親孝行せずに多くの人が後悔してる?今からできる親孝行11選!

親孝行せずに多くの人が後悔してる?今からできる親孝行11選!

親孝行をすることはできていますか?「親孝行したいときに親はなし」ということわざにあるように、親孝行をしようと思った頃に、親は亡くなっていて後悔してしまう人は少なくないです。なので、この記事を読んだ今から親孝行を始めよう。親が喜ぶ親孝行を11選を紹介させて頂きますので参考にしてみてください。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

あなたは親孝行をしていますか?自分を産んで育ててくれた両親に、感謝の気持ちを伝えたことはありますか?親孝行をしようと思った時に、すでに親が他界していたなんてことがないように思い立ったらすぐに行動しましょう。今回は、今すぐにでもできる親孝行の方法なども含め11個ご紹介します。

【調査結果】親孝行をしていますか?

社会人を182名を対象に、「親孝行をしていますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。


とてもしている:4%

それなりにしている:19%

少しだけしている:36%

全くしていない:41%


調査の結果、親孝行を全くしていない人が41%いることが分かりました。

親孝行

普段から、「親孝行こをしよう」と考えて行動できる人もいます。しかし、考えているだけで行動できない人も多いでしょう。はじめに、そもそも親孝行とは何なのか、また親孝行に関することわざを2つご紹介します。

親孝行とは?

「コトバンク」では、親孝行の意味を以下のように述べています。

 

”親を大切にし、真心をもってよく尽くすこと。また、そのさまや、その人。”

引用:コトバンク

 

自分を産み育ててくれた親に対して、敬い、心から尽くすことが「親孝行」です。親孝行という言葉は学生の頃から知っている人もいるでしょう。しかし、実際に親孝行を意識して行うのは、社会人になってからという人が多いです。

 

「doda」は、20代の男女300人に対して以下のようなアンケートを行いました。

 

・親孝行をしたいですか?

「したい」…78% 「したくない」…22%

 

・社会人になってから親孝行をしましたか?

「した」…65% 「していない」…35%

 

この結果から、親孝行をしたいと考えてはいるものの、実際に親孝行を実践できていない人が約10%いることが分かります。親孝行をしたいと考えている方は、今すぐに行動できることから始めてみましょう。

 

ここで、親孝行に関することわざを2つご紹介します。

親孝行したいときに親はなし

「親孝行したいときに親はなし」ということわざは、子供が親の愛のありがたみを理解し、恩返しがしたいと思うような年齢になったときには、すでに親は亡くなっているということを意味しています。

 

例えば、自分が学生の頃は親に反発し、親の言うことを聞かない子供だったとします。やがて、自分も大人になり結婚し子供が生まれます。自分の子供が、親である自分の言うことを聞かずに育児に悩んでいるときに、「自分の親も、自分のことを愛情持って育ててくれたのだ」と気づくでしょう。

 

そして、自分をここまで育ててくれた親に恩返しがしたい、心から尽くしたいと願ったときにはすでに自分の親は亡くなっているのです。このように、親孝行したくても親がいないのでは、親孝行することも感謝を伝えることもできません。こうした後悔がないように作られたことわざが「親孝行したいときに親はなし」となります。

親捨てた報いで子にも捨てられる

もうひとつのことわざは、「親捨てた報いで子にも捨てられる」です。言葉通りの意味ですが、自分自身が親を見捨て何もしなかった場合、自分の子供はその背中を見て育ち「自分も親の面倒を見る必要はない」と判断するでしょう。

 

つまり、「親を捨てた」という行為が、そのまま自分に返ってくるということです。逆に、親の面倒を見ている場合、自分の子供はその背中を見て育つため、「自分も親が老いたら面倒を見る」と決意して大人になっていきます。

 

この2つのことわざからも、親孝行できるうちに行動しておいた方が良いことが分かりますね。

親孝行できない後悔

実際に、「親孝行したいと考えていたのに、親孝行できずに親が亡くなってしまった」と言う人は多いでしょう。ここでは、親孝行ができない「後悔」について述べていきます。

日本人の平均健康寿命

皆さんは、日本人の平均健康寿命をご存知でしょうか。厚生労働省が発表している、日本人の平均健康寿命と平均寿命を以下にまとめました。

 

平均健康寿命(2016年調査)

男性:72.14歳

女性:74.79歳

平均寿命(2018年調査)

男性:81.25歳

女性:87.32歳

(参考:厚生労働省ー健康寿命の延伸・健康格差の縮小

(参考:厚生労働省ー平成 30 年簡易生命表の概況

 

「平均健康寿命」とは、日常生活に制限がなく自分で生活ができる健康的な寿命という意味です。誰にも迷惑をかけることなく、自由に生活できる寿命が男女ともに70歳前半ということで、非常に短く感じますね。

親と過ごせる時間は想像以上に短い

前述の通り、平均健康寿命は「男性72.14歳」「女性74.79歳」です。ことわざでもあった通り、親孝行したいと考える頃には親もそれなりに老いています。

 

24歳前後で自立し、1人暮らしをする人も多いでしょう。そこで人生のパートナーを見つけ、結婚し子供を授かる。自分の新たな家族がスタートし、どんどん親と過ごす時間は減っていきます。

 

「平均健康寿命まであと20年くらいあるから大丈夫」などと軽く考えていると、後悔することになるでしょう。あくまでも「平均」ですので、持病が悪化したり交通事故に遭われたりして、健康な体ではなくなることもあるのです。人間はいつ何があるか分かりませんので、親孝行したいと思い立ったときに行うことをおすすめします。

親孝行を十分にできなくて後悔する人は多い

「私は親孝行している」と思っていても、実際に親が亡くなったときに「もっと親孝行してあげればよかった」などと後悔する人は非常に多いです。親孝行は様々な形がありますが、一番は「親が喜ぶこと」が良いでしょう。自分だけが満足していないか、今一度考え直してみましょう。

 

後悔のない親孝行をして、残りの人生幸せに生きてもらいたいですよね。

喜ばれる親孝行のポイント

ここで、喜ばれる親孝行のポイントを4つご紹介します。以下のポイントを意識して、親孝行を考えましょう。

健康で幸せでいること

まず、親孝行の大前提として、子供が健康で幸せに暮らしていることが大切です。どんなに子供が親に尽くしてくれたとしても、子供が病気がちだったりプライベートがうまくいっておらず不幸になっていたら親孝行ではありません。

 

例えば、子供が病気をしながら親孝行をしたいと考えて、「親を旅行に連れて行く」計画を立てるとします。しかし旅行に行っても子供の体調が心配で、親は旅行を楽しむことはできないでしょう。まずは、自分の健康と幸せを考えることが重要だと言えます。

気持ちを伝えること

喜ばれる親孝行とは、素直にこれまでの感謝の気持ちを伝えること。親は、子供に何かをしてほしいとは考えていません。先にも述べたように、自分の子供が健康で幸せに暮らしているだけで、親は幸せな気持ちになるものです。

 

金銭的に余裕がなく、何かを買ってあげるなどの親孝行ができないという人は、ぜひ感謝の気持ちを伝えてみましょう。「ここまで大きく育ててくれてありがとう」「お父さん、お母さんのおかげさまで、今こうして幸せな生活がある」などと気持ちを伝えることで、かけがえのない親孝行になります。

親に心配をかけずに自立すること

親に心配をかけずに、自立することも親孝行の大前提といえます。そもそも自立していなければ、心配をかけてしまい親孝行どころではないからです。

 

例えば、親を敬い心から尽くしていたとしても、自分自身が親にぶら下がっているニートだった場合「親孝行している」とはいえません。親からすれば「自分たちが老いて亡くなった後、子供が一人ぼっちになってしまう、お金も稼いでいないのにどうやって生きて行くの?」と不安だらけです。親孝行するのなら、まずは自立しておくことが大切ですね。

会える機会を増やすこと

親は子供の顔を見れるだけで幸せです。しかし、子供も大人となり社会に出て働いていると、親とわざわざ会う機会を設けることは少なくなります。

 

そこで、喜ばれる親孝行とは会える機会を増やすことです。電話や手紙ばかりではなく、実際にあってご飯でも食べながら会話をしましょう。初めは気恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、会う回数を増やしていけば会うことが普通になります。親も健康的に生活できる時間が限られていますので、残っている時間を大切に過ごしましょう。

親が喜んでくれる親孝行11選

最後に、簡単にできる親孝行から、大きな親孝行まで合計11個の方法を具体的にご紹介していきます。どうすれば親孝行ができるかを悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

一緒に旅行へ行く

親を連れて一緒に旅行へ行きましょう。これは定番の親孝行ですが、多くの人が喜んでいます。社会人になって初めてもらったボーナスで旅行に連れて行くのも良いでしょう。また、社会人を数年経験して、親がどうやって稼いで自分を育ててくれたのかが実感できたところで旅行に誘っても良いですね。

 

実家で過ごす時間とはまた別の「家族の時間」が出来上がります。親は、子供が大きくなるに連れて家族で旅行に行くことが減り、寂しく思っているはずです。そこで「一緒に旅行に行こう」と誘えば、親も喜んでくれるでしょう。

一緒に食事をする機会を増やす

前述の通り、会える機会を増やすことはとても大切です。ただ会うだけでは何を話せばいいのか分からないという人も多いでしょう。そこで、一緒に食事をする機会を増やすのがおすすめです。

 

人間は、食事をしている時が心を開きやすいといわれています。ただ親と会話をするのではなく、美味しいご飯を食べながら話を進めましょう。

昔話をたくさんする

「昔、よく転んで怪我をしたよね」「小さい頃は歌が好きで、歌手になるって言ってたよね」など、親との会話に昔話を混ぜても良いでしょう。親にとって昔話は、子の小さい頃を思い出し、想いを馳せることができます。懐かしい思い出を思い出し、「ここまで大きく育ってくれたのだ」と感動するかもしれません。

日々、感謝の気持ちを伝える

簡単にできる親孝行として、感謝の気持ちを日々伝えることもおすすめです。ものをもらうことや旅行に連れて行くなどのことは、親が遠慮してしまうことも考えられます。しかし、普段から「ありがとう」の気持ちを言葉にして伝えることで、親は何も遠慮することなく親孝行を受け取れますよね。

 

日々、感謝の気持ちを伝えるということは、「育ててくれてありがとう」などの大きな感謝ではなく、「ご飯を作ってくれてありがとう」「体の心配をしてくれてありがとう」などの日常的な感謝の気持ちを伝えるということです。小さなありがとうでも、普段言わない子が言うと嬉しく感じるでしょう。

自分は健康で幸せに暮らしている近況報告をする

先にもご説明した通り、親孝行の大前提として、自分が健康的で幸せに暮らしていることが大切です。そして、健康で幸せに暮らしているということは、自立して実家から出て暮らしている場合、言葉で伝えない限り親からしたら分からないことですね。

 

そこで、親にもきちんと近況報告をしましょう。「自分は風邪もひかずに仕事を頑張っている」「今度素敵な人を紹介するね」など、幸せに暮らしていることを伝えることでも親孝行になります。

写真や手紙を送る

すぐに親に会えないほど遠いところで暮らしている人は、写真や手紙を送ることでも親孝行になります。電話では気恥ずかしくて話せないという人でも、手紙ならば素直な気持ちを伝えることができるはずです。

 

手紙と一緒に、自分の写真や旅行に行った写真など、自分の近況がわかる写真を同封するとより喜ばれます。現代は写真や手紙を送るのは古いかもしれませんが、心のこもった温かい親孝行です。

孫と会わせてあげる

親は、子供が大きくなり自分の手から離れると、嬉しい反面寂しさも感じているはずです。子育てという長い仕事を終えて、自分の時間が増えます。そこで、自分が結婚して子供を産み、孫を会わせてあげるのも親孝行ですね。

 

親は、自分の子供が頑張って産んだ孫が可愛くて仕方ありません。自分が子育てしていた頃の大変さとはまた違い、一歩引いて可愛がることができます。第2の子育てが始まったと感じる親もいるかもしれません。

結婚式に招待する

自分の結婚式に招待することも親孝行です。花嫁や花婿になった立派な姿を見れるだけで幸せに感じるでしょう。結婚式では、花嫁が両親への感謝の手紙を読みます。普段の感謝の気持ちを伝えるチャンスです。花婿でも、感謝の気持ちを伝えたい人は、花婿から両親に向けて感謝の手紙を読んでも良いですね。

 

もちろん結婚することだけが全てではありません。自分がプライベートを充実させ、健康で幸せに暮らしている姿を見せることが重要です。

社会のために働いている姿を見せる

社会のために働いている姿を見せる親孝行も良いですね。社会のためというのは、「一生懸命会社に尽くすこと」「ボランティアに参加する」など、何でも良いのです。

 

親は、子供が何かに一生懸命になっている姿を見ることを幸せに感じます。会社でどのように頑張って、どんな成果が出たのかを知ってもらうために、家族が職場を見学できるシステムがあるのなら利用してみるのもおすすめです。

親の介護をする

親が介護を必要としているのであれば、介護を率先してやってあげるのも親孝行です。老後に自分の子供が側にいてくれるだけで、親は安心できます。無理して1人で介護を続けることはありません。自分の家族に協力をお願いしたり、介護施設などを上手く利用してストレスの少ない介護をしてあげましょう。

親より長生きする

何よりも一番大切なのが、親よりも長生きをすることです。人生何があるかは誰にも分かりません。突然、事故に巻き込まれることなど予期せぬ事態は避けられませんが、健康に生きることだけは誰にでもできます。

 

親より早く死んでしまうのは「親不孝」です。子供のお葬式を行う親は、悲しみに耐えられないでしょう。親よりも長生きすることが最大の親孝行といえそうです。

まとめ

今回は、親孝行とはどんなものか、具体的な親孝行の方法をご紹介してきました。ことわざでもあった通り、親孝行したいと考えた時には、すでに親の健康寿命が過ぎていたということのないように早めに行動しましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


親孝行

最新の投稿


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。


異動したいけどできない時の行動や言い方のコツとは!?

異動したいけどできない時の行動や言い方のコツとは!?

「異動したいけど…なかなか言えない」「異動したいのに聞き入れてもらえない」と悩んでいる人もいるでしょう。会社を辞めるまではいかないけど今の職場環境は嫌だから異動したいという人も多いでしょう。この記事では異動したいときに取るべき行動や言い方のコツを紹介します。


最近話題のキーワード

退職の前に読むサイトで話題のキーワード


退職 仕事 取られる 退職方法 円満退社 退職マナー 転職 メール 相談 会社 服装