仕事で悔しいと感じるのは成長のチャンス?仕事で見返そう!

仕事で悔しいと感じるのは成長のチャンス?仕事で見返そう!

仕事で悔しいと感じてしまう人も多いでしょう。悔しいと感じることはよくないかのように思えますが、実は成長のチャンスです!その気持ちをバネにして、成果を出したりスキルアップしたりして、同僚や上司を見返しましょう!この記事では悔しいと感じる理由や対処法を紹介します。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

仕事で悔しいと感じる

仕事で悔しいと感じてしまうタイミングは多くの人に訪れるでしょう。悔しいと感じてしまう理由は様々ですが、決してそれを恥じることはありません。悔しいと感じるのは真剣に仕事と向き合っている証拠であり、その気持ちをバネにして成長につなげられる良いチャンスなのです!


仕事で悔しいと感じた時にはそのチャンスを逃さず、成果を出したり、スキルアップしたりすることを目指しましょう!

仕事で悔しいと感じる理由

悔しいと感じるのは仕事に真剣に向き合っている証拠ですが、なぜ悔しいと感じるのでしょうか。

自分が未熟だから

自分の能力やスキルが足りず、未熟さを身にしみて感じた時に、それを悔しいと感じます。


若い頃や新しい役職に就いた時はまだ仕事に慣れていないため、未熟さを感じるのは当然です。その気持ちが悔しいに結びついているのであれば、これからもっと仕事を頑張りたい、目標を達成したいといった、仕事への思入れのが強い証拠です。悔しさを成長につなげましょう!

劣等感を感じるから

同僚や部下が自分よりも先に出世した、周りがすごすぎてついていかれないなど、劣等感を感じた時にも悔しいと感じることがあります。


多くの人は「どうせ自分はダメなんだ」「自分にこの仕事は向いていない」など、否定的な見方をしてしまいますが、向上心がある場合は、このような状況でも悔しいと感じ、さらに仕事への熱意が高まっていきます。

後悔しているから

せっかくのチャンスを逃してしまった、もっとうまく説明できたのに、など後悔しているときも悔しいと感じます。


「後悔しないように」と言われることはよくありますが、実は後悔すること自体、悪いことではありません。後悔が過去を振り返ることであると同時に、自分がその時より成長し「気づく」力があるから後悔するのだと考えることもできます。

理不尽だと思ったから

手柄を取られた、自分の方が頑張ったのに褒められたのは他の人だった、お客様からのいわれのないクレームを受けた、など理不尽に思った時も悔しいと感じます。


もし、仕事を適当にやっているのであればたとえこのような時でも悔しいと感じることはありません。ただ不満を感じるだけです。しかし、悔しさを感じられるのであれば、仕事で見返したい、といった強い意思を持つことができます。

仕事で悔しいと感じるメリット

仕事で悔しいと感じることには様々なメリットがあります。

成長につながる

悔しいと感じることができるのは仕事に真剣に取り組んでいる人だけです。悔しいという気持ちには強いパワーが隠れているため、そのような人は、悔しさをバネに頑張ろう!という向上心を持つことができます。これが成長につながるのです。

スキルアップにつながる

悔しいと感じた際には、「ここが良くなかったからこれからはこうしていこう」と、改善するための努力や工夫ができます。この努力や工夫がスキルアップへとつながるのです。


仕事で悔しさを感じた際には、同じミスを繰り返さないようにすることも大切です。同じミスを繰り返していると周りから「まだまだ未熟だな」と思われてしまい、今よりも高度な仕事を任せてもらえなくなってしまうこともあります。逆に、失敗してもそれによってスキルアップできることが周りの人に伝われば、任される仕事も多くなり、さらなるスキルアップが臨めます。

物事を真剣に考えることができる

悔しいと感じるのは仕事に真剣に取り組んでいるからです。仕事を真剣に考えられるということは、様々な物事に対しても、真剣に考えることができるのです。


生きていく上で、理解できないこと、正解のない問いなど、様々な困難に直面します。そのようなときに真剣に考えることができる人は自分の意志で、困難を乗り越えようとすることができるのです。悔しいと感じることは、仕事だけでなく様々なことに役に立つのです。

問題解決能力が身につく

悔しいと感じた時にはどうしたら問題を解決できるのか、どうしたらもっと良くできるのか、ということを考えるため、問題解決能力が身につきます。


問題解決能力が身につくと、今後仕事で問題に直面した際にその問題を解決するのに役立つだけでなく、その能力を認められて、人から信頼されやすくなります。もちろん出世や収入にも直結してくる大切な能力です。

忍耐力が付く

悔しいと感じることができる人はとても粘り強く、そう簡単に諦めることはありません。そのため、忍耐力が付きます。


忍耐力が付くと感情的に行動したり、安易な考えで行動したりして、失敗しまうことが少なくなります。そのため、物事が成功する可能性が高まり、人から信頼され仕事を任せてもらいやすくなります。

仕事で悔しいと感じた時の対処法

仕事で悔しいと感じた時はそのままにしておくのではなく、正しく対処すればそれが成長につながります。それでは、正しい対処法の例を紹介します。

悔しい気持ちを受け入れる

まずは悔しい気持ちを受け入れることが大切です。悔しいという気持ちを見て見ぬふりをしてたり、自分を責めすぎたりすると、それが成長のきっかけになる事はなく、同じようなことを何回も繰り返してしまいます。


悔しいと感じることは決して悪いことではないのだ、ということを理解し、前向きに悔しいという気持ちを受け入れましょう。

悔しいと感じた理由を見つける

悔しいという気持ちがあってもその理由がわからなければ成長につなげることは難しいです。そのため、悔しいと感じる理由をはっきりさせましょう。そのためには自分の心と向き合う必要があります。短時間でいいので一人で心を落ち着かせられる時間を作ってみましょう。


メモなどに気持ちを書き出してみると気持ちを整理しやすくなるので、書き出していく中で理由を見つけるのもおすすめです。

改善策を見つける

悔しい気持ちを成長につなげるには改善策を考えなければいけません。悔しいからとただがむしゃらに仕事を頑張っても解決しないことは多いでしょう。「どうしたら今よりも良くなるのだろうか」「問題を解決するためにはどうしたらいいのだろうか」ということをよく考えたうえで行動する必要があります。


もちろん考えすぎてなかなか行動に起こせずに時間が経過してしまうと、そのうち悔しい気持ちを忘れてしまうこともあるので注意が必要ですが、安易に行動すれば結局同じことを繰り返してしまうだけなので、そのような行動も避けるようにしましょう。

努力を怠らない

悔しさを感じたらその後、努力を怠らないことが大切です。悔しいと感じ、改善方法がわかったとしても、努力することができなければすべて無駄に終わってしまいます。


努力しているからといってすぐにそれが結果につながるわけではありませんが、努力を続けることで確実に成果やスキルアップにつながります。

転職する

仕事を頑張っているのに正当に評価されず悔しい、という理不尽な悔しさを感じているのであれば、転職するのもおすすめです。悔しいと感じることができるくらい真剣に仕事のことを考えているので、転職すると成功する可能性も高いです。

見返すという気持ちを持つ

上司や同僚などを「仕事で見返すんだ」という気持ちを持つことも大切です。見返すという気持ちはマイナスのイメージを持たれがちですが、実はそのマイナスの力が、大きな原動力となるのです。


しかし、「自分の方がいいものを持っている」「自分の方がプライベートが充実している」などというように、仕事以外のことで見返そうと考えてはいけません。仕事で悔しいと思ったのであれば仕事で見返すべきです。それだけは忘れないようにしましょう。

歌や名言から勇気をもらう

歌や名言から勇気をもらうこともおすすめです。歌を聞くことで前向きになったり、過去の偉人が残してきた名言から勇気をもらったりすると、それが頑張る原動力となります。


坂本九の「上を向いて歩こう」などの名曲やZARDの「負けないで」、ゆずの「栄光の架橋」、superflyの「タマシイレボリューション」など、時代を超えて様々な歌があります。自分の好きな歌、前向きになれそうな歌を探してみてください。


また名言についても、トーマス・エジソンの「失敗は成功のもと」や、アインシュタインの「失敗したことのない人間というのは、挑戦をしたことのない人間である。」のような有名な名言から、芸能人やアニメのキャラクターの名言、聞いたことはないけど勇気の出る名言まで、様々なものがあります。自分の心に響くような名言を探してみてください。

仕事で悔しいと思ったときにやってはいけないこと

仕事で悔しいと思ったときにやってはいけないこともあります。このようなことをすると、成長のチャンスを潰してしまうことになるので気を付けましょう。

自分を正当化する

「自分は悪くない」「他の人や周りの状況のせいだ」というように自分を正当化してしまうと、他の人に罪を押し付けることになり、悔しさが成長につながることはありません。


人は失敗を繰り返して成長していくものです。自分を正当化してしまってはいつまでも幼稚なままで、成長することはできません。正当化している理由は単なる屁理屈や言い逃れにすぎないことくらいは自分にもわかるはずです。きちんと悔しいという思いを受け止めて、次につなげましょう。

八つ当たりする

悔しと感じたからといって家族や友人、職場の人に八つ当たりをしてはいけません。実は八つ当たりは「自分を守るための行動」なのですが、これによってイライラやストレスが解消することはなく、「なぜこんなことをしてしまったのだろう」と後で反省する人も少なくありません。


八つ当たりをするくらいなら、深呼吸をして落ち着いたり、好きなことをしていったん仕事から離れて冷静になったりしてから、悔しいという感情に向き合うようにしましょう。

後ろ向きになる

「どうせ無理だ」「どうせ自分に仕事はできない」などと後ろ向きになるのもよくありません。後ろ向きの考え方をしていると、その気持ちの通りに負の力が働いてしまい、物事が思うように進まなくなってしまうだけでなく、今までできていたことができなくなったり、周りの人に迷惑をかけたりしてしまいます。


悔しいと感じることは良いことなので、そのことを認識し、前向きに物事に取り組めるように意識していきましょう。

まとめ

仕事で悔しいと感じるのは仕事に真剣に取り組んでいるからであり、決して悪いことではありません。悔しい気持ちをバネにすれば、成長することができます。悔しいと感じたらまずはその気持ちを冷静に受け止め、成長へとつなげていきましょう!

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


仕事 悔しい

最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。


最近話題のキーワード

退職の前に読むサイトで話題のキーワード


退職 仕事 取られる 退職方法 円満退社 退職マナー 転職 メール 相談 会社 服装