仕事を取られると不安に感じるのはなぜ?原因とその解決策!

仕事を取られると不安に感じるのはなぜ?原因とその解決策!

後輩や同期に仕事を取られる…と悩んでいる人は少なくないです。本来ならば、仕事を引き取ってもらえるのは、自分の担当しなければいけない仕事の量が減るので嬉しいことでしょう。しかし、多くの人は仕事を奪われてしまうことで不安に感じるようです。この記事では、仕事を取られて不安に感じる理由とその対処法を紹介していきます。

社会人にオススメYoutube動画
⬇︎『鬼滅の仕事人』⬇︎


「なぜあの人は私の仕事まで手を出してくるの?」「後輩がどんどん仕事を覚えていき、自分の仕事を取っていく」など、仕事を取られることで悩んでいる人も少なくありません。「仕事を取られる=自分の仕事が減る」ということですので、あまりやる気がない人からしたら「ラッキー」と感じるでしょう。しかし、悩んでいる人は仕事に対してやる気があるということです。今回は仕事を取られてしまう理由や、相手側の理由、また対処法についてご紹介します。

仕事を取られると不安に感じる理由

仕事を取られてしまうということは、自分の仕事が減るということです。「仕事が減ってラッキー」などと感じる人も多いですが、反対に不安を感じてしまう人もいます。はじめに、仕事を取られてしまった時に不安に感じる理由を考察してみましょう。

仕事を終わらせられないことに申し訳なさを感じるから

仕事を取られてしまうということは、周囲から「仕事が回っていない」と判断されている場合があります。そして、自己肯定感の弱い人は、「自分の仕事なのに、自分で終わらせることができなくて申し訳ない」と感じてしまうでしょう。このような場合、「仕事を取られた」と感じるよりは、「仕事を手伝ってくれている」と感じることが多いかもしれません。

仕事ができないと人だと思われるから

誰かに仕事を取られると、周囲から「仕事ができない人だ」と思われるのが怖くて不安に感じてしまう人もいます。

仕事を奪っていった人にもよりますが、「この人は仕事のスピードが遅いから私がやろう」という気持ちで奪っていったのか、「この人はたくさん仕事を抱えているから手伝ってあげよう」という優しい気持ちで仕事を持っていったのかは分かりません。しかし、周囲から見たら「あの人は仕事を手伝ってもらっている=仕事ができない人」と見られてしまう可能性は十分にあるでしょう。

自分の仕事がなくなり暇になってしまうから

自分の中で、「いつまでにこの仕事を終わらせるからこのペースで進める」などといった自分ルールがあり、その仕事しか持っていなかったとします。このような状況で同僚や先輩などが「私がやるからいいよ」などと言って仕事を奪っていったら、自分がやる仕事がなくなってしまい暇な時間を過ごすことになります。

好きなことができない就業時間中に暇になることは、精神的に疲労する原因です。「暇疲れ」という言葉があるように、人は暇な状態が続くと疲れてしまいます。暇にならないためにも自分でペース配分して仕事をしていたのに、仕事を取られてしまったら不安になってしまいます。

自分が情けなく感じてしまうから

「自分は、誰かに手伝ってもらわなければ仕事を終わらせることができないのか」などと情けなく感じてしまうこともあるかもしれません。周囲の人が、「この人は一人で仕事を処理できない」と判断して手伝っている場合、自分のことが情けなくなってしまいます。

そのように不安を感じたくないという人は、同僚に仕事を取られることは避けようとするでしょう。

後輩に抜かされる不安を感じるから

後輩が「先輩、私はこちらの仕事が終わったので、先輩の仕事を手伝います」などと言って、後輩に仕事を取られることも考えられます。本当に優しさで手伝うと言ってくれているのなら良いですが、「私は先輩の仕事を手伝う余裕がある」と上司へのアピールとして利用されていることもあります。

後輩というのは、多くの場合自分より年齢が若く仕事を覚えるスピードも早いため、後輩のことを脅威に感じる方も少なくはありません。

自分の存在価値を見出せなくなるから

自分の仕事が取られてしまった人は、自分の存在価値がわからなくなっている可能性もあります。せっかく上司から自分に任された仕事なのに、他の人が自分の代わりにやってしまうと「自分は何のためにこの会社に入社したのだろう」などとマイナス思考に陥ることもあるかもしれません。

中途半端に仕事を進められても困るから

その仕事の全容を自分が一番よく把握している場合に、周囲の人が勝手に仕事を取っていってしまうと、中途半端に進められてしまうのではないかと不安を感じることもあります。

自分の仕事なのに、自分が把握できないところまで進められてしまうと、自分の責任の範囲を超えてしまいます。しかし社会人としては「勝手に進められたことなので知りませんでした」というのは通用しません。そのため、勝手に中途半端に仕事を進められてしまうと困ってしまうのです。

仕事を取られてしまう人の特徴

次に、仕事を取られてしまう人の特徴についてご紹介しましょう。

本来ならば仕事が減るのは良いこと

冒頭でも述べましたが、仕事を取られる=自分の仕事が減るということです。それは、本来ならば良いことだと考えられます。なぜなら、自分の仕事が減ると、給料は変わらずに精神的にも体力的にも楽になるからです。多くの仕事を抱えている人は、精神的にも追い詰められて残業続きで体力的にも疲弊します。

人間関係の悪くない職場ならば、仕事を多く抱えている人がいれば手伝ってくれることがあるでしょう。しかし、先にもご紹介したような、仕事を手伝ってもらうことを「取られた」と考え不安に感じる人も少なくありません。本来ならば、仕事が減ることは良いことのはずですが、そうは思わない人もいるのです。

余裕を持って仕事をしていない人

余裕を持って仕事をしていない人は、周囲に仕事を手伝ってもらうことが多いでしょう。余裕を持つというのは気持ち的にも言えることですが、仕事上での余裕というのは期限に余裕を持たせて終わらせるといったことです。

いつも期限ギリギリに仕事を終わらせていると、周囲の人からは「あの人はいつも期限ギリギリで仕事に余裕がないから手伝ってあげよう」と思われてしまいます。このような状況が毎回続くようであれば、「あの人は仕事が遅いから私たちでやってしまおう」となり自分にはあまり仕事を振ってもらえなくなるかもしれません。

仕事でミスばかりしている人

仕事でミスばかりしている人は、仕事を取られてしまうことが多いでしょう。これは、取られるというよりかは「任せてもらえない」という言葉が合っているかもしれません。仕事でミスを繰り返している人に、大切な仕事を任せたいとは思わないですよね。

もし、仕事でミスばかり繰り返してしまっているという人は、「どうしたら同じミスを起こさないのか」などの対策をしっかりと考えておく必要があります。

仕事のやる気が感じられない人

仕事のやる気が感じられない人も、周囲の人に仕事を取られてしまうことがあるでしょう。これも、先にご説明した「仕事でミスばかりしている人」と同じです。仕事に対してやる気のない人に仕事は任せたくないと感じてしまうのは当然のことです。

ただし、仕事にやる気がない人は、仕事を取られてしまった際に「仕事が減ってラッキー」と感じることが多いかもしれません。仕事を取られてしまって悔しさや不安を感じているのは、仕事に対してのやる気がある場合です。やる気のない人は、「取られた」と感じることはないでしょう。

会社や上司から評価されていない人

会社や上司から評価されていない人も、仕事を取られてしまう可能性があります。評価されていない人というのは、自分の努力が単純に足りていないことや、努力しても結果がついてこないケースが考えられます。

評価されていない人がいるということは、反対に評価されている人もいるということでもあります。評価されている人は、仕事を取っている気はないけれど結果的に仕事を奪っている可能性もあるのです。そのような場合、評価されていない人からしてみれば、仕事を取られたと感じてしまうかもしれません。

同僚、上司、後輩が仕事を取ってしまう理由

それでは、反対に同僚や上司、後輩が仕事を取ってしまう理由を考えてみましょう。どうして仕事を取るのか理由がわかれば、「取られた」と卑屈に考える必要はないかもしれません。

前職での経験があり仕事が早い

相手が中途採用などで前職の就業経験があり、仕事を終わらせるスピードが早い場合が考えられます。自分の仕事を早楽終わらせてしまい、周りを見渡したら仕事がまだ終わっていない自分が気になり「手伝いましょうか?」と声をかけてくれているのです。

しかし、注意していただきたのは、自分に何も声をかけずに勝手に仕事を始めてしまう人です。これは手伝うという行為ではなく、ただ仕事を取っているだけ、仕事が早いと上司にアピールするだけの可能性が高いため気をつけましょう。

仕事が遅い人に任せたくない

自分の仕事を進めるスピードが明らかに遅い場合、周囲の人は「仕事が遅い人に任せたくない」と不安に感じます。そして、自分の仕事が途中でも「これは私が引き継ぎます」などと言われて仕事を取られてしまうでしょう。

多くの仕事はチームプレーです。あなたが自分のペースで終わらせようと考えていた仕事も、早く終わらせないと他の人に迷惑がかかる場合もあります。常に仕事のスピードが遅い人は、仕事を任せたくないと思われてしまうことになるでしょう。

善意で仕事を引き受けている

「余裕のある人が、余裕のない人の手伝いをしてあげる」などと善意な考えで仕事を引き受けている人もいます。これはあくまでも「仕事を取っている」わけではなく「引き受けている」のです。善意がある場合には、相手から「これは手伝ってあげようか?」「何か私にできる仕事はありますか?」などの問いかけがあることが多いため分かりやすいでしょう。

このような問いかけがなければ、その人は自分のことを「仕事ができない人」だと見ている可能性があります。

仕事ができるアピールをしたい

「何かお手伝いしましょうか?」などと優しい問いかけをしてきたとしても、なかには上司などに自分が仕事できるアピールをしたいがために近づいてくる人もいます。営業職のように結果が目に見える職種ではないと、「仕事ができる=さばく仕事量」という考え方も多いです。

上司の前で、自分の仕事を完璧に終わらせて他人の仕事を手伝っている様子を見せれば、「さばく仕事量が多い」と評価してもらえるため、アピールのために仕事を奪っていく人も珍しくありません。

仕事を取っていく人への対処法

自分の仕事をどんどん奪っていく人に悩んでいる人は、以下4つの対処法を試してみてください。

感謝しつつも自分でやるよと言う

仕事を奪われそうになった際には、感謝しつつ「ありがとうございます。しかし、大丈夫です。自分でできます」と丁寧にお断りしましょう。

ここで重要なのが、一度感謝をすることです。相手が善意を持って「手伝うよ」と言ってくれている場合に、ただ断るだけでは気分を害してしまうかもしれません。また、相手に悪意があった場合にも感謝をしておくことで、自分の方が大人の対応ができていると自信に繋がるからです。

自分自身で断る勇気がある人は、必ず感謝の言葉を添えてから丁寧にお断りしてみましょう。

他のタスクを指示する

もし、仕事を取られそうになった際には、自らが仕事の指揮をとり、その人に対して他のタスクをやるように指示を出しましょう。これは、自分の方がこの仕事をより理解していると示すためです。

「手伝ってくれてありがとうございます。では、◯◯さんはこちらの仕事をお願いしても良いですか?」などと丁重にお願いすることで、人間関係を崩さずに仕事を奪われることを回避できます。

仕事が減ってラッキーだと思うようにする

仕事を取られることを悪いこととは考えずに、「仕事が減ってラッキー」「これで楽になる」などとプラスに考えるのもひとつの手段です。

自分の仕事が減れば、仕事中に期限に追われることも少なくなり、ゆっくりと落ち着いた状態で業務をこなせます。さらに定時で帰宅し、プライベートを充実したものにできますね。家族との時間を大切にすることも可能です。

仕事が減るということは、精神的にも体力的にも楽になり、仕事とプライベートを両立できるようになるためラッキーだと考えてみてはいかがでしょうか。

自分は他のタスクを進めるようにする

もし、相手が悪意を持って、自分には一言も声をかけずに自分の仕事を奪っていってしまう場合は、取られてしまった仕事はその人に任せて自分は他のタスクを進めましょう。

取られてしまった仕事が最後で、自分ができる仕事がなくなってしまったという人は、上司に「他にできる仕事はありますか?」と訪ねてみましょう。そこで手持ちぶたさになっていると印象はよくありません。自ら上司に仕事がないか訪ねておくことで、積極性があると評価してもらえる可能性があります。

仕事が合わないと感じた場合は転職

仕事を取られる原因として、自分の仕事のペースが遅く周囲に迷惑をかけているという人は、自分が楽しく働ける職場へ転職するのもおすすめです。現代は、転職するのは当たり前という時代ですので多くの方が転職を経験しています。仕事が自分に合わないから転職したいという人も珍しくありません。

もし、転職を検討しているのであれば、必ず「転職エージェント」を活用しましょう。転職エージェントでは、自分に合う求人を紹介してくれます。担当エージェントと「自分の強みはどこなのか」「自分が働きたい職種は何か」などの話し合いを重ね、本当に自分にあった転職先を一緒に探してくれる転職の強い味方です。

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書などの書類対策や面接対策なども行なっているため、一人で転職活動するよりもずっと心強いです。転職エージェントの登録は無料ですので、複数の転職エージェントに登録しておくとスムーズに転職活動が行えます。

まとめ

職場には、様々な性格の人が集まります。そこで、自分に嫌がらせをするかのように、自分の仕事を奪っていく人もいるでしょう。そういった人には、本記事でご紹介したような対処法を実行してみてください。また善意で仕事を手伝ってくれている人に対しても、自分が仕事を取られることに不安を感じているのなら、感謝しつつお断りしましょう。

もし、自分一人では解決できないような場合には、上司に相談してみるのも良いですね。部署を変えてもらうなどして対処してくれるかもしれません。

⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる
社会人にオススメYoutube動画
⬇︎『鬼滅の仕事人』⬇︎

この記事のライター

関連するキーワード


仕事 取られる

関連する投稿


仕事で板挟みになったときは?やり過ごす解決策や逃げ出す方法!

仕事で板挟みになったときは?やり過ごす解決策や逃げ出す方法!

仕事上の人間関係トラブルでは、当事者たちだけではなく板挟みとなってしまっている周りの人たちまで傷つくことがあります。例えば、管理職と現場でトラブルが起きた場合にそれを繋いでいた人たちが板挟みにあい、被害を被るということはよくあります。この記事では、そのような場合の解決策を紹介していきます。


仕事をなめている人の特徴5つと対処法4選!部下の教育方法は?

仕事をなめている人の特徴5つと対処法4選!部下の教育方法は?

「あの新人、仕事をなめてる」「あの人いつもやる気ないよね」など、あなたの周りにも仕事をなめている人がいるかもしれません。仕事をなめている人が周囲にいると、空気を悪くし、やる気のなさが伝染してしまうため良い環境とは言えません。今回は、仕事をなめてやる気のない人の特徴や、その状態で働き続けるとどうなるのかを当人目線と会社目線でご紹介します。最後には対策もご説明しますので、ぜひ試してみてくださいね。


仕事についていけない…辛い日々に耐えれなくなった時の対処法!

仕事についていけない…辛い日々に耐えれなくなった時の対処法!

仕事についていけないと悩んでしまっている人は少なくないでしょう。自分だけが仕事についていけていないと、自身のプライドが傷つけられたり、他の人や会社に迷惑をかけてしまっていると不安になってしまいます。この記事では、仕事についていけない人の対処法を紹介していきます。


仕事で評価されないと悩んでいるあなたへ!評価されるための対策

仕事で評価されないと悩んでいるあなたへ!評価されるための対策

仕事で評価されるためにはどうすればいいのでしょうか?あなたの会社での評価が低い理由や原因、そして会社や仕事で評価される人間となるための対策を紹介します。仕事や会社で良い評価を得られるようになるためにも参考にしてみてください。


仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛すぎる…と悩んでいませんか?仕事で怒られる理由としては、自分がミスをした場合や上司が理不尽にキレている2つの理由があると思います。この記事では、仕事で怒られてしまう理由と正しい対処法を紹介していきます。


最新の投稿


職場にいる嫌いな人の存在がストレス!?嫌いな人の対処法!

職場にいる嫌いな人の存在がストレス!?嫌いな人の対処法!

職場に嫌いな人がいると仕事に集中できなかったり、楽しんで仕事を進めることができなかったりすると思います。しかし、職場には好きな人ばかりいるということの方が稀で、多くの場合には、価値観が合わなかったり、生理的に受け付けないような人がいるでしょう。この記事では、職場にいる嫌いな人の対処法を紹介します。


ダメ上司への愚痴が止まらない?ダメ上司との上手な付き合い方!

ダメ上司への愚痴が止まらない?ダメ上司との上手な付き合い方!

ダメ上司の部下になるとストレスが溜まります。ついつい、仕事ができない上司、無責任な上司、高圧的な上司についての愚痴を漏らしていませんか?この記事では、ダメ上司の部下になってしまっている人のための、上司との付き合い方について説明しています。


ムカつく上司へのイライラが止まらない!?ムカつく理由と対処法!

ムカつく上司へのイライラが止まらない!?ムカつく理由と対処法!

ムカつく上司へのイライラで仕事は進まないし、ストレスは溜まるしで困っていませんか?このような悩みを持っている人は少なくないです。この記事では、上司にムカついてしまう理由とその解決方法を紹介していきます。


【転職プロナビ】あなたにピッタリの転職エージェントを診断!

【転職プロナビ】あなたにピッタリの転職エージェントを診断!

転職活動の悩みを解決するためのサービス「転職プロナビ」についてご説明します。転職成功者の80%以上が最低3エージェント以上登録していると言われるほど、転職エージェントを利用するメリットは大きいです。転職プロナビではあなたにピッタリのエージェントを紹介することができます。この記事では、詳しい使い方を説明してきます。


男社会をどのように生きる?男社会の特徴と生き抜くポイント!

男社会をどのように生きる?男社会の特徴と生き抜くポイント!

古くから男社会に悩まされる人は少なくないのではないでしょうか?上下関係に厳しかったり、明らかに理不尽な暗黙の了解が定められていたりと耐えられなくなる人は少なくありません。この記事では、男社会の特徴と生き抜くポイントを紹介していきます。