異動したいけどできない時の行動や言い方のコツとは!?

異動したいけどできない時の行動や言い方のコツとは!?

「異動したいけど…なかなか言えない」「異動したいのに聞き入れてもらえない」と悩んでいる人もいるでしょう。会社を辞めるまではいかないけど今の職場環境は嫌だから異動したいという人も多いでしょう。この記事では異動したいときに取るべき行動や言い方のコツを紹介します。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

「異動したいけど…なかなか言えない」「異動したいのに聞き入れてもらえない」と悩んでいる人もいるかもしれません。会社を辞めるまでは考えていないけど、せめて部署を異動したいと思っている人も多いです。この記事では、異動したときに取るべき行動や、自分の意思を伝えるコツについてご紹介します。

異動したいと考えてしまう理由は?

はじめになぜ「異動したい」と考えてしまうのか、主な理由を3つ挙げてみましょう。

同じ部署に長くいるため飽きてしまった

会社の規模が大きくない場合、同じ部署に何年も属するケースも珍しくありません。その部署に配属されて1〜2年程度は、仕事を覚えてきて楽しい時期でしょう。そして数年経てば仕事内容もある程度理解して、後輩などの人材育成に力を入れている人もいます。

 

しかし、同じ部署に10年以上など長い間いるのに異動の気配が全くなければ、仕事もマンネリ化してしまうでしょう。毎日同じ仕事で飽きてしまうという人も多いはずです。このような状態のときに「異動したいな」と感じるかもしれません。

直属の上司からパワハラを受けている

直属の上司からパワハラを受けている場合、部署異動をしてなんとか逃れたいと考える人も多いでしょう。

 

「会社を辞めるまではいかないけど、この上司から離れたい」と考え異動を希望する人もいます。異動さえしてしまえば、パワハラ上司と接する機会も少なくなり日々のストレスから開放されますよね。

部署内の人間関係に悩んでいる

部署内の人間関係が悪い場合も、異動を考える人が多いです。自分がギクシャクした人間関係に関わっていなくても、雰囲気が悪いまま1日中一緒に仕事をしなければなりません。「◯◯さんと××さんは仲が悪いから、別々に声をかけよう」などと周囲は多少なりとも気を使います。

 

このように、部署内の人間関係にストレスを感じてしまう人は「異動してこの空気から開放されたい」と願ってしまうものですよね。

異動したいときに試す価値のある4つの行動

それでは、異動したいときに試してみて欲しい行動を4つご紹介します。上司に直接「異動したい」と相談できない人でもできるものですのでチャレンジしてみましょう。

希望する部署の専門スキルを習得する

まずは、自分が希望する部署があれば、その部署で必要となる専門スキルや資格を習得しましょう。そうすることで、その部署に異動しても仕事ができるアピールになるからです。

 

例えば、営業職からエンジニア職に異動したい場合、その会社で必要なエンジニアとしての資格やスキルを学びましょう。エンジニアとして必要なスキルを身につけられれば、異動させてもらえるかもしれません。

 

ただし、これは現在の営業職で働きつつ、プライベートな時間を使ってスキルを習得する方法です。仕事と勉強を同時に行わなければなりませんので、無理のない範囲で頑張ってみましょう。

全社的なプロジェクトに参加して名前を覚えてもらう

異動させてもらうには、上層部や人事部などに自分の名前を覚えてもらうことも重要です。そのために、社内で横断的に行われるプロジェクトなどに参加して名前と実績を売りましょう。

 

自分が行っている通常の業務のほかに、全社的なプロジェクトに参加すれば「仕事に対して意欲的だ」と良い印象を残すことが可能です。このときに、上層部や人事部などに下心がバレないように心がけましょう。

現在の部署で結果を出す

前述でご紹介した通り、異動を希望する場合、上層部や人事部の人に自分の名前を覚えてもらうことが大切です。そこでもう一つの手段として、現在の部署で結果を出すことも実践しましょう。

 

例えば、「営業部内で数ヶ月連続で売上NO.1を取る」「システムエンジニアとして、既存システムを改良し業務効率化を進める」などです。こうした結果を残すことで、上の目に止まりやすくなります。自分の名前と実績を覚えてもらえれば、異動希望を出したときにもすんなりと受け入れてくれるかもしれません。

「異動させてもらえないのなら退職します」と言う

これは最終手段となりますが、異動希望を出しても異動させてもらえない場合には「それなら退職します」と言ってみましょう。

 

会社側からしてみれば異動することよりも、これまで一から育ててきた社員に辞められてしまう方が大変な事態なのです。つまり、「退職してしまうのなら、異動させてあげるから辞めないで」と引き止められるわけです。

 

しかし、これは脅しのような方法ですので、最終的な手段として心に留めておく程度にしましょう。これまでにご紹介した方法を試して、それでもダメだった場合に使うことをおすすめします。

異動したい気持ちを伝えるコツは3つ

「異動したいと伝えたいけど、どうすればいい?」と悩んでしまう人も多いでしょう。ここでは、異動したい気持ちを伝えるコツをご紹介します。

まずは、社内の人事制度を調べておこう

異動したい気持ちを伝えるには、まず社内の人事制度を詳しく調べておきましょう。会社によっては「社内公募制度」や「フリーエージェント制度」などの人事制度があります。

 

社内公募制度とは、主に新規プロジェクトの立ち上げに伴いメンバーを募集し、それに応募することができる制度です。応募する際には、基本的に上司の許可は必要ありません。これに合格すれば、新規プロジェクトの部署に異動することができるでしょう。ただし、社内で厳正なる審査を行った結果、採用されないことも考えられますので注意してください。

 

またフリーエージェント制度は、希望する部署に自分の能力をアピールすることで人事異動させてもらえる制度です。こちらは、会社が定める条件に当てはまらなければならないため、すべての人が利用できるものではありません。

 

上記のような人事制度が自社にないのかをチェックしておきましょう。

上司が忙しそうな場合はタイミングを改める

「異動を希望します」と上司に意思を伝えるときは、タイミングを見計らいましょう。上司が忙しそうなタイミングに話してしまうと、「後にしてくれ」「なぜ今なんだ」などと流されてしまうからです。

 

自分の意思を伝えることに集中しすぎて、相手の状況を把握できない場合は一歩下がって気持ちを落ち着かせましょう。すんなりと話を聞いてもらうためにも、上司が忙しくないタイミングを見つけてくださいね。

繁忙期に異動の話を相談するのはNG

先の通り、上司が忙しいタイミングに話すのはNGとご説明しましたが、会社全体が繁忙期の場合も同様のことがいえます。上司だけではなく先輩や同僚に相談する場合にも、繁忙期に話すのは控えましょう。

 

急を要している場合には仕方ないですが、繁忙期が終わるまで異動するのを我慢できるのであれば待つことをおすすめします。

異動したいけどできない人は転職も視野に入れよう

もしも、これまでご紹介してきたような方法を試しても異動できない場合には、転職も視野に入れて行動しましょう。あなたが異動の意思を示しても、それに応えてくれない会社ですから、働く環境を自ら変えた方が早いかもしれません。

 

転職エージェントに相談しながら、転職先を探しましょう。自分が希望する部署が転職先にあるか否かもしっかりと確認しておくと良いですね。

まとめ

この記事では「異動したい…」と悩んでいる人へ向けて、すべき行動や意思を伝えるコツなどをご紹介してきました。まずは、自分の会社の人事制度を調べておくことと、部署内や会社内で自分の名前と結果を広めることをおすすめします。少しでも異動希望を聞き入れてもらえる関係作りをしておき、話せるタイミングがきたら相談してみましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


移動したい

最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。