【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

上司に退職を伝えたいけど「どうやって伝えよう?」「直接は言いづらい」など様々な悩みがあると思います。そんな悩みを持つあなたに退職を伝える方法をまとめてみました!伝え方によるメリット・デメリットを知って、自分に合った退職方法を見つけて下さい!

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

まずは退職を伝える勇気を持とう!

自分の中で退職する意志が決まっていても、いざ上司を前にすると退職の話をする踏ん切りが中々つかないという方も多いと思います。

自身が退職することへの不安から言い出しにくいと感じている方もいれば、退職を伝えたことで上司から何を言われるか分からないために「簡単には言えない、、」と感じている方もいるでしょう。

確かに、多くの上司にとって部下の退職の話は嬉しい話ではありません。

しかし、あなた自身には退職する権利が認められています。
これは、法律によって決められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(民法627条1項)

つまり、基本的に会社側は、あなたの退職の申し出を断ることは出来ません。
言い出しづらいのは分かりますが、退職の覚悟を決めているのであれば勇気を持って話しましょう。

「退職の話しをした後には会社に行きづらい」と思う方も多いと思いますが、
その場合は、有給休暇を使って退職の日までを過ごすことも可能になります。

■関連記事

退職を切り出す勇気がない…強い意思を持って言う方法! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/482

なかなか上司に退職することを伝える勇気が出なくて、「退職意思を切り出せない…」と困っている人は少なくないと思います。この記事では、退職を切り出せなくて困ってしまう理由とどの対処法を紹介するので参考にしてみてください。

口頭で伝える

そもそも、退職の旨を口頭で伝えても退職は成立するのでしょうか?

「さすがに口頭で伝えるだけでは無理なんじゃ、、」と考える人も多いでしょう。

結論から言えば、たとえ口頭で伝えた場合でも退職することは可能です。
「勝手なこと言ってるんじゃないの?」と思われる方もいると思いますが、
こちらも法律で認められているので安心して下さい。

ただし、会社側に退職に関しての規定が特別にある、という場合にはそれに従う必要があります。
例えば「書類が必要となっている」と決められているのであれば、口頭だけでの退職は無効となってしまうこともあります。

このように、口頭で伝えることで退職することは可能ですが、一般的ではありません。
口頭で伝えた場合のリスクもきちんと理解しておく必要があるでしょう。

■関連記事

退職意思は口頭で伝えても効力ある?書類を残さないリスク! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/475

退職意思を口頭で伝えたけれど大丈夫なのか…?口頭で伝えた方が楽だという理由で書類を提出しなかったけれど、口頭でも退職することができるのか?退職後のリスクはないのか?と不安になりますよね。この記事では、退職の意思表示のルールについて説明します。

電話で伝える

ここでは「退職の意思表示は電話でも可能なのか?」という疑問についてお答えします。

こちらの場合も法律的には何の問題もありません。
たとえ電話だけで退職の旨を伝えたとしても「電話だからダメだ!」とすることは出来ません。

「上司が恐いから直接言いにくい」という方でも安心ですね!

ただし、法律的にOKであっても、マナー的には問題があると思われやすいです。
もちろん、体調が悪いなど、どうしても出社出来ない理由があれば別ですが、
特別な事情が無いのに電話で伝えても、ただ自分への印象が悪くなるだけです。

電話で伝える場合も、「誰に伝えれば良いのか」「どの時間帯に掛けるのが良いのか」などの注意点を抑えておくことが大切です。

■関連記事

仕事を辞める時、電話で退職はできる?出社せずにやめる方法 | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/31

「仕事を辞めたいけれど、上司に退職したいと言い出せない」こんな悩みを持つ方は少なくありません。特に忙しい会社だと言いだすのがすごく気まづいですよね。そんな時に電話だけで退職できたらいいなと思いますよね。この記事では電話だけで退職できるのかと電話さえしなくても退職する方法を紹介します。

メールで伝える

退職することをメールで伝えようと考えている方はこちらを参考にしてください。

まずは、「メールであっても退職出来るか?」という疑問についてです。

ここまでの記事を読まれた方の中で、勘の良い方ならもうお分かりかと思いますが、
メールであっても、もちろん退職することは可能です。
「メールだからダメ」「電話だからダメ」などということは全くありません。

ただし、いずれの場合にしても、どうしても会社に行くことが出来ない時の方法であると考えるようにしましょう。

さて、メールの場合には「退職願」か「退職届」かを決める必要があります。
簡単に違いを説明すると

退職願:退職を願いでるもの。会社側の承認をもって決定。
退職届:一方的に退職を伝えるもの。基本的に提出後の撤回は不可。

このような認識で大丈夫ですので、自分はどちらで退職を伝えるべきなのか決めておきましょう。

■関連記事

退職願をメールで送る効力の有無は?退職願のメールテンプレ付き! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/629

上司に退職願を渡せなくて困っている人は少なくないです。上司が受け取ってくれなかったり、渡す勇気がないなど理由は様々です。そのような時に、退職願をメールで提出することができればとても楽でしょう。この記事では、退職願をメールで送っても効力があるのかどうかを説明していきます。

退職届をメールで送るのはアリ?効力と注意点、送り方を説明! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/638

上司に退職届を直接提出するのが難しいという場合に、メールで提出する方法を思いつくかと思います。しかし、退職届をメールで提出してしまうと効力が失われてしまうのだろうか?マナー違反となるのだろうか?と心配になるかと思います。この記事では、退職届をメールで提出することの効力と注意点、送り方を説明します!

退職願・退職届を提出する

世間一般的な退職の伝え方といえばこちらだと思います。

退職願や退職届を提出することで、あなたの退職の意志を会社側にしっかりと伝えることが出来ると思います。
退職願と退職届の違いは上記したので省略しますが、ここで大切なことは提出するタイミングです。

退職願、退職届を提出すること自体は何ら問題無いのですが「いきなり上司に渡す」という行為は世間一般的では無いですし、あまり良いとは言えないでしょう。

いつ・誰に渡すのか、きちんと理解しておく必要があり、重要な書類ですので書き方も間違いの無いように気を付けましょう。

■関連記事

いきなり退職届を提出するのはあり!?円満退社の秘訣を紹介 | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/2

意外と知られていない退職する際に必要な書類。退職願、退職届、辞表の意味を答えることができますか?今の時代、若いうちに退職を経験することは珍しくありません。準備せずに行くと退職に失敗して社内で気まずい雰囲気になってしまうことも、、、

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/520

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!

退職代行を利用して伝える

最後に紹介するのは退職代行です。

退職代行は最近出てきたサービスであり、まだ世間にそこまで浸透している訳では無いので退職代行を知らない方の為に簡単に説明をします。

退職代行サービスとは、あなたに代わって退職に関する手続きを全て行ってくれるというもので、代行業者によってサービスが異なってきますが、基本的には以下のことを代わりに伝えてくれます。

・退職の連絡
・有給休暇の取得希望の連絡
・社会保険などの手続きの連絡
・離職票の発送に関する連絡
・退職金の確認
・退職者本人への会社からの連絡の拒否

これを見ると「こんな便利なサービス利用するしかないじゃん!」と思う人も多いと思いますが、もちろん無料ではありません。
どの退職代行業者を利用するかにもよりますが、数万円は掛かります。

数万円を高いと感じるかは人それぞれだと思いますが「パワハラを受けていて会社に行きたく無い」などの、よほどの理由があれば退職代行サービスも選択肢として考えてみてはいかかでしょうか?

ただし、すぐに退職代行サービスを利用しようとするのでは無く、一度、メリットやデメリットについても理解しておく必要があるでしょう。

■関連記事

【決定版】退職代行のメリット・デメリットを徹底解説 | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/68

仕事を辞める時に退職代行を利用する人が増えています。依頼者の代わって退職の手続きをしてくれるという画期的なサービスですが、もちろん使用するデメリットもあります。この記事では、退職代行のメリットとデメリットを紹介していくので、利用を検討している人は参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一言に退職を伝えるといっても様々な方法があります。
会社を辞める理由は人それぞれですので、自身の状況に合った方法で退職を伝えることが出来ると良いと思います。

こちらの記事を読んで「そんな方法でも大丈夫なのか!」と知って頂ければ嬉しいです。
皆さんの円満退社を願っています。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連する投稿


【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

退職時の挨拶について悩んでいる人は意外と多いです。「どのタイミングで皆んなに伝えれば良いの?」「そもそも何を言うの?」「お菓子って渡した方が良いの?」など様々あると思います。そんな退職時の挨拶について、よくある疑問5つをまとめたので是非参考にして下さい!


退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

少しでも注意をすると、すぐに退職をちらつかせる部下はあなたの周りにいらっしゃいますか?今回はその部下に対しての対処法や、心理などを紹介していきます。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。


退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に、ほとんどの人が有給休暇が残っていると思います。その際に、全て有休消化してしまおうか迷いますよね。特にお世話になった会社や退職ということで迷惑をかけてしまう上司に強気で交渉できない人は少なくありません。この記事では、退職時の有休消化について詳しく説明していきます。


最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。