仕事についていけない…辛い日々に耐えれなくなった時の対処法!

仕事についていけない…辛い日々に耐えれなくなった時の対処法!

仕事についていけないと悩んでしまっている人は少なくないでしょう。自分だけが仕事についていけていないと、自身のプライドが傷つけられたり、他の人や会社に迷惑をかけてしまっていると不安になってしまいます。この記事では、仕事についていけない人の対処法を紹介していきます。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

「自分だけ仕事が遅れている」「周りは優秀なのに自分だけ違う」などと、仕事についていけないことで悩んでいる方は多いです。一度このように感じてしまうと、その後から何度も考えてしまいます。今回は、仕事についていけないと感じる瞬間や、考えてしまう理由を年代別にご説明します。対処法もご紹介しますので参考にしてください。

仕事についていけないと感じる時

はじめに、仕事についていけないと感じる瞬間はどんな時なのかをご紹介します。

業務が終わらない日が続く時

目に見えて分かりやすいのは、業務が終わらずに残業になる日が続く時です。「仕事についていけない=自分の仕事が終わらない」ことですので、定時になっても帰れないことが続いてしまいます。

 

残業が続き仕事に追われている様子は、周囲から見ても分かることです。同僚や上司に「仕事についていけていない」ということが分かってしまうため、気まずく感じる方も多いのではないでしょうか。

能力不足により仕事を進められない時

自分自身の能力が不足している場合も、仕事についていけないと感じる瞬間かもしれません。仕事の能力は人それぞれです。上司から与えられた仕事が、果たして自分にできる仕事なのか否かが重要ですが、初めてみないと分からないこともあるでしょう。

 

初めから「自分にはこの仕事は難しすぎる」と分かっていれば、事前に上司に相談して回避することもできますね。しかし、やってみたら難しかったということはよくあります。自分の能力不足で仕事が進まずに溜まってしまうと、「この仕事についていけないな…」とマイナスに考えてしまうのも無理ないでしょう。

業務の進捗が周りと比べて遅れている時

複数人の同僚で同じ業務を行なっているにもかかわらず、自分の仕事だけが遅れをとっているケースもあります。同じ時期にスタートして納期も同じなのに、周りの同僚はもう仕事を終わらせているなどの状況だと焦ってしまいますよ。

 

前述の通り、自分自身の能力不足で仕事が進まないという状況も明らかに仕事についていけていません。しかし、同じ仕事を同じように行なっているのに、自分だけが仕事の進捗が遅れているという状況も同じです。どちらにしても、仕事についていけていないと感じてしまうでしょう。

自分だけ結果を残すことができていない時

自分だけが仕事で結果を出すことができない場合にも、仕事についていけていないと感じてしまうことが多いです。

 

例えば、仕事の結果がはっきり見える職業として「営業職」があります。営業職では、部署内で成果を貼り出されることもあるため、結果を残せていないことが周囲に分かってしまいます。いくら頑張っても営業成績が出ずに、恥ずかしさや悔しさがこみ上げてきて「この仕事に向いていないんだ」「自分だけついていけていない」と卑屈になってしまうこともあるでしょう。

仕事についていけない人の末路

無理してついていけていない仕事を続けている人は、どのようになってしまうのでしょうか?ここでは、仕事についていけてない人の末路をお話しします。

残業時間が長くなる

先にもお話しした通り、仕事についていけないと残業が続いてしまいます。就業時間ないだけでは自分の仕事を終わらすことができずに、残業時間が長くなるケースが多いのです。

 

毎日22時、23時などと長い残業時間となり、それでも終わらずに翌日に仕事を回します。日に日に仕事がずれていき、最終的に納期に間に合わないなんてことも考えられます。

精神的に辛い状態が続くようになる

毎日長い残業が続き仕事が終わらないともなれば、精神的に辛い状態が続くようになります。「自分だけが仕事に追われている」「周りはもうとっくに終わっているのに、自分はまだまだ終わらない」などの状況では、さらに精神的に追い込まれてしまうでしょう。

 

無理してついていけない仕事を続けている人は、最悪の場合うつ病を発症してしまう恐れがあります。仕事についていけていないことを恥ずかしく思い、誰にも相談できずに悩んでしまっている人も多いのです。

仕事を任せて貰えなくなる

仕事についていけていなければ、上司や会社から仕事を任せてもらえなくなります。上司や会社は、部下や社員の管理も仕事です。日頃から部下を観察して、「この人は余裕がありそうだな」など判断しています。

 

そこで、自分が仕事についていけずに毎日残業して、精神的に辛い状態が続いていることはすぐに分かってしまうでしょう。上司や会社からしたら、精神的に追い詰めることはしませんし、余裕がない人に仕事を任せようとは思いません。

 

稀に、精神的に追い詰めてくる会社や上司がいますが、それはブラック企業やパワハラ上司ですのですぐに転職しましょう。

降格処分を課される

仕事についていけずに、自分だけが大変な状況に置かれているだけなら良いですが、自分の仕事の遅れで周囲や会社に迷惑をかけてしまっているのなら、降格処分を課せられる可能性も考えられます。

 

降格処分を受ければ、今まで行ってきた責任ある仕事は任されずに、給料も下がってしまいます。周囲からの信頼も薄れてしまうこともあるでしょう。そうなれば、周囲からの目も気になり、あまり仕事に集中できないかもしれません。

仕事についていけない理由(年代別)

次に、仕事についていけないと感じてしまう理由を、働き盛りの年代別でご紹介します。

20代

初めは、フレッシュと言われることの多い20代の仕事についていけない理由です。若さゆえの理由もあり、多くの方が共感するのではないでしょうか。

 

知識不足

 

20代の人は、とにかく知識が足りないことから、仕事についていけないと悩んでしまうことが多いです。大学や高校の授業などで学んできた知識の他に、実際に働いてみないと学べないことはたくさんあります。また、その業界の未経験者では余計に知識は乏しいでしょう。こうした知識不足が理由で、仕事についていけないと感じてしまいます。

 

経験不足

 

20代で知識と同じくらい不足しているものは「経験」です。経験は、実際に就業してみて初めて自分の経験として積み重ねることができます。知識は自己学習で身につけられたとしても、経験だけは実際に働かないと身につきません。20代はまだ社会人としても未熟で、様々な経験が足りないため、経験不足から仕事についていけないと感じてしまうのでしょう。

 

周りが優秀

 

周りが優秀だった場合、仕事についていけないと考えてしまうかもしれません。周囲に優秀な人材が集まっていると、「同じ20代のはずなのに、なぜ自分だけ仕事ができないんだ」と悩んでしまうことがあります。しかし、年代は関係なく仕事のキャパは人それぞれです。自分なりに頑張ることができれば、悩んでしまうことは少なくなるかもしれません。

 

教育制度がない

 

20代という若いうちから仕事についていけないと感じてしまう場合、自分が悪いのではなく会社の教育制度に問題があるケースもあります。せっかく入社したのに新人研修などの教育制度がない場合、先輩や上司が個人的に仕事を教えることになるでしょう。全ての仕事を個人的に教えてもらうと、他の人とは差が出てしまうものです。企業研究の時点で、教育制度が整っているか否かもチェックしておくことをおすすめします。

30代

続いて、30代の人が仕事についていけない理由をご説明します。30代というと、仕事に関する知識や経験を積み、さらに体力的にも機敏に動ける時期です。そのような時期で、仕事についていけないと悩んでしまう理由を2つ考察してみました。

 

仕事の管理ができない

 

30代の人は、20代の頃から仕事の経験を積み、ある程度責任のある仕事を任されるようになっていることでしょう。そこで、上司が自分の評価を高く見てくれている場合、大きな責任のある仕事を任されたり、多量の仕事を振られることがあります。

 

そのような場合、自分の仕事を管理する能力を完全に超えてしまうと「疲れた」「こんな大変な仕事、ついていけない」と感じてしまうことも多いです。多量の仕事を任されると、仕事のスケジュール管理などを細かく行わなければ、ミスが生じてしまうことも考えられます。

 

苦手な仕事を任せられている

 

20代から仕事を続けている30代の人は、仕事の中でも自分が得意とすることや、苦手に思う仕事がはっきりと分かってくるはずです。しかし、30代ともなれば自分の下に後輩がいるため、仕事を適当に行うことや放棄することは先輩としての威厳を保つためにもできません。

 

そのため、自分が苦手な仕事を任されたとしてもやるしかありません。また、20代ならば苦手だからという理由で仕事を回避できるかもしれませんが、30代では社会人として断ることができないと考えてしまいます。このようなことから、仕事についていけないと感じてしまうのです。

40代

40代の仕事についていけない理由を考察してみましょう。40代からは、仕事の経験や知識が評価されて管理職などの昇進を果たす人も増えてきます。

 

部下の管理能力が低い

 

40代では、20〜30代の部下を管理しなければなりません。自分が管理職ではなくとも、先輩として部下の指導は仕事のうちです。これが、管理職ともなれば部下のミスは自分のミスとして評価されてしまいます。自分が部下の管理をきちんと行えていない場合に、「自分にはこの仕事は向いていないのかもしれない」と落ち込んでしまうことも多いです。

 

成長意欲がない

 

40代になると、約20年間同じ仕事をしてきてこれ以上成長したいと感じなくなってしまう人もいます。職種や業種によっては、数年ごとに移動を繰り返して何年経っても飽きずに働くことができるかもしれません。しかし、ずっと同じ仕事の繰り返しでは、モチベーションが保てずにマイナス思考になってしまうことが考えられますね。

 

体力が無い

 

20〜30代の頃と大きく異なるのは「体力」です。40代に突入すると、プライベートを楽しむ体力がなくなってしまいます。それまでアフターファイブを楽しむことができていたのに、仕事が終わればすぐに家に帰りたくなるという方は多いはずです。体力の衰えから、「この仕事を続けることはできないかも」と悩んでしまう人もいます。

50代

最後に、50代の仕事についていけない理由をご紹介します。50代の多くの人が、何らかの役職をもらい働いていますね。これまで培ってきたキャリアを、自分の後輩や部下への指導に活用して人材教育をしている人もいるでしょう。

 

出世を諦めている

 

50代で仕事についていけないと感じてしまっている人は、同時に出世を諦めています。「どうせ自分なんて出世しない」とマイナス思考になってしまっている可能性もあるでしょう。同じ年代の同僚は役職をもらって働いているのに対して、自分は平社員。そのような状況が続けば、仕事についていけないと感じてしまうのも無理はありません。

 

若手の成長についていけない

 

また、20〜30代の若手の成長に脅威を感じてしまうケースもあります。例えば、営業職でみてみましょう。フレッシュでこれから伸び代も十分にある若手が、ぐんぐんと売り上げを伸ばしています。50代である自分の方が、経験や知識は確実に上なのに営業成績で負けてしまうと「この仕事もそろそろ潮時かな」などと諦めてしまうことも考えられますよね。

 

若手の成長が早ければ早いほど、50代の人は仕事についていけないと感じてしまうのかもしれませんね。

仕事についていけなくなった時の対処法

ここでは、仕事についていけなくなってしまった時の対処法を6つご紹介します。自分自身で試せる方法から、ぜひ試してみてください。

経験と知識をつける

自分自身の経験や知識不足を感じている人は、その足りないと思っている経験や知識を積極的に身につけましょう。知識は、自己学習で身につけられるはずです。自分ではどうしても理解できない所は、信頼できる先輩や上司に質問しましょう。

 

また、経験を積むことは難しいですが、「誰でもいいが、この仕事をやってくれないか」などと上司に仕事を振られた際に自ら手をあげましょう。自分一人では分からないことも、周囲の力を借りながら仕事を終わらせることで、新たな経験となります。自ら行動することは非常に大切ですので、意識して行ってみてください。

理解するまでやり方を聞く

仕事を教わっている最中に分からない部分がある場合は、必ず理解するまでやり方を聞きましょう。何度も聞くのは失礼だと考え、理解していないのに「分かりました」と返事をしてしまうと、そこから周囲に遅れをとってしまいます。理解していない部分で引っかかってしまい、その先に進めません。

 

あとになって、「やっぱりもう一度教えていただけますか?」と質問すると、「分かりましたって言ってましたよね?」と信頼を失うことにもつながります。仕事は理解するまできちんとやり方を聞くことがおすすめです。

スキルアップの為の勉強をする

周囲のレベルよりも、自分のレベルが明らかに劣っている場合は、スキルアップできるように勉強しましょう。スキルアップをするために勉強することで、仕事をするうえでの自信にもつながります。

デキる社員の真似をする

人の良いところは見て盗むことで、自分の成長にもつながります。自分では、どのように頑張って努力すれば良いのか分からない時があるでしょう。そのような時に、周囲の尊敬できる社員の真似をして覚えていくと良いですね。ただし、相手が気分を害さないように真似することが重要です。

直属の上司に相談する

仕事についていけていないことを、直属の上司に思い切って相談してみるのも一つの手です。相談したことで、自分の仕事量を調節してくれるなどの対策を考えてくれるかもしれません。

他の部署へ異動する

現在の部署についていけないと感じている場合には、他部署への異動願いを出してみましょう。部署が変われば一からのスタートになりますが、仕事の種類が変わり気持ちも再スタートを切ることができます。自分に合っている部署に異動させてもらいましょう。

まとめ

長い間働いていると、仕事についていけないと感じてしまうことは誰にでも起こりうることです。また、社会人経験の浅い20代では、20代ならではの悩みがあります。それぞれの年代で活用できる対処法を使って、仕事についていけていない状況を打破してみましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


仕事 ついていけない

関連する投稿


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


仕事で板挟みになったときは?やり過ごす解決策や逃げ出す方法!

仕事で板挟みになったときは?やり過ごす解決策や逃げ出す方法!

仕事上の人間関係トラブルでは、当事者たちだけではなく板挟みとなってしまっている周りの人たちまで傷つくことがあります。例えば、管理職と現場でトラブルが起きた場合にそれを繋いでいた人たちが板挟みにあい、被害を被るということはよくあります。この記事では、そのような場合の解決策を紹介していきます。


仕事をなめている人の特徴5つと対処法4選!部下の教育方法は?

仕事をなめている人の特徴5つと対処法4選!部下の教育方法は?

「あの新人、仕事をなめてる」「あの人いつもやる気ないよね」など、あなたの周りにも仕事をなめている人がいるかもしれません。仕事をなめている人が周囲にいると、空気を悪くし、やる気のなさが伝染してしまうため良い環境とは言えません。今回は、仕事をなめてやる気のない人の特徴や、その状態で働き続けるとどうなるのかを当人目線と会社目線でご紹介します。最後には対策もご説明しますので、ぜひ試してみてくださいね。


仕事を取られると不安に感じるのはなぜ?原因とその解決策!

仕事を取られると不安に感じるのはなぜ?原因とその解決策!

後輩や同期に仕事を取られる…と悩んでいる人は少なくないです。本来ならば、仕事を引き取ってもらえるのは、自分の担当しなければいけない仕事の量が減るので嬉しいことでしょう。しかし、多くの人は仕事を奪われてしまうことで不安に感じるようです。この記事では、仕事を取られて不安に感じる理由とその対処法を紹介していきます。


仕事で評価されないと悩んでいるあなたへ!評価されるための対策

仕事で評価されないと悩んでいるあなたへ!評価されるための対策

仕事で評価されるためにはどうすればいいのでしょうか?あなたの会社での評価が低い理由や原因、そして会社や仕事で評価される人間となるための対策を紹介します。仕事や会社で良い評価を得られるようになるためにも参考にしてみてください。


最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。


最近話題のキーワード

退職の前に読むサイトで話題のキーワード


退職 仕事 取られる 退職方法 円満退社 退職マナー 転職 メール 相談 会社 服装