逆質問が合否の分かれ道!?好印象を与える質問!例文あり!

逆質問が合否の分かれ道!?好印象を与える質問!例文あり!

面接の最後に、「最後に何か聞いておきたいことはありませんか?」というように質問の機会が与えられることがありますよね?この応募者側からの質問を、一般的に「逆質問」と呼びます。この、逆質問が合否の分かれ道になることもあるので、正しい逆質問の仕方をマスターしてください。


面接の質問の一つに逆質問という項目がありますが、

「この質問にどう対応していいのか」
「逆質問にはどういう意味があるのだろう」

と考えている人も多いのではないでしょうか?

逆質問は、自分を最大にアピールすることができるチャンスであり、実は面接の合否を分ける重要な判断材料だったりします。逆質問の対策をしっかり練って、面接の合格を目指しましょう!

1.逆質問がある理由

多くの企業が一次面接から最終面接までそれぞれの段階で逆質問の機会を設けている理由は2つあります。

・面接は企業と応募者の相互理解の場
・応募者のことをより深く知る

面接は企業と応募者の相互理解の場

面接は企業と応募者の相互理解の場であり、企業側が聞きたいことだけ聞いて面接を終わらせてはフェアではないという前提があるからです。

応募者のことをより深く知る

企業が逆質問で知る事ができることは大きく分けて5つの理由があります。

志望度の高さ

企業は逆質問で志望度の高さを判断しています。質問をしない人やHPや求人を見ればわかる質問しかできない人は、熱意がないという印象を与えてしまう可能性があります。独自性のある逆質問を事前に考えておきましょう。

コミュニケーション能力を見るため

面接官からの質問とは異なり、逆質問は応募者からの自発的な発言が求められます。自分の考えを上手くまとめて、企業側が必要としている質問が的確にできるか、双方向の会話をスムーズにできるかといったコミュケーション能力に注目している場合もあります。

質問力を見るため

質問は、何かを見聞きして疑問を持つ「好奇心」や「発想力」などの要素によって成り立っています。ビジネスの場では、課題を明確に与えられなくても、自ら課題を見つけ取り組む力が求められます。なので、逆質問では質問力があるか判断されています。

社風の相性を見るため

逆質問は自由度が高いため、応募者の性格が強く表れます。会社がどんなことに重きを置いて活動しているのか、社風にあった質問が求められます。たとえば、「主体的な成長が求められる」会社で「手とり足とり教えてもらえる環境があるか」を質問してしまうと社風とミスマッチという評価になってしまい、マイナス評価となってしまいます。

会社の魅力をよりアピールするため

上記で説明した通り、面接は企業と応募者の相互理解の場です。企業側も自社への志望度を上げてもらうために、応募者の疑問に積極的に答えたいと思っています。逆質問を通して応募者が重視する点を深掘りし、疑問・不安を解消し、魅力をアピールする場でもあるということです。

2.逆質問のポイント

逆質問をする際に押さえておくべきポイントがあります。
しっかり把握して、面接に挑みましょう!

「YES/NO」で答えられる質問はしない

面接官が「YES/NO」だけで答えられるクローズドクエスチョンは話が発展しないので、オープン・クエスチョンの質問をするように心がけましょう。具体的な数字でファクトが帰ってくる内容は、話の発展がしやすいので面接官に好印象を与えることができるでしょう。

シチュエーション別に質問を用意する

逆質問で最も大切なことは、面接の流れ次第でその場の空気に合った適切かつ効果的な質問を選べるようにしておくことです。そのためには企業ごとの特徴を加味したシチュエーションの質問を事前にいくつか準備しておきましょう。人事部の採用担当と現場で働く人では答えられる内容、質問された時の印象が大きく異なります。様々な視点からの内容を準備しましょう。

段階ごとに質問を変える

面接では、段階ごとに面接担当者が替わっていきます。人事への質問、現場社員への質問などのように、面接相手に適した逆質問を用意しましょう。

【一次・二次面接での逆質問】

採用担当者や現場で働く人と面接する際には、仕事内容や社風、キャリアパスなどのリアルな話を聞く方が入社後の働き方を具体的にイメージでき、印象に残りやすいためオススメです。

【最終面接での逆質問】

最終面接には役員や社長と面接する場合が多くあります。役員や社長などにしか質問できない、経営戦略や事業の将来性について聞くと好印象です。会社の海外戦略や、5年後、10年後の業界全体のあり方といった、長期的な視座に立った質問もいいかもしれません。

イメージを共有する

自分が働いているシーンを面接官に実際にイメージしてもらう仮説の質問方法が有効です。

「自分が〇〇の経験を踏まえてこの会社で働くことになったら、これはどうなるか?」という仮説の質問をすることで、面接官に会社で働いているシーンのイメージが残りやすくなり、強い関心を持っている印象を与えることができます。

アピールポイントに個性を出し、最大限に印象付ける

自由度がとても高く、質問の答えを準備できる逆質問は、面接官にアピールする内容を明確にすることがポイントです。「面接官に何を伝えたいのか」自分の考えを示し、面接官が答えをしっかり考えなければいけないような個性的な質問を投げかけることで、他の応募者よりも印象をグッと上げることができます。ただし、面接中に面接官の人となりをよく観察しておき、気持ち良く回答してもらえるような質問内容にしないと、良い印象どころか、むしろ扱いにくい人と悪いイメージを持たれるかもしれません。十分に気を使って面接官にメッセージを伝えられるような質問を準備しましょう。

企業ごとに逆質問を変えなくてもいい

就職・転職先に悩んでいる場合は、企業ごとに逆質問を変えず、返ってきた答えを基に他社と比較検討することも1つの手です。企業側から聞かれる「強み」や「他者との競合優位性」などの質問をそのまま返すだけでも、企業のカラーが見えるでしょう。

3.逆質問でのNGポイント・注意点

逆質問は面接の項目の中でも自由度が高い項目ではありますが、何を述べてもいいというわけではなく、暗黙のマナーがあります。内容によっては悪いイメージを与えてしまい不合格に導いてしまいますので、注意点を十分に押さることが大切です。

事前に調べれば分かる内容を聞く

会社のホームページや求人を調べることで分かる質問はNGです。サービス内容や取引先など、調べれば分かる情報について質問してしまうのは、企業を深く調べていませんと言っているようなものです。しかし、HPなどに載っていた情報を深掘りするなど、企業について調べていることをアピール場合は、意欲を伝えることができるので好印象に繋がるでしょう。

面接官が既に話したことを質問する

既に話したことを重複して質問することは、話を聞いていない人だと思われるのでNGです。用意していた逆質問が面接の中で出てしまうこともよくあるケースです。質問は複数準備しておきましょう。

業務内容以外のことを質問する

業務内容には触れず、給与や休日、残業時間、有給の取りやすさなどの労働条件や福利厚生の面について質問することはタブーです。これらを志望基準に含めている人も多いと思いますが、「会社や仕事内容よりも、待遇面が判断基準になっている」という悪印象を与えかねません。

面接官が答えられない質問をする

面接官の役職・部署によっては把握していない情報もあります。「〇〇部署の会社の今後の戦略」「〇〇部の1日の流れ」などといった専門的な質問は、面接官によっては答えられない場合もあるのでなるべく避けるようにしましょう。

4.どんな質問をすればいい?逆質問例文

逆質問のポイントなどを紹介してきましたが、実際にはどんな回答をすれば良いか紹介していきます。

経営戦略・事業の将来性について

・御社の企業理念の特徴は◯◯にあるのではないかと理解しています。この理念に至った経緯をお教えいただけないでしょうか?

・今の会社に足りないと思っていることは何ですか?

仕事内容について

・1日でも早く活躍したいと考えていますが、入社後はどの程度の期間・どのような流れで、実際の業務に携わるのでしょうか?

・御社の◯◯に興味があります。それに関わることができるでしょうか?

・今の目標と、それを達成するために頑張っていることは何ですか?

・仕事で大きな喜びを感じたエピソードがあれば聞かせてください。

求められる人材、今後のキャリアについて

・リーダーやマネージャーなどの責任あるポジションを目指していきたいと考えていますが、御社ではどのような評価制度・昇進制度を取っているのでしょうか?

・御社が中途採用者に特に期待する点を教えてください。

・将来的にはリーダーやマネージャーとして活躍したいと考えています。私と同年代で御社に転職し、役職についている人はいますか?

・御社に入社する上で、これだけは覚悟しておいてほしいというポイントがあれば教えてください

・転勤や異動の頻度はどのくらいですか?

・同じような業界・職種から転職されている方で活躍している人がいれば、その方の働きぶりを教えてください

社風について

・休日も仕事仲間と過ごすことはありますか?

・私は他部門の人と交流するのが好きです。そういう社風はありますか?

・コミュニケーションを活発にするための取り組みにはどのようなものがありますか?

長所を生かすことについて

・部活で培った粘り強さは、前職でさらに磨かれたと思います。この粘り強さを御社の業務で発揮できる機会はありますか?

・◯◯の資格を持っているのですが、御社の仕事で活かすことはできますか?

5.まとめ

逆質問は合格・不合格を分ける大事な質問です。
上記で説明したポイントをしっかり理解し、質問を準備することが就職や転職活動を成功させる鍵になります。希望の企業で働くためにも、しっかり準備してから面接に挑みましょう!

この記事のライター

関連するキーワード


転職 面接

関連する投稿


社長を含め管理職は仕事を辞めたくても退職できない?!

社長を含め管理職は仕事を辞めたくても退職できない?!

会社を引っ張っていく必要がある管理職の方で職場でのプレッシャーや労働環境の辛さが理由で退職を考える方もいますよね。しかし、もし退職したら会社への影響が心配になって退職なんかできる訳がないなどと、一人で悩んではいませんか?そんな方のために、今回の記事では、管理職の方の退職する方法や退職する際の法律上の問題などについて詳しく説明していきたいと思います。


警察官の退職金って何千万円!?相場?なんでそんなに高いの?

警察官の退職金って何千万円!?相場?なんでそんなに高いの?

警察官の退職金が高いということを聞いたことがある人も多いと思います。しかし、実際に警察官の退職金ってどれくらいか知っていますか?警察官の中で最も高額な退職金はいくらか気になったりしませんか?今回はそういった警察官の退職金に関する疑問を解消すべく、警察官の退職金ランキングや最も高額な退職金なども交えて詳しく説明していきたいと思います。


転職最強アプリを紹介!AIキャリア診断アプリ『VIEW』

転職最強アプリを紹介!AIキャリア診断アプリ『VIEW』

「自分のやりたい仕事が見つからない!」、「自己分析ができない!」と悩んでいませんか?自分の価値観を洗い出して、自己分析するという今までのやり方ではなく、AI診断アプリ『VIEW』を使った革新的な天職の探し方を紹介しますので、自分のやりたいことがわからない人は参考にしてみてください!


終身雇用は終わった!?退職するのが当たり前の時代が来る!

終身雇用は終わった!?退職するのが当たり前の時代が来る!

終身雇用は、日本型の雇用形態として戦後から続いてきましたが、終わりを迎えようとしています。一つの企業に長く勤めずに就職と退職を繰り返す人が増えています。雇用形態の変化や終身雇用と退職金の関係などをこの記事では紹介していくので、参考にしてください。


メガバンクの退職はもったいない!?よくある退職理由3選!

メガバンクの退職はもったいない!?よくある退職理由3選!

メガバンクのイメージといえば安定や高収入ではないでしょうか?そんなメガバンクを退職する人が増加しています。この記事では、なぜ安定と言われたメガバンクを退職するかの理由を紹介していきますので、是非読んでみてください。


最新の投稿


退職エントリとは?なぜ書くのか?メリットとデメリット!

退職エントリとは?なぜ書くのか?メリットとデメリット!

退職エントリってそもそも何なのか?退職エントリは退職者が退職後に前職や転職のエピソードをブログのように書いてネットにあげることです。それでは、なぜ、退職エントリを書く人がいるのですか?この記事ではそのメリットとデメリットについて紹介していきます。


社長を含め管理職は仕事を辞めたくても退職できない?!

社長を含め管理職は仕事を辞めたくても退職できない?!

会社を引っ張っていく必要がある管理職の方で職場でのプレッシャーや労働環境の辛さが理由で退職を考える方もいますよね。しかし、もし退職したら会社への影響が心配になって退職なんかできる訳がないなどと、一人で悩んではいませんか?そんな方のために、今回の記事では、管理職の方の退職する方法や退職する際の法律上の問題などについて詳しく説明していきたいと思います。


退職前に上司に復讐しても良い?やってはいけない2つの理由

退職前に上司に復讐しても良い?やってはいけない2つの理由

就業中に積もり積もったイライラを退職前に上司にぶつけてやると思っている人はいませんか?退職すると決まっても復讐を考えてはいけません。この記事ではなぜ復讐してはいけないかを紹介しますので、是非読んでみてください。


警察官の退職金って何千万円!?相場?なんでそんなに高いの?

警察官の退職金って何千万円!?相場?なんでそんなに高いの?

警察官の退職金が高いということを聞いたことがある人も多いと思います。しかし、実際に警察官の退職金ってどれくらいか知っていますか?警察官の中で最も高額な退職金はいくらか気になったりしませんか?今回はそういった警察官の退職金に関する疑問を解消すべく、警察官の退職金ランキングや最も高額な退職金なども交えて詳しく説明していきたいと思います。


転職最強アプリを紹介!AIキャリア診断アプリ『VIEW』

転職最強アプリを紹介!AIキャリア診断アプリ『VIEW』

「自分のやりたい仕事が見つからない!」、「自己分析ができない!」と悩んでいませんか?自分の価値観を洗い出して、自己分析するという今までのやり方ではなく、AI診断アプリ『VIEW』を使った革新的な天職の探し方を紹介しますので、自分のやりたいことがわからない人は参考にしてみてください!