仕事が覚えられない!?今すぐ覚えられる3つのコツを紹介!

仕事が覚えられない!?今すぐ覚えられる3つのコツを紹介!

仕事が覚えられないと悩んだ経験はありませんか。特に入社して間もない時期は、業務に関する知識も仕事の進め方も分からないので、仕事を覚えるのに苦労したのではないでしょうか。この記事では、仕事が覚えられない際の対処法を紹介するので参考にしてみてください。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

仕事が覚えられないと悩んでいませんか?仕事を覚えるスピードは人それぞれ違うので、要領よく仕事を覚えていく人と仕事をしていると不安になってしまいますよね。しかし、3つのコツさえ知っておけば誰でも簡単に仕事を覚えられるようになるので、最後まで読んでみてください。

仕事を覚える期間

3ヶ月〜半年

入社して3ヶ月から半年の間を仕事を覚える期間と考えている会社が多いです。一般的に、この期間内であれば、仕事に関する知識や仕事の進め方について丁寧に教えてもらえます。しかし、それ以降は仕事の成果を求められるようになります。専門用語やビジネス用語、仕事の進め方などを把握しておかないと、その後仕事を振られた時に適切に処理できないので、3ヶ月〜半年の間は仕事を覚えることに注力しましょう。

2年〜3年

職種によっては2年〜3年の間を仕事を覚える期間としていることがあります。例えば、専門性の高い仕事やクライアントとの信頼を構築しなければいけない仕事は、自分一人で仕事ができるまでは2年〜3年掛かります。仕事を覚える期間が長い分、やりがいを感じる仕事とも言えます。

仕事が覚えられない原因

責任感がない

仕事において責任感を持っていることは非常に重要です。責任感のある人は仕事に必要な知識があれば自分で勉強しますが、責任感がない人は仕事で必要な知識さえも覚えなくてもいいと思っている可能性があります。このような場合、いつになっても仕事を覚えることはできないでしょう。

記憶力が悪い

単純に記憶力が悪いと仕事が覚えられません。しかし、人の記憶力はたいして差はないので記憶力が悪いことを悲観する必要はありません。仕事ができる人は記憶よりも記録をしています。記憶は時間経過とともに曖昧になってしまいますが、メモをして記録しておけばいつでも振り返ることができます。仕事が覚えられない人はメモをする癖をつけて記憶力の弱さをカバーしましょう。

仕事に関心がない

仕事自体に関心がないと仕事を覚えることは難しいです。人は興味のあるものや好きなものを記憶するのは得意ですが、興味関心がないものを記憶することは苦手な生き物だからです。仕事自体に興味が湧かない人は、自分の興味が湧く仕事に転職した方がいいかもしれません。

会社の教育制度の問題

会社の教育制度が原因で仕事を覚えられないことがあります。例えば、仕事は見て覚えるものだと考え、社員教育を全くしないような会社の場合、仕事を覚えるのは難しいです。そのような教育制度が整っていない会社は中小企業に多いと言われています。仕事を丁寧に教えて欲しいという人は、教育制度が充実している大手企業へ入社したほうが良いかもしれません。

発達障害

発達障害などの病気が原因で仕事が覚えられない場合もあります。発達障害の人は、人よりも注意力が欠如していたり集中が続かないといった症状が現れることがあり、健常者と比べ仕事を覚えるスピードが遅くなることがあります。会社は、その病気の状況を知った上で採用しているはずです。発達障害の人が仕事を覚えられない場合には、周りの社員がサポートし助け合いながら仕事に取り組みましょう。

簡単に覚えられない仕事

暗記が必要な仕事

オペレーション業務に携わっている人は、マニュアルを覚えなければいけません。例えば飲食店で働く人は商品知識や会計方法などを覚えなければいけませんし、コールセンターで働く人は対応マニュアルを覚えなければいけません。オペレーション業務は自分で考えて仕事をするというより、マニュアルを覚えてその通り仕事をすることが求められるので、暗記が苦手な人は避けた方が良いかもしれません。

専門性の高い仕事

専門性の高い仕事は覚えなければいけない知識がたくさんあります。専門性の高い仕事の代表例がエンジニアです。エンジニアはプログラミング言語を覚えなければ、仕事ができません。また、技術は時代とともに進化していくので常に勉強しなければいけません。専門性の高い仕事は就ける人が限られているので、比較的給料は高い傾向にありますが、覚える量も多く大変な仕事とも言えます。

仕事が覚えられないと起こること

評価が落ちる

仕事を覚えることは仕事の基礎中の基礎なので、それすらできないと会社からの評価は落ちるのみです。会社員である以上、仕事を覚えて成果を出さなければ評価されることはありません。仕事中に覚える時間が取れない場合は、家で勉強したり仕事に通勤時間などの合間を使い覚えましょう。

クビ

会社は給料を払い雇っているので、仕事を覚えようとしない社員は必要ありません。会社が教育機会を与えサポートしていても、本人が覚えようとする気がなければクビにするしかありません。会社が能力不足を理由にクビにするのは不当解雇にあたる場合があるので、仕事量を段々と減らしたり雑務だけをするよう命令し自主的に退職するよう誘導されるでしょう。

仕事を覚えるコツ

メモをとる

重要なことはメモを取り、いつでも振り返れるようにしなければいけません。人の記憶力は限界がありますが、記録することに限界はありません。メモを取ることは単に忘れることの防ぐだけでなく、思考が整理されるといった効果もあるので積極的にメモを取りましょう。

量をこなす

仕事は量をこなした方が早く覚えることができます。何度も繰り返し行うことで体や頭に定着するからです。仕事が覚えられない人は、単純に仕事量が足りない可能性があります。1万時間の法則という基準があるように、何かを極めるためには多くの時間が必要になるので、まずは量をこなし仕事を覚えるようにしましょう。

5分考えて分からなければ聞く

分からないことがあった時は、すぐに上司や先輩に聞いた方が仕事を覚えることができます。一番やってはいけないのは分からないままにしておくことです。分からないままにしておくと、いつまで経っても仕事を覚えることはできません。5分考えて分からなければ、先輩や上司に聞きましょう。5分考えて分からないものは1時間掛けても分かりません。時間を無駄にしないためにも、人に聞いて仕事を覚えていきましょう。

それでも仕事を覚えられなかったら

転職する

仕事を覚える努力をしても、覚えられない場合はその仕事と合っていない可能性があります。その際には、転職することを考えてみてください。今の仕事を続けていても、仕事を覚えられないのなら会社から評価されることはありません。自分の能力を発揮できる会社に転職できれば、今の状況から開放されるのでまずは下記の転職エージェントに相談してみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか?


仕事を覚えられないと悩んでいる人は、以下の方法を試してみてください。


・メモを取る

・数をこなす

・分からないことは聞く


難しくないですよね。この3つを続ければ、どんな仕事でもできるようになるので参考にしてみください。

ご覧いただきありがとうございました。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


仕事 覚えられない

最新の投稿


退職時の言い方が難しい…穏便に退職する方法と言い方の例!

退職時の言い方が難しい…穏便に退職する方法と言い方の例!

「退職したいけど言い方はどうしたら良いのだろう」と悩む人も多いでしょう。多くの人が穏便に退職したいと考えると思いますが、引き止められることも珍しくなく、スムーズに済ませるのはとても難しいですよね。今回は穏便に退職するための話の進め方、言い方の例を紹介します!


仕事をやりたくないは甘えじゃない!原因と対処法!

仕事をやりたくないは甘えじゃない!原因と対処法!

仕事をやりたくないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。やりたくない仕事を続けることにはメリット・デメリットの両方がありますが、やはり我慢しすぎるのは良くありません。記事では仕事をやりたくないと感じる原因と対処法を紹介するので、参考にしてみてください。


仕事辞めたいはうつ症状の発端!?うつの原因と対処法!

仕事辞めたいはうつ症状の発端!?うつの原因と対処法!

仕事を辞めたいと考え続けている人はうつの症状が出始めているのかもしれません。仕事を辞めたいという気持ちは甘えだと思う多いかもしれませんが、うつは精神疾患です。無理するのはよくありません。この記事ではうつになりやすい人の特徴や環境、対処法を紹介します。


入社しない方がいい会社の特徴・見極め方とブラック企業大賞!

入社しない方がいい会社の特徴・見極め方とブラック企業大賞!

入社しない方がいい会社の見分け方がわからず悩んでいる人も多いでしょう。日本には企業が数多くあるので見分けることは難しそうですが、実はそれほど難しいわけではありません。この記事では入社しない方がいい会社の特徴と見分け方、2019年ブラック企業大賞を紹介します。


12時間労働がきつい!12時間労働は違法ではないの!?

12時間労働がきつい!12時間労働は違法ではないの!?

12時間労働がきついんだけどこれは普通なの?と苦しんでいる人もいるでしょう。時々であればまだ耐えられるかもしれませんが、常に12時間労働だと心身ともにボロボロになってしまいます。この記事では12時間労働は違法なのか、疲れてしまった人のやるべきことを紹介します。