退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に、ほとんどの人が有給休暇が残っていると思います。その際に、全て有休消化してしまおうか迷いますよね。特にお世話になった会社や退職ということで迷惑をかけてしまう上司に強気で交渉できない人は少なくありません。この記事では、退職時の有休消化について詳しく説明していきます。

社会人にオススメYoutube動画
⬇︎『鬼滅の仕事人』⬇︎


「そもそも有給休暇ってなに?」「退職するのに残っている有給休暇を消化したい」などと、有給休暇について疑問を抱えている人も多いでしょう。日本人は遠慮してしまう傾向があるため、「退職することで会社に迷惑をかけるのに、有給消化なんて認めてもらえない」などと思い込んでしまっているかもしれません。しかし、残っている有給休暇をすべて使い切ることは正当な権利です。今回は、退職時の有給消化について詳しく解説していきます。

有給休暇とは

まず、有給休暇について詳しく解説していきます。

有給休暇

有給休暇とは、正式名称「年次有給休暇」と言います。有給休暇は、労働基準法によって定められた条件を満たしていれば、1年ごとに一定の日数を与えられるというものです。有給休暇を取得して休日にした日は、給料が減らされることはありません。つまり、「有給=給料が有る」休暇を意味しています。

 

有給休暇は、基本的には労働者が取得のタイミングを選ぶことができます。そのため、労働者が会社に対して「この日を有給休暇にしてください」とお願いした場合、会社は断ることはできません。

 

しかし、例外があり、会社側が「この日を有給休暇にしたら業務に支障が出る」などと判断した場合は、会社が労働者に対して「時季変更権」を行使できます。この時季変更権は、あくまでも有給休暇を取得する時期をずらす権利ですので、労働者に対して有給休暇を取得させなければなりません。

有給休暇の取得条件

それでは、労働基準法で決められている有給休暇を取得する条件を確認してみましょう。

 

【有給休暇の取得条件】

・雇用開始日(入社日)から、継続して6ヶ月以上勤務している

・決められた出勤日の8割以上を出勤している

 

これは前述の通り、労働基準法で定められているため、勤める会社によって有給休暇を取得できる条件が変わるようなことはありません。もし、上記の条件を満たしているにもかかわらず有給休暇をもらえない場合は、会社が法律違反をしているため労働基準局などの然るべき機関に相談しましょう。

 

また、勤続年数が長くなればなるほど、1年ごとに与えられる有給休暇の日数は以下のように増えていきます。

 

勤続年数

6ヶ月

1年半

2年半

3年半

4年半

5年半

6年半

有給休暇の日数

10日

11日

12日

14日

16日

18日

20日

 

1年ごとに付与される有給休暇の最高日数は「20日」です。そのため、例えば勤続6年半の人も勤続10年の人も、毎年20日間の有給休暇が付与される仕組みになっています。

有給休暇の計算方法

有給休暇で休んだ日の給料はどのように計算されているのでしょうか。計算方法は全部で3種類あり、どの方法を使用しているかは会社によって異なります。詳しくは、就業規則で確認してくださいね。

 

計算方法

詳細

平均賃金

過去3ヶ月間の労働者の給料を、労働日数で割って算出します。2種類の公式があり、どちらか高い金額が適用されます。

・過去3ヶ月間の給料合計÷過去3ヶ月間の労働日数合計

・(過去3ヶ月間の給料合計÷過去3ヶ月間の労働日数)×0.6

通常賃金

「有給休暇を取得する日の労働時間×時給」で算出します。

主に1日の労働時間が決まっている会社で使われることの多い計算方法です。

標準報酬月額

健康保険法の標準報酬月額で計算する方法です。この方法を使用するには、労働者と会社で「労使協定」を結んでおかなければなりません。あまり使用されない計算方法です。

有給を消化しないのはもったいない

よく「有給消化をしにくい雰囲気だから取得しないで退職する」「有給休暇はすべて消化してから辞められるの?」などと考え、有給を消化せずに退職してしまう人も多いです。しかし、給料をもらいながら休日を過ごせる有給休暇の取得は労働者に与えられた権利ですから、消化せずに退職してしまうのは非常にもったいないですよね。

 

有給休暇は、その会社に在籍中に与えられる権利なので、退職してしまってから消化したいといってもできません。また、与えられた有給休暇にも有効期限が設けられています。有給休暇の有効期限は「2年間」です。つまり、退職するつもりはなく有給をためていても、2年間が過ぎてしまえば消滅してしまいます。消滅する前に、有給休暇を取得しましょう。

退職前に有給消化はできるのか?

次に、退職が決まってから残っている有給休暇をすべて消化できるのかについてご説明していきます。

有給休暇の取得は労働者の権利

先にもご説明した通り、有給休暇の取得は「労働者の権利」です。取得するタイミングも基本的に自由に選べます。さらに、なぜ有給休暇を取得したいのかという理由をいう必要はありません。もし、取得を申請した際になぜかと問われた場合は、「退職に伴う有給消化です」などと述べておきましょう。

会社は退職前の有給申請に対して時季変更権を利用できない

基本的には好きなタイミングで取得できる有給休暇ですが、前述の通り会社側は「時季変更権」を持っています。しかし、この時季変更権は、退職前の有給消化には利用できない決まりです。

 

そのため、残っているすべての有給休暇を退職前に消化することに、全く何の問題もありません。有給休暇を取得する日は自由ですので、例えば以下のような取得の仕方があります。

 

【有給休暇が10日残っている場合(3月31日が退職希望日・土日が休業の会社)】

・3月31日から逆算して(土日は有給休暇を使わずに、通常通りの休み)、3月18日から有給消化に入る→この場合には、3月17日が最終出勤日になるため、その日までに引き継ぎや挨拶を済ませておくと良い

 

・3月31日が希望退職日なので、その日は出勤して最後の挨拶をしたいという人は、31日を通常通り出勤にすればよい。→3月17日から有給消化に入るようにずらすのも良い

 

退職までに日数の余裕がある場合は、会社から「この日は人がいないため出勤してくれないか?」などの相談を受ける場合があります。出勤できるのであれば出勤して、他の日に有給休暇をずらしてもらいましょう。ただし、会社は時季変更権を行使できませんので、もしも出勤が無理なようならきっぱりと断りましょう。

退職前に有給を申請するタイミング

退職前の有給消化を申請するタイミングは、「退職意思を伝える時」がおすすめです。有給休暇の残日数が多ければ多いほど、すべての有給消化をさせることは会社にとって大変なことです。しかし、取得する権利があるため当然すべてを消化したですよね。

 

退職の意思を伝えると同時に「残りの有給休暇があと◯日あり、それをすべて消化したいです」とはっきり伝えましょう。そして、希望退職日などを話し合うあたりで、有給消化のスケジュールも話し合うようにしておくとスムーズに進みます。

退職前に有給を消化できない理由

マイナビがインターネットリサーチを利用してアンケートを行ったところ、20〜39歳の公務員・会社員113人のうち、「退職時にすべての有給消化ができたか?」という質問に対して「はい47.8%、いいえ52.2%」とすべて消化できていない方が多いという結果になりました。(参考:マイナビ転職

 

有給消化をする権利があるにもかかわらず、なぜすべての有給を消化できなかったのか、その理由を4つ挙げてみましょう。

有給申請しにくい雰囲気がある

もともと、有給休暇を自由に取得させてくれないような会社に勤めている場合、退職時にすべて有給消化したいと言い出せないという人が多いです。そして、このように有給休暇を自由に取得させてくれないような会社は、決して珍しくはありません。また、これまでの退職者の多くが有給消化せずに退職していっている状況では、「自分はすべて消化したい」と言い出しにくいようです。

退職までの仕事が忙しすぎる

退職を申し出てから退職希望日までの期間が短く、引き継ぎなどの仕事が忙し過ぎて有給休暇を取得している場合ではないという人もいます。そうならないためにも、退職意思や有給消化したい旨を早めに伝えられると良いですね。

転職先への入社日が早かった

転職先から「できるだけ早めに入社してほしい」などとお願いされていては、ゆっくり有給消化していられないという人もいます。転職先が有給消化を待ってくれる会社ならばそのようなことはありませんが、例えば新入社員と同じ入社日にしたいなどで入社日を指定してくることもあります。このように、在職中の会社の都合ではなく、次の転職先の都合によっても有給消化できないケースもあるため注意が必要です。

有給消化できることを知らなかった

「退職時に有給消化できるなんて知らなかった」という人も珍しくはないでしょう。普段から有給休暇についてあまり興味もなく、どんな制度なのかも曖昧にしか理解していない場合、取得できるのに取得しないで退職していってしまう人もいるのです。

 

給料が出ながら休日を楽しめる制度ですので、すべて有給消化しなければもったいないです。きちんとどんな制度なのかを理解して、すべてを使い切って退職しましょう。

退職前にトラブルなく有給消化するためのポイント

退職前の有給消化は、意外にトラブルになりやすいものです。そこで、トラブルにならずに気持ちよく有給消化するためのポイントを4点ご紹介します。

有給を利用することを事前に伝える

先にも述べた通り、退職前に有給消化をしたいということを事前に伝えましょう。伝えるタイミングは、退職意思を伝える時がおすすめです。現在、「退職意思はもう伝えてあるけど有給消化はまだ言っていない」という人は、すぐに伝えましょう。有給休暇を取得するということは、人員が足りなくなるということです。会社は、あなたの代わりに誰かを補充しなければなりません。早めに申し出て、会社にも準備してもらいましょう。

引き継ぎを済ませておく

自分の後任が決まっていたら、即座に引き継ぎを済ませましょう。有給休暇に入るまでに引き継ぎを済ませないと、休暇中も会社から連絡が入ることも考えられ心が休まりません。また、なかなか後任が見つからない状況ならば、引き継ぎマニュアルなどを作成しておくと良いですね。次に誰がこの仕事をやっても、マニュアルを見ながらやればできるようにしておけば、引き継ぎ期間が短くても間に合うはずです。

有給休暇届けを提出した証拠を残す

悪質な会社では、有給休暇を申請したにもかかわらず「聞いてません」などととぼけられてしまうこともあります。そうした時に証拠として示せるように、有給休暇届けを提出した証拠を残しておきましょう。

 

例えば、書面で有給休暇を申請する会社なのであれば、書面のコピーをとっておきましょう。社内メールなどでやりとりしたのならば、メールの画面を印刷しておくのも良いですね。とにかく、申請したという証拠を残しておくとトラブルになってしまった際に使えるためおすすめします。

就業規則に則って有給取得をする

有給休暇を取得する際のルールが決められている会社もあります。そうした会社の場合は、就業規則に従って可能な範囲で有給休暇を取得しましょう。

どうしても有給消化できなかった場合

前述でご紹介したような様々な理由で、有給消化ができなかった場合は以下のような対処法を試してみてください。

上司に断られたならば人事に頼む

早い段階で、上司に有給消化を申請したのに断られてしまったという人は、会社の人事部に直接頼みましょう。上司が断っている理由は、個人的な理由の可能性があるからです。

人事にも断られたならば労働基準監督署に相談

もし、人事部にお願いしても断られてしまった場合はブラック企業だと考えましょう。その場合は、労働基準監督署に相談してください。事情を話して労働基準監督署から会社に指導してもらいましょう。

有給買取の交渉をする

会社によっては有給休暇の買取を行なっているところもあります。通常、有給休暇とは労働者を休ませるための制度ですので、会社による買取は労働基準法によって禁止されています。しかし、退職前の有給休暇は例外として認められているのです。会社にお願いすれば、有給休暇の買取を行なってくれる場合もありますので相談してみましょう。

退職前の有給消化についてもQ&A

最後に、退職前の有給消化について、よくある質問にお答えします。参考にしてくださいね。

有給消化中でもボーナスをもらえる?

ボーナスは、算定期間の評価や成績などに応じて支払われる特別賃金です。そのため、現在は有給消化中でも、算定期間に勤務していたのなら支払われます。

 

ただし、現在も会社に席がある状態でなければなりません。その算定期間中は働いていたとしても、ボーナス支給日には退職してしまっているのなら支給されません。また、有給消化中というだけでボーナスが減給されてしまうこともありますので、詳しくは就業規則をきちんと読んでおきましょう。

有給休暇中に転職活動をしても良い?

有給休暇中に転職活動をしても問題ありません。本業がない分、時間と心に余裕ができて転職活動もしやすいでしょう。

有給消化中に転職先で働き始めても良い?

転職先が決まり「すぐに働きに来てほしい」などと言われて、まだ有給消化中の場合は「二重就労」という状態になってしまいます。二重就労は決して悪いことではありません。しかし、日本の企業の多くは二重就労を禁止しているため、必ず両方の会社に二重就労をしても良いのかを確認しておきましょう。

有給休暇分の賃金が支払われなかった時の対処は?

有給休暇を取得したのに、翌月に給料が支払われなかった場合は、完全に会社が違法行為をしています。その場合、会社の人事部に連絡して給料の支払いを請求しましょう。

 

退職時のトラブルが怖いという人は、「退職代行」を利用するのも一つの手段です。退職代行では、退職意思の時点から手続きまですべてを代行してくれます。サービスによっては、有給消化もさせてくれるように会社に依頼してくれるため、高い確率で有給消化ができるかもしれません。

まとめ

今回は、退職時の有給消化について詳しくご説明してきました。退職することに気が引け、有給消化を申し出ることができないという人も多いですが、有給休暇を取得することは労働者の権利です。すべての有給休暇を取得することは正しいことですので、自信を持って申請しましょう。

⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる
社会人にオススメYoutube動画
⬇︎『鬼滅の仕事人』⬇︎

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職 有休消化

関連する投稿


退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

少しでも注意をすると、すぐに退職をちらつかせる部下はあなたの周りにいらっしゃいますか?今回はその部下に対しての対処法や、心理などを紹介していきます。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。


退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思った時にどのような手続きが必要なのか、いつ退職できるのか理解できていますか?退職はいきなりしたいと思ってもできないものです。今後、退職する予定がある方は今のうちに理解しておきましょう。この記事では、退職するために必要なことを詳しく説明しています。


退職時に必要な書類をもらえない場合はどうする?理由と対処法!

退職時に必要な書類をもらえない場合はどうする?理由と対処法!

退職時に書類をもらえない理由にはいくつかあります。必要であることを伝えていない、会社のミス、ハローワークのミス、嫌がらせを受けているなどの理由が考えられますが、この記事では、そのようなトラブルが生じた時の対処法を紹介しています。


最新の投稿


職場にいる嫌いな人の存在がストレス!?嫌いな人の対処法!

職場にいる嫌いな人の存在がストレス!?嫌いな人の対処法!

職場に嫌いな人がいると仕事に集中できなかったり、楽しんで仕事を進めることができなかったりすると思います。しかし、職場には好きな人ばかりいるということの方が稀で、多くの場合には、価値観が合わなかったり、生理的に受け付けないような人がいるでしょう。この記事では、職場にいる嫌いな人の対処法を紹介します。


ダメ上司への愚痴が止まらない?ダメ上司との上手な付き合い方!

ダメ上司への愚痴が止まらない?ダメ上司との上手な付き合い方!

ダメ上司の部下になるとストレスが溜まります。ついつい、仕事ができない上司、無責任な上司、高圧的な上司についての愚痴を漏らしていませんか?この記事では、ダメ上司の部下になってしまっている人のための、上司との付き合い方について説明しています。


ムカつく上司へのイライラが止まらない!?ムカつく理由と対処法!

ムカつく上司へのイライラが止まらない!?ムカつく理由と対処法!

ムカつく上司へのイライラで仕事は進まないし、ストレスは溜まるしで困っていませんか?このような悩みを持っている人は少なくないです。この記事では、上司にムカついてしまう理由とその解決方法を紹介していきます。


【転職プロナビ】あなたにピッタリの転職エージェントを診断!

【転職プロナビ】あなたにピッタリの転職エージェントを診断!

転職活動の悩みを解決するためのサービス「転職プロナビ」についてご説明します。転職成功者の80%以上が最低3エージェント以上登録していると言われるほど、転職エージェントを利用するメリットは大きいです。転職プロナビではあなたにピッタリのエージェントを紹介することができます。この記事では、詳しい使い方を説明してきます。


男社会をどのように生きる?男社会の特徴と生き抜くポイント!

男社会をどのように生きる?男社会の特徴と生き抜くポイント!

古くから男社会に悩まされる人は少なくないのではないでしょうか?上下関係に厳しかったり、明らかに理不尽な暗黙の了解が定められていたりと耐えられなくなる人は少なくありません。この記事では、男社会の特徴と生き抜くポイントを紹介していきます。