視野が狭い人の特徴とデメリットは?すぐに試せる4つの改善策!

視野が狭い人の特徴とデメリットは?すぐに試せる4つの改善策!

上司に視野が狭いと注意されたことはありませんか?視野が狭いことで生じるデメリットは意外にも多いので、視野の狭さが気になる方は改善すべきです。この記事では、視野が狭い人の特徴と改善策をご紹介します。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

よく耳にする「視野が狭い」という言葉は、実際にどのような意味があるのでしょうか。多くの場合、「自分の世界に閉じこもり、周囲の意見に耳を傾けない人」にあてた言葉として使われます。この記事では、視野が狭い人の特徴や改善策などについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

視野が狭いとはどんな意味?

「視野が狭い」とは、自分の言葉や考え方の選択肢が非常に少なく、自己中心的な行動を取ってしまうことをいいます。

 

そもそも、「視野」とは、視線を動かさずに捉えることができる範囲です。視線を動かさずに、広い範囲の物事を把握できる人が「視野が広い人」となります。物理的な「視野が広い」という言葉が、考え方などの選択肢を多く持っている人に転じて使われているのです。

視野が狭いことに気づかないとどうなるの?

視野が狭いことに気づかないでいる場合、周囲から軽蔑され良好な人間関係を築けなくなる可能性が考えられます。前述の通り、視野が狭い人は自己中心的な人が多いです。それは、プライベートでも仕事でも関係なく、常に自分のことしか考えられません。

 

良好な人間関係を築くことができなければ、プライベートも仕事も上手くいかずに悩んでしまいますよね。次にご紹介する「視野が狭い人の特徴」や「改善策」を参考にしてみてください。

視野が狭い人の特徴

ここでは、視野が狭い人の特徴を6つご紹介します。

自分の意見が一番正しいと思い込んでいる

視野が狭い人は、自分の意見が一番正しいと思い込んでいます。そのため、他人からの意見に耳を貸さず、周囲からは「協調性がない」と判断されているはずです。周囲から「こっちの方が良いのでは?」と言われても、「いや、絶対にこっちだ」と決めつけいてます。

 

また、自分の意見が正しいと思っているため、「なぜ、この意見が正しいのに、みんなわからないんだ」と自分の意見が通らないことに機嫌を損ねることも珍しくはありません。

物事を一方面からしか見られない

物事を一方面からしか見られない特徴もあります。物事には多面があり、見る方向によっては180度答えが変わることもありますよね。さまざまなケースを考えることもできずに、1つの答えしか導き出せない人は、視野が狭いと言えます。

自分の経験したことや知識でしか判断しない

自分の経験や知識がすべてで、それをもとに判断することしかできない人も視野が狭いです。他人の経験や知識は信じられず、自分の見たものしか信じません。しかし、このように他人を信用せずにいると、自分の世界はどんどん狭くなってしまいます。

 

そして、他人の意見に耳を傾けることをしないため、「私はこれを経験したことがあるから、こっちの方が効率がいいよ」とアドバイスをされても従わないのです。このように、視野が狭い人は、自分のことしか信じないという特徴もあります。

目の前のことしか見えずに先を考えられない

目の前の物事しか見えず、先のことを考えられないのも特徴です。例えば、与えられた仕事が2つあったとして、2つ目の方から作業した方が効率が良いときでも、目の前にある1つ目の仕事から片付けようとします。

 

「これをしたら、その先にこのような結果が待っている」ということを想像できないのです。想像力が欠けてしまっていることも、視野が狭い人の特徴だと言えます。

挑戦せずに、変化を好まない

視野が狭い人は、新しいことに挑戦しようとせず、変化することを好みません。今ある物事で満足していることや、「挑戦をしたら失敗するかもしれない」という不安を払拭できないのです。

 

しかし、これでは逆効果です。新しい世界を知ることで、自分の知識や経験を深め視野が広がります。そのチャンスを自ら手放してしまっていることに気づいていません。

真面目すぎて応用が利かない

真面目すぎて応用が利かない人も、周囲から視野の狭い人だと思われているでしょう。とくに、職場において、マニュアルやルールを守ることは重要です。複数人で働くときに、マニュアルやルールがなければ、それぞれに自由な行動をしてしまうためビジネスが失敗するおそれがあります。

 

しかし、このマニュアルやルールに縛られ、「これが絶対だ」と思い応用ができない人もいます。こうした、応用が利かない人は視野が狭く、異例の事態にも対応できません。

視野が狭いことを改善する方法

次に、視野が狭いことを改善する方法をご説明します。

他人の意見を受け入れる努力をする

まずは、他人の意見を受け入れる努力をしてみましょう。自分と他人の考えが異なることは、当たり前のことです。人には、多様性があります。ことわざでも「百人百様」という言葉があるように、一人ひとりの考え方は異なるのです。

 

「自分と違う意見を持っている人がいても当たり前」という意識を持ち、自分と違う意見に耳を傾けてみてください。その意見が完全に間違っている場合もあります。そのときには、頭ごなしに否定するのではなく、「なぜ間違っているのか」を説明してあげると相手も納得してくれるはずです。他人の意見を受け入れることで、自分の知識も広がりますよ。

積極的に他人と関わってみる

さまざまな人と積極的に関わってみましょう。先にもご説明した通り、人それぞれの考え方があります。そこで、いろんな人と関わってみることで、いろんな考え方を知ることができますよね。

 

例えば、スポーツジムや習い事に通ってみるのも良いでしょう。多くの人の話を聞き、その人の経験や知識を吸収することをおすすめします。このときに注意していただきたいことは、相手の話を素直に聞き入れることです。これまで通り、相手の意見を受け入れないのではまったく意味がありません。素直に聞き、自分の話は極力しないことを意識しましょう。

読書や映画鑑賞、旅行などで知識を増やす

他人との交流が苦手だという人は、読書や映画鑑賞などで知識を増やしましょう。このときに、自分が好きなジャンルばかりを読むのではなく、さまざまなジャンルから知識を吸収してくださいね。同じジャンルばかりでは、考え方が偏ってしまいます。

 

そして、経験を積むためには旅行することもおすすめです。知らない土地に旅に出て、実際に経験してみることで視野が広がりますよ。

周囲と協力してみる

視野を広げるために、これまでご紹介した改善策を試したら、周囲と協力して物事を達成させてみましょう。周囲と協力するということは、相手の意見に耳を傾け、コミュニケーションを図ることです。

 

具体的には、仕事においてプロジェクトメンバーと協力して成果を出すなどです。成功体験を積むことで自信につながります。これらを繰り返していけば、自分の視野が広がり周囲からの評価も高くなるはずです。

視野が狭い部下や後輩には「フォーカス」を合わせよう

仕事をしていると、視野が狭い部下や後輩に悩まされることがあるでしょう。そのような場合には、「フォーカス」を合わせることを意識することが重要です。

 

人は人のことを変えられません。そのため、部下や後輩の視野を広げようとするのではなく、自分が部下や後輩に合わせることをおすすめします。部下がどのような視点で物事を見ているのかを理解し、それに合わせて行動するとストレスもたまりにくいはずです。ぜひ試してみてください。

「視野が狭い」という短所を長所に変えると?

就職活動の場において、「視野が狭い」という短所を長所にしたい場合は、以下のように変えることができます。

 

・一途に最後までやり抜く

・一つの事柄に専念し、探究心が強い

・集中力がある…etc.

 

視野が狭いということは、冒頭でも述べた通り、自分の中に選択肢が少なく自己中心的な行動を取ってしまうことです。これを反対に言い換えると、一つのことに集中し探求できると言えます。仕事熱心で集中力があるというのは、長所ですので上手く言い換えて就活に臨みましょう。

まとめ

今回は、「視野が狭い」という意味や特徴について解説しました。ご説明した通り、あまり良好な人間関係を築けないことや、周囲からの評価が低いことがデメリットとして挙げられます。そのため、もしも改善する気持ちが少しでもある人は、今回ご紹介した改善策を試してみましょう。

 

ただし、自分を変えることはできますが、すぐに結果が出るとは限りません。長い期間が必要だと考えておくことで、気持ちが楽になりますので留意してくださいね。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


視野が狭い

最新の投稿


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。


異動したいけどできない時の行動や言い方のコツとは!?

異動したいけどできない時の行動や言い方のコツとは!?

「異動したいけど…なかなか言えない」「異動したいのに聞き入れてもらえない」と悩んでいる人もいるでしょう。会社を辞めるまではいかないけど今の職場環境は嫌だから異動したいという人も多いでしょう。この記事では異動したいときに取るべき行動や言い方のコツを紹介します。


公務員はつまらない!?その理由と人生の考え方!

公務員はつまらない!?その理由と人生の考え方!

公務員はつまらないから辞めたいと考える人も多いのではないでしょうか。公務員は安定志向の人に人気があり倍率が高いにもかかわらず、つまらないから辞めたいと感じている人は多いです。この記事ではつまらないと感じてしまう理由、人生の考え方別の対処法を紹介します。


【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

上司に退職を伝えたいけど「どうやって伝えよう?」「直接は言いづらい」など様々な悩みがあると思います。そんな悩みを持つあなたに退職を伝える方法をまとめてみました!伝え方によるメリット・デメリットを知って、自分に合った退職方法を見つけて下さい!


【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

退職時の挨拶について悩んでいる人は意外と多いです。「どのタイミングで皆んなに伝えれば良いの?」「そもそも何を言うの?」「お菓子って渡した方が良いの?」など様々あると思います。そんな退職時の挨拶について、よくある疑問5つをまとめたので是非参考にして下さい!