仕事で追い詰められて泣く、夢でうなされる…理由と対処法7選!

仕事で追い詰められて泣く、夢でうなされる…理由と対処法7選!

仕事で精神的に追い詰められていて辛い…という人も少なくないでしょう。その状態が続くと突然泣き出したり、仕事の夢を見たりしてしまいます。仕事が人生そのもの、というのではつまらないですよね。記事では仕事で追い詰められる理由とその対処法を紹介します。

社会人にオススメYoutube動画
⬇︎『鬼滅の仕事人』⬇︎


仕事で精神的に追い詰められている…

仕事で精神的に追い詰められている、という人も少なくないのではないでしょうか。現代ではだれもがストレスを抱えているため、程よいストレスであれば良いのですが、精神的にやられてしまうと、泣いたり夢を見たりと様々な症状が出てしまいます。仕事が人生そのものだ、というような人生ではつまらないですし、いつか後悔することになるでしょう。


仕事で追い詰められていると感じるのは、自分の考え方も影響しています。考え方が変わることで、仕事で追い詰められていて辛い、と感じることも減るかもしれません。だからこそ精神的に追い詰められるまではいかないように、仕事のストレスと正しく付き合っていく必要があるのです。

仕事の夢を見る

仕事の夢を見る人もいるのではないでしょうか。それでは、仕事の夢は何を暗示しているのでしょうか。

仕事の夢占いの基本的な意味

夢占いによると、仕事に関する夢は、あなたの労働意欲や仕事の能力を表しています。仕事に関する夢は、夢の内容がそのまま現実への暗示となるため、比較的読み取りやすいです。しかし、それだけでなく、あなたの将来についての不安や苛立ちも表していることもあります。


もし、意欲的に仕事をしていて、やりがいを感じている夢を見たのであれば、現実でも意欲的に仕事に取り組んでいるということになります。仕事が忙しいもののうまくいっている夢であれば、ステップアップの暗示で、これから昇進や給料アップなどといったことが仕事で起こりそうです。


しかし、仕事に嫌気がさしたり、仕事から逃げたくなるような夢だったのであれば、あなたの仕事に対する不満が溜まっていて意欲的にはなれないことを暗示しています。

ストレスから解放されたいと思っていることも

ストレスが溜まると睡眠の質が悪くなるため眠りが浅くなり、夢を見やすくなります。また、目も覚めやすいので夢の内容を覚えていがちです。また、夢は睡眠の環境に影響されるため、悪い夢になる傾向があります。


ストレスがある場合、脳みそが、起きている間のストレスを整理しようと夢に出してくるので、ストレスに関連する夢を見るのは悪いことではありません。しかし、睡眠が浅くて悪い夢を見たり、起きた時に覚えていたりすることは良いことではありません。寝る環境を見直し、深い眠りができるような空間を作り、極力、夢を覚えていないような状態にすることが大切です。

仕事で追い詰められている人の特徴

仕事で疲れている人にはいくつか特徴があります。実は、自分が追い詰められていることに気づかないままでいる人も多いため、自分や周りの人がそのような状態ではないのかどうか、この機会に確かめてみてください。

余裕がない

仕事で追い詰められると、その分だけ精神的にも余裕がなくなってしまいます。そのため普段優しい人でも攻撃的になってしまうことがあります。余裕がなくなると視野が狭くなるため、客観的に考えられなくなってしまったり、仕事の優先順位がつけられずすべての仕事が中途半端になってしまったりします。


また、ネガティブな思い込みをすることも増え、何でもない出来事を「自分のせいだ」と思い込んで悩んだり、逆に他人のちょっとしたミスが気になって許せなくなってしまったりします。

人の話を聞かない

「仕事が辛すぎる」「この状況からなんとか抜け出したい」ということばかり考えている人は、自分のことしか考えられない状況に陥っています。自分の辛い話や大変な話ばかりしまうため、会話は成立しにくくなります。


もともとは聞き上手な人が自分のことばかり話すようになったら、仕事に追い詰められているサインです。もし、周りの人がこのような状態になっていたら、我慢して話を聞いてあげてほしいです。

涙が出る

仕事に行く前、家にいるとき、帰宅時などに自然と涙が流れてきてしまう人もいます。「仕事が辛い」「会社に行きたくない」という気持ちを我慢して抑え込んでいるために、心が苦しいことを訴えているのです。


これがさらにひどくなると、仕事中に涙があふれそうになり、休憩だとごまかして席を立ってこっそり泣いたり、職場でそのまま泣いてしまったりするまでに至ります。この状態のまま仕事を続けていると、いつか心が壊れてしまいます。そうなる前に解決策か転職を考えてほしいのです。

表情が硬い

仕事のことで頭がいっぱいいっぱいになってしまうと、表情が硬くなってしまいます。これは心が疲れすぎていて、感情表現が乏しくなってしまうために起こります。 特に、気にしやすい人、神経質な人に多く見られます。もともとはよく笑っていた人の表情が硬くなっているのだとしたら、それは相当疲れがたまっています。限界に近く、いつ倒れてもおかしくない状況のため、休息を取らせてあげることも大切です。

リアクションが遅い

人と会話している時も仕事のことを考えてしまうほど追い詰められていると、意識が他のことに向けられているため、相手の話をきちんと聞くことができず、リアクションが遅くなってしまったり、回答がずれていたりします。


「なんだかリアクションが遅いな」「聞いたことと答えがずれているな」と感じるような反応をする人がいたら、追い詰められていないかどうか気にかけてあげてほしいのです。

仕事で追い詰められる原因とその対策

仕事で追い詰められるのはなぜなのでしょうか。追い詰められているときは多くの場合、追い詰められている原因を考える余裕すらありません。そのため、追い詰められている原因が分かるだけで気持ちが楽になることもあります。


これを機に自分自身が追い詰められている原因を考えてみてはいかがでしょうか。また今回は、原因別の対策法も紹介します。

仕事がうまくいかないから

原因

入社したばかり、異動で仕事が変わってまだ慣れない、ミスばかりしてしまう、成果を出せないなど、仕事がうまくいかないと感じるときに追い詰められてしまう人も多いようです。頑張っているのにうまくいかないと、モチベーションが下がってしまい、結果的に仕事もはかどらなくなってしまいます。

対策

仕事がうまくいかないのは、あなたの知識や技術が不足しているからというわけではありません。挑戦しているときは誰でも壁にぶつかるものです。だから壁にぶつかるということは、この壁の先に成長の機会が待ち受けているのだと喜ぶくらいがいいのです。


しかし、そのように考えるのもなかなか難しいですよね。仕事がうまくいかないときは大抵、自分を客観的に見れなくなってしまっているのです。だからこそ信頼している他の人に相談してアドバイスをもらうなどして、今の自分を客観的に見てほしいのです。たとえそれがうまくいかなくても、自分の辛いことを話すだけでも自然と心が軽くなります。そして気づいたらもう追い詰められていないということに気づくかもしれません。

仕事がキツすぎるから

原因

仕事量が多すぎると、どんなに効率よく仕事をこなそうとしてもキャパオーバーで、すべてをこなすのは難しくなり、追い詰められてしまいます。近年は人件費削減のために、一人一人の仕事量が増えています。また、働き方改革による残業の制限も、残業しなければ終わらない量の仕事を制限内でやらなくてはならないため、仕事量が多くなってしまう原因の一つです。

対策

仕事がキツすぎて自分に合っていないのであれば、仕事量を減らすべきです。もしかするとあなたはやる気があり、どんな仕事も引き受けてくれるからと、自分のできる範囲を超えるほどたくさんの仕事を任されているのかもしれません。「仕事量を減らしてほしい」ということを上司や会社に伝えるべきです。勇気のいることかもしれませんが、仕事量が多すぎて体調を崩してしまったり、うつになってしまっては意味がありません。


しかし、その際に不満を言うのは良いことではありません。「これ以上仕事を引き受けてしまうとそれぞれの仕事の質が低下してしまい、会社に迷惑になってしまうから」など、納得してもらえるような理由と、現状を冷静に伝えれば、分かってもらえることも多いでしょう。

責任重大な仕事を任されたから

原因

責任重大な仕事を任されると「本当に自分にできるのだろうか」「責任が重すぎて辛い」など、周りの人には理解してもらえない、責任者ならではのプレッシャーで疲れてしまうこともあります。このような状況になると、無意識に仕事を避けたり、上司や部下とのコミュニケーションを疎かにしてしまったりと、負のスパイラルを生み出しやすい状況を作ってしまいます。

対策

責任重大な仕事を任されるのは、あなたが期待されている証拠です。この時に必要以上に不安を持ってしまうのは、自分自身に自信がないからではないでしょうか。自分の能力とかけ離れた仕事を任されることはありません。また、任されたからといって、自分を大きく見せ、完璧にやる必要もありません。自分なりに努力し、できることをすればいいのです。「自分には責任重大すぎて無理だ…」と思い込まず、自信をもってこなせるようになりましょう。

職場の人間関係で悩んでいるから

原因

仕事はうまくいっているのに職場の人間関係がうまくいかなくて悩んでいる…という人も多いのではないでしょうか。職場は一日の大半の時間を過ごす場所です。そのような空間で人間関係に悩んでいると、コミュニケーション不足などで仕事に影響が出てしまうこともあるでしょう。

対策

誰にでも自分と合う人、合わない人がいるのでどうしようもない部分はありますが、ちょっと工夫するだけでかなり雰囲気は変わります。職場の人たちのいいところを探したり、挨拶を欠かさずしたり、必要なことは必ず伝えるようにしたり、といった簡単なことから始めてみてはいかがでしょうか。


仕事上でのお付き合いのため、必ずしも職場の人と仲良くなる必要はないですが、基本的なことを徹底するだけで円滑なコミュニケーションを取れるようになります。

焦りを感じているから

原因

同僚、さらには部下までもが自分を差し置いて出世してしまった、年相応のキャリアを詰めているのかわからない、などと焦りを感じている人もいるでしょう。焦っているときは知らず知らずのうちに自分を追い詰めてしまっているのです。


それだけではなく、いつもはしないような単純なミスをしてしまったり、本当の自分の目的や満足感を失ってしまったりすることもあります。また、精神的な病気にかかるリスクも高くなってしまいます。

対策

焦ってしまう主な原因として、他人と自分を比べたり、周りの評価を気にしたりしてしまうことが挙げられます。しかし、焦っているときは何事もうまくいかないものです。一度、心を落ち着かせ、周りを気にしすぎないようにすることが大切です。


また、自分だけが理不尽に出世させてもらえていない、などと感じているのであれば、上司と交渉するのも一つの手です。アメリカの企業では成果をアピールして出世を交渉することが一般的なようです。なかなか勇気の必要なことですが、焦りを感じているだけで何もしないよりは、交渉という行動を起こした方が良いのではないでしょうか。

一人で抱え込んでしまっているから

原因

全部一人で仕事しようとしたり、困ったことがあっても人に相談せずに一人で何とかしようとしたりと、何でも一人で考え込んでしまう癖のある人も追い込まれやすくなります。このような人は、プライドや責任感が強く、他人に協力を得ることは「自分にとって恥だ」「他人に迷惑になってしまう」などと考えているために、一人で抱え込んでしまうのです。また、一人でやった方が効率が良いと思っている人もいます。

対策

一人で抱え込むことはむしろ会社の迷惑となってしまいます。まずはそのことを理解し、人に少しずつ頼れるようになっていくことが大切です。人に頼ることで自分とは違う意見が聞けて、それが刺激となったり、今までよりも効率の良い仕事ができるようになったりと、今までとは違う視点から物事を見れるようになります。


人に頼れるようになると、自分のできないことや苦しいことを人に話せるようになります。そうすることで他の人からアドバイスをもらえたり、自分の心が軽くなったりします。

自信を失っているから

原因

ミスが続いたり、大きな失敗をしたりした後に、それを引きずって立ち直れずに自信を失っていると、それが新たなミスや失敗を引き起こす、という悪循環に陥ってしまいます。自信がなくなると、また同じようなミスや失敗を繰り返してしまうのではないかと不安になり、仕事をすること自体に恐怖を感じてしまうことさえあります。

対策

完璧な人はいないため、ミスや失敗をするのは当然です。むしろ大切なのは、そのあとどのようにフォローするかです。一度起こった失敗を取り消すことはできませんが、二度と同じことをしないように対策を立てることはできます。


もし、仕事の失敗やミスを引きずったままでいるのであれば、まずは自信を取り戻すことから始めてみましょう。実は真面目で真剣に仕事に取り組んでいる人ほど自信を失いやすくなるものです。だからこそ、「自分は真剣に頑張った」「ミスはしたけど最小限で抑えられた」などと自分の良いところを探してほしいのです。

どうにもならない場合はどうしたらいい?

原因は分かったけどどうにもならず辛い…という場合はどうしたらよいのでしょうか。

休職する

休職してみるのも良いのではないでしょうか。仕事から逃げたい…と感じるほどになっているのであれば、一度、仕事から離れて心身ともにリラックスすると、新たな気持ちで仕事に復帰することができます。休息をとるだけでなく、旅に出て新たな価値観を得たり、自分の人生や、どのような働き方が自分に合っているのだろうか、ということをじっくりと考えたりしてみてください。

退職する

毎日仕事が辛くてどうしようもない、もう頑張るのが辛い、などと感じるのであれば退職するのも一つの手です。今後のことを考えたら退職できない…周りの目が気になる…などといった理由で踏みとどまってしまう人もいるかもしれませんが、今の仕事がすべてではありません。今日は転職するのは決して珍しいことではありませんし、心身に支障をきたしてしまっては意味がありません。


退職代行サービスを利用すれば、会社を辞める際、またその後のやり取りも自分でやらなくて済みますし、転職エージェントをうまく活用すれば自分に合った仕事が見つかるでしょう。心身ともに疲れ果て、仕事ができなくなってしまう前に、退職も一つの策だと考えてほしいのです。

まとめ

追い詰められてしまうのは自分が仕事を頑張っている証拠でもあります。しかし、心身ともに健康でいられるよう、ほどほどに頑張るようにしましょう。自分が追い詰められている、と感じることなく過ごしてしまい、気づかないうちに心身に影響が出てしまうことも少なくありません。自分が追い込まれているかどうかだけでなく、周りの人が追い込まれていないかどうかも気にかけてあげられると良いのではないでしょうか。

⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる
社会人にオススメYoutube動画
⬇︎『鬼滅の仕事人』⬇︎

この記事のライター

関連するキーワード


仕事 追い詰められる

最新の投稿


職場にいる嫌いな人の存在がストレス!?嫌いな人の対処法!

職場にいる嫌いな人の存在がストレス!?嫌いな人の対処法!

職場に嫌いな人がいると仕事に集中できなかったり、楽しんで仕事を進めることができなかったりすると思います。しかし、職場には好きな人ばかりいるということの方が稀で、多くの場合には、価値観が合わなかったり、生理的に受け付けないような人がいるでしょう。この記事では、職場にいる嫌いな人の対処法を紹介します。


ダメ上司への愚痴が止まらない?ダメ上司との上手な付き合い方!

ダメ上司への愚痴が止まらない?ダメ上司との上手な付き合い方!

ダメ上司の部下になるとストレスが溜まります。ついつい、仕事ができない上司、無責任な上司、高圧的な上司についての愚痴を漏らしていませんか?この記事では、ダメ上司の部下になってしまっている人のための、上司との付き合い方について説明しています。


ムカつく上司へのイライラが止まらない!?ムカつく理由と対処法!

ムカつく上司へのイライラが止まらない!?ムカつく理由と対処法!

ムカつく上司へのイライラで仕事は進まないし、ストレスは溜まるしで困っていませんか?このような悩みを持っている人は少なくないです。この記事では、上司にムカついてしまう理由とその解決方法を紹介していきます。


【転職プロナビ】あなたにピッタリの転職エージェントを診断!

【転職プロナビ】あなたにピッタリの転職エージェントを診断!

転職活動の悩みを解決するためのサービス「転職プロナビ」についてご説明します。転職成功者の80%以上が最低3エージェント以上登録していると言われるほど、転職エージェントを利用するメリットは大きいです。転職プロナビではあなたにピッタリのエージェントを紹介することができます。この記事では、詳しい使い方を説明してきます。


男社会をどのように生きる?男社会の特徴と生き抜くポイント!

男社会をどのように生きる?男社会の特徴と生き抜くポイント!

古くから男社会に悩まされる人は少なくないのではないでしょうか?上下関係に厳しかったり、明らかに理不尽な暗黙の了解が定められていたりと耐えられなくなる人は少なくありません。この記事では、男社会の特徴と生き抜くポイントを紹介していきます。