部下の退職は止められる?その時に上司が取るべき行動とは!?

部下の退職は止められる?その時に上司が取るべき行動とは!?

部下から退職の申し出があった時、上司はどのように対応するのが良いのでしょうか?退職するからといって強引に引き止めると会社のイメージが下がる可能性があります。この記事では、退職を切り出された時に上司が取るべき行動を紹介していきます。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

管理職として働いていれば、部下から退職の申し出をされることもあると思います。そんな時、強引に引き止めるようなことはをしてはいけません。管理職なら、部下の退職理由を聞き他の社員が同様の理由で退職しないよう対策するべきでしょう。このように部下の退職時の対応によって、管理職として資質が問われます。そこで、部下が退職を申し出た時に上司が取るべき対応方法を紹介していきます。

部下が退職する理由

正当な評価を受けられないから

優秀な部下ほどすぐ辞めるという話を聞いたことがありませんか。多くの日本企業では年功序列で給料が決まり、年齢を重ねていくと役職を任せられるようになります。もちろん例外として、能力や実績などが考慮されて若いうちから出世する人もいますが、いまだに多くの会社では年齢が出世するための大きな基準となっています。


年功序列が出世の基準だと、優秀な若手が出世できない可能性が出てきます。そうすると、優秀な若手は自分の実力に見合った評価をする会社を求め転職します。


社内で優秀と言われている、売上面で会社に大きく貢献していたり、メンバーを引っ張るようなマネジメントができる人は、社内で一握りの存在ではないでしょうか。そんな人が退職するとなれば、部署全体に大きく影響を及ぼしてしてまうかもしれません。優秀な若手は年齢に関係なく、能力に見合った評価をしなくてはいけません。

仕事のレベルが合っていないから

同じ会社の社員でも、それぞれできる仕事の量やレベルが違います。例えば、部下のスキルレベルが高くても会社がそれに合った仕事を任せることができなければ、退屈をしてしまうでしょう。スキルが高い人同士で仕事をすれば互いに競い合い切磋琢磨できるかもしれませんが、一人だけスキルが高くて周りが付いてこられないようになると、社内で浮いてしまうため辞めてしまうきっかけとなるでしょう。


スキルが高く常に成長したい人は、同じような仕事を同じようなメンバーで行う変化のない仕事を退屈に感じやすいです。周りに合わせようとして仕事が遅くなってしまったり、自分より成長意欲が低い人と接することが自分の成長に繋がらないと感じると辞めたいと思うようになります。

向いていない仕事を任せられているから

人によって仕事の向き不向きがあります。例えば、機械的に一つの仕事を黙々と続けるのが好きな人は、データの入力などの単純作業が向いています。一方で、人と話すが好きでコミュニケーションを取るのが得意な人は、新規開拓の営業などが向いています。このように人によって向き不向きはありますが、必ずしも向いている仕事に就けるわけではありません。特に、若手の人は会社から言われた仕事をすることをこなすだけになることも少なくありません。そうして、向いていない仕事ばかりを任せられるようになり、退職したいと考えるようになることがあります。

転職してスキルアップを目指そうとするから

一つの会社に縛られることなく、転職しながらスキルアップ目指す人が増えてきています。同じ会社に居続けれると限られたスキルしか身につかないからです。優秀な社員ほどこの会社で新たなスキルを身につけることができないと感じた場合は、自分のキャリア形成の為に転職していきます。

部下の退職サインとは

口数が減る

部下が退職を考えている時のサインはいくつかあります。そのサインに気づくことができれば部下の退職を防ぐことができるかもしれません。それでは、具体的にどのようなサインがあるかを紹介していきます。


まず1つ目は、「口数が減る」兆候です。元々あまり喋る方ではない場合は、退職のサインではないかもしれませんが、普段はムードメーカータイプでよく喋る人が急に喋らなくなるのは、退職サインの可能性があります。なぜ、無口になってしまうかというと悩み事で頭がいっぱいになり口数が少なくなってしまうからです。いつもと違うようなところに異変に気づいた時には、話を聞くようにしてみてください。

悩みを言い出す

人は悩んだ時に、誰かに相談したいと思います。その悩みがポロッと口から溢れている場合は、部下が退職をしようとしている可能性があります。普段は弱音を吐かないような部下が、悩み事を誰かに話したくなっているのではれば退職サインかもしれません。普段言わない悩みやネガティブなことを言うようになった場合は、何か心境の変化があったり会社のことで悩んでいる可能性が高いので話を聞くようにしましょう。

定時直後に帰宅する

今まで残業していた人が、定時に帰宅するようになった場合は帰宅しなければいけない理由ができたと考えるのが良いと思います。例えば、転職活動をするために定時に帰宅しているかもしれません。仕事を続けていくと決めた人は、その会社で結果を残そうと残業をしてでも仕事をしようとしますが、辞めると決めた人にとっては今の会社で結果を残す必要はありません。次の転職先を見つけて、転職先で必要なスキルや知識を得ようとするでしょう。定時になったらすぐに帰るようになった場合は、退職しようとする可能性が高いです。

部下が退職を申し出た時に上司が取るべき行動

面談時間を設ける

部下が退職を申し出た時は、信頼できる上司と思われるような行動をしましょう。そうすることで、部下の仕事への不満や退職したい理由を正直に話してくれるからです。そのためにまずは2人きりで話す面談時間を設けるようにしましょう。なぜ会社を辞めるのか、それは業務内容が原因かそれとも人間関係の問題なのかなど、辞めたい思う理由を聞く時間を作りましょう。

悩みを解消できないか考える

部下が退職の申し出をしたときに上司ができることは、そう多くはありません。民法上、労働者は退職を申し出てから2週間で退職できる権利があるので、上司が引き止めようとも部下は退職することができるからです。しかし、退職の原因を解消してあげられないか一緒に考えることはできます。部下が抱えている問題を解消できれば、退職を考え直してくれるかもしれません。まずは部下に寄り添うことが大切です。


もし、部下が退職を考え直さないとしても、辞める理由が分かればその課題を解決することで、その後の退職者を減らすことができるかもしれません。例えば、会社組織に問題があり辞めるということであれば、同じような理由で会社を辞める人は今後も出てくるでしょう。そうならないように、退職する理由をヒアリングすることが大切です。

引き止める

退職の申し出をした部下を引き止めることは、必ずしも悪いことではありません。むしろあっさり退職させてしまうと、部下は自分が退職しようがどうでもいいと思ってしまいます。もちろんやりすぎはよくないので、部下のことを気にかけながらもう一度考え直してもらえないかと伝えましょう。それでも難しい場合には、気持ちよく送り出すのが良いと思います。引き止められなくても退職後、すぐに会社に戻ってきてくれるかもしれません。引き止める際は部下のことを考えて行動するようにしましょう。

上司がやってはいけない行動

強引な引き止め

上司の中には退職者を強引に引き止めようとする人がいます。例えば、「後任が見つかるまで退職させない」「退職届を受け取らない」などをして強引に引き止めるそうです。このような行為は、労働者の退職の権利を侵害している可能性があります。また、退職者を強引に引き止めようとすればするほど、会社の悪い評判が社外に伝わり良い人材からの募集が減ってしまうかもしれません。強引な引き止めは、会社にとってマイナスになることが多いのでするべきはありません。

頭ごなしに叱る

部下から退職を切り出され時に、頭ごなしに叱ってはいけません。信頼する部下であればあるほど熱くなってしまうかもしれませんが、退職することは労働者の権利なので、叱ったところで退職を引き止めることはできません。ましてや、強引に退職を引き止めればパワハラなどで会社が訴えられる可能性があります。退職者を過度に叱ったり追い詰めたりしないようにしましょう。

退職者に冷たく接する

退職を決めた人に冷たく接する人がいますが、それはやってはいけません。もし自分が将来、退職するとなった時にも同じように冷たくされてしまいます。自分がされて嫌なことはしないほうが良いでしょう。冷たくしても退職する事実は変わりらいので、いつも通り接するようにしましょう。

退職を決めた人に冷たく接する人がいますが、それはやってはいけません。もし自分が将来、退職するとなった時にも同じように冷たくされてしまいます。自分がされて嫌なことはしないほうが良いでしょう。冷たくしても退職する事実は変わりらいので、いつも通り接するようにしましょう。

退職する部下へ贈る言葉

退職祝いをプレゼントする

部下の退職意思が固く、引き止める余地がない場合は、気持ちよく送り出して上げましょう。強引に引き止めても、退職を改めることはないでしょう。そうして一番良いのは退職祝いをプレゼントすることです。相手はプレゼントを貰えれば、間違いなく嬉しいです。


退職日今まで働いてくれたことの感謝の印として、プレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。相手が必要なものを買ってみてはいかがでしょうか?

部下にメッセージを贈る

部下が退職する時にはメッセージを贈るのが良いでしょう。メッセージを受け取った方は嬉しいものです。門出の言葉を送り気持ちよく退職できるようにしてあげましょう。

贈る言葉の例文

退職者にはどのような言葉を送れば良いのか悩みますよね。労いの言葉をかけようと思ってはいるけれども、どう言えばいいか分からないと思っている人が多いと思います。そこでシチュエーション別に、相手に喜ばれるメッセージを紹介していくので、参考にしてみてください。

優秀な部下が辞める時


今までお疲れさまでした。若いうちから結果を出す〇〇を見て、自分も頑張らければと思いました。次の会社でも〇〇らしく、頑張れ!


ムードメーカーの部下が辞める時


今までお疲れ様!〇〇はチームに元気がなくなってしまった時でも、常に明るく皆を引っ張ってくれました。今のチームがあるのは、〇〇のおかげです。ありがとう!


悩み続けた部下が辞める時


〇〇が悩み抜いて決めた決断を応援する!全然力になれなかったけど、ずっと応援してる!


あまりコミュニケーションが取れなかった部下が辞める時


入社してすぐにバタバタしてしまって、丁寧に教えることができなかった。それでも入社してからバリバリ活躍する〇〇は凄いと感じていたよ。今までお疲れ!


新卒で入ってきた部下が辞める時


〇〇が新卒で入ってきてもう5年か!この5年で、もの凄く社会人としても人間としても成長したと思う。新天地での活躍を期待している!

やってはいけないメッセージ

メッセージを相手に贈れば基本的に喜ばれますが、そうではない場合もあります。それはどんな時かというと、相手の気持ちを無視してメッセージを送った時です。


軽いメッセージ


おつかれ、次もがんばれ!


転職を否定するメッセージ


転職するのは難しいと思うけど頑張れ!


嫌味を入れるメッセージ


もう少し辞めるなら早く言ってほしかった。

でも色々悩んで決めたことだろうから、新天地でも頑張れ!

まとめ

いかがだったでしょうか?


部下から退職の申し出があった時にすべき上司の行動について紹介しました。 


上司にとって部下のマネジメントは重要な仕事の一つです。だからこそ、部下に退職を切り出されたら悲しくなったり、時には熱くなったりしてしまうこともあると思います。


しかし、退職することは労働者に認められた権利なので、その事実を変えることはできません。上司ができることは、部下に気持ちよく退職してもらい、同じような退職理由で辞める人を減らすようなマネジメントしていくことです。


ご覧いただきありがとうございました。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


退職 部下

最新の投稿


退職時の言い方が難しい…穏便に退職する方法と言い方の例!

退職時の言い方が難しい…穏便に退職する方法と言い方の例!

「退職したいけど言い方はどうしたら良いのだろう」と悩む人も多いでしょう。多くの人が穏便に退職したいと考えると思いますが、引き止められることも珍しくなく、スムーズに済ませるのはとても難しいですよね。今回は穏便に退職するための話の進め方、言い方の例を紹介します!


仕事をやりたくないは甘えじゃない!原因と対処法!

仕事をやりたくないは甘えじゃない!原因と対処法!

仕事をやりたくないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。やりたくない仕事を続けることにはメリット・デメリットの両方がありますが、やはり我慢しすぎるのは良くありません。記事では仕事をやりたくないと感じる原因と対処法を紹介するので、参考にしてみてください。


仕事辞めたいはうつ症状の発端!?うつの原因と対処法!

仕事辞めたいはうつ症状の発端!?うつの原因と対処法!

仕事を辞めたいと考え続けている人はうつの症状が出始めているのかもしれません。仕事を辞めたいという気持ちは甘えだと思う多いかもしれませんが、うつは精神疾患です。無理するのはよくありません。この記事ではうつになりやすい人の特徴や環境、対処法を紹介します。


入社しない方がいい会社の特徴・見極め方とブラック企業大賞!

入社しない方がいい会社の特徴・見極め方とブラック企業大賞!

入社しない方がいい会社の見分け方がわからず悩んでいる人も多いでしょう。日本には企業が数多くあるので見分けることは難しそうですが、実はそれほど難しいわけではありません。この記事では入社しない方がいい会社の特徴と見分け方、2019年ブラック企業大賞を紹介します。


12時間労働がきつい!12時間労働は違法ではないの!?

12時間労働がきつい!12時間労働は違法ではないの!?

12時間労働がきついんだけどこれは普通なの?と苦しんでいる人もいるでしょう。時々であればまだ耐えられるかもしれませんが、常に12時間労働だと心身ともにボロボロになってしまいます。この記事では12時間労働は違法なのか、疲れてしまった人のやるべきことを紹介します。