仕事ができない自分が情けない。仕事ができる人になるには!

仕事ができない自分が情けない。仕事ができる人になるには!

仕事ができない自分が情けないと感じたことはありませんか。例えば、周りの人より能力が劣っていたり、仕事でミスが続いたりすると自分が情けないと感じますよね。この記事では、自分自信が情けないと感じた時にどのように対処すれば良いか解説していきます。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

仕事ができない自分が情けないと思ったことはありませんか。会社では仕事ができる人は評価されますが、仕事ができないと会社からも同僚からも尊敬されず自分自身が情けないと感じると思います。それでは、そんな風に自分が情けないと感じた時はどのように対処すればよいかを解説していきます。

仕事ができない自分が情けない

仕事をしていると自分が情けないと感じる瞬間がありますよね。簡単な仕事なのに時間が掛かってしまったり、余裕がなく人に気遣いができなかったりすると、自分が情けないと感じると思います。しかし、仕事ができないと悩んでいる人は、仕事ができるようになるための改善策を知らないだけの場合が多いです。なので、改善策をさえ知っておけば誰でも仕事ができるようになります。

仕事ができない自分が情けないと感じる瞬間

能力の無さを自覚する

自分はもっと仕事ができるはずと思っていたのに実際に仕事をしてみると周りに付いてけない、そんな時自分の能力を無さを自覚し情けないと感じます。例えば、同僚や後輩が仕事で成果を上げ出世していくのに、自分だけ取り残されたら能力がないと自覚し情けないと感じるでしょう。自信があったのに仕事ができないと、情けないと感じやすいです。

仕事ができず周りに迷惑がかかる

自分のミスで余計な仕事を増やしてしまうと、情けないと感じます。自分のミスさえなければ周りに迷惑がかからずに済んだと思うと、やるせない気持ちになったり、自分なんかいなくてもいない方がいいと思ってしまいます。仕事ができないと人からの信頼も失い自分に対しても失望して情けないと感じるでしょう。

⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

仕事ができない人の特徴

何度も同じミスをする

仕事ができない人の特徴の一つが、同じミスを繰り返すです。同じミスを繰り返すということは、ミスの原因が特定できていなかったり、そもそも意識が低い可能性が高いです。ミスが続けば周りからの信頼が徐々になくなり、仕事が振られなくなってしまいます。

段取りが悪い

仕事を早くかつ漏れなく終わらせるには段取りが重要です。その段取りが悪い人は仕事ができない人です。誰のアポを取らなければいけないかを知らなかったり、数手先を読んで仕事をしていないと仕事はスムーズに進みません。仕事ができない人は段取りせず行きあたりばったりで仕事をするため、計画通り仕事が進まないのです。段取りが苦手な人は逆算してスケジュールを組むようにしましょう。そうすれば、段々と何をしなければいけないかが見えてくるはずです。

スキルがない

仕事ができない人は専門的なスキルがないことが多いです。職場ではスキルがない人では、仕事を任せてもらうことができません。それでは、どのようにスキルを身につければいいかというと、自分が身につけたいスキルの本を読みましょう。本屋に行けばビジネス本や資格の本など、仕事に関係する本が数多く売られているので今一番身につけたいスキルの本を買い、アウトプットしましょう。すぐには効果が現れないかもしれませんが、確実にスキルが身につく方法です。

仕事ができる人になるための改善策

仮説検証をする

仕事ができる人は仮説と検証を繰り返しています。ある課題に直面した時、課題を解決するためにはあの方法がいいだろうと仮説を立て、実際に行動した結果を元にまた検証をするサイクルを回すことで、課題解決までの時間が短縮されます。ただやみくもに仕事をこなしていては、仕事ができる人にはならないので、仮説を立てることと検証をすることを習慣化しましょう。

当事者意識を持つ

当事者意識を持てと言われたことがありませんか。仕事ができる人の共通点は、当事者意識を持っていることです。当事者意識とはこの仕事は自分が請け負っているという認識を持つことをいいます。当事者意識は、最後まで仕事をやりきることを繰り返し行うことで身につけられます。成長スピードが早めるためには、当事者意識が必要不可欠なので、仕事ができるようになりたい人は必ず身につけましょう。

決断力を磨く

仕事ができる人は決断力があります。例えば、たくさん仕事を抱えていたら優先順位が低い仕事についてはしないというような決断をします。決断力がない人は全ての仕事を完璧にこなそうとして、結局全てが中途半端に終わってしまいます。立場が上になればなるほど、プレーヤーとしての仕事が減り、決断をするのが仕事になってきます。そのため、決断力を磨くことが求められます。

仕事の基礎を大切にする

どんなことにも言えますが、すぐテクニックに走る人よりも基礎を怠らない人の方が後々成長します。基礎のないままテクニックを覚えても、一時的な埋め合わせ程度にしかなりません。それより、仕事の基礎と言われる納期を守る、報告を欠かさない、スケジュールを管理するを徹底したほうが仕事ができるようになります。

逆算思考を身につける

予定通り仕事を進められる人は、逆算してスケジュールを組んだり予算を決めています。その場しのぎで仕事をしていると、振り返った時に何も残りません。まずはゴールを定めてそのために必要な時間やお金などはいくらか、どのくらいのペースで仕事を進めるのが良いかを考えましょう。それらを定めてたら、あとはスケジュール通り進めるだけです。

課題を要素分解する

仕事ができる人は課題を要素分解してから行動します。例えば、営業成績が上がらないという課題に対して、接触数、面談数、検討数、成約数などの要素に分けてから、最適な行動をします。要素分解することにより課題が明確になり、解決までの時間を短縮できます。課題に直面した時は要素分解をするようにしましょう。

仕事ができないと言われている人ほど成長する!?

成功者は誰よりもミスをした人

仕事で成功した人の共通点は誰よりもミスをしたことです。成功者はミスなく仕事をこなした結果、成功を収めたとイメージしがちですが実はその逆で誰よりもミスを重ねた結果、ミスをせず仕事ができるようになり成功しているのです。今仕事ができなくて悩んでいる人は悲観せず目の前の仕事に精一杯取り組みましょう。

若いうちはできるだけミスをしたほうがいい

若手の時は仕事に慣れていないので、ベテランよりミスをすると思います。そうすると仕事が上手くいっていないと感じてしまうかもしれません。しかし、仕事ができると言われている人も若い頃はたくさんミスをして、現在仕事ができるようになっているのです。なので、若いうちはできるだけミスをしたほうがいいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?


仕事ができない自分が情けないと感じることは、社会人なら誰しも1度は通る道ではないでしょうか。そんな時に、投げ出すのか、それとも自分ができることを精一杯やるのかでその後の成長が決まるはずです。辛い時期かもしれませんが、乗り切った先にある自分の姿を想像し頑張りましょう。


ご覧いただきありがとうございました。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

最新の投稿


周りを明るくする女性って素敵!そんな女性になる方法とは?

周りを明るくする女性って素敵!そんな女性になる方法とは?

あなたの職場や学校にも、いるだけで雰囲気が和んだりポジティブな気持ちになったりするような、周りを明るくする女性が一人くらいはいるのではないでしょうか。このような女性はとても素敵ですよね。この記事では周りを明るくする女性の特徴やなり方を紹介します!


うまくいかないことばかりの人生を成功に導く秘訣とは!?

うまくいかないことばかりの人生を成功に導く秘訣とは!?

人生うまくいかないことばかり。そんな風に悩んではいませんか。うまくいかない人生を良くしていきたいと思っているけれど、どう行動すれば良いかわからないと思っている人も多いと思います。この記事では、人生がうまくいっていないと感じた時の対処法について紹介していきます。


仕事が覚えられない!?今すぐ覚えられる3つのコツを紹介!

仕事が覚えられない!?今すぐ覚えられる3つのコツを紹介!

仕事が覚えられないと悩んだ経験はありませんか。特に入社して間もない時期は、業務に関する知識も仕事の進め方も分からないので、仕事を覚えるのに苦労したのではないでしょうか。この記事では、仕事が覚えられない際の対処法を紹介するので参考にしてみてください。


自分の殻を破れない人理由とは?一歩踏み出すためにできること!

自分の殻を破れない人理由とは?一歩踏み出すためにできること!

自分の殻を破れたら…一歩踏み出す勇気があれば…のように何かに挑戦しようと行動を起こす時に躊躇ってしまう人は少なくないでしょう。しかし、多くの著名人の名言として残るように自分の殻を破って行動を起こすことは成功の鍵となります。この記事では、自分の殻を破ることのメリット・デメリットを詳しく説明します。


今の職場の雰囲気が合わないかも!?退職を考える判断基準!

今の職場の雰囲気が合わないかも!?退職を考える判断基準!

職場が合わないかもしれないと思い悩んでいませんか?仕事にやりがいを感じることがなかったり、ストレスを感じていると今の仕事があっていないのではないかと不安になることがあると思います。しかし、一時の感情で転職を決断することもできないでしょう。この記事では、職場が合わないと感じた時の対処法を紹介します。