男社会をどのように生きる?男社会の特徴と生き抜くポイント!

男社会をどのように生きる?男社会の特徴と生き抜くポイント!

古くから男社会に悩まされる人は少なくないのではないでしょうか?上下関係に厳しかったり、明らかに理不尽な暗黙の了解が定められていたりと耐えられなくなる人は少なくありません。この記事では、男社会の特徴と生き抜くポイントを紹介していきます。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

男社会は古い?

「男性は仕事、女性は家庭」と言われることも少なくなり、世間では、伝統的な男社会は時代遅れとされるようになりました。しかし、古くからある会社では、まだまだ男社会は根深く残っています。ここで問題となるのが、男社会が薄れた環境で育った若者が社会に出て男社会を目の当たりにすることです。男社会に理解がない若者からすると、そのような組織は異質であるとしかいえないでしょう。この記事では、男社会の特徴から、生き抜くためのポイントまで詳しく説明しています。

男社会の特徴

上下関係が厳しい

上下関係とは、社会的地位が上のものと下のものの関係です。男社会では、組織の統率をとるために上下関係をはっきりとさせていることが多いです。上下関係がはっきりしていることでは無駄な争いごとは少ないかもしれません。しかし、新しい風が吹きにくかったり、社会的地位の乱用や社会的地位を獲得するための不正が行われる可能性があります。

結果が評価基準となる

男社会では結果が全てと言われるように数字で評価されることが多いです。そうすると、競争原理が働くのでシビアな環境となります。なので、体力やメンタルに自信がないと乗り越えることができません。

飲み会が頻繁に開催される

男社会では飲み会が頻繁に開催されます。さらに、上下関係が厳しい会社では飲み会への誘いを断ることもできません。そうすると、飲み会の席が苦手な人は耐えられなくなってしまいます。

女性のための職場環境が整っていない

男社会では女性が働きやすくなるための福利厚生が整っていません。例えば、女性が仕事と家庭を両立させるための就業体系を用意されていなかったり、産休休暇や育児休暇を取得することができない会社もあります。

男社会に馴染めない人が生き抜くためのポイント

男社会という縦社会を上手く生き抜くためには、気遣いというテクニックも必要になります。気遣いができなければ社内で苦労したり、出世コースから外されてしまうこともあるでしょう。

暗黙の了解を理解する

どの組織にも暗黙の了解というものがあります。例えば、乾杯の飲み物はビールで揃えたり、有給休暇は上司に気を使わなければいけないなどがあると思います。時に、理不尽で理解できないようなものもありますが、上下関係が厳しい男社会で生き抜くためには、守らなければいけないものとなります。ここで面倒なのは、組織の暗黙の了解は一般常識とは異なることもあります。なので、同僚に聞くなどして属している組織の暗黙の了解を知る必要があります。

イエスマンでいる

上下関係が厳しい男社会では、基本的に地位が上の人に逆らうことはできません。なので、上司に対して異論があったとしても口答えしてはいけない状態、いわゆる”イエスマン”を演じなければいけません。男社会では、イエスマンでいることが出世の条件だとされるほどです。

飲み会に参加する

仕事仲間との付き合いで飲み会は切っても切り離せないイベントと言えるでしょう。しかし、賑やかな飲みの席が苦手な人や飲み会に体力、時間、費用など多額のコストを支払うことに嫌気が差している人もいるかと思います。そのような人にとって、飲み会はストレスでしかありませんが、男社会で生き抜くためには飲み会に積極的に参加しなければいけません。

ゴルフを始める

ゴルフは、ビジネスにおいてコミュニケーションツールと言われるほど、上司、得意先、ビジネスパートナーとの関係性を深める有効な手段だと言われています。しかし、初期費用がかかる、休日が潰れるなどゴルフを楽しむことができない人にとってはデメリットも多いでしょう。また、上手くできなければ相手を楽しませてあげることができないので練習をする時間も必要になります。

男社会で働く女性

男社会で女性は働き続けることはできるのでしょうか?実際に、男女比が100:1というような男社会で働いている女性もいます。ここでは、男社会で過ごす女性のメリット・デメリットを紹介していきます。

男社会で過ごす女性のメリット

可愛がってもらえる

まず、男社会で生きる女性は珍しい存在になることができるので可愛がってもらえます。ちやほやされた経験などなかった人でも、男社会に入って甘やかしてもらえるようになったという話はよくあります。例えば、「女性なんだから残業しなくていいよ」と言ってもらえたり、「肉体労働はしなくていいよ」と他の男性社員が優しくしてくれることは珍しくないでしょう。


女社会より男社会の方が生きやすい

女性社会の特徴として、”集団行動を好む”や”陰湿である”などがあると思います。女性の中には、女社会より男社会の方が生きやすいと感じている人もいるのではないでしょうか?例えば、家庭よりも仕事を優先してバリバリ仕事をしたいというキャリアウーマンによくいます。男社会では良くも悪くも数字で判断されるため、陰湿な人間関係に気を使う必要がありません。



強く生きることができる 男社会で生きる女性は、慣れない実力社会、生活環境を耐え抜くことになるので強く成長することができるでしょう。生きることで訪れる様々な障害を乗り越えた人間は強くなります。

男社会で過ごす女性のデメリット

差別を受ける

まずは、女性差別を受ける可能性があります。例えば、女性はお茶だしなどの雑務をしなさいと言われたり、女性は管理職に向いていないなどのように、女性だからできないと決めつけられたり、女性とは仲良くできないと仲間外れにされてしまうこともあります。


悩みを相談できない

女性比率が少ない男社会では、同じ悩みを共有する仲間がいなくて困ることもあるでしょう。例えば、セクハラ被害に遭ってしまったとしても、同じ経験をすることのない男性には相談しにくいでしょう。


福利厚生が整っていない 女性への理解が少ない男社会では、産休休暇や育児休暇などの福利厚生が整っていません。また、生理などの理由で体調がすぐれない日でも休養をもらえないなど、理解のなさに困ることは少なくありません。


男社会に耐えられない

冒頭で説明した通り、男社会は時代遅れな文化となっています。耐えられないと感じたのであれば、あなたは男社会で生きることは向いていないのかもしれません。


しかし、この現状をネガティブに捉える必要はありません。これは、あなたがおかしいのではなく、日本社会が時代に追いついていないから起きている現象です。今後、男社会という考え方に捉われない人たちがマジョリティとなっていきます。

男社会脱出

男社会に耐えられなくなったのであれば、それ以外の社会へコミュニティを移すべきです。つまり、若い会社に転職することで解決することができます。

転職するなら転職エージェント
社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


男社会 女社会

最新の投稿


退職時の言い方が難しい…穏便に退職する方法と言い方の例!

退職時の言い方が難しい…穏便に退職する方法と言い方の例!

「退職したいけど言い方はどうしたら良いのだろう」と悩む人も多いでしょう。多くの人が穏便に退職したいと考えると思いますが、引き止められることも珍しくなく、スムーズに済ませるのはとても難しいですよね。今回は穏便に退職するための話の進め方、言い方の例を紹介します!


仕事をやりたくないは甘えじゃない!原因と対処法!

仕事をやりたくないは甘えじゃない!原因と対処法!

仕事をやりたくないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。やりたくない仕事を続けることにはメリット・デメリットの両方がありますが、やはり我慢しすぎるのは良くありません。記事では仕事をやりたくないと感じる原因と対処法を紹介するので、参考にしてみてください。


仕事辞めたいはうつ症状の発端!?うつの原因と対処法!

仕事辞めたいはうつ症状の発端!?うつの原因と対処法!

仕事を辞めたいと考え続けている人はうつの症状が出始めているのかもしれません。仕事を辞めたいという気持ちは甘えだと思う多いかもしれませんが、うつは精神疾患です。無理するのはよくありません。この記事ではうつになりやすい人の特徴や環境、対処法を紹介します。


入社しない方がいい会社の特徴・見極め方とブラック企業大賞!

入社しない方がいい会社の特徴・見極め方とブラック企業大賞!

入社しない方がいい会社の見分け方がわからず悩んでいる人も多いでしょう。日本には企業が数多くあるので見分けることは難しそうですが、実はそれほど難しいわけではありません。この記事では入社しない方がいい会社の特徴と見分け方、2019年ブラック企業大賞を紹介します。


12時間労働がきつい!12時間労働は違法ではないの!?

12時間労働がきつい!12時間労働は違法ではないの!?

12時間労働がきついんだけどこれは普通なの?と苦しんでいる人もいるでしょう。時々であればまだ耐えられるかもしれませんが、常に12時間労働だと心身ともにボロボロになってしまいます。この記事では12時間労働は違法なのか、疲れてしまった人のやるべきことを紹介します。