会社の飲み会に行きたくない理由と上手に上司の誘いを断る方法!

会社の飲み会に行きたくない理由と上手に上司の誘いを断る方法!

近年では「嫌な事は我慢しない」と考える若者も増えて、飲み会に行きたくないとはっきり答える人たちも増えてきました。しかし、中には行きたくなくても断ることができずに困っている人もいるでしょう。この記事では、飲み会に行きたくないと感じる理由と断る方法を紹介します。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

「飲み会に行きたくないけど、上司からの誘いだから断りづらい」「なんでお酒飲めないのに忘年会に出席しなくちゃいけないの?」など、会社の飲み会に行きたくないと考えている人は多いでしょう。残業にもならず、自己負担で参加しなくてはならないともなると「最悪だ…」と落ち込む人も少なくありません。今回は、飲み会に行きたくない人へ向けて、断り方や対処法をご紹介します。

「飲み会に行きたくない」と鬱になっている人は多い

近年、会社の飲み会に参加しない若者が増加していることをご存知でしょうか。従来の日本では、飲み会で従業員同士の交流を図ることで、日々の業務の生産性を高めることを目的としていました。従業員同士が仲良く連携を図れれば、仕事も順調に進むからです。

 

しかし、近年では「嫌な事は我慢しない」と考える若者も増え、上司や先輩が飲み会に誘ってもはっきりと断る人も増えています。飲み会の誘いを断れない内気な若者も多く、無理やり参加して鬱になってしまうケースも珍しくありません。

 

こうした人は、「断ったら会社でいじめられてしまうかも」「仕事がやりにくくなるかも」と不安になり断れないことが多いです。飲み会を断れずに苦しんでいる人に知っていただきたいのは、「飲み会に行きたくない」と思っている人が実は多いということ。自分だけではなく、周囲にも行きたくないと考えている人がいます。ひとりではないことを心に留めておいてくださいね。

飲み会に行きたくないと感じる理由は主に5つ

ここで、飲み会に行きたくないと感じる理由を5つ挙げてみましょう。

会社の延長のように感じる

会社の飲み会に行くと、常に一緒に仕事をしている人たちと同じ空間を共有するわけですから、オフィスにいるような感覚を感じる人も多いのではないでしょうか。

 

目の前に食べ物やお酒があったとしても、会話をする相手は職場の人。退社したにもかかわらず、プライベート時間にはならずに、会社の延長に感じてしまいます。こうした、仕事とプライベートのメリハリをつけることができずに、ストレスを溜めてしまう人も多いでしょう。

聞きたくない愚痴を聞かされる

他人の愚痴を聞くことが苦痛に感じる人も多いはずです。飲み会ともなると、お酒が入り普段よりも少し高いテンションになる人もいます。そうした高いテンションで、仕事の愚痴を延々と言われてしまうと、愚痴を聞くことが苦痛な人にとっては地獄の時間となりますよね。

 

例えば、自分も嫌いな上司の愚痴を言われているのならまだ共感できますし、逆にストレス発散になるかもしれません。しかし、自分が好いている人の愚痴などを聞かされてしまうと反応できませんよね。このようなストレスを感じている人も多いかもしれません。

上司や先輩から説教される

アルコールが入ると、普段はあまり注意してこない上司や先輩から説教されることが嫌で、飲み会に行きたくないという人もいます。周囲にいる人は他の人と話していて、説教されていることに気づかれず、それをいいことに説教がヒートアップすることもあります。せっかくの美味しいお酒や食事が台無しですよね。

プライベートな時間と自分のお金を使うのが嫌だ

会社の飲み会の多くは、残業代もつかず完全なプライベートな時間を削らなければなりません。プライベートな時間を削った挙句、飲み会の費用は個人で負担しなければならないことも多いです。「なぜ、仕事でもないのにプライベートな時間と自分のお金を使って、行きたくもない飲み会に行かなければならないのか」と理解できない人もいます。

 

また、家族がいる人は「家族団らんの時間を飲み会に奪われる」と考えていたり、お酒があまり飲めない人にとっては飲み会の費用が高く感じます。お酒を飲む人は料金以上に楽しんでいて、お酒が飲めないのに飲み放題分も負担しなければならないことに理不尽さを感じているでしょう。

実は自分が空気と化して孤独に感じる

飲み会に行くと、自分が空気と化していて「孤独感」を強く感じるから行きたくないと言う人もいます。飲み会というのは、ワイワイと盛り上がって話をすることが多いですが、あまり人と会話をすることが苦手という人にとっては孤独に感じてしまうでしょう。

飲み会に行きたくないときの断り方

次に、飲み会に行きたくないときの断り方について、代表的な2つの理由をご紹介します。

自分や家族の体調不良を装う

まずは、「体調不良」を理由に断る方法です。体調不良を理由に飲み会を断れば、無理やり誘われることはありません。自分の体調が悪いことにしても大丈夫ですし、家族がいる人は「子供が熱を出してしまったので今日の飲み会は欠席させてください」などと断ることも可能です。

 

ただし、体調不良を理由にするときには、飲み会の当日か前日あたりに断らなければなりません。飲み会の1週間前などから「風邪気味で飲み会に行けない」と断るとあからさまになってしまうので注意しましょう。

飲み会当日のドタキャンには残業アピールがおすすめ

飲み会の当日にドタキャンしたい人には、残業をアピールすることがおすすめです。会社の飲み会だと、残業がないのに「残業するから参加できない」と断るとバレてしまいますが、友人との飲み会などでは活用できます。

飲み会に行きたくない場合の対処法

それでは、飲み会に行きたくないときの対処法を4つご紹介します。

勇気を持って自分で断る

先にもご紹介した通り、自分自身で飲み会の誘いを断りましょう。もしかしたら、自分が勝手に身構えてしまっているだけで、誘っている側は軽い気持ちで飲み会の話を持ちかけているのかもしれません。

 

自分の口で断ることで、「自分の意見をはっきりと言える人」という好印象を持たれることもあります。反対に、断ったことで仕事がやりにくくなったり、いじめにあったりする場合には信頼できる人に相談しましょう。

上司に相談する

自分から断ることができないほど、高圧的な態度で強制的に飲み会へ参加させているという人は、信頼できる上司に相談しましょう。

 

賞与などの評価をするときに、上司と面談がある会社も多いです。そのような上司との面談のときに「会社の飲み会に出席したくない」と感じていることを素直に伝えましょう。また、上司との面談が設けられていない会社の場合には、上司に「相談があるのでお時間をください」と切り出して相談することをおすすめします。

会社に相談できないなら「労働基準監督署」に相談する

もしも、会社全体で飲み会が好きで、誰にも相談ができないという状況の人は、「労働基準監督署」に相談してみましょう。

 

ただし、飲み会を断ることができないという理由だけでは相談できません。飲み会中に執拗なパワハラを受けたり、無理やり飲み会に誘ってくるアルハラを受けている場合です。飲み会中のパワハラなどの音声を録音しておくと、相談するときの証拠として使用できますので試してみてください。

退職や転職をして環境を変える

「どうしても飲み会に行きたくない」「この会社は飲み会の頻度が多すぎる」と悩んでいる人は、退職や転職で自分を取り巻く環境を変えてみましょう。

 

退職や転職をするときには、「退職代行」や「転職エージェント」を活用するとスムーズに環境を変えることができます。とくに、転職エージェントを活用して次の職場を探せば、飲み会が多い会社か否かも調べてもらうことが可能です。ぜひ転職のプロに相談してみてくださいね。

さまざまな理由を組み合わせて「飲み会に行かない」イメージを作ろう

これまで、飲み会に行きたくないときの断り方や対処法をご紹介してきましたが、ご紹介した方法を上手く組み合わせて使うことが重要です。例えば、毎回のように「家族が熱を出してしまったため飲み会は欠席します」だと、わざとらしく感じてしまいます。「なんで、”行きたくない”って直接言わないんだ?」と気分を悪くさせてしまうこともあるでしょう。

 

そうならないためにも、いくつかの理由をローテーションして遠回しに「飲み会が嫌い」ということを伝えていくことをおすすめします。そのうち、「◯◯さんは飲み会が嫌いなのかな」と伝わるはずです。徐々に飲み会に行かないというキャラクターを作っていってくださいね。

まとめ

今回は、会社の飲み会に行きたくなくて悩んでいる人に向けて、断り方や対処法をご紹介しました。近年、飲み会の席に無理やり誘うことも「アルハラ」として訴えられてしまうほど、飲み会嫌いの若者が増えています。飲み会に行きたくないと感じている人は多いとわかれば、断りにくい気持ちも薄れるはずです。ぜひ、プライベートな時間とのメリハリをつけるためにも、行きたくない飲み会は断りましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


飲み会 行きたくない

関連する投稿


飲み会の支払いは誰がする?割り勘の飲み会には不満が集まる?

飲み会の支払いは誰がする?割り勘の飲み会には不満が集まる?

飲み会の支払いは誰がするのだろうか?割り勘でいいの?奢った方が良いの?飲み会の支払いは、会社の風習や体育会系ノリの有無などで変わってくるでしょう。この記事では、割り勘の場合に幹事がスマートに支払いを済ませる方法、ご馳走してもらう時の礼儀について説明します。


社員旅行に行きたくない!誘われた時の適切な対処法

社員旅行に行きたくない!誘われた時の適切な対処法

社員旅行に誘われるけど行きたくないという人は多いです。そんな時困る人は多いでしょう。社員旅行を断る際は、適切な理由が必要です。雑な断り方をすると社員同士の関係がこじれる危険性があります。相手が納得する適切な理由を考えて計画的に断りましょう。


最新の投稿


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。


異動したいけどできない時の行動や言い方のコツとは!?

異動したいけどできない時の行動や言い方のコツとは!?

「異動したいけど…なかなか言えない」「異動したいのに聞き入れてもらえない」と悩んでいる人もいるでしょう。会社を辞めるまではいかないけど今の職場環境は嫌だから異動したいという人も多いでしょう。この記事では異動したいときに取るべき行動や言い方のコツを紹介します。


公務員はつまらない!?その理由と人生の考え方!

公務員はつまらない!?その理由と人生の考え方!

公務員はつまらないから辞めたいと考える人も多いのではないでしょうか。公務員は安定志向の人に人気があり倍率が高いにもかかわらず、つまらないから辞めたいと感じている人は多いです。この記事ではつまらないと感じてしまう理由、人生の考え方別の対処法を紹介します。


【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

上司に退職を伝えたいけど「どうやって伝えよう?」「直接は言いづらい」など様々な悩みがあると思います。そんな悩みを持つあなたに退職を伝える方法をまとめてみました!伝え方によるメリット・デメリットを知って、自分に合った退職方法を見つけて下さい!


【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

退職時の挨拶について悩んでいる人は意外と多いです。「どのタイミングで皆んなに伝えれば良いの?」「そもそも何を言うの?」「お菓子って渡した方が良いの?」など様々あると思います。そんな退職時の挨拶について、よくある疑問5つをまとめたので是非参考にして下さい!