仕事をなめている人の特徴5つと対処法4選!部下の教育方法は?

仕事をなめている人の特徴5つと対処法4選!部下の教育方法は?

「あの新人、仕事をなめてる」「あの人いつもやる気ないよね」など、あなたの周りにも仕事をなめている人がいるかもしれません。仕事をなめている人が周囲にいると、空気を悪くし、やる気のなさが伝染してしまうため良い環境とは言えません。今回は、仕事をなめてやる気のない人の特徴や、その状態で働き続けるとどうなるのかを当人目線と会社目線でご紹介します。最後には対策もご説明しますので、ぜひ試してみてくださいね。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

仕事をなめている人に手を焼いている…

あなたの周りに「仕事をなめている人」はいますか?職場で自分が教育担当である後輩・新入社員や同期などの言動を見て、仕事をなめていると感じることがあるかもしれません。

 

仕事をなめている人が実際に自分とは深い関わりがないのならストレスは溜まりませんが、自分が直接関わる部署にいたり、自分の後輩だったりすると非常に大きなストレスです。仕事をなめている人に対してどう接していいのかわからずに、こちら側が疲れてしまいます。

 

このように、職場内で仕事をなめている人に手を焼いているという人は、意外と多いです。また、自分がそう感じているのならきっと周囲の人も感じているはず。「あの人、仕事をなめてるのだけども、どうしたらいいかな?」などと信頼できる同僚や先輩、上司に相談してみるのも良いですね。

仕事をなめてる人の特徴

そこでまず、仕事をなめている人というのはどのような特徴があるのでしょうか。仕事をなめている人の特徴を5つ挙げてみますので、自分の周りにいないかチェックしてみましょう。

 

言葉遣いができていない

言葉遣いがきちんとできていない人は、仕事をなめている可能性があります。そもそも仕事や会社をなめておらず、「しっかりしよう」「真面目に働こう」と考える人は、言葉遣いは自然とできるはずです。

 

例えば、後輩なのに先輩に対してタメ口をきいている人は多くいます。これは、先輩からしてみればイラっとしますよね。後輩は、先輩と距離を縮めようとしてタメ口をきいているのかもしれませんが、社会人としては上下関係をきちんと守っていかなければなりません。初めから言葉遣いがなっていない人は、仕事を初めからなめていると考えて良いでしょう。

挨拶をしない

朝、職場に出勤した時には「おはようございます」、お昼休憩に行く時には「お先に休憩いただきます」、退社する際には「お先に失礼します、お疲れ様でした」などと職場の人に挨拶をするのが当たり前となっています。

 

しかし、仕事をなめている人はそもそも挨拶をしようとしません。挨拶は、マナー的な意味も含みますが、人間関係を円滑にするための行為でもあります。ところが、仕事をなめていたり人間関係を気にしていないような人は、周囲から挨拶をされても返さないことが多いです。自分から挨拶をしないだけではなく、周囲からされた挨拶も無視することで完全に周囲から浮いてしまうでしょう。そして、仕事をなめていると思われるのと同時に「社会人失格だな」などと思われてしまうことも考えられますね。

すぐ欠勤する

すぐに欠勤する人も、仕事をなめていると思われてしまうでしょう。例えば、「体調不良で欠勤します」という人がいますね。この「体調不良」というのは、どの程度体調が悪いのかは本人しか把握することができません。それをいいことに、「少し鼻水が出る」「少し咳き込んでしまう」などと仕事はできそうなくらいの体調不良でも欠勤する人も多いのです。

 

体調不良の理由ならば程度を確かめようがないのですが、「会社に遅刻しそうなので欠勤します」「10分遅刻してしまったので、もう欠勤したほうがいいですか?」など、遅刻を理由に欠勤する人もいます。遅行してしまっているのなら、急いで出勤すべきところを欠勤するという思考になってしまうのは「仕事をなめている」証拠です。

 

また、会社を欠勤する際に、通常は自分自身で会社または上司などに連絡をします。しかし、自分では言いづらいため同僚や仲の良い先輩に連絡し、他人から会社や上司に伝えてもらうという方法をとる人も珍しくはありません。こうした、自分で自分の欠勤理由を説明できない人も、仕事や社会をなめていると思われてしまうでしょう。

仕事を覚える気がない

新入社員や中途採用で新しく入社してきた新人など、誰かから仕事を教わる立場の人はメモを取ることが必須です。しかし、メモを取らずに元気よく「はい、分かりました」と返事をしているだけの人をよく見かけますね。

 

初めてのことに対して瞬間的に覚えられる人は少なく、多くの人がすぐに忘れてしまいます。仕事で教わることは1つではなく、数種類の内容が複雑になっている場合も多く、1回きいただけでは到底覚えることはできません。そのためにメモを取り、自分で見返しながら復習ができるようにしておく必要があるのです。

 

メモを取らない人に教えていると、教えている側は「この人は仕事を覚える気がない」と感じます。「仕事を覚える気がない=やる気がない=仕事をなめている」と繋がってしまいますよね。

残業しない

どんなに会社が繁忙期でも、どんなに個人の仕事が溜まっていても絶対に定時で帰る人は、仕事をなめていると思われてしまうでしょう。例えば、冠婚葬祭などの「残業を断っても仕方のない理由」などがある場合には、「今日は夜からお葬式があり残業ができません」とはっきりと残業を断ることが大切です。

 

プライベートを優先させることももちろん良いですが、会社に所属している以上、会社が残業命令を出してきたら基本的に断ることはできません。「夜、飲み会があるため残業できません」などと毎回のように残業を断っていると、周囲からは仕事をなめていると判断されてしまいます。

 

また、あまりにもプライベートを優先しすぎて毎回のように会社からの残業命令を断っていれば、会社の業務命令に背いていると判断され何らかの注意か処罰を受ける可能性があります。残業を断り続けるのは、仕事をなめていると思われる以上にリスキーなことと言えるでしょう。


以下の記事では仕事とプライベートの悩みについて書かれてるので、気になる方はご覧ください。

 

仕事とプライベートは分けるべき?オンオフをつけるメリット! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/551

仕事が休みでせっかくのプライベートなのに、仕事が頭にちらついて心から休めない。そのまま休日が終わってしまい出勤しても身が入らない。これでは公私ともに悪影響ですよね。この記事ではそんな現状の打開策が書いてあるので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

仕事はなめてやらないほうが良い理由

次に、仕事をなめてると起こりうるデメリットを4つ挙げてみましょう。

信用を失う

仕事をなめていると、周囲からの信用を確実に失います。仕事をなめている人のことを誰も信頼してくれませんよね。例えば、大切なプロジェクトリーダーを選ぶ時にも、普段から仕事をなめている様子がある人よりも、経験は浅いけど仕事に対して真面目でやる気のある人が選ばれることがあります。

 

このように、仕事を舐めていると思われてしまうと、責任に大きい仕事は徐々に減らされ、最終的には雑用しか頼まれなくなる可能性も出てきます。一般的な拘束時間は約8時間ですが、8時間ずっと雑用ばかりで毎日つまらないと思うようになるはずです。自分自身も成長ができずになってしまい、仕事をすることが楽しくないと思ってしまうかもしれません。

 

出世競争に後れを取る

前述の通り、仕事をなめている状態では大きなプロジェクトや責任のある仕事は回ってこないことが多いでしょう。その結果、同僚はどんどん出世コースに乗って出世しているのに対して、自分はいつまでも平社員のままという状況にもなり得ます。

 

年功序列が根強く残っている会社では、どんなに自分が仕事をなめていたとしても、年数が経てば出世できるというも可能性もありますが、やる気があり積極的な同僚はすでに自分の上司になっている可能性が高いですね。

リストラのリストに載る

仕事をなめているのが会社にバレてしまっている場合、リストラの候補者としてリストに載ってしまう可能性も十分にあります。

 

「リストラなんて昔の話では?」などと思っている方も少なくありません。しかし実際には、2019年のリストラ者数は6年ぶりに1万人を超えました。(東京商工リサーチ調べ)若い世代はリストラをあまり意識していないかもしれませんが、「君はクビだ!」などと分かりやすいリストラもあれば、退職勧奨をされることもあります。退職勧奨とは、早期退職を進めたれたり自ら希望して退職するように説得させられたりすることです。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

退職勧奨とは?会社が退職を勧めてくる3つの事例と対処法! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/173

退職勧奨という言葉をご存知でしょうか。最近、特によく耳にするのではないかと思います。今回はよく起きる事例についてとその対処法をお伝えします。会社をやめたい方もやめたくない方も会社と円満になる裏技をご紹介します。

会社がリストラを行う理由としては多種多様ですが、主に人員削減や若い世代が少ないため年輩社員をリストラして会社内の新陳代謝を行うといった目的があります。こうした理由以外にも、仕事に対してやる気がない社員は積極的にリストアップされてしまう可能性があります。

プライベートでもサボり癖がつく

仕事をなめている人は、プライベートも適当に済ませてしまう癖がついてしまうでしょう。例えば、よく仕事に遅刻をしている人は、プライベートでも遅刻をする癖がついてしまいます。日常的に時間を守ろうとする意識が薄いため、プライベートの時間も守れず友人や家族からの信用も失うかもしれません。

仕事をなめてる人を放置するリスク

仕事をなめている人を放置すると、会社の雰囲気や業績もどんどん悪くなってしまいますよね。今度は、仕事をなめている人を放置したときのリスクを詳しくみていきましょう。

結果を出してくれない

仕事をなめている人は、結果を出すことは難しいでしょう。初めのうちはまぐれで結果を出せていることもあるかもしれません。しかし、努力していなければ結果はついてきません。

 

会社にとって、結果を出さずになあなあに仕事をしてお給料をもらう社員は「窓際社員」とも言われています。ろくに仕事もせず結果を出していなくても、その社員を雇用している以上、給料日には給料を支払う義務がありますので、人件費だけがかかり、会社の利益にはなりません。仕事をなめている人を放置していると、会社は不利益を被ることになります。

職場の雰囲気を悪くする

仕事をなめている人は仕事にやる気がなく、その様子を見ている職場の人の中には気分を害す人も多いです。「あの人は仕事をなめててイライラする」「やる気がない人がいても迷惑」などと思われていることもあります。

 

このようなギスギスした感情が空気に漂い、職場の雰囲気が悪くなってしまいます。職場の雰囲気が悪ければ、チームワークも崩れ仕事がスムーズに進まなくなるため、会社としても良い状態とは言えません。

周りの人にも伝染する

仕事に対してやる気がないという感情は、周囲の人にも伝染してしまうものです。先にも述べたように、職場の雰囲気を悪くすると同時に「あの人はいつもやる気なくても、誰にも注意されていないから自分も適当でいいや」「私もこんなに真面目に仕事をしなくてもいいかな」などとマイナスな思考回路になっていきます。

 

このような状況では、社員全体の士気が下がってしまい、やはり仕事もうまく進まないことが考えられますね。

仕事をなめてる部下を教育するには?

最後に、仕事をなめてしまっている部下を教育する方法を4つご紹介します。

仕事をなめている人がいたら教育するのが上司や社員の務めですよね。あなたの周りにいる「仕事をなめてる人」への対策として試してみてくださいね。

注意する

仕事をなめているのが部下や後輩だった場合、まずは自分の口で注意してみましょう。「その態度は仕事をなめているようにも見えから注意したほうがいいと思うよ。実際にはどう思っているの?」などと部下や後輩が仕事に対してどのように考えているのかを聞いてみましょう。もしかしたら、自分では仕事をなめているつもりはないのかもしれません。注意されたことで自分の態度がおかしかったと気づくはずです。


注意するのも上司の仕事です。部下の理想の上司になれるように努めることも大切です。以下の記事には理想の上司について書いてありますので、参考にしてください。

理想の上司とは!?社会人の43%の人が上司が理不尽な人… | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/395

あなたの上司はどのような人ですか?理想の上司の下で働くことができていますか?仕事で活躍したり、評価されたり、成長するために、上司の存在は大きく関係しますよね。この記事では理想な上司とはどのような人なのか?そうでなければ、どうすれば良いのかを紹介します。

上司に報告する

仕事をなめている人が自分よりも目上の人だった場合、自分で注意するのは非常に勇気のいることです。自分が注意したことで相手との関係が壊れてしまう可能性もありますので、そういった場合には上司に報告や相談をすることをおすすめします。

 

仕事をなめている人は、上司に気づかれないように手を抜いているケースもあります。そのため、周囲の人が上司に報告しなければ上司は気づきません。あまりにも眼に余る行動が多いようならば一度上司に相談しましょう。

 

当人とコミュニケーションをとる

仕事をなめている人は、そもそも仕事に楽しさを感じていないことが考えられます。その人のやる気を引き出すために、まずは当人とコミュニケーションをとってみるのも良いですね。

 

コミュニケーションを図り、職場に仲の良い人ができれば仕事にも前向きな気持ちで臨めるはずです。絶対に仲良くしたくないという相手ではない限り、コミュニケーションを取ってみることをおすすめします。

当人の仕事内容を変える

先にも述べたように、「仕事がつまらない」「簡単すぎてやる気が起きない」などと考えている可能性もあります。そのため、当人がやるべき仕事内容を変えてみるというのも一つの手段です。

 

本当はもっと責任のある仕事をしたいと思っていたのにもかかわらず、簡単な雑務しか任せてもらえず、やる気が出ないという人もいます。


もしくは、業務の不適性で事務職に配属していたがやる気が出な胃という人もいるでしょう。そのような人は現場に異動させてみるのも良いでしょう。環境が変われば自分の興味が掻き立てられ、仕事にやる気を感じるかもしれません。仕事をなめている人がいる場合、部署異動などで仕事内容を変えてみましょう。

 

 


まとめ

 

今回は、仕事をなめている人の特徴や、そのまま放置するとどうなるのかを当人目線と会社目線でご紹介してきました。どちらにしてもあまり良い将来はありません。仕事をなめた状態が続くことは、会社の不利益しか生み出しませんので早めの対策が必要です。本記事でご紹介したような対策を実行し、環境を変えてみてはいかがでしょうか。

 


社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

退職の記事をわかりやすく情報量がたくさん詰まったものをお届けします!

関連するキーワード


仕事

関連する投稿


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


仕事で板挟みになったときは?やり過ごす解決策や逃げ出す方法!

仕事で板挟みになったときは?やり過ごす解決策や逃げ出す方法!

仕事上の人間関係トラブルでは、当事者たちだけではなく板挟みとなってしまっている周りの人たちまで傷つくことがあります。例えば、管理職と現場でトラブルが起きた場合にそれを繋いでいた人たちが板挟みにあい、被害を被るということはよくあります。この記事では、そのような場合の解決策を紹介していきます。


仕事を取られると不安に感じるのはなぜ?原因とその解決策!

仕事を取られると不安に感じるのはなぜ?原因とその解決策!

後輩や同期に仕事を取られる…と悩んでいる人は少なくないです。本来ならば、仕事を引き取ってもらえるのは、自分の担当しなければいけない仕事の量が減るので嬉しいことでしょう。しかし、多くの人は仕事を奪われてしまうことで不安に感じるようです。この記事では、仕事を取られて不安に感じる理由とその対処法を紹介していきます。


仕事についていけない…辛い日々に耐えれなくなった時の対処法!

仕事についていけない…辛い日々に耐えれなくなった時の対処法!

仕事についていけないと悩んでしまっている人は少なくないでしょう。自分だけが仕事についていけていないと、自身のプライドが傷つけられたり、他の人や会社に迷惑をかけてしまっていると不安になってしまいます。この記事では、仕事についていけない人の対処法を紹介していきます。


仕事で評価されないと悩んでいるあなたへ!評価されるための対策

仕事で評価されないと悩んでいるあなたへ!評価されるための対策

仕事で評価されるためにはどうすればいいのでしょうか?あなたの会社での評価が低い理由や原因、そして会社や仕事で評価される人間となるための対策を紹介します。仕事や会社で良い評価を得られるようになるためにも参考にしてみてください。


最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。