今の職場の雰囲気が合わないかも!?退職を考える判断基準!

今の職場の雰囲気が合わないかも!?退職を考える判断基準!

職場が合わないかもしれないと思い悩んでいませんか?仕事にやりがいを感じることがなかったり、ストレスを感じていると今の仕事があっていないのではないかと不安になることがあると思います。しかし、一時の感情で転職を決断することもできないでしょう。この記事では、職場が合わないと感じた時の対処法を紹介します。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

「ここの職場は自分の雰囲気に合わないな」「体育会系の人ばかりで働きづらいな」などと、職場が自分に合わないと感じている人は多いでしょう。多くの人の場合、職場が合わないと感じても、周囲に合わせて我慢しています。しかし、我慢したまま働き続けることは、心身ともに過大なストレスがかかりますよね。今回は、職場が合わなくて辛い思いをしている人へ、原因や対処法、退職を考える判断基準についてご紹介します。

職場が合わなくて辛いと…

「この職場は自分には合わない」と感じながら働いていると、以下のようなマイナスの影響を受けることとなります。

仕事を楽しむことができない

まず、職場が合わなくて辛いと感じているのなら、もちろん仕事を楽しむことはできません。職場が合わないと感じる原因にもよりますが、多くの場合「人間関係」「経営方針・社風」「仕事内容」に不満を感じ、仕事に集中できていないのです。


仕事に集中できなければ、やりがいや面白さを見つけることはできないでしょう。職場が合わないと感じたまま働いていると、働くモチベーションを保つことができずに「なんとなく続けている」という感覚になってしまいます。

仕事をすることがストレスになる

前述のような、モチベーションも低いまま働き続けていると、やがて仕事をすること事態がストレスと感じるようになります。「やりがいをまったく感じられない、つまらない仕事を毎日繰り返して、無駄な時間を過ごしている」などと心にストレスを抱える方も多いです。


そして「働きたくない」などの無気力な状態となり、最悪の場合、うつ病などの精神疾患を患ってしまう可能性もあります。つまり、職場が合わなくて辛いと感じたまま働いているのは良くない状態です。早めの対処が必要だと言えます。

短期離職の原因になる

自分に合わない職場で働いている場合、短期離職の原因となります。転職活動の際に、じっくりと企業研究をしていないと、入社してから「自分には方針が合わない」などと職場が合わない原因を作り出してしまいますよね。そして、「ここの職場も合わないから転職しよう」と、何度も転職を繰り返します。


何度も転職を繰り返す人のことを「ジョブホッパー」とも呼びますが、ジョブホッパーはあまり企業からは好まれません。似たような意味で「キャリアビルダー」と呼ばれる人もいますが、こちらは計画的に転職を繰り返して、自分自身の年収や待遇をキャリアアップさせている人のことです。


自分が働く職場を適当に選んでしまうと、ジョブホッパーになりかねません。転職の際には、転職のプロに相談することをおすすめします。

職場が合わないと感じる原因

それでは、なぜ職場が合わないと感じてしまうのでしょうか。その原因を4つ挙げてみましょう。

社風や職場の雰囲気が合わない

社風や職場の雰囲気が合わないことが原因として考えられます。社風とは、その会社の雰囲気や価値観のことです。例えば、「上下関係に厳しい」「風通しが良く意見を言いやすい」なども社風です。


入社前と後で、自分がイメージしていた社風と異なっていたという経験をされた方も多いかもしれません。社風や職場の雰囲気は、実際に働いてみなければわからない場合が多いです。上下関係はあまり重要視せず実力主義の人が、上下関係に厳しく年功序列タイプの会社で働いていたら「自分とは合わない」と感じてしまいますよね。

仕事が合っていないから

そもそも、仕事が自分に合っていないのかもしれません。「人とコミュニケーションを取るのが苦手」という性格の人が、営業部署に配属されてしまったら「この職場は合わない」と感じてしまうのも当然です。


自分が希望している部署で働けるか否かは、その会社が自分のことを理解してくれているかどうかによって変わってきます。自分が事務職を希望しても、「営業部署が人手不足だから」などの理由により希望部署に配属されない可能性もあるのです。このような状況で働いても、「この仕事は合わないな」と感じ働くモチベーションを保つことはできません。

人間関係がうまくいかない

職場の人間関係がうまくいかない場合も、職場が合わないと感じてしまう原因です。どのような仕事でも、大半は人間関係の良し悪しで、仕事が面白いと感じるか否かが決まると考える人も多いかもしれません。それほどまでに人間関係は大切なのです。


職場とは、24時間のうち8〜10時間程度拘束される場所です。人によってはもっと長い時間過ごす場合もあります。そのような長い時間、一緒に過ごす人たちとの人間関係がうまくいっていなければ、その場に居ずらいと感じるでしょう。やがて、「仕事に行きたくない」「自分には合わない」などと考えてしまいます。

他にやりたい仕事があるから

自分のやりたい仕事が明確にわかっている状態で、別の仕事をしている人は「この職場は自分の居場所ではない」と考えてしまうでしょう。また、自分のやりたい仕事が明確にわかっていない人も、「自分は真面目にコツコツ努力するタイプだから事務職がいいのに、今はガチガチの体育会系の人が周りに多い営業職」という場合、「他の仕事がやりたい」と願ってしまいますよね。

⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

職場が合わないときの対処法

ここで、職場が合わないときの対処法を7つご紹介します。自分自身の中で簡単にできるものから、実際に行動に移すものまで、様々な方法をご説明しますので参考にしてくださいね。

会社の良いところを探す

まずは、会社の良いところを探してみましょう。自分には合わないと感じている状態で、会社の良いところを探すのは難しいかもしれません。しかし、どんな会社でも良い部分は必ずあります。


例えば、「福利厚生制度はしっかりしている」「職場の同僚も、やるときはやる」「仕事は単純でつまらないけど、人間関係は良好」などと些細なことでも大丈夫です。ここで注意していただきたいのは、せっかく探した良い部分を悪い方向へ転換しないこと。「職場の同僚も、やるときはやる…だけど、いつもやる気のない人も多いな…」と自分自身でマイナスな方向に考えを持って行ってはいけません。良い部分を探したら、「職場が合わないと感じていたけど、こんな良い部分があったのか」と考えをプラスに持っていきましょう。

自分の考えを変える努力をする

自分の考えを変えてみませんか?心理学者のアルフレッド・アドラーは、「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」と述べています。


人は、それぞれに個体性があり、考え方や感じ方も異なります。そこで「自分がこの職場に合わないと感じるのは、周りがダラダラと仕事をしているからだ。周りがもっとシャキッと仕事をしてくれれば良いのに」と周囲を変えようとしても、それは難しいことです。自分の考えを変えずに、他人の考えを変えようとすることは傲慢だと考える人もいるでしょう。


そのため、まずは自分の考えを変えましょう。「この会社は、ダラダラ働くことでストレスがたまらない労働環境にしているのだな」などと良い解釈に変換してみるのもおすすめです。自分の捉え方を変えて、心穏やかに働ける環境を作ってみましょう。

お金のためだと割り切って働く

職場が合わないと感じていても、「仕事は遊びに来ているのではない、お金をもらうために出勤しているのだ」と割り切って働くのも一つの手段です。お金のためだと考えて割り切ることで、ほとんどのストレスを乗り越えることができるでしょう。


例えば、「あの人、高圧的な態度を取ってくるから苦手だな」と思っていても、「お金のためだ。別のあの人と友達になろうとしているわけではない」と割切れるようになります。割り切ってしまえば、帰宅した後も悶々と悩んでしまうことも少ないはずです。

ストレスを発散する

職場が合わない状態で長く働いていると、自分の心がストレスを感じている状態となります。そのため、ストレスを発散させることを意識しましょう。


ストレス発散方法は人によって異なります。「旅行をする」「カラオケで歌を歌う」「美味しいご飯を食べる」「友人と長電話をする」などです。自分の心にストレスが溜まった状態が長引くと、冒頭でも述べましたが、うつ病などの精神疾患を患ってしまう可能性もあります。


仕事が原因で精神疾患を患ってしまうことは、1度きりしかない人生なのに勿体無いですよね。最悪のケースにならないためにも、自分のストレスとうまく付き合っていきましょう。

信頼できる人に相談する

もし、職場が合わないことで悩んでしまっているのなら、信頼できる人に相談しましょう。仕事に対する不満を一人で抱え込んでいると、心に過度なストレスがかかります。信頼できる人に相談することで、解決の糸口が見えてくることもあるでしょう。また、相談しただけでは解決にならない場合もありますが、自分の不満や不安を吐き出すことで心がスッキリすることがあります。


ただし、相談相手が信頼できる人なのかを必ず見極めましょう。話しやすい相手だからといって誰にでも相談してしまうと、「あの人はこの職場に合わないって思っているんだ」ということが周囲に伝わってしまう可能性もあります。その場合、働きづらい空気が漂ってしまうことになりますので十分に注意してくださいね。

異動届を出す

会社ではなく、配属されている部署が自分に合わないと感じている人は、自分の働きたい部署に異動できるように異動届を提出しましょう。


異動届を提出する際に、上司に理由を聞かれるかもしれません。その場合は、「キャリアアップをするために様々な部署で経験を積みたい」などと答えておきましょう。素直に職場が合わないという理由を言ってしまうと、「そういう理由では異動させられない」などと断られてしまう可能性があるからです。


ただし、「ひどく人間関係に悩まされているため、このままこの職場で働いていると自分がダメになってしまう」という緊急な場合には、正直に上司に相談し異動させてもらいましょう。

転職する

部署に限らず、会社の経営方針や社風が自分には合わないという人は、思い切って転職するのも一つの手段です。転職すれば、新しい会社、新しい上司や同僚となり心機一転できます。


転職する際には、ぜひ「転職エージェント」を活用してくださいね。転職エージェントでは、自分にあった求人を紹介してくれます。自分がどのような会社で働きたいのか、どのような社風があっているのかなどを詳しく相談に乗ってくれるのです。


転職エージェントのなかには、実際に企業を取材して社風やオフィスの様子などをチェックしているサービスもあります。本当にホワイト企業なのかをチェックしたうえで、求人を紹介してくれるため信頼性の高いサービスです。ぜひ転職エージェントを活用しましょう。

⬇︎転職エージェント探しなら『転職プロナビ』⬇︎

診断してみる

仕事を辞める判断基準

最後に、仕事を辞める判断基準をご紹介します。「仕事を辞めたいけど、いつのタイミングで辞めたらいいのか悩んでいる」という人は、参考にしてくださいね。

将来性が見えない

会社の将来性が見えなくなってしまっている人は、仕事を辞める基準に当てはまります。この場合の将来性は、「会社がこの先、存続できないのではないか」というものではなく、「自分にとって合わない職場だから、先が見えない」状態となっていることが考えられます。もしも、将来性を感じられないと思っている人は、退職するよいきっかけだと考えましょう。

心身に影響が出ている

すでに、合わない職場で頑張りすぎて、心身に何らかの影響が出てしまっている人はすぐに仕事を辞めましょう。例えば、長い間合わない職場で我慢し続けて、うつ病になってしまった人などです。


このような状態に陥っている人は、退職した後は少しの期間、休息を取りましょう。転職活動をしてすぐに働き出すのではなく、心と体をしっかりと休めることを意識してくださいね。

他にやりたい仕事がある

職場が合わないなと感じている人で、他にやりたい仕事が見つかったのなら、それは仕事を辞めることを考える基準となります。やりたい仕事にチャレンジするには、何から始めればよいのかを調べて行動に移しましょう。また、転職になる場合は、先にもおすすめした転職エージェントを活用してくださいね。

身近な人から心配されている

「あなた、このまま働いていて大丈夫?」などと、身近な人から心配されている人も退職について考えてもよいですね。身近な人が心配してくるということは、目に見えて疲れが出ている証拠です。


自分では毎月過剰な残業が普通だと麻痺している状態でも、身近な人から見たら異常だと感じます。そのまま働き続けると最悪の場合、過労死してしまうことも考えられますので、注意が必要です。

会社から学ぶことがない

一通りの仕事は教えてもらって、これ以上成長の余地がない場合にも、退職を検討しましょう。人は、成功体験を積み上げていくことでレベルアップできます。しかし、これ以上何も学ぶことがなく、成功体験も積み上げていけないような環境で働くことは、やりがいを感じることができずにモチベーションを保てません。そのため、会社から学ぶことがなくなってしまった人は、転職してキャリアアップを目指しましょう。

常に辞めたいと考えている

思考が末期状態に陥り、毎日のように「会社を辞めたい」と考えている方は、退職を検討してください。常に辞めたいと考えてしまうほど強く思っている思考は、やがて現実化します。早いか遅いかの違いですので、思い切って退職してしまいましょう。

まとめ

今回は、「職場が合わない」と感じてしまう原因や対処法、そして退職を考える判断基準についてご紹介してきました。社風が合わないのか、人間関係に悩んでいて働きづらいのかなど、人によって様々な理由があります。しかし、現代は転職することは当たり前の時代です。そのため、合わない職場で長く働く意味がありません。ぜひ、自分に適した職場を見つけるために転職のプロに相談してみましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


職場の雰囲気

最新の投稿


周りを明るくする女性って素敵!そんな女性になる方法とは?

周りを明るくする女性って素敵!そんな女性になる方法とは?

あなたの職場や学校にも、いるだけで雰囲気が和んだりポジティブな気持ちになったりするような、周りを明るくする女性が一人くらいはいるのではないでしょうか。このような女性はとても素敵ですよね。この記事では周りを明るくする女性の特徴やなり方を紹介します!


うまくいかないことばかりの人生を成功に導く秘訣とは!?

うまくいかないことばかりの人生を成功に導く秘訣とは!?

人生うまくいかないことばかり。そんな風に悩んではいませんか。うまくいかない人生を良くしていきたいと思っているけれど、どう行動すれば良いかわからないと思っている人も多いと思います。この記事では、人生がうまくいっていないと感じた時の対処法について紹介していきます。


仕事が覚えられない!?今すぐ覚えられる3つのコツを紹介!

仕事が覚えられない!?今すぐ覚えられる3つのコツを紹介!

仕事が覚えられないと悩んだ経験はありませんか。特に入社して間もない時期は、業務に関する知識も仕事の進め方も分からないので、仕事を覚えるのに苦労したのではないでしょうか。この記事では、仕事が覚えられない際の対処法を紹介するので参考にしてみてください。


自分の殻を破れない人理由とは?一歩踏み出すためにできること!

自分の殻を破れない人理由とは?一歩踏み出すためにできること!

自分の殻を破れたら…一歩踏み出す勇気があれば…のように何かに挑戦しようと行動を起こす時に躊躇ってしまう人は少なくないでしょう。しかし、多くの著名人の名言として残るように自分の殻を破って行動を起こすことは成功の鍵となります。この記事では、自分の殻を破ることのメリット・デメリットを詳しく説明します。


今の職場の雰囲気が合わないかも!?退職を考える判断基準!

今の職場の雰囲気が合わないかも!?退職を考える判断基準!

職場が合わないかもしれないと思い悩んでいませんか?仕事にやりがいを感じることがなかったり、ストレスを感じていると今の仕事があっていないのではないかと不安になることがあると思います。しかし、一時の感情で転職を決断することもできないでしょう。この記事では、職場が合わないと感じた時の対処法を紹介します。