嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいても気にする必要はありません。会社には様々な性格の人が入社してくるため、そもそも全員と仲良くするのは難しいことです。大切なのは、その同期に対して自分がどのように付き合っていくかです。こちらの記事では様々な対処法を紹介します。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

嫌いな同期と無理して仲良くする必要は無い

会社は友達を作る場所では無い

そもそも会社というのは、仕事をするために行くところであり、友達を作りに行くところではありません。

したがって、同期の中に嫌いな人がいたところで基本的には何の問題もありません。

ただ、場合によっては同期でチームを組んで仕事を行なっていくなど、同期と頻繁に関わりながら仕事を進めていかなくてはいけないという状況も考えられます。そうした時に、「嫌いだから」という理由で業務に支障をきたすようでは社会人として問題があります。

その場合には何かしらの対処をしていく必要があります。詳しくは、後ほど紹介していきますので参考にしてみてください。

同期は選べない

世の中には多数の企業が存在し、それぞれの企業に対して様々な性格の人が入社します。

入社して同期となったメンバー全員が自分と合う人だけであれば、それが一番の理想かもしれませんし、そうなれば、人間関係に悩むこともなく、会社に行く毎日も苦痛では無いと思います。中には、そのような職場に恵まれた方もいるとは思います。しかし、実際には「同期は自分と合う人しかいない」というケースは多くは無いでしょう。

企業には全国の大学から多くの人が入社し、企業によっては同期が数十人、数百人という人数にもなり得ます。人数が多くなれば、それだけ自分と合わない人も多くなりやすくなってきます。

どんな人を入社させるのかは、企業の判断で決め、自分が選ぶことは出来ません。自分と合わない人が出てきてしまっても、それは当然のことなのです。

全員と仲良くするのは難しい

上記したように、会社には自分と合わない人がいてもおかしくありません。自分と合わない人が出てくる以上、全員と仲良くするのは必然的に難しくなってしまいます。

自身の学生時代を振り返ってみてください。クラスメイトの30~40人全員と仲良く出来ていたでしょうか?中には、全員と中が良かったという人もいるとは思います。

しかし、ほとんどの方は多少なりとも苦手な人や嫌いな人がいたのではないでしょうか。学生の時に出来ていなかったのに、社会人になったからといって急に出来るとは考えにくいです。

新卒の同期の繋がりは大事?

看護師などの職場では大切な場合も

「新卒の同期は大事にしとけよ」などと先輩に言われることもあるかもしれません。

確かに、大学を卒業して最初の会社ということで、社会人に慣れていない中、そこで一緒に働く同期とは仲良くなりやすいかもしれません。そうすると、今後も長い付き合いになっていくことも考えられます。

しかし、新卒の同期だからといって「仲良くしなきゃ」などと気負う必要は無いと思います。自分と気が合えば自然と仲良くなりますし、そうでなければ無理に仲良くしようとする必要は無いです。

ただ、看護師などの女性の多い職場だと、割に先輩が厳しかったりすることが考えられます。そうした時に同期の中で愚痴を言い合ったり、相談出来るような仲の人がいると、仕事のストレスの発散や悩みの解消に繋がったりするので大切にした方が良いという意見もあるようです。

同期を嫌いになってしまう理由

性格が合わない

基本的に、性格が合わない人と仲良くすることは難しいかもしれません。余程、性格が合わないと嫌いにはならないと思いますが、同期だからといって無理して相手に合わせる必要もないので、仕事以外では極力関わらないようにするなどして、自分でその人との距離を調節出来ると良いでしょう。

自分より仕事が出来る

自分よりも仕事が出来る同期に対して、嫉妬して嫌いになる場合もあるようです。

原因は、単に自分が仕事を出来ないからです。同期の方が自分より仕事が出来ると、上司に比べられてしまう可能性もありますし、自分自身決して良い気分ではないとは思います。気持ちは分かりますが、嫌いになられた同期からすればいい迷惑です。その同期を超えることを目標にして、ひたすら頑張るより他はありません。

仕事が出来ない

あまりにも仕事が出来ないと、それを見てイライラしてしまう人もいると思います。

本人もワザとそうしている訳では無いと思います。こちらが意識しすぎることでストレスを溜めても仕方がないので、自身の仕事に影響が無い限りでは放って置くのが一番でしょう。

話がつまらない

自分に対して頻繁に絡んでくるのに、話の内容が全てつまらないと、その人と関わりたく無いと思うのも仕方がありません。

本人は自分の話をつまらないとは思っていないでしょうし、話しかけてくれるということは、こちらを嫌いではないということだと思います。相手に悪気は無いので、自分からは極力話しかけないようにするなどして、相手と話す時間を減らすようにましょう。

人の成果を横取りする

人の成果を横取りする、と聞くと「そんな人いるのか」という方もいると思います。

しかし、中には他人の成果であるにも関わらず、あたかも自分がやったかのように上司に報告し、手柄を横取りする人もいるようです。そのようなことをされて、自分の評価が変わらないのに同期の評価ばかり上がってしまっては誰だって腹が立つはずです。

そんな同期と仲良くする必要は全く無いですし、自分の成果は、きちんと自分がやったと主張しましょう。今後この状況が続いても自身は何ら特をしないのですから。

陰口ばかり言っている

口を開くたびに誰かの悪口や陰口を言っている人と一緒にいると、こちらも良い気分はしないですし、聞いているだけで疲れてしまいます。嫌いになってしまうのも無理もありません。

悪口に同調する必要は無いので、適当に相槌するなど受け流しておきましょう。

冷たい態度を取られる

こちらは何もしていないのにも関わらず、素っ気無い態度や冷たい態度を取られて困っているという人もいると思います。

原因は分かりませんが、こちらのことを良く思っていないのは確かだと思います。業務上の最低限のコミュニケーションさえ出来れば問題無いので、こちらから無理して仲良くなろうとする必要もありません。

人によって対応を変える

中には人によって態度を変えてくる人もいます。例えば、女性社員が男性社員の前では良い子演じていて、同期であっても同性の前になると途端に冷たい態度をとって素っ気無くなるなどです。

他にも、先輩や上司の前での態度と同期への態度が明らかに違うという人もいます。誰しもが似たような経験があると思いますが、人によって態度をコロコロ変える人を信頼するのは難しいでしょう。

そのような人は自分で勝手に損得を判断して対応を変えていたりします。ただ、その状況を続けていれば、周りも徐々にその人の本性に気付いたりするものです。こちらはどうすることも出来ないので、放っておくのが良いでしょう。いずれ誰からも信用されなくなります。

仲間外れにしてくる

例えば、同期で飲み会をする時に、自分の気に入らない人は誘わないという人がいます。ここで言っているのは、仲の良い同期と個人的に飲みに行っている場合ではなく、沢山いる同期の中で1人、2人をワザと仲間外れにして呼ばないというような場合です。

つまり、自分が気に入っている同期にだけ声を掛け、嫌いな人は無視ということです。

そんな人は嫌われて当然なのですが、意外にも他の人達には好かれているという場合もあります。自分が仲間外れにされた時はもちろんですが、他の同期の仲間が仲間外れにされていることを知った際には、今後の付き合い方を考えた方が良いかもしれません。

嘘の噂を広められる

周りに対して、有る事無い事言いふらす人が中にはいるようです。

同期を陥れるためにしているのか、自分の評価をあげるために行っているのか、詳しい理由は分かりませんが、このような人は誰でも嫌いになると思います。噂の内容があまりに酷いようでしたら、上司に相談するなどした方が自分にとって良いでしょう。

その同期をそのまま放置しておいても良いことなんて何一つ無いです。

同期と関係を悪くする前に知っておいて欲しいこと

ここでは、嫌いな同期との付き合い方を紹介する前に、事前に知っておいて欲しいことをお伝えしていきます。嫌いな同期との付き合い方を読む前に、まずはこちらを読んで頂きたいです。

相手も自分が嫌いだとは限らない

自分のことを嫌いかも分から無いのに、こちらから露骨に距離を置いたり、急に態度を変えたりするのは好ましく無いです。

自分が相手を嫌いだと思っていても、相手は何とも思っていなかったり、むしろ仲良くしたいと思っている可能性もあります。相手も自分のことが嫌いで、お互いに嫌いであれば問題無いかもしれませんが、自分が一方的に嫌いなだけであれば話は別です。

小学生などの子供であればそれでも良いかもしれませんが、こちらは社会人です。まずは大人な対応が出来るように心掛けてください。

周りもその人が嫌いな訳では無い

自分が嫌いだからといって必ずしも他の同期や先輩方までもが嫌いな訳ではありません。

周りは嫌いでも無いのに、自分が嫌いだからという理由で嫌いな同期の悪口を言ったりしていると、逆に自分が周りから嫌われてしまう可能性もあります。自身の勝手な感情で自分が職場に居づらくなってしまっては元も子もありせん。あくまで自分個人の問題なので、職場や周りのメンバーを巻き込まないように注意してください。

嫌いな同期との付き合い方

嫌いな同期とどのようにして付き合うべきか、悩んでいる方もいると思います。嫌いな人でも上手に付き合う方法を紹介しているので、是非参考にしてください。

まずは仲良くなる努力をする

「あの同期苦手かもしれない」と思っている方は、まず仲良くすることを考えてみて下さい。自分のちょっとした誤解で嫌いになっていることもあるかもしれません。同期と仲良くしなくても問題は無いと言いましたが、仲が良いことに越したことはありません。

相手のことを良く知っているのであれば話は別ですが、どういう人なのかあまり知らないのにも関わらず「あの人は嫌い!」となってしまっては勿体ないです。

話してみると実は気が合う人だった、ということもあり得ます。いきなり「嫌い」と決めつけるのではなく、まずは、こちらから話しかけるなどして相手のことを理解しようとしてみると良いと思います。

相手の良い部分を探してみる

一度嫌いになってしまうと、相手の嫌いなところばかり意識してしまうと思います。しかし、それでは今後も嫌いになったままで終わってしまいます。そこで、相手の良い部分を探してみるようにしてください。

自分が気づいていないだけで、相手の良い一面に気づくことができるかもしれません。そうすることで、好きにはなれなくても、嫌いではなくなることも考えられます。

嫌いだからといって感情的になるのでは無く、一度冷静になって、客観的に相手を見るようにしてみて下さい。相手の良さが見つけられると、自分の気持ちも変わってくるかと思います。

我慢する

嫌いな相手がいても、仕事上の関係だからと割り切って我慢することも社会人にとっては大切なことかもしれません。

最初にも言いましたが、様々な人と関わって働く以上、苦手な人や嫌いな人が出てきてしまうのは仕方のないことです。「〇〇さんが嫌いだから仕事がうまくいきません」なんてことも許されるはずがありません。

そうした相手に対して「仕事上での関係だから」と割り切って付き合うことができるのが社会人として必要になってくることだと思います。「少し苦手なんだよな」くらいの程度であれば、我慢して仕事をした方が今後のためにもなります。

基本的にどんな職場でも全員が自分に合う人とは限りません。少し嫌いなだけでも「我慢が出来ない」となってしまうと、他のどんな職場に行ったとしても上手くやっていくことは難しくなってしまうでしょう。

距離をおく

嫌いな人がいたらまずは、距離を取ってみるのも一つの方法として良いと思います。

ただ、ここでいう距離をとるというのは、相手に対して「気づかれない程度に距離をおく」ということです。前述した通り、自分が嫌いなだけであって、相手も自分が嫌いとは限りません。

会った時には挨拶をしますし、仕事上で必要なコミュニケーションはとります。ただ、その他の業務外ではあまり関わらないようにするということです。このようにすることが社会人としての理想の対応であると思いますし、少し距離をおくだけかもしれませんが、精神的に楽になってくるはずです。

嫌いなことを態度で表す

こちらが距離をとっても、「相手は変わらず絡んでくる」なんていう場合もあると思います。あまりオススメは出来ないのですが、関わりたく無くてどうしようも無いという方には、相手に分かるように態度に表すのも一つの手段です。

露骨に態度に表すことで、よほど鈍感な人でなければ「避けられている」「嫌われている」と気付くと思います。嫌いであることを直接言うことは難しくても、相手に気付いてもらうことは出来ます。

気付いてもらえれば、今まで以上に相手との関わりを無くすことが出来るので、「どうしても話したくない」などと思っている方はこの方法を試してください。ただ、仕事上のやり取りにまで支障をきたす可能性も考えられます。「どうしても関わりたく無い」という方の最終的な手段として考えてください。

同期が嫌いになった時の対処法

他の人との時間を増やす

仕事では、基本的に職場の人と一緒に仕事をしていると思いますが、嫌いな同期と一緒に働く時間が多いとなると精神的にかなり疲れてしまうかと思います。特に、同期とチームを組んで仕事を行なっているという場合には尚更だと思います。

そのような方は、長い時間同期が近くに居ることが原因ですので、是非他の方との時間を多く作るように意識してみて下さい。周りには他の同期もいると思いますし、先輩でも構いません。同期以外との関わる時間を増やしていければ、それだけ嫌な時間も少なくなってきます。

同期が嫌いで、精神的に疲れているという方は、まずは他の人達との時間を作るようにすると良いと思います。

趣味に打ち込む

趣味であったり、何か気分転換出来るような事があれば、それに打ち込んでみるのも良いと思います。

平日は仕事でストレスが溜まっていると思いますが、休日にそのストレスを発散できるような趣味などがあると、仕事での嫌なことも忘れることが出来ると思います。

「趣味なんか無いよ」という方もいると思います。そのような方でも、難しく考えず、自分の好きなことをするだけでも良いと思います。

例えば、「美味しいものを食べに行く」でも構いませんし、出かけるのが好きな方は「いつもより少し遠くに出かけてみる」というのも良いと思います。心身共にリラックスさせたいという方は、ヨガ教室に行くというのもアリだと思います。

ただ好きなことをしているだけであっても、仕事での嫌なことが忘れられるのであれば、それだけで十分です。また、趣味を通じて新たな出会いがあるかもしれませんし、そうした新たな繋がりも日頃のストレスを忘れるための良いきっかけになっていくと思います。

上司や周りに相談する

「同期が嫌いで何とかしたい」と思っている方は周りの人に相談してみてください。

例えば、上司に相談することで、嫌いな人とは違う配属に変えてくれるかもしれませんし、相手に何か原因があるのであれば、上司から直接伝えてくれる可能性も考えられます。

また、職場のメンバーに相談してみることで、嫌いな同期の知らなかった良い一面が分かるかもしれませんし、客観的な意見を言ってくれると思うので、一度相談してみるというのも良いと思います。

他にも、家族や友人に話すだけでも気持ちが楽になるかと思います。もちろん、「無理にでも相談しろ」ということではありません。ただ、自分が話したい人に話すだけで少しでも気分が晴れるなら、それだけでもやってみる価値が十分にあると思います。

2chなどの掲示板を見てみる

中には、「周りの人には直接相談しづらいな」という方もいると思います。そういう方はインターネット上にある掲示板を見てみるのもオススメです。

例えば「同期 嫌い 2ch」のように検索すると、同じように同期が嫌いという境遇の方が、悩みを相談している掲示板が出てきます。

しかし、そこで同じように相談して欲しいという訳ではありません。自分と似たような悩みの書き込みやそれに対する周りの人達の返信を見て欲しいのです。そうすることで、「自分もこうすると良いのか」など、対処の仕方を知ることが出来ますし、「同期が嫌いな人って結構いるんだな」と気付くことも出来るはずです。

もちろん自分で直接書き込めばそれに対するアドバイスがもらえるかもしれません。しかし、中には心無い返信をしてくる人もいるので、自分が利用する場合には、そのことも承知の上で行なってください。このように人に直接的に相談しない場合であっても、自身の悩みが解消する場合もあるので、「人に直接は相談しづらいな」という方にはオススメです。

嫌いすぎて辞めたい、転職したい時

どうしても無理なら転職するのもアリ

これまで嫌いな同期への対処法をいくつか紹介してきました。

そちらの対処法で、少しでも職場でのストレスが減ってくれるのであれば、こちらとしても嬉しいです。しかし、中には、「嫌いすぎて挨拶すらしたく無い」「顔も見たく無い」という方もいるかもしれません。

色々な方法を試してみても、それでも無理という方は、今の職場を辞めて新たな会社へ転職することも考えてみて下さい。そこまで嫌いな場合だと、仕事中も嫌いな同期を気にしてしまい、自身の仕事に影響を与えていることも考えられます。

一番最初にも言いましたが、会社は仕事をするための場所です。その仕事をやる上で支障があるのなら、その職場で働き続けるメリットは何も無いと思います。そのような環境で働き続けるよりも、心機一転、新しい職場で働いた方がよっぽど有意義な時間を過ごすことが出来るはずです。

ただ、一つだけ覚えておいて欲しいことがあります。それは、転職をして違う職場になったからといって、その職場には嫌いな人が居ないとは限らないということです。

どんな職場でも苦手な人は出てくるものです。その度に会社を辞めたり、転職したりしていては仕方がありません。転職を考えている方は、本当にどうしようも無い時の最終的な方法である、ということを忘れないでおいて下さい。

絶対にやってはいけないこと

嫌いな同期をいじめる

嫌いな同期に対して、いじめや嫌がらせを行うことは絶対にしないでください。

先ほども伝えましたが、あくまで自分個人が嫌いなだけであって、周りの人達も嫌いな訳ではありませんし、相手も自分が嫌いとも限りません。そんな時、急に無視されたり、嫌がらせを受けたら相手はどう思うでしょうか?

職場でのいじめが良く無いことは誰にでも分かるはずです。

また、周りを巻き込んでいじめるようなこともしないで下さい。そもそも周りは関係無いですし、それをきっかけに今後もいじめが起きるような職場になってしまったらこれから入社してくる人達にも迷惑になります。

いじめが起きることで職場全体の雰囲気も悪くなってしまうので、いじめや嫌がらせは絶対にやらないで下さい。

まとめ

職場に嫌いな同期がいないことが理想ですが、こればかりは自分ではどうしようもありません。大切なのは、嫌いな同期に対して、自分がどのように付き合っていくかです。

ここでもいくつか対処法を紹介しましたが、まずは必要以上に意識しないことです。それでも無理な場合は、是非、こちらの記事を参考に自分の取りやすい対応を行ってみてください。

同期との関係が少しでも改善していくことを願っています。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


同期 嫌い

最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。