毅然とした態度とは?必要な場面と毅然とした態度を取る方法!

毅然とした態度とは?必要な場面と毅然とした態度を取る方法!

毅然とした態度の意味の意味を明確に応えることはできますか?なんとなく、動揺してしまうようなシチュエーションでも堂々といられることというイメージがあるのではないでしょうか?この記事では、毅然とした態度の意味から重要性まで詳しく解説します。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

「毅然とした態度ってどのような態度?」「どういった場面で必要になる?」など疑問に感じている方も多いでしょう。毅然とした態度とは、「困難なことがあっても動じずに自分の意思を強く持って行動できる」ことをいいます。しかし、実際にはどのような場面で「毅然とした態度」が必要になるのでしょうか。今回は、毅然という意味やどのような場面において、毅然とした態度をしなければならないのかなどについて解説します。

「毅然とした態度」とはどのような態度のこと?

まず、「毅然とした態度」とは、どういう態度のことなのかを解説します。

「毅然」の意味

「毅然(きぜん)とした態度」の「毅然」とは、以下のような意味です。

 

”意思が強く、物事に動じないさま。意思・信念を断固貫くさま”

(引用元:三省堂 大辞林 第三版

 

また、「毅然とした」とは以下のような意味があります。

 

”意思や態度が、強い信念のもとにあり、柔弱な様子をみせないさま。強くてりっぱなさま”

(引用元:実用日本語表現辞典

 

このことから、毅然とした態度とは「困難なことを前にしても動じずに、自分の意思を強く持って行動する」態度のことだとわかります。

 

毅然とした態度を心がけることで、様々な問題を解決することができるのです。例えば、「友人から飲み会に誘われてしまったけど行きたくない」という場合、自分の意思を強く持ち信念を貫くことで、はっきりと断ることができます。行きたくない飲み会に我慢していくこともなく、自分自身でストレスを減らすことができますよね。

 

このように、毅然とした態度でいることで、自分の精神状態の健康を保つことも可能です。

クレーム対応では毅然とした態度が必要

毅然とした態度が必要な場面として、代表的なのが「クレーム対応」です。ここでは、クレーム対応をするときの態度について解説します。

クレーマーの怒りを増幅させてしまう2つの行動

まず、クレーマーに対して自分が対処しなくてはならない場面において、相手の怒りを増幅させてしまう可能性が高い行動を2つご紹介します。

 

・何もなかったかのように接する

(不祥事が周囲にバレるのを恐れるあまりの行動)

・クレーマーを過剰におだてて優位に立たせてしまう

 

1つ目は、不祥事を穏便に済ませたいという考えがクレーマーに伝わってしまうことです。クレーマーは、相手が少しでも誠実に対応しなければ、揚げ足を取るようにさまざまなことで怒り出します。こういう場面で、風評被害を受けることを恐れて、事をうやむやに終わらせようとする態度を見せてしまうと逆効果です。

 

2つ目は、1つ目とは反対に、「お客様は神様」精神でクレーマーをおだてて優位に立たせてしまう行動です。クレーマーがあまりにも理不尽なことや暴言を吐いているのに対して、「お客様のおっしゃる通りです」などと共感してしまう光景をよく目にします。しかし、これではクレーマーが「何を言っても許される」などと調子に乗ってしまうだけで、何の解決にもなりません。

 

この2つの行動は、クレーマー対応時には避けるべき行動だといえます。

クレーマーには3つの毅然とした態度を実行しよう

それでは、クレーマーにはどのように毅然とした態度を示せば良いのでしょうか。具体的な方法をご紹介します。

クレーマーと普通のお客様の間に線を引く

クレーマーと自分の間に、「線」を引きましょう。線というのは、「どこまでの行動がクレーマーに値するのか」「こんな事を言ってきたらクレーマーだと判断しよう」などという基準のことです。

 

例えば、悪質なクレーマーのなかには、店員に対して土下座を要求してくる人もいます。これは明らかに応える必要のない要求です。このように、普通のお客様とクレーマーを見分ける基準を事前に考えておくことで、その基準を超えたらクレーマー対応として臆することなく対応しなければなりません。 

クレーマーの土俵に乗らない

クレーマーは、暴言や悪質な要求を繰り返して、店員を怒らせようとしてくることがあります。あまりにも酷い言葉を浴びせられたら、こちらも感情的になり言い返したくなることもあるでしょう。

 

しかし、クレーマーの暴言や悪質な要求に対して、素直に応える必要はありません。ここで言い返してしまえば、さらにそこにつけ込んできます。そうさせないためにも、相手の挑発には乗らないように注意しましょう。

制限時間をつけて長話させない

クレーマーの特徴として、長話をすることが挙げられます。これは、クレームをどんどんエスカレートさせて話を広げる悪質な手段です。そのため、クレーマーの対応としては、長話をさせないことが重要だといえます。あまりも長くなるようなら、勇気を持って話を遮って終了させましょう。

毅然とした態度で臨む他の場面は?

次に、クレーム対応以外の場面で、毅然とした態度で望むべき場面についてご紹介します。

自分自身が「正しい」と確信しているとき

自分自身の意見が正しいと確信しているときには、毅然とした態度で臨みましょう。明らかに相手が間違っていて自分の考えが正しいのに、自信なさげに話していると正しい意見を信じてもらえません。自分の中で、「これは間違っていない」と確信している場合には、毅然とした態度を意識して話しましょう。

生意気な後輩を指導するとき

職場で生意気な後輩がいて困っている人は、毅然とした態度で指導しましょう。生意気な後輩は、あなたの自信が無いさまを見て軽んじています。これでは、先輩や上司としての威厳を保つことができません。その結果、仕事をスムーズに進めることができなくなってしまうことも考えられます。そうさせないためにも、生意気な後輩に接するときには毅然とした態度を心がけると良いですね。

理不尽な対応を受けたとき

相手から理不尽な対応を受けたときにも、毅然とした態度で臨みましょう。人は、あまりにも理不尽な事をされたり言われたりすると、萎縮してしまい言い返せないという人も多いです。しかし、このようなときこそ、自分の信念を貫き通して「強くて立派なさま」を見せることがおすすめです。毅然とした態度で対応することで「この人に理不尽なことは言えない」と思わせることができます。

毅然とした態度をとるためには?

では、毅然とした態度をとるためにすべき具体的な方法をご紹介します。

潔い話し方を心がける

まず、潔い話し方を心がけてみましょう。「潔い」とは、未練なくさっぱりしていることをいいます。話し方を「さっぱり」させることで、毅然とした態度に見せることができます。例えば、語尾を伸ばしすぎずに切り上げてみましょう。語尾が伸びてしまうと「ダラダラとした未練げのある」印象になってしまいますよね。

相手の目を見て話す

相手の目を見て話しましょう。自分の考えに自信があり、正しいと確信している場合は、相手の目を見て話すことで自信を持っていることが伝わります。反対に、自信がなかったり嘘をついている人は、あまり目を見て話さない傾向にあります。

屈しない心を持つ

毅然とした態度をするときに欠かせないのは、「屈しない心」を保つことです。冒頭でもご説明した通り、毅然とした態度とは、困難が立ちはだかっても動じず強い意思を持って行動することをいいます。そのため、困難にぶつかったときに心が折れていたら、毅然とした態度にはなりません。毅然とした態度を意識したい人は、必ず強い心も持ちましょう。

感情は出さずに論理的に話を進める

毅然とした態度をするには、感情的ではなく論理的に話を進める必要があります。感情的になってしまえば、話の方向がずれてしまい、「意思を強く持っている」ことにはなりません。あくまでも冷静に、要点だけを掴んで話を進行していくことをおすすめします。

まとめ

今回は、「毅然とした態度」の意味や具体例、また毅然とした態度が必要なシーンについて解説しました。今回ご紹介したような、「クレーム対応」や「生意気な後輩指導」などのときに、毅然とした態度が必要です。ご紹介した、毅然とした態度に見せることができる行動を意識することで、強い意思を持っている様子を見せることができます。ぜひお試しください。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


毅然とした態度

最新の投稿


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。


異動したいけどできない時の行動や言い方のコツとは!?

異動したいけどできない時の行動や言い方のコツとは!?

「異動したいけど…なかなか言えない」「異動したいのに聞き入れてもらえない」と悩んでいる人もいるでしょう。会社を辞めるまではいかないけど今の職場環境は嫌だから異動したいという人も多いでしょう。この記事では異動したいときに取るべき行動や言い方のコツを紹介します。


公務員はつまらない!?その理由と人生の考え方!

公務員はつまらない!?その理由と人生の考え方!

公務員はつまらないから辞めたいと考える人も多いのではないでしょうか。公務員は安定志向の人に人気があり倍率が高いにもかかわらず、つまらないから辞めたいと感じている人は多いです。この記事ではつまらないと感じてしまう理由、人生の考え方別の対処法を紹介します。


【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

上司に退職を伝えたいけど「どうやって伝えよう?」「直接は言いづらい」など様々な悩みがあると思います。そんな悩みを持つあなたに退職を伝える方法をまとめてみました!伝え方によるメリット・デメリットを知って、自分に合った退職方法を見つけて下さい!


【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

退職時の挨拶について悩んでいる人は意外と多いです。「どのタイミングで皆んなに伝えれば良いの?」「そもそも何を言うの?」「お菓子って渡した方が良いの?」など様々あると思います。そんな退職時の挨拶について、よくある疑問5つをまとめたので是非参考にして下さい!