仕事が難しくて辛い、辞めたいときにやるべきこと7選!

仕事が難しくて辛い、辞めたいときにやるべきこと7選!

仕事が難しくてついていけない、辞めたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。仕事をしているとどうしても難しい仕事に直面してしまうのですが、頑張っても乗り越えられない場合は辛いですよね。この記事では仕事が難しいと感じ理由、対処法を紹介していきます。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

仕事が難しくてついていけない…

仕事が難しくてついていけないと悩んでいる人もいるでしょう。このような考えが浮かぶときは精神的に弱っています。そのため自信がなくなっていき、仕事すること自体が苦痛になっていってしまいます。


仕事をではやりたくないことをやらなければいけなかったり、嫌な思いをしたりする場面も多々ありますよね。そのような時にモチベーションを保たせてくれるのは仕事で成功したり、成果を出したりして楽しさや達成感を感じる事です。それを感じることが難しいため、辛くて辞めたいと思ってしまうのも当然です。


仕事が難し過ぎると悩んでいるとそれが負の連鎖となり、どんどん苦しくなっていってしまいます。一度自分の心と向き合って難しいと感じる理由を突き止め、正しく対処していきましょう。

仕事が難しいと感じる理由

仕事が難しいと感じる理由はいくつかあります。自分はそのどれに当てはまるのか考えてみましょう。

知識や技術が足りないから

仕事に必要な知識が身についてなかったり、技術や腕前が仕事内容に追いついていなかったりと、知識や技術が足りないと、仕事が難しいと感じてしまいがちです。


経験を積むことでだんだんと知識や技術が身についたり、重要なポイントを知ったりして仕事に慣れていくものですが、勉強や指導だけではなかなか慣れることができない場合もあります。


また、マニュアル通りに進めていってもうまくいかないこともあります。そのようなときにもそれに臨機応変に対応できるだけの技術や知識がなければ難しいと感じてしまいます。

仕事量が多すぎるから

仕事の内容というよりも仕事量が多くて仕事が終わらないという場合も、仕事が難しいと感じてしまいがちです。


最近は人件費を削るために職場が人手不足に陥っていたり、働き方改革で残業が規制されたりと、仕事が増える原因がたくさんあります。それに加えて一つ一つの仕事を丁寧にやりすぎる、頼まれた仕事は断り切れないなどといった人は、さらに仕事量が増えていきます。

苦手意識を持っているから

仕事に苦手意識がある場合もあります。苦手意識を持っていると、それだけで物事が上手くいかなくなってしまいます。


実は苦手意識を持つのは、「未知のものへの恐怖」や「過去のネガティブ体験」があるからです。そのため、本当に苦手なのかわからないうちに単なる思い込みで苦手だと思ってしまうこともあるです。

指導してくれる人がいないから

指導してくれる人がいないだけの場合もあります。本来指導を行ってくれるはずの先輩が適切に指導してくれなかったり、仕事を与えるだけで放置されたりということがあります。


これにはそもそも会社の人数が少なく指導できるほど十分に人がいない場合や、ベンチャー企業で業務内容が確立しておらず指導できない場合もあります。

周りの人についていけないから

周りの人があまりにも優秀だったり能力が高かったりして、ついていけないと感じてしまう時も仕事が難しいと感じてしまいます。


周りが優秀すぎると自分が足を引っ張っているように感じたり、居場所がなくなっていくように感じたりして、どんどんと自分に自信がなくなってしまいがちです。

新人だから

新人だと仕事に慣れておらず、仕事が難しいと感じてしまうこともあります。新卒の場合、今までの学業とは全く違い、仕事をすること自体が初めてなので、仕事が難しいと感じてしまうのも無理はないです。


また、転職などで新しい会社に入った場合も、前の会社とは社風も仕事内容も全然違うでしょう。そのためそれに慣れるまでは仕事が難しいと感じてしまうこともあるでしょう。


新人の時に感じる仕事の難しさは、時間が経つにつれて消えていくものなので、今は目の前の仕事を頑張ることに目を向けましょう。

昇進や転勤したばかりだから

昇進や転勤したばかりの時も難しさを感じることがあります。これは新人と同じように、仕事に慣れていないために仕事が難しいと感じる場合が多いです。


しかし昇進の場合は、今までよりも高い役職に就くことで責任が大きくなったり、まとめる役割を担うようになったりすることで、難しいと感じることもあるでしょう。


会社や上司がその能力があると判断したから昇進するのですし、今の職場よりもあっている、もしくは出世のために必要だと会社や上司に思われたから転勤するのです。自信をもって仕事に取り組んでいくことが大切です。

そもそも仕事が合っていない

そもそも仕事が合っていない場合もあります。どんなに努力しても全く仕事ができるようにならなかったり、どんどんと仕事自体がストレスになっていったりする場合は仕事が合っていないと言えるでしょう。


自分の価値観に仕事内容や社風などがあっていない場合も仕事が合わないと感じてしまうことがあります。

仕事が難しいときの対処法

仕事が難しいと感じるときはどのように対処していけばよいのでしょうか。

①仕事が難しいと感じる原因を知る

まずは原因を知ることが大切です。ただ仕事が難しいと感じていても、どの原因がわからなければ解決することはできません。一度自分の心向き合ってみて、原因を探りましょう。


自分の心と向き合う際には、自分の気持ちを紙に書き出してみることがおすすめです。気持を整理することができ、今まで気づかなかったような新しい発見があるかもしれません。

②仕事に対する考え方を変える

仕事に対する考え方を変えることで仕事が難しいと感じなくなる場合もあります。

一つの物事を1つの視点で見ている人は多いのですが、少し視点を変えてみるだけで、考え方が大きく変わります。


例えば難しい仕事は、目の前にはばかる壁で、それを乗り越えれば成長が待っている、と考えることもできます。このように考えれば仕事がやりがいとなり、難しいと感じてもそれが苦ではなくなります。

③先輩や同僚にやり方を聞く

先輩や同僚にやり方を聞くのも効果的でしょう。分からなかったことが解決したり、コツを教えてもらえたりするからです。


しかしこの時注意したいのは、ただ「わからない」「難しい」と伝えるだけにしないことです。どこでつまずいているのか、何が原因で難しいと感じるのかを明らかにしたうえでやり方を聞くようにしましょう。


また、やり方を聞くだけではなく、今の悩みを相談することも良いでしょう。上司は身近であなたのことを見てきてくれている存在ですし、今までに何人もの部下を育ててきているため、どのようにしたらいいのかというアドバイスをもらえる可能性が高いです。また、同僚からアドバイスをもらうことも新しい視点から自分を見つめ直す良いきっかけとなるでしょう。

④とにかく勉強する

仕事が難しいと感じている場合はとにかく勉強するのことも一つの手です。会社である程度教育してもらえますが、それを自分のものにしたり、それでは足りない部分を補ったりするのは、どれだけ自分で勉強し、努力するかがカギとなります。


勉強すると、今まで「難しい」と感じていた仕事が「普通」の仕事になり、スキルアップや成長へとつながります。できるところからでいいので、短時間でもコツコツと続けていきましょう。

⑤できない自分を隠さない

できない自分を隠さないことも大切です。何でも「できます!」「わかります!」といった態度をとり続けてしまうと、本当に仕事ができる人だと思われて、身の丈に合わない難しい仕事を任されたり、仕事量が増えて行ったりと、仕事が難しいと感じる原因が増えていきます。


そのため、無理をしすぎず、等身大の自分でいることが重要です。そうすると、その分だけ仕事内容を教えてもらえる機会が増え、身の丈に合った仕事を任されるようになります。

⑥人に頼る

人に頼ることもおすすめです。仕事が難しいと感じている人の多くは、自分一人で抱え込んでしまっているのではないでしょうか。そうするといつまでも解決することはできず、苦しいだけです。


人に相談したり、できない仕事を手伝ってほしいと頼んでみたりして、人に頼ることが大切です。

⑦自分に自信を持つ

自分に自信を持つことも大切になります。仕事が難しいと感じているということは、何らかの悩みや不安を持ちながら仕事をしているということです。そのままでは自分に自信を持つことができず、仕事もうまくいかなくなっていくという負の連鎖に陥ってしまいます。


自信を持つためには思い込みを無くすことが大切です。周りよりも仕事ができない、自分はダメ人間だ、などと思っているかもしれませんが、それは思い込みかもしれません。周りの人は自分が優秀化のように見せるのがうまいだけで実は自分の方が優秀かもしれませんし、あなたは想像以上に高く評価されているかもしれません。


他人の評価を必要以上に気にせず、思い込みを無くすことが、自信を持つことにつながります。すぐに変わることは難しいですが、少しずつ自信をつけていきましょう。

やる気を出す方法

やる気をもって仕事に取り組めば、仕事もうまく進みやすく、難しいと感じることも少なくなります。では、どうしたらやる気を持てるようになるのでしょう。

簡単な仕事から片付ける

簡単な仕事から片付けていくことがおすすめです。やる気を出すには最初にアクションを起こすことが大切です。最初のアクションさえ起こすことができれば、そのあとはスムーズに進みやすいです。


簡単なことであればそこまで苦にならずに取りかかることができるため、アクションを起こすことに対するハードルが低くなります。そのため、取り組んでいくうちに仕事に対するやる気が出てきます。

できることに目を向ける

自分ができることに目を向けることも大切です。どんなにその仕事に精通していても、どうしてもできないことというものは出てきてしまいます。その際にできないことに目を向けて「自分はダメな人間だ」「仕事ができないんだ」と思ってしまうと、どんどんネガティブになっていき、仕事に対するやる気も減っていってしまいます。


それよりも、自分のできることに目を向け、それをどんどん増やしていくことを意識しましょう。そうすることでできるようになる喜びを感じ、やる気を出しやすくなります。

休息をきちんと取る

休息をきちんと取ることも重要です。仕事に集中して取り組むためには適切な休息を取り、常に生産性の高い状態で仕事することが大切です。生産性の高い状態だと、やる気をもって集中して仕事に取り組むことができます。


休息の時間が短すぎると疲れて生産性が低くなってしまいますが、逆に休息が長すぎると集中力が下がってしまい、生産性が低くなってしまいます。適切な休息を取り、やる気を持続させることが大切です。

ストレスを解消する

ストレスを解消することも有効です。ストレスを解消すると心のエネルギーが取り戻され、自然とやる気も出てきます。


軽い運動や読書、瞑想、趣味など、自分なりのストレス解消法を探してみてください。しかしやりすぎてしまうと、逆に疲労につながるため、適度なストレス解消が大切です。

どうしても辛くて辞めたいなら

上記で紹介した対処法を試しても効果がなく、どうしても辛くて辞めたいと考えているのであれば以下の方法を試してみてください。

異動届を出す

会社にいくつかの部署がある場合は、異動届を出すことがおすすめです。他の部署へ異動になると、仕事内容も大きく変わりますし、雰囲気や人間関係も大きく変わります。


これによって必ずしもうまくいくわけではないですが、今の環境を変えるためにも一歩踏み出してみることも大切でしょう。この時大切なのは、人事異動を考える時期や、会社の繁忙期や年度始め、年度終わりを避けた時期に提出することです。

転職する

転職するのも一つの手です。辛いと思いながら仕事を続けていると、心の病気になってしまう恐れがあります。そうなってしまったら元も子もありません。


また、今の仕事に将来性を感じないのであれば、辛いと思いながら続ける必要はありません。5年、10年後の自分を想像してみて、将来性があるか考えましょう。


転職に抵抗や不安がある人もいるかもしれませんが、今の時代、転職することは珍しいことではありません。転職のプロに相談すると不安も少なくなりますし、自分に合った仕事を探してくれるので、転職エージェントで転職相談をすることがおすすめです。

まとめ

社会人であればどうしても難しいと思う仕事に直面してしまうものです。しかし、このような仕事に直面したときにどう対応していくかが重要となります。すぐには変化は起きないので、長い目で見て、少しずつ克服していきましょう。


辛いと思う時にはどうしても1つの視点にこだわってしまいがちですが、別の視点から見ることを意識してみましょう。もし、どうしても辛いのであれば、転職も視野に入れて考えることをおすすめします。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


仕事 難しい

最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。