嫌な仕事から逃げるのはアリ?嫌な仕事を任される理由と対処法!

嫌な仕事から逃げるのはアリ?嫌な仕事を任される理由と対処法!

会社員として働いていれば、嫌な仕事を任されることもあると思います。特に若手の頃は、面倒な雑務や肉体労働などの仕事を振られることは少なくないでしょう。この記事では、嫌な仕事を振られた時の対処法について紹介してきます。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

会社員として働く以上、嫌な仕事であったとしてもしなければいけないことは多々あると思います。しかし、嫌々仕事を続けているとモチベーションを維持できなくなり、長期的に成果を上げることは難しいでしょう。それでは、嫌な仕事を振られた時どのように対処すれば良いかを解説していきます。

会社員は嫌な仕事をしなければいけない時がある

会社員として働けば毎月の給料が保証される代わりに、会社からの業務命令に従うことになり、仕事選びの自由度は下がります。時にその命令は、自分の意思とは反することや面倒なことの場合もあるでしょう。それを耐えられる人もいますが、中には辛く耐えられず退職する人もいます。会社員として働くのであれば、嫌な仕事にも取り組む必要があると覚悟しなければいけません。

嫌な仕事の例

雑務

雑務と言われている書類管理、買い出し、掃除などはできればやりたくない仕事の代表例です。しかし、心の中ではやりたくないと思っていても、若手のうちは上司から雑務をするよう命令されることが当たり前のようにあると思います。


また、一日中パソコンに向き合いデータの入力をしたり、会社の備品を購入しにいったりと、本来の業務以外のことをすることも度々あるのではないでしょうか。それが楽しい感じる人もいますが、自分のしたい仕事がある人にとっては雑務に掛ける時間は無駄だと感じるかもしれません。

自分の能力に合っていない仕事

自分の能力にあっていない仕事も嫌な仕事だと言えます。能力以上の仕事を任されると負担が重くストレスになってしまいます。反対に、能力以下の簡単すぎる仕事ばかり任されても、モチベーションを維持することが難しくなり退屈に感じてしまうでしょう。

ミスの後始末

管理職などの組織の責任者になると自分のミスではなかったとしても、組織の代表として責任を取り取引先やお客様へ謝罪しなければいけないこともあります。そんな時「自分がミスしたわけではないのに、どうして自分が謝らければいけないのだろう」と不満に思うかと思います。組織の責任者である以上、謝罪という誰もが嫌がる仕事もこなさなければなりません。

⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

嫌な仕事を任されやすい人

中小企業で働く人

社員数が多ければ仕事を一人ずつ分けて、それぞれ自分の業務さえすれば会社は成り立つかもしれません。しかし、社員数が少ない中小企業では、一人が何役も仕事をこなさなければ成り立ちません。そうすると、したくもない仕事をしなければいけない人が出てきます。中小企業は人が少ない分、誰かが埋め合わせをしなくてはいけないのです。

若手

大多数の企業では年上の社員の意見の方が通りやすいです。その結果、若手は上司が決めた仕事を言われた通りこなすだけになってしまい、仕事への興味を失ってしまいます。命令された仕事を続けても、仕事に対して当事者意識を持つことができないので、責任感も感じず中途半端な気持ちで仕事を取り組むことになります。上司の人は若手の意見にも耳を傾け、良いものは良いと評価してあげることが大切です。

仕事ができる人

周りより仕事ができるからこそ、嫌な仕事を任されることがあります。周りから仕事ができると思われると、あれもやって、これもやってと仕事を振られるからです。いくら仕事ができるからといって、自分のキャパシティを超えてしまえば、仕事が雑になったり、期限に終わらなくなってしまいます。優先順位が低く自分がしなくてもいいと思った仕事については、引き受けないようにすることも大切です。

仕事を断れない人

完璧主義な人や真面目すぎる人に多い、頼まれた仕事を断ることができないという人もいます。嫌であることを主張して断らなければ、何でも引き受けてくれる人として次々と仕事を依頼されてしまいます。仕事を引き受けるラインをしっかりと設定して断る勇気を身につけることも大切です。

嫌な仕事を押し付ける人の特徴

仕事が遅い人

社内に1人は嫌な仕事を押し付けてくる人がいるのではないでしょうか。例えば、事務手続きや、クレームの処理などを押し付けてくる人です。その人の特徴の1つは仕事が遅いです。自分の仕事が終わらないので、人に押し付けます。仕事が遅い人がいると、その分の仕事を誰かが肩代わりしなければなくなるので、業務量のバランスを再調整する時間と工数が余計にかかってしまいます。

他人任せな人

嫌な仕事を他人任せにする人はいませんか。そのような人は、心の中で誰かがやってくれるだろう、自分にはできっこないからと人に任せようと考えています。人任せの人がいると、結果的に他の社員の仕事量が増えてしまうので、その人に合った仕事内容や仕事量かを確認し調整するようにしましょう。

すぐに逃げる人

ミスを極度に怖がり嫌な仕事からすぐに逃げる人がいます。そのような人は壁にぶつかると、妥協して仕事を投げ出してしまいます。そんな人には仕事の当事者を持つように、簡単な仕事からできるようにさせて成功体験を積み重ねるようにすることが良いでしょう。徐々に逃げ出さずに向き合って仕事に取り組みだし、意外と自分でもできると気づくことができるかもしれません。

嫌な仕事をしない方が良い理由

パフォーマンスが上がらない

嫌々仕事をしてもパフォーマンスは上がりません。そもそも脳は面倒くさい仕事を拒絶するようにできているので、パフォーマンスが上がらなくて当然です。仕事のパフォーマンスが上がらなければ周りに評価されることもないので、結果的に更にパフォーマンスが下がるという悪循環に陥ってしまいます。


世の中にはたくさんの仕事があります。その中から、わざわざ嫌な仕事を選ぶ必要はありません。自分が興味をもったり、したいと思った仕事をすればいいのです。私達は職業を選択する自由をもっているので、誰かから仕事を強制的にやる必要はありません。

ストレスを抱え鬱病になるリスク

心の中で嫌だと思いながら仕事を続けていると、心理的ストレスを抱えたまま仕事をすることになります。そのような状態では良い仕事は出来ません。また最悪の場合、ストレスが原因となり鬱病になることもあります。一度、鬱病になると長期間休業することになったり、鬱病になりやすくなるなど多くのリスクが伴います。

肉体的、精神的にも疲労しなくなる

人が嫌がる肉体労働や細かい作業が必要な仕事、緊張状態が続く仕事は、肉体的にも精神的にも疲弊しやすいです。疲労は睡眠障害や生活習慣病の原因となることがあるので、嫌な仕事を続けるのは健康的とは言えません。嫌な仕事から開放されれば、そのような疲労を抱えることもなくなります。体に異変を感じたり、ちょっと疲れすぎていると感じた場合は、嫌な仕事から逃げるようにしましょう。

重要な仕事に集中できる

いくつか仕事を抱えていてその中に一つでも嫌な仕事があると、そこに意識が集中してしまいます。その結果、重要な仕事に集中できなくなりパフォーマンスが下がってしまうこともあります。仕事においてメンタルやモチベーションは非常に大切なので、嫌な仕事に集中していると良いパフォーマンスはできません。


常に最前線で戦っているアスリートやビジネスマンは、嫌な仕事は極力せず高いモチベーションで取り組める自分の得意なことで結果を出しています。このように嫌な仕事から逃げるメリットとして、自分の能力を最大限出せる部分に集中できることが挙げられます

嫌な仕事をする時の対処法

嫌な仕事を引き受けない

嫌な仕事を任されやすい人の特徴に、仕事を断ることができない人があります。仕事を任される従業員であっても、嫌な仕事に対して意見を言う権利くらいあるでしょう。担当している仕事が嫌でストレスが溜まっている場合は相談からでも良いので上司に伝えてみると良いでしょう。負担を減らすように動いてくれるかもしれません。

仕事をゲーム感覚でやる

嫌な仕事を振られた時のの対処法として、ゲーム感覚で仕事をするのがおすすめです。一つの仕事を終えるごとに、一つのステージをクリアした、と思えば仕事が楽しくなりますし、全てのタスクを洗い出し、終わったものから丸を付けていけば、見返した時に達成感が味わえます。


また、単純な作業が続く時は同僚とスピードを測って仕事をすれば競争意識を持ちながら仕事ができるので、仕事が楽しくなるのではないでしょうか。

嫌な仕事は最初に片付けてしまう

嫌な仕事に対してはモチベーションが上がりませんよね。その対処法として、嫌な仕事は一番先に片付けてしまうのがおすすめです。仕事でtodoリストを作っている人は、その一番上に嫌な仕事をいれて、すぐに終わらせてください。そうすると、それ以降の仕事は気分良く仕事をすることができます。

休業する

どうしても嫌な仕事をしたくない場合は、休業することも1つの選択肢です。あなたが会社を休んだら誰かがその仕事をすることになるので、多少の迷惑はかかるかもしれません。しかし、無理に出社して仕事に復帰できないほど精神的に疲弊するよりは良いのではないでしょうか。

会社を辞める

嫌な仕事を長期間しなければいけない期間が続く場合は、退職を考えてみてください。嫌だと思いながら仕事を続けても成果を残すことができなければ、心身に負担をかけることにもなります。その会社では、どうしても嫌な仕事による負担を改善することができなかった人でも、転職することであっさり解決できることもあります。今の環境がベストでないと感じている人は、退職を選択肢の一つにしてみてください。

嫌な仕事を乗り超えるメリット

成長を実感

嫌な仕事をすることは全く意味がないということではありません。例えば、雑務をこなせるようになったり自分の能力より高い仕事ができるようになれば、できる仕事の幅が広がったと成長を実感するでしょう。振り返ってみると厳しい仕事をやりきった時に、成長を感じたとという人も多いのではないでしょうか。自己成長を感じたい人は、嫌な仕事に積極的に取り組むのが良いと思います。

スキルが身につく

短期間で身につくスキルは、他の人もすぐに身につくので価値はありません。しかし、長期間かけて身につけたスキルは、他の人は簡単には真似できないので価値があります。突出したスキルを身につけるためには、努力と時間が必要不可欠です。嫌だと思っても我慢して続けることにより、簡単に人が真似できないスキルを身につけられるのが、嫌な仕事をするメリットの一つです。

将来部下の気持ちがわかる

上司に嫌な仕事を振られると、気分は良くないですよね。将来自分に部下ができた時に、嫌な仕事を任される部下の気持ちを理解していれば、安易に仕事を振るようなことはしなくなります。自分と同じような経験はさせないと思い行動することで、部下はあなたについていきたいと思うではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか?

嫌な仕事を任された時の対処法について紹介しました。


もし、嫌な仕事を振られた時は以下のような対処法をしてみてください。


・嫌な仕事を引き受けない

・仕事をゲーム感覚でやる

・嫌な仕事は最初に片付けてしまう

・休む

・会社を辞める


最後まで読んで頂きありがとうございました。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


嫌な仕事

最新の投稿


周りを明るくする女性って素敵!そんな女性になる方法とは?

周りを明るくする女性って素敵!そんな女性になる方法とは?

あなたの職場や学校にも、いるだけで雰囲気が和んだりポジティブな気持ちになったりするような、周りを明るくする女性が一人くらいはいるのではないでしょうか。このような女性はとても素敵ですよね。この記事では周りを明るくする女性の特徴やなり方を紹介します!


うまくいかないことばかりの人生を成功に導く秘訣とは!?

うまくいかないことばかりの人生を成功に導く秘訣とは!?

人生うまくいかないことばかり。そんな風に悩んではいませんか。うまくいかない人生を良くしていきたいと思っているけれど、どう行動すれば良いかわからないと思っている人も多いと思います。この記事では、人生がうまくいっていないと感じた時の対処法について紹介していきます。


仕事が覚えられない!?今すぐ覚えられる3つのコツを紹介!

仕事が覚えられない!?今すぐ覚えられる3つのコツを紹介!

仕事が覚えられないと悩んだ経験はありませんか。特に入社して間もない時期は、業務に関する知識も仕事の進め方も分からないので、仕事を覚えるのに苦労したのではないでしょうか。この記事では、仕事が覚えられない際の対処法を紹介するので参考にしてみてください。


自分の殻を破れない人理由とは?一歩踏み出すためにできること!

自分の殻を破れない人理由とは?一歩踏み出すためにできること!

自分の殻を破れたら…一歩踏み出す勇気があれば…のように何かに挑戦しようと行動を起こす時に躊躇ってしまう人は少なくないでしょう。しかし、多くの著名人の名言として残るように自分の殻を破って行動を起こすことは成功の鍵となります。この記事では、自分の殻を破ることのメリット・デメリットを詳しく説明します。


今の職場の雰囲気が合わないかも!?退職を考える判断基準!

今の職場の雰囲気が合わないかも!?退職を考える判断基準!

職場が合わないかもしれないと思い悩んでいませんか?仕事にやりがいを感じることがなかったり、ストレスを感じていると今の仕事があっていないのではないかと不安になることがあると思います。しかし、一時の感情で転職を決断することもできないでしょう。この記事では、職場が合わないと感じた時の対処法を紹介します。