職場にいる嫌いな人の存在がストレス!?嫌いな人の対処法!

職場にいる嫌いな人の存在がストレス!?嫌いな人の対処法!

職場に嫌いな人がいると仕事に集中できなかったり、楽しんで仕事を進めることができなかったりすると思います。しかし、職場には好きな人ばかりいるということの方が稀で、多くの場合には、価値観が合わなかったり、生理的に受け付けないような人がいるでしょう。この記事では、職場にいる嫌いな人の対処法を紹介します。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

「あの人、いつも意地悪なことばかり言ってくるから嫌い…」「あの人がいるから出勤したくないな」など、職場に嫌いな人がいるという方が多いでしょう。しかし、職場に嫌いな人や苦手な人がいることは当たり前のことです。今回は、職場の人を嫌いになってしまう理由や、嫌いな人への対処法をご紹介します。

職場の人を嫌いになってしまう理由

職場の人を嫌いになってしまう理由について考察してみましょう。

相手の性格が悪い

まず、相手の性格が悪いことが原因に挙げられます。「性格が悪い」というのは、人それぞれに感じ方が異なります。例えば、他人に対して嫌味を込めて物事を伝えることが癖になっている方がいるとします。通常、毎回のように嫌味を込めて話しかけられたら、誰でも嫌な気分になり「この人性格悪いな」と感じるでしょう。

 

しかし、自分も相手に嫌味を込めて物事を伝える癖があり、それを冗談のつもりで行っている人から見たら、きっと性格が悪いなどとは思わないかもしれません。「あの人もよく冗談を言うな」程度に感じるでしょう。そのため、相手の性格が悪いことは人それぞれの感じ方によって異なりますが、自分の気分を害すことをしてきたり言ってきたりする人のことを「性格が悪い」と感じるはずです。

 

そして、相手の性格が悪いと感じると、その人のことを嫌いになってしまう原因になるでしょう。

価値観が違いすぎる

相手との価値観が違いすぎてしまっても、相手のことを嫌いになる原因となります。人間は、自分とは違う価値観の人を受け入れづらいのです。子どものいじめが代表的な具体例だといえます。

 

子どもは、少しでも自分たちと違う行動をする子などいじめる傾向にあります。その子を徹底的に排除しようと仲間はずれにしてしまうのです。これは、大人になっても見られることで、子どもほど目に見えたいじめなどは少ないですが、価値観が違う人のことを「あの人は変わっている」と色眼鏡で見てしまいます。

生理的に受けつけることができない

特定の人を「生理的に受け付けられない」という人もいるでしょう。その人の話し方や体臭、行動など、理屈に関係せずに受け付けないのです。「この人の何かが受け付けられない…」と感じてしまうと、極力コミュニケーションを避け、どんどん嫌いになってしまうでしょう。

職場に嫌いな人がいると…

それでは、職場に嫌いな人がいる場合、どのような影響があるのでしょうか。

嫌いなことが態度に出てしまう

嫌いな人が職場にいる場合、その人への態度に現れてしまうことが予想されます。どんなに上手く猫をかぶっていても、ふとした時に態度や表情で嫌いなことが伝わってしまうかもしれません。相手に嫌いなことが伝わってしまうと、仕事がしづらくなったり相手の態度が急変したりなど、人間関係のトラブルに発展するおそれがあります。

嫌いな人がいるのは当たり前!

そもそも、職場に嫌いな人や苦手な人がいるのは当たり前のことです。「十人十色」や「百人百様」などの四字熟語があるように、自分と全く同じ人間は一人も存在しません。自分と少しでも異なる部分を発見すると、人間は違和感を感じるようになっているのです。その違和感を少しでも感じたら、すぐに「嫌い」という感情を出すのではなく、「こんな風な考え方もあるんだ」などと一度受け入れてみると良いでしょう。

 

「職場に嫌いな人がいない、すべての人が自分とピッタリ合う」と言う人はほとんどいません。誰かのことが嫌いだと考えている人の方が、圧倒的に多いのです。しかし、職場の人だからある程度は関わらなければなりませんよね。嫌いな人がいるのは当たり前のことなのだと割り切って働きましょう。

嫌いな人と上手く付き合えないとストレスになる

前述のように、「嫌いな人がいることは当たり前のこと」だと、なかなか割り切れない人も珍しくはないでしょう。嫌いな人と上手く付き合っていけないと、自分自身に相当なストレスをかけてしまいます。

 

ストレスが溜まってしまうと、仕事に行くことが嫌になったり、うつ病になったりと良いことはありません。嫌いな人と上手く付き合えないという人は、自分でストレスを発散させることを意識しましょう。

嫌いな人にやってはいけないこと

職場に嫌いな人がいることは当たり前のことだとご説明しました。そこで、嫌いな人がいる場合にやってはいけないことについてご紹介します。

仕事中に無視をする

嫌いな人と話したくないからといって、仕事中に相手を無視することはよくありません。無視をすると、嫌いな相手に「あなたのことは嫌い」と言っているようなものです。確実に、自分がどう思っているかが伝わってしまい、今後の関係に影響が出てしまうでしょう。

 

無視をされた方も、相手が自分のことを嫌っていることに気づきショックを受けてしまいます。「自分は何かしたのか?」「なぜ嫌われているのか?」などと悩んでしまい、最悪の場合、うつ病にさせてしまう可能性もあるため注意しましょう。

嫌がらせをする

相手のことが心の底から嫌いでも、嫌がらせをしてはいけません。具体的には、嫌いな人にだけ重要事項をわざと伝えなかったり、仲間はずれにしたりなどです。

 

自分が故意に悪事を働くと、訴えられたり異動させられたりと、自分が痛い目を見ます。また、相手の心を傷つけ、精神的に追い詰めてしまうことになるでしょう。そのような場合、先にも述べた通り、うつ病になってしまうこともあります。

 

さらに、自分が相手に嫌がらせをしている光景を見ている周囲の人たちから、「あの人は嫌がらせをする性格の悪い人」などと評価が下がることにもつながります。周囲からも見ていて気分の良いものではありませんので、嫌がらせを考えている人はすぐにやめましょう。

仕返しをする

もしも、嫌いになった原因が相手からの嫌がらせによるものだった場合、仕返しをしたくなる気持ちもわかります。しかし、仕返しをしては相手と同等のレベルだと証明してしまうこととなるのでやめましょう。

 

また、仕返しをしてしまった場合、周囲から見たら「やり返してて、子どもっぽい」などと評価されてしまうこともあります。今後、同じ会社で働いていく人は、仕返しをしないことがおすすめです。

SNSで悪口を言う

近年、SNSが急速に成長し、多くの方が利用しています。SNSの中には「自分のアカウントだから、自分の愚痴を吐き出しても良い」と考えている人も多いでしょう。

 

しかし、軽い愚痴程度ならストレス発散になるかもしれませんが、相手を特定できるような情報を書き込み悪口を書き込むことはよくありません。SNSは巡りに巡って本人がその書き込みを見てしまうことも考えられます。SNS上で自分の悪口を書き込まれていることを知れば、やはり相手は気分を害して、最悪の場合うつ病になってしまうこともあるかもしれません。

 

また、自分が投稿した誰かへの悪口を、大切な取引先の人が読んでしまうことも考えられますよね。「あそこの会社の社員は、同僚のことをSNSで悪く言っている」などと取引先との関係を壊してしまうケースもあるでしょう。SNSで嫌いな人の悪口を書き込まないようにしてくださいね。

嫌いな人の対処法

ここで、嫌いな人への対処法を5つご紹介します。

無関心でいる

嫌いな人には、無関心でいることを心がけましょう。無関心とは、その人の言動でイライラせずに事務的に接することです。相手への興味を捨て去り、ただ会話をして仕事を進めることに徹します。

 

相手への興味を持たないということですので、もしも休憩が重なり他愛もない会話をしなければならなくなった場合、相手への質問は一切しません。相手が話してくることに対して、興味がないことを気づかれない程度に「そうなんですね」「そうなんですか」などと軽く相槌を打っておきましょう。

 

相手からは「この人とは会話が盛り上がらないな」などと思われるかも知れませんが、自分が嫌いな相手ならば何を思われても構いませんよね。「無視≒避ける」ですので、心がけておきましょう。

最低限の距離感で接するようにする

嫌いな相手とは、最低限の距離感で接しましょう。最低限というのは、仕事に支障をきたさない程度を意味します。そのためには、嫌いな相手への共感をやめましょう。

 

具体的には、「私はお笑い芸人が好きなんだけど、あなたはどう?」などと嫌いな人から質問されたとします。しかし、自分がお笑いに興味を持っていようと、そこはもうプライベートな領域です。嫌いな相手にわざわざ自分のプライベートをさらけ出す必要はありません。

 

そこで、「私もお笑い芸人が好きです」などと共感を示すような回答をすると、「どの芸人が好きなの?」などと会話が続いてしまいます。一方、「私はお笑いには興味がありません」などとシャットアウトできれば、自分との共通点を見つけられずに済みますね。人間は共通点があると親近感を覚えるため、親近感を感じさせないように接しましょう。

仕事のこと以外は話さない

嫌いな相手とは、仕事に関する会話のみで構いません。気を使って「昨日のテレビ番組観ましたか?」などと会話を作らなくて良いのです。

 

ただし、相手から会話を振られた時には、適当に返事をしましょう。仕事の会話のみを意識しすぎて、相手から話しかけられたことを無視してはいけません。必要最低限の距離感を保って「友達」ではなく「職場の同僚」という認識を持ちましょう。そもそも職場には、誰かと仲良くなるために出勤しているわけではありません。与えられた仕事をこなして給与をもらうために出勤しているのです。

 

必要以上に人間関係を壊すことはありませんが、自分の嫌いな人と仲良くならなくても問題ありません。

嫌いな理由を考える

なぜ、その人のことが嫌いなのか、その理由を考えてみても良いでしょう。もしかしたら、自分が悪い可能性もあります。

 

・自分の仕事を相手に押し付けてしまったために、相手が気分を害して嫌がらせをしてくるようになった

・その人の陰口を言いふらしてしまった

・自分の気分が乗らない時に話しかけられて、冷たい態度を取ってしまった…etc.

 

このように、冷静になって考えてみると自分に非があるケースも見られます。嫌いな人のことをなぜ嫌いになったのかという原因を突き止めれば、解決方法が見えてくる場合もありますので試してみてください。

嫌いな人の長所を探す

嫌いな人の「長所」を探してみるのも一つの手段です。誰にでも良いところ・悪いところはあります。自分も気づいていないだけで、誰かから嫌われてしまっていることだってあるのです。嫌いな人の長所を見つけられれば、「案外いい人なんだ」などと嫌いではなくなることもあります。また、長所と短所がはっきりわかれば、反面教師にして学ぶことだってできます。

 

なお、短所とは裏を返せば長所にもなることをご存知ですか?例えば、以下のような例が挙げられます。

 

短所

長所

協調性がない

自分の意見をはっきり言える

優柔不断である

慎重な性格

マイペースである

自分で考え行動できる主体性がある

 

このように、短所と長所は言い換えることが可能です。そのため、嫌いな人の短所しか見つけられない場合には、長所に置き換えて考えてみましょう。

どうしても良好な関係が築けそうにないなら

本記事でご紹介したような対処法を試しても、嫌いな相手と良好な関係を築けそうにない場合には以下のような方法をおすすめします。

上司に相談する

まずは、上司に相談をしてみましょう。自分自身で何の対処法も試していない状態で相談してしまうと、「はじめに自分で関係を築いてみて」などと突っぱねられてしまう可能性があります。そのため、「対処法を試みてみた結果、良好な関係を築くことができません」と、自分の行動も一緒に述べることがおすすめです。

 

相手に非がある場合は、上司から注意してもらえるかも知れません。また、上司に状況を話して自分に非があったことに気づける可能性もあります。嫌いな相手との関係で悩んでしまうのなら、まずは上司に相談してみてくださいね。

異動届を出す

上司に相談することに抵抗がある方は、異動届を出すことも一つの方法です。異動届を出す際に理由を聞かれるかも知れませんが、正直に答える必要はありません。「他の部署でも経験を積みキャリアアップをしたい」などと述べておきましょう。

退職する

どうしても嫌いな人と同じ会社で働いていることが嫌だという方は、思い切って退職しましょう。多くの場合、会社には毎日出勤して嫌いな人とも顔を合わせます。顔を見るだけでもストレスを感じるようならば、自分の精神状態に悪影響を及ぼす可能性がありますので退職することもご検討ください。

まとめ

この記事では、職場に嫌いな人がいる場合の原因や対処法についてご紹介してきました。ご紹介した対処法を実践し、どうしても状況を変えることができない方は退職をおすすめします。

 

「人間関係が理由で退職しても大丈夫?」などと不安を抱えている方もいるかも知れません。しかし、転職サイトdodaの「前職からの転職・退職理由TOP10」というアンケート結果によると、「人間関係に対する不満」は第3位となっています。このように、多くの方が人間関係に悩み退職・転職しているのです。そのため、嫌いな人と一緒に働くことを我慢しなくても大丈夫です。思い切って転職してみましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


職場嫌いな人

最新の投稿


退職時の言い方が難しい…穏便に退職する方法と言い方の例!

退職時の言い方が難しい…穏便に退職する方法と言い方の例!

「退職したいけど言い方はどうしたら良いのだろう」と悩む人も多いでしょう。多くの人が穏便に退職したいと考えると思いますが、引き止められることも珍しくなく、スムーズに済ませるのはとても難しいですよね。今回は穏便に退職するための話の進め方、言い方の例を紹介します!


仕事をやりたくないは甘えじゃない!原因と対処法!

仕事をやりたくないは甘えじゃない!原因と対処法!

仕事をやりたくないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。やりたくない仕事を続けることにはメリット・デメリットの両方がありますが、やはり我慢しすぎるのは良くありません。記事では仕事をやりたくないと感じる原因と対処法を紹介するので、参考にしてみてください。


仕事辞めたいはうつ症状の発端!?うつの原因と対処法!

仕事辞めたいはうつ症状の発端!?うつの原因と対処法!

仕事を辞めたいと考え続けている人はうつの症状が出始めているのかもしれません。仕事を辞めたいという気持ちは甘えだと思う多いかもしれませんが、うつは精神疾患です。無理するのはよくありません。この記事ではうつになりやすい人の特徴や環境、対処法を紹介します。


入社しない方がいい会社の特徴・見極め方とブラック企業大賞!

入社しない方がいい会社の特徴・見極め方とブラック企業大賞!

入社しない方がいい会社の見分け方がわからず悩んでいる人も多いでしょう。日本には企業が数多くあるので見分けることは難しそうですが、実はそれほど難しいわけではありません。この記事では入社しない方がいい会社の特徴と見分け方、2019年ブラック企業大賞を紹介します。


12時間労働がきつい!12時間労働は違法ではないの!?

12時間労働がきつい!12時間労働は違法ではないの!?

12時間労働がきついんだけどこれは普通なの?と苦しんでいる人もいるでしょう。時々であればまだ耐えられるかもしれませんが、常に12時間労働だと心身ともにボロボロになってしまいます。この記事では12時間労働は違法なのか、疲れてしまった人のやるべきことを紹介します。