみると良いでしょう。
それが分かることで、自分のやりたい仕事がかなり見つけやすくなると思います。

英語で「自由な仕事」はどう言うの?

余談になりますが、自由な仕事って英語ではどの様に表現するのでしょうか?

直訳すれば free work かもしれませんが、日本語の「自由な仕事」をもう少し噛み砕いて表現すると「自由度の高い仕事」や「自主性の高い仕事」と表現することが出来ると思います。

そのような言葉に置き換えてから訳してみると
・A job with a high level of autonomy
・Work with a high level of self-direction
・Freelancer
という英語で表現されるみたいです。

自由な仕事を始める前に

自分自身が、どのようなことに自由を感じるのか考えられたでしょうか?

ここでは、自由な仕事をする前に知っておいて欲しいことをまとめておきました。
自由な仕事を探し始める前に、一度読んで頂ければと思います。

自由な仕事=楽な仕事とは限らない

自由な仕事をしたいと考えることは全く悪いことではありません。
ガチガチに制限された職場で仕事を続けていても楽しくないですし、精神的にも疲れてしまうと思います。

しかし、覚えておいて欲しいことがあります。
それは、自由な仕事が必ずしも楽な仕事では無いということです。

人によって楽だと思う要因も様々だと思います。
「働く時間が短い」「ノルマや締め切りが無い」「上司がいない」
このような状況であれば多くの人が楽な仕事だと感じるでしょう。

ただ、そのような環境できちんと生活をしていくことを考えると、自分で自分のことをしっかりと管理出来るようになる必要があります。
例えば、会社に属さずにフリーランスとして働いた場合を考えてみましょう。

フリーランスであれば会社に行く必要がありませんし、自分に対してあれこれ言ってくる上司もいないでしょう。
どの時間にどんな仕事をするのも自分の自由です。

これを聞いただけでは、多くの人が「理想の仕事だ!」と思うかもしれません。
もちろん、自分のことは自分でしっかり管理できるという方には、これ以上のない働き方でしょう。

しかし、そうでない人にとっては、ただ楽になっただけに過ぎません。
自由な状況に甘んじた結果「収入が大きく減ってしまい、生活していくことが難しくなった」となってしまっては自由な仕事も意味がありません。
これでは、決して楽な仕事とは言えないでしょう。

つまり、自由な仕事も人によっては辛い状況を招く可能性があり、楽な仕事では無くなってしまうのです。
自由な仕事をしたいと考えている方は一度これらを理解しておく必要があります。

自由な仕事をする方法

それでは実際に自由な仕事をするためには、どのようにすれば良いのでしょうか。
先ほどもお伝えしましたが、まずは自分が仕事に対して求めている自由とは何かを理解しておく必要があります。

正社員として自由な仕事をする

自由な仕事はしたいけれど正社員でなくなるのは不安だという方は、自分の求める自由が、実現可能な会社に転職することを考えてみてはいかがでしょうか?

例えば、「仕事のやり方や進め方は自分の自由にさせて欲しい」という人であれば、与えられる裁量権が大きい会社に転職した方が良いと思います。
他にも「服装は自由にしたい」「勤務場所は好きな所が良い」など人によって求める仕事上の自由は違うので、その条件に合わせた会社を探すのが良いでしょう。

現在ではスマホ1台あれば様々な勤務条件の会社を調べることが出来ますので、今の会社に対して、どこか不自由を感じているのであれば転職してみるのも一つの方法です。
一昔前とは違い、今では転職は珍しいものでは無くなってきているので、転職に対してマイナスのイメージを持つ必要は無いと思います。

会社に対し、不自由さを感じている状態のまま働き続けていくよりも、自分が求める自由さのある会社で働く方が、よっぽど自分のためにもなります。

会社を辞める

先ほど、転職をして自分の求める自由な仕事に就くということをお伝えしましたが、中には「会社に行かず自由に仕事をしたい」という人もいるでしょう。

そんな人は会社を辞めて自由に働きましょう。
「いやいや、会社を辞めたら生きていけないじゃん!」と思う人もいるかと思います。
ですが、会社を辞めるだけであって働くことを辞める訳ではありません。

世の中には会社に行かずとも、きちんと生活出来ている人は普通にいます。
フリーランスで働いている人や投資家、今ではYoutuberなんていう言葉もあり、文字通りYoutubeでお金を稼いで生計を立てています。
中には世界中を旅しながら働いているという方もいるので驚きです。

実際、このような人たちの働き方が本当に自由な仕事なのかもしれません。
ただし、皆んなが皆んな同じように働いてお金を稼ぐことは、かなり難しいことです。
会社を辞めて自由な仕事で働いていきたいと考えているのであれば、それ相応の覚悟が必要になってきます。

自分の強みを理解する

では、会社を辞めて自由な仕事をするにはどうすれば良いのでしょうか?
会社を辞めるということは、上司が仕事を与えてくれる訳でも無いですし、もちろん出勤時間などもありません。
完全に自由と言って良いでしょう。
 
しかし、いきなり会社を辞めて「自由な仕事をするんだ」と意気込んでも、今後の仕事をどのようにすれば良いのか悩む人も多いのではないでしょうか。
そこで、大切になってくるのは自分の好きなことや得意なこと、強みを知っているかどうかです。

例えば、絵を描くことが好きで、かつ得意であればイラストレーターやデザイナーになるというのも良いかもしれません。
また、文を書いたり、表現することが得意なのであればコピーライターとして働くことだって可能になります。

自由な仕事を始めたいと思っている方は、まずは自分の出来ることの中でも得意なことや好きな分野について考えてみることをオススメします。
いくら「自由な仕事がしたい」といっても、自分が好きでもないこと、得意でもないことを長い間続けていくのは大変なことです。
逆に、好きなことや得意な分野があれば、それだけ続けやすくなります。

女性向けの自由な仕事とは?

女性が求める自由な仕事とはどのような仕事なのでしょうか。
すぐに思いつくものとして「髪色、髪型が自由」「ネイルOK」「服装が自由」などが考えられます。
また、「プライベートを重視したいから勤務時間を自由にして欲しい」という人もいるかもしれません。

例えば、アパレル店員や美容師などは自由な服や髪型で仕事が出来ますし、最近ではIT業界なんかも服装について男女問わず私服可という会社も多いです。
他にも、「もっと自分に自由な時間が欲しい」という人であれば残業の無い職種、業界への転職も良いと思います。

「残業無しの会社なんてあるの」と疑問に持つ人もいるかもしれませんが、調べてみると、定時で帰れる会社や残業が禁止の会社(申請すれば残業可)は出てきます。
一般事務職なんかは残業の少ないイメージの仕事として、皆さんも良く思いつくのではないでしょうか。

もしかすると、女性と男性では自由な仕事に求めることが少し違う可能性があります。
一概に言うことは出来ませんが、女性の方は仕事においてオシャレさなどの仕事に向かう姿勢に自由さを求めていたり、男性の場合は仕事における裁量など、仕事の内容に対しての自由を求めるといった具合です。

くどいようですが、仕事における自由に求めることは人によって違います。
是非一度、自分自身が求めている条件の会社を探して検索してみると良いと思います。
女性を対象とした求人サイトもありますので、そちらを利用することで、より一層自分に合った自由な仕事が探しやすいかと思います。

自由な仕事ランキングTOP3

ここでは筆者の私が独断と偏見で選んだ「自由な仕事TOP3」をランキング形式で紹介します。

第1位 フリーランス

第1位に選んだのは「フリーランス」です!
もっとも自由な仕事といえば、やはりフリーランスであると思います。

会社側に「あれをやれ、これをやれ」と言われることもありませんし、そもそも仕事を受けるか受けないかも全てが自分次第になります。
自分で自分のことをきちんと管理出来るという人には1番オススメの仕事であると言えるでしょう。

一言にフリーランスと言っても、その職種には色々なものがあります。
始めてすぐの時には中々収入にならず、落ち込んでしまうこともあるかもしれません。
しかし、未経験であっても根気よく続けていけば、必ず利益に繋がっていくはずです。

まずは、自身の得意なことや好きな事が何かを考え、どのような仕事であれば続けていけそうか考えてみましょう。

第2位 在宅勤務

第2位に選んだ自由な仕事は、「在宅勤務」です。
「なんだ、フリーランスと同じじゃないか!」と思う人もいると思います。
ですが、フリーランスと在宅勤務では微妙に違ってきます。

確かに、フリーランスは在宅勤務の一部です。
しかし、フリーランスが会社などの組織に所属せずに働いているのに対して、在宅勤務の場合には会社に所属して働くことも含まれています。

もちろん、会社に所属しているので、勤務時間や仕事内容は会社側に管理されることになります。
ただし、自宅を職場にしているということなので、パソコンやスマートフォン、インターネットの通信費などの仕事に必要な設備の費用は会社負担となります。

フリーランスまでとはいきませんが、かなり自由な仕事であることは間違いないです。

第3位 経営者・社長

第3位は「経営者・社長」です。

経営者は、全て自己判断で会社を動かしていきます。
もちろん会社のトップであるため、誰に指示されるということもありません。
特別に選ばれた人だけがなれるという訳でもありませんので「事業のアイデアがある」という人であれば、起業して経営者になるのも良いかもしれません。

ただし、自由に出来るとは言っても会社が大きくなって、従業員や関わりのある会社が増えてくると、それに伴って自身の責任も大きくなってきます。
「自由に経営して倒産してしまった」では周囲に多大な迷惑を掛けることになります。
それ故に、思っていたほど自由ではなくなる恐れもありますので注意してください。

番外編

ここではランキングには入れなかった自由な仕事を紹介していきます。
ランキングに入れなかった理由としては、これ単体で成功することが、かなり難しいと判断したためです。
参考までにご覧ください。

投資家・トレーダー

投資家やトレーダーと呼ばれる方は、秒単位・分単位で想像もつかないような利益を出しています。
自身の中で、やり方や勝ちやすいパターンを確立出来るのであれば、コスパ最強の仕事と言えるかもしれません。

もちろん会社の様に、誰に管理されることもなく自由に仕事が出来ます。
仕事の時間も自由ですし、場所すら選びません。

ただし、投資やFXだけで生活することを考えているのであれば注意が必要です。
生活していくだけの利益を出すために、初期費用としてかなり多くの資金を必要としますので、誰でも簡単に始められる訳ではありません。

また、リスクに関しても、きちんと理解しておかないと「急に何百万も失ってしまった」なんていうことにもなりかねません。

Youtuber

最近になって認知され始めたYoutuberです。
聞くところによると、小学生の将来の夢のランキングの上位にランクインするほどの人気があるようで、Youtuberになるための教室なんかもあるようです。

確かに一部のYoutuberの人達は年に何百万、何千万と稼いでいる人もいますし、本当にトップの人であれば何億円も稼いでいたりします。
「自由に動画出して、稼げて羨ましいなぁ」と感じる人も多いかと思いますが、どの人も簡単に今の様に稼いできた訳ではありません。
Youtubeの市場が現在の様に大きくなることも予想していなかったと思います。

Youtuberの謳い文句に「好きなことで、生きていく」というものがあります。
好きなことだけやって生活出来るのであれば、それに越したことはありませんが、実際にはかなり厳しい道であると思います。

ただ、投資などとは違い初期費用に莫大なお金が掛かるという訳では無いので、「とりあえず始めてみる」と挑戦することは良いかもしれませんね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
こうして見てみると、思いの外自由な仕事が存在していると知ることが出来たのではないでしょうか。

せっかく働くのだから、自分にとって少しでも楽しい仕事の方が良いですよね!
仕事の何に自由を求めるか、何に対して自由を感じるかは人それぞれですが、皆さんの求める自由な仕事が見つけられる事を願っています。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


自由 仕事

関連する投稿


仕事で板挟みになったときは?やり過ごす解決策や逃げ出す方法!

仕事で板挟みになったときは?やり過ごす解決策や逃げ出す方法!

仕事上の人間関係トラブルでは、当事者たちだけではなく板挟みとなってしまっている周りの人たちまで傷つくことがあります。例えば、管理職と現場でトラブルが起きた場合にそれを繋いでいた人たちが板挟みにあい、被害を被るということはよくあります。この記事では、そのような場合の解決策を紹介していきます。


仕事をなめている人の特徴5つと対処法4選!部下の教育方法は?

仕事をなめている人の特徴5つと対処法4選!部下の教育方法は?

「あの新人、仕事をなめてる」「あの人いつもやる気ないよね」など、あなたの周りにも仕事をなめている人がいるかもしれません。仕事をなめている人が周囲にいると、空気を悪くし、やる気のなさが伝染してしまうため良い環境とは言えません。今回は、仕事をなめてやる気のない人の特徴や、その状態で働き続けるとどうなるのかを当人目線と会社目線でご紹介します。最後には対策もご説明しますので、ぜひ試してみてくださいね。


仕事を取られると不安に感じるのはなぜ?原因とその解決策!

仕事を取られると不安に感じるのはなぜ?原因とその解決策!

後輩や同期に仕事を取られる…と悩んでいる人は少なくないです。本来ならば、仕事を引き取ってもらえるのは、自分の担当しなければいけない仕事の量が減るので嬉しいことでしょう。しかし、多くの人は仕事を奪われてしまうことで不安に感じるようです。この記事では、仕事を取られて不安に感じる理由とその対処法を紹介していきます。


仕事についていけない…辛い日々に耐えれなくなった時の対処法!

仕事についていけない…辛い日々に耐えれなくなった時の対処法!

仕事についていけないと悩んでしまっている人は少なくないでしょう。自分だけが仕事についていけていないと、自身のプライドが傷つけられたり、他の人や会社に迷惑をかけてしまっていると不安になってしまいます。この記事では、仕事についていけない人の対処法を紹介していきます。


仕事で評価されないと悩んでいるあなたへ!評価されるための対策

仕事で評価されないと悩んでいるあなたへ!評価されるための対策

仕事で評価されるためにはどうすればいいのでしょうか?あなたの会社での評価が低い理由や原因、そして会社や仕事で評価される人間となるための対策を紹介します。仕事や会社で良い評価を得られるようになるためにも参考にしてみてください。


最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。