完璧主義はやめるべきなのか?完璧主義の特徴とやめる方法!

完璧主義はやめるべきなのか?完璧主義の特徴とやめる方法!

完璧主義すぎてストレスが溜まる経験をしたことはありませんか?完璧主義と聞くと責任感のある素敵な人という印象ですが、過度な完璧主義は人に迷惑をかける可能性もあるのでやめるべきです。この記事では、完璧主義をやめるための方法も紹介しているので参考にしてみてください。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

「何かを始めたら、必ず最後までやり通さないと気が済まない」「やるのか、やらないのかどちらかしか選択肢はない」など、完璧主義者は0か100かという判断基準になっています。完璧に仕事をこなすことはもちろん大切ですが、時には自分で自分の首を絞めてしまうことにも繋がってしまうことをご存知ですか?今回は、完璧主義者をやめたい人へ向けて、特徴やデメリット、解決法などをご紹介します。また、最後には背中を押してくれるような名言集も集めてありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

完全主義者の特徴4つ

グレーゾーンはない

完全主義者は、白か黒かの2択考えることができず、グレーゾーンは存在しません。つまり、柔軟な物事の考え方ができないのです。「やる・やらない」「言う・言わない」など白黒はっきりした答えでないと気が済みません。

 

例えば、普通の人は「料理教室に通ってみて続かなければ辞めればいいかな」などと考えますが、完璧主義者は「料理教室に通うなら、絶対に通い続ける、プロを目指せるくらいに料理上手にならなければ教室に通う意味がない」などと考えます。このように、少しだけ挑戦してみると言う中途半端なことを嫌うのです。考え方が極端ですので、中途半端な状態や失敗が許せません。やるなら徹底的に戦略を立てて取り組みます。

自分の中のゴール基準が高い

完璧主義者の特徴として、自分自身の中に設けるゴール基準が人よりも高いことが挙げられます。先にもご説明したように、「やるなら徹底的に最後までやり抜く」ことを意識しているのが完璧主義者です。結果に高いクオリティを求めているケースも珍しくありません。

 

このようなゴール基準が高いと、周りの人とのゴール基準との差が生まれてしまい「もう、これくらいでいいのでは?」と思っていても許せずに「まだまだでしょ」と自分の価値観を押し付けてしまうこともあります。

人よりも責任感が強い

人よりも責任感が強いことも特徴です。周囲からの期待に応えようとする高いプライドを持っています。そして、他人から注意されることを嫌うため、自分の中で「本当に間違いはないか?」「これで良いのか?」など入念にチェックを行う人が多いです。

 

仕事を依頼する上で、強い責任感があり完璧主義者の人には信頼を置きやすいですが、他人とチームワークを図り団体行動することに対しては向きません。他人の雑な仕事ぶりなどが許せなくなってしまいます。

承認欲求が強い

完璧主義者の人は、承認欲求が強い傾向にあります。承認欲求とは、「他人に自分を認めてもらいたい」という欲求のことです。高いプライドから「他人から信頼されたい」と願ってしまいます。

 

人は誰しも承認欲求を持っていますが、グレーゾーンがなく常に完璧を目指している人は、他人よりも承認欲求が強いのです。

完璧主義でいることのデメリット

次に、完璧主義でいることで起こりうるデメリットについてご紹介します。

自分で自分を追い込み疲れてしまう

常に100%の結果でなければ満足できない状態になってしまうと、自分で自分の首を締めることになります。100%の結果を出せなかったことで、落ち込み自分のことを責めてしまう人もいるでしょう。

 

また、中途半端な状態を人に見せることができないため、自分で悩んだ時に誰かに相談することができません。常に緊張状態となり心を張り詰めていることで、精神的に疲れてしまうことが考えられます。

効率の良い方法を見つけられない

ルールに縛られてしまい、本当に効率の良い方法を見つけられなくなってしまいます。例えば、仕事で先輩から渡されたマニュアル通りに仕事を進めることに全力を注ぎ、マニュアルを柔軟に見ることができません。「マニュアル通りに仕事を行う」ということしか見えず、自分なりのやり方を見つけられないのです。

人間関係のトラブルを起こしやすい

完璧主義者の人は、人間関係のトラブルを起こしやすい傾向にあります。これは、先にも述べた通り、他人の間違ったやり方やいい加減な考え方を許すことができないからです。他人が「これくらいで、もういいのでは?」と仕事を辞めようとしても、「いや、まだ100%ではないから」などと自分の価値観を押し付けてしまいます。

 

こうしたことから、周囲には「あの人は応用が利かないよね」「堅物だよね」などと言われてしまうこともあるでしょう。

完璧主義はもうやめる!5つの解決法

それでは、完璧主義を辞めたい人へ向けて、解決法を5つご紹介します。

80%の自分に満足する

常に100%を目指してしまっている人は、結果が80%だとしても自分を褒めてあげましょう。「100%には届かなかったけど80%は成功したから、自分はよく頑張った」などと、現状で満足するように心がけます。

 

「100%に届かなかった」とマイナスに考えるのではなく、「80%も達成できた」とプラスに思考を変えていくことが必要です。

自分の常識を見つめ直す

完璧主義者は、「絶対に自分の意見が正しい」と思い込んでしまうことがありますが、この”自分の常識”を見つめ直しましょう。自分中心の考えから、他人中心の考えにシフトします。

 

自分の意見が正しいと思い込んでしまうと、他人の意見が耳に入らず人間関係のトラブルを発生させてしまうこともあるのです。そうしないためにも、他の人の意見が正しい時もあることを理解し「こんな意見もあったのか」と気づきに変えていくことをおすすめします。

何事も楽観的な考え方にする

何事も楽観的な考えをするように意識していきましょう。完璧主義者は「こうでなければダメだ」「これが絶対的なやり方だ」という考えから、失敗すると「自分はなんでできなかったのだ」と自分を追い詰めることがあります。

 

そこで、強制的にプラス思考にするべく「ま、いいか!」を口癖にしてみてください。これ以上頑張れないと思うところまで来たら、そこが100%の地点でなくても「ま、いいか!」と口に出して言いましょう。口にすることで、強制的にプラス思考に持っていくことがおすすめです。

素直に助けを求める

「これは最後まで一人でやり遂げる」などと心を張り詰めて頑張ってしまう人は、素直に周囲の人に助けを求めてみましょう。あなたが100%の結果を出せなくても、誰かが助けてくれます。

 

「一人でやらなきゃいけない」という無駄なプライドを捨てて、周囲の協力を仰いでみてください。さまざまなやり方を知ることができて、自分の経験値を高めることにも繋がりますよ。

承認欲求を捨てる

「誰かに認めてもらいたい」という承認欲求を捨てましょう。誰しもが持っている承認欲求ですので、完全に捨てることはできません。しかし、完全主義をやめたい人は「みんなに認めてもらいたい」と思うことをやめましょう。「みんな」ではなく「自分が認めてもらいたい人」に絞ってください。対象の人物を絞るだけでも、承認欲求が抑えられて完全主義をやめるきっかけになるはずです。

完全主義をやめたい人へ【名言集】

最後に、完全主義者をやめたい人へ向けた名言集をご紹介します。以下の名言で、完全主義をやめる気付きになることを願っています。

 

幸せであることは、すべてが完璧であるという意味ではありません。それは、不完全さを超えたところを見ようと決意したという意味です。

 

(ヘレン・ケラー)

 

私にとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです。

 

(オードリー・ヘプバーン)

 

誰も完璧じゃありません。

 

(ケイト・ウィンスレット)

 

完璧主義は最高の自己批判である。

 

(アン・ウィルソン・シェイフ)

まとめ

今回は、完璧主義者の特徴やデメリット、解決法などをご紹介しました。完璧主義とは、白か黒かのどちらかしかなく、グレーゾーンは存在しません。また、自分の中のゴール地点が高く、100%の結果を出さなければ決して満足することはないのです。しかし、こうした状態でいることは、周囲の人の意見を聞き入れることができず、さらに周囲の人にも自分と同じゴール地点を求めてしまうことがあります。その結果、良好な人間関係を築くことができずに悩んでしまう人も多いです。ぜひ今回ご紹介した解決法を試して、完全主義を卒業しましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


完璧主義

最新の投稿


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。


異動したいけどできない時の行動や言い方のコツとは!?

異動したいけどできない時の行動や言い方のコツとは!?

「異動したいけど…なかなか言えない」「異動したいのに聞き入れてもらえない」と悩んでいる人もいるでしょう。会社を辞めるまではいかないけど今の職場環境は嫌だから異動したいという人も多いでしょう。この記事では異動したいときに取るべき行動や言い方のコツを紹介します。


公務員はつまらない!?その理由と人生の考え方!

公務員はつまらない!?その理由と人生の考え方!

公務員はつまらないから辞めたいと考える人も多いのではないでしょうか。公務員は安定志向の人に人気があり倍率が高いにもかかわらず、つまらないから辞めたいと感じている人は多いです。この記事ではつまらないと感じてしまう理由、人生の考え方別の対処法を紹介します。


【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

上司に退職を伝えたいけど「どうやって伝えよう?」「直接は言いづらい」など様々な悩みがあると思います。そんな悩みを持つあなたに退職を伝える方法をまとめてみました!伝え方によるメリット・デメリットを知って、自分に合った退職方法を見つけて下さい!


【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

退職時の挨拶について悩んでいる人は意外と多いです。「どのタイミングで皆んなに伝えれば良いの?」「そもそも何を言うの?」「お菓子って渡した方が良いの?」など様々あると思います。そんな退職時の挨拶について、よくある疑問5つをまとめたので是非参考にして下さい!