職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場では様々な人が働いていると思います。色々な人がいれば、人間関係のトラブルや業務上の対立が起きてしまうことはあるでしょう。しかし、職場で喧嘩をしてしまうことには多くのデメリットがあります。この記事では、職場で喧嘩が起きてしまった時の対処法について紹介していきます。

社会人にオススメYoutube動画
⬇︎『鬼滅の仕事人』⬇︎


「職場で喧嘩してしまった、どうしたら良い?」と悩んでいる方もいると思います。職場で喧嘩をしてしまう人というのは、珍しくはないことです。むしろ、どちらかが我慢していて喧嘩する寸前で止まっているということもあるでしょう。今回は、職場で喧嘩をしてしまう原因や対処法についてご紹介します。

よくある職場で起こる喧嘩とは?

「職場で喧嘩なんて、いい大人がするはずない」と思い込んでいる方も多いでしょう。しかし、実際には職場で喧嘩をしてしまったことで悩んでいる人がいたり、同僚が喧嘩していて驚いたなどの声をよく耳にします。

 

はじめに、よくある職場の喧嘩を3種類ご紹介します。

上司、同僚、部下との間で起こる

職場で喧嘩する相手とは、多くの場合上司や同僚、部下です。お互いに全力で仕事に取り組んでいるからこそ起こる喧嘩や、上司からの理不尽な命令に耐えられずに喧嘩してしまうこともあります。

 

稀に、取引先と喧嘩してしまう人もいるかもしれません。取引先は、自分の方が優位な立場だと思い理不尽なことを言いつけてくることがあります。取引先が相手ならば、理不尽なことを言われても流す人が多いでしょう。しかし、やはり自分が我慢できない場合に怒ってしまうこともあるようです。

意見の対立

同じ目標の仕事をしていても、やり方や考え方が違うことで意見が対立し、ついヒートアップして喧嘩になってしまうこともあります。意見の対立で喧嘩をしてしまった場合、どちらか一方が意見を譲るまで続くこともあり、厄介な喧嘩の原因です。


多くの場合、人間関係を良好に保とうとして、喧嘩になる前に自分の意見を譲ります。しかし、自分の意見を曲げない人が複数人揃ってしまったら、意見が対立して喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

人間関係のトラブル

職場でよくある喧嘩として、人間関係のトラブルがあります。例えば、新人をいじめるのが好きなお局さんがいる場合、新人が我慢すれば喧嘩になりません。しかし、新人が我慢できずに言い返したりやり返したりすると喧嘩になってしまいます。

 

また、陰口を誰構わず言いふらしてしまう人は、人間関係のトラブルに巻き込まれやすいです。陰口をたくさん言っていると、相手が激怒して喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

職場で喧嘩はしてはいけない理由

それでは、なぜ職場で喧嘩をしてはいけないのでしょうか?職場で喧嘩をするデメリットをご紹介します。

喧嘩相手と気まずくなる

職場で喧嘩をすると、次の日からも毎日顔を合わせるのに喧嘩相手と気まずい雰囲気になってしまいます。自分以外どうでも良いと考えている人は、喧嘩相手と気まずくなることはないかもしれません。しかし、多くの場合は気まずくなってしまうでしょう。

 

もう二度と顔を合わせない相手と喧嘩をしたのなら別ですが、職場での喧嘩は大抵は翌日からも同じ場所で仕事をします。もしかしたら、業務連絡を伝えなければならないかもしれません。しかし仕事なので、喋らないということはできないので、気まずくとも話しかけに行かなければならないでしょう。

周りからの信頼を失う

職場で喧嘩をすると、周囲からの信頼を失う可能性もあります。職場で周りのことも考えられずに喧嘩をしてしまう=感情的な人という印象がついてしまうからです。感情的な人は、自分の気分が乗っているときは良いですが、落ち込んでいたりすると仕事に集中できないことがあります。

 

つまり、感情的な人は不安定だと判断されてしまうため、大切な仕事を任せてもらえなくなることもあるでしょう。また、子供っぽい人、我慢ができない人などとマイナスのイメージも付いてしまいます。

意見が言いづらくなる

一度、職場で喧嘩をしてしまうと、先にも述べた通りマイナスイメージが付いてしまいます。周囲の自分に対する目が変わり、自分の意見を言いづらくなってしまうでしょう。

 

周囲からは「この人の意見を通さなければ、また感情的になって喧嘩に発展してしまうかもしれない」などと恐れられてしまうケースもあります。自分は誰彼構わず喧嘩をしたいわけではないとしても、周囲の目はすでに変わってしまっているため、自分の意見を言っても通してもらえないこともあるのです。

全体の雰囲気が悪くなる

職場で喧嘩をしてしまった後は、会社全体の雰囲気が悪くなってしまうこともあります。会社全体が、喧嘩した当人に気を遣い、ギクシャクしてしまうでしょう。

 

例えば、会社でグループ分けしてプロジェクトを進める際にも、「前にあの人とこの人は喧嘩したから一緒にしない方が良いな」などと気を遣わせてしまいますよね。はじめのうちは周囲が気を遣ってくれますが、だんだん面倒に感じてくる方もいるでしょう。そうすると、会社全体の雰囲気が悪くなってしまいます。

仕事が進まなくなる

意見が対立して喧嘩をしてしまった場合、その仕事が先に進みません。また、周囲の人も話を丸く収めようと仲裁に入り仕事どころではないでしょう。このように、職場内での喧嘩は仕事の進捗具合にも影響を与えます。

 

さらに、仕事が先に進んだとしても、喧嘩してしまったことや喧嘩相手を気にして仕事に集中できません。自分の仕事に手が付かないという事態になってしまうことも予想されます。

お互いの評価が下がってしまう

自分の中で「あの人は人の意見を聞かない人だ」などと喧嘩をした相手の評価が下がります。しかし、評価が下がるのは相手も同じことです。相手にも「あの人は自分の意見を聞いてくれない人だ」などと思われてしまい、自分の評価が下がります。

 

そして、周囲からの評価も下がるでしょう。先にも述べたように、感情の抑えられない人などのレッテルを貼られて、今後の仕事に影響するかもしれません。

就業規則違反になる

職場で喧嘩をすると「就業規則違反」になる可能性があります。会社では、就業規則の中で風紀を乱す行為を禁止していることが多いです。職場で喧嘩をするという行為は、会社の風紀を乱す行為に当てはまります。

 

つまり、職場で喧嘩をしたら就業規則違反となり、最悪の場合は懲戒処分になる恐れもありますので注意しましょう。懲戒処分といっても減給や出勤停止など様々で、重い処分ですと解雇になることも考えられます。

職場で喧嘩する人の特徴

それでは、どのような人が職場で喧嘩をしてしまうのでしょうか。ここでは、職場で喧嘩をしてしまう人の特徴を見ていきます。

頑固で意見を曲げない人

職場で喧嘩をしてしまう人は、頑固な性格で自分の意見を曲げない人が多いです。自分の考えを曲げることができないため、他人がより良い提案をしてきたとしても受け入れることができません。周囲の人が細部まで説明したとしても、「それでも私はこれがいい、理屈じゃない」などと意見を曲げないことが多いでしょう。

 

また、頑固な人というのは自分から折れることができないため、喧嘩した後も謝罪をすることはありません。謝るようなことがあっても、素直に「ごめんなさい」と口にできないため、余計に周りをイラつかせることもありますね。

すぐに感情的になってしまう人

すぐに感情的になってしまう人も、職場で喧嘩してしまう人の特徴です。他の人が怒らないような些細な出来事でも我慢ができずに、興奮して相手に物申してしまいます。

 

感情的になって怒る人もいれば、感情が入りすぎて涙が出てしまう人もいるでしょう。感情的になる行動は人それぞれですが、些細なことでも自分の感情を抑えることができないのです。周囲からすれば、「あの人はすぐ怒るから話しかけたくない」「あの人は感情的になってすぐに泣いてしまう」と面倒がられてしまっている可能性があります。

高圧的に接してしまう

誰に対しても高圧的な態度をとってしまう人も、職場で喧嘩してしまうことがあるかもしれません。高圧的な態度とは、社長や上司・先輩などの地位が上の人が、地位の低い人に対して立場を利用して偉そうにする態度のことです。

 

高圧的な態度を取られて嬉しい人はいません。日常的に高圧的な態度が続くと、周囲もなるべく関わりたくないと考え、どんどん人が離れてしまう可能性があります。そして、高圧的な態度に我慢ができなくなった同僚と喧嘩になってしまうこともあるかもしれませんね。

ついつい陰口を言ってしまう人

職場で陰口を言ってしまう人は、喧嘩の原因を作ってしまう人です。人はストレスが溜まると、嫌いな相手のことを悪く言ってしまうことがあります。しかし、その数が多くなればなるほど、本人に陰口が伝わってしまうリスクがありますよね。

 

自分の陰口を言っている人のことを良い人とは思えません。言われている側もストレスがたまり、喧嘩の原因となってしまうでしょう。完全に陰口がない職場はなかなかないかもしれません。周りで陰口を言っている人がいる場合には、注意しておくことをおすすめします。

職場で喧嘩する原因

次に、職場で喧嘩する原因を見ていきましょう。

仕事の進め方で意見が食い違う

まず考えられる原因は、仕事の進め方で意見が食い違うことです。先にも述べたように、喧嘩をしてしまう人の特徴として「頑固で意見を曲げない人」を挙げました。職場内に頑固で自分の意見を決して曲げない人がいると、その人が誰かと意見が食い違った際に喧嘩になってしまう可能性があります。

 

例えば、Aプランで仕事を進めていきたいのに対して、自分の意見を譲らない人がBプランを選んだ場合には、何としてでもBプランを押し切ることになるでしょう。自分の意見を曲げない人というのは、上司から注意を受けても曲げない人が多いです。大変な思いをすることになりますので、なるべく関わらないことをおすすめします。

仕事を押し付けられる

自分の仕事が残業するほどにたくさんある状態で、上司や同僚から仕事を押し付けられたら喧嘩になってしまうかもしれません。

 

なかでも、仕事をしない上司は部下に仕事を押し付ける傾向があります。あまりにもひどい場合にはパワハラに当たるでしょう。また、押し付けられても我慢して仕事をこなす部下とは喧嘩になりませんが、我慢の限度を超えてしまった部下と喧嘩になることが考えられます。仕事の押し付けがひどい場合には、上司の上司など他の人に相談しましょう。

仕事の成績を横取りされる

世の中では、仕事の成績を横取りされることがあります。自分が一生懸命努力してきた成績を横取りされてしまったら、怒らない人はいません。

 

よくある状況として、部下が頑張って売り上げてきた成績を、上司が自分の成功のように上司の上司に伝えることがあります。部下からしたら、相手は上司なので簡単には真実を言えないでしょう。しかし、あまりにも頻繁に仕事の成績を横取りされてしまったら、我慢できずに喧嘩になるかもしれません。

 

ここで注意したいのが、職場内で喧嘩をしてしまうと、前述の通りマイナスイメージを持たれてしまいます。そのため、仕事を横取りされたとしても冷静に対処できると良いですね。

馬鹿にされる

仕事の成績を横取りされる事例と同じく、他人から馬鹿にされると怒りたくなります。他人のことを馬鹿にしてくる人というのは、「ふざけているつもり」ということが多いです。反対に、馬鹿にされた方は傷つきますし、怒りたくなります。

 

他人のことを馬鹿にしてくる人に対して怒りたくなる気持ちも分かりますが、あえて反応しないことをおすすめします。馬鹿にしてきた時の、こちらの反応を楽しんでいる可能性があるからです。相手を楽しませないためにも、できるだけ無視しておきましょう。

暴言を吐かれる

暴言を吐かれてしまうと、頭に血が上り喧嘩になってしまうケースがあります。「社会人にもなって他人に暴言を吐く人がいる?」と驚かれる方もいるかもしれません。残念ながら、社会人だからと言って精神年齢が高いわけではないのです。部下に暴言を吐くパワハラ上司や、弱気な同僚をいじめる人もいます。

 

暴言を吐かれた方が我慢の限界に達すると、お互い感情を抑えることができなくなって喧嘩に発展してしまうでしょう。暴言を吐かれる場合には、きちんと信頼できる上司に相談してみることをおすすめします。

喧嘩してしまった時の対処法

最後に、職場内で喧嘩してしまった時の対処法を5つご紹介します。

自分から謝りに行く

喧嘩をしてしまったら、まずは自分から謝りに行きましょう。自分から喧嘩をふっかけてしまった場合は、必ず自分から謝罪してください。そして、相手が悪かった場合でも自分から謝りに行けると良いでしょう。なぜなら、喧嘩に発展してしまった時点でどちらが悪いということはないからです。自分から謝罪ができれば、周囲の人からのイメージを改善することも可能でしょう。

お互い冷静になるまで時間を空ける

すぐに謝罪できるような状態ではない場合、お互い冷静になるまで時間を空けることをおすすめします。早く修復した方が良いと思って、時間を空けることなく謝罪してしまうと、相手が冷静に話せる状態ではないため余計に関係が悪化してしまうかもしれません。自分だけではなく、相手も冷静になって話し合えるまでは時間を空けると良いです。

上司に仲裁に入ってもらう

当人同士でどうにも収拾がつかない場合は、上司に仲裁に入ってもらいましょう。第三者を交えることで、冷静に話せることがあります。また、第三者からの目線でお互いの改善点を見つけてもらい、これからの関係を取り持ってもらうこともできますね。

切り替えて仕事に取り組む

相手との関係を修復しなくても良いと考えているのなら、気持ちを切り替えて仕事に取り組みましょう。職場で喧嘩をしてしまったことで、すでに周囲の人には迷惑をかけてしまっています。それに加えて仕事が滞っているとなると、非常にまずい状況です。気持ちを早々に切り替えて、自分の仕事を完璧に進めていきましょう。

転職する

相手との関係を修復するのは嫌だけど、このまま一緒に働くのも嫌だという人は、良い機会だと考えて転職するのもおすすめです。一度職場内で喧嘩をしてしまったら、当人同士だけの気まずさだけではなく、周囲からの目線も変わってしまいます。

 

「あの人は感情的な人だ」「すぐにキレる人」などのマイナスイメージを付けられたままになってしまうので、転職して心機一転、新しい人間関係やキャリアを築き上げていきましょう。

まとめ

職場で喧嘩をしてしまうことは、決して珍しいことではありません。また、どちらかが我慢しているため、喧嘩まで発展していないということも多いです。この記事で述べたように、職場で喧嘩する特徴を持っている人とはできるだけ関わらないことをおすすめします。もしも喧嘩をしてしまったら、ご紹介した対処法を試してみてくださいね。

⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる
社会人にオススメYoutube動画
⬇︎『鬼滅の仕事人』⬇︎

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


職場 喧嘩

関連する投稿


旅行に行ったら職場にお土産を買うべき?職場へのお土産マナー!

旅行に行ったら職場にお土産を買うべき?職場へのお土産マナー!

社会人になって旅行へ行く際は有給休暇を利用して長期休暇を取ることになるでしょう。そうすると、職場の同僚たちには迷惑をかけることになるかもしれません。そのような場合は、職場へお土産を買わなければいけないこともあると思います。この記事では、職場へお土産を買うときのポイントを説明します。


最新の投稿


職場にいる嫌いな人の存在がストレス!?嫌いな人の対処法!

職場にいる嫌いな人の存在がストレス!?嫌いな人の対処法!

職場に嫌いな人がいると仕事に集中できなかったり、楽しんで仕事を進めることができなかったりすると思います。しかし、職場には好きな人ばかりいるということの方が稀で、多くの場合には、価値観が合わなかったり、生理的に受け付けないような人がいるでしょう。この記事では、職場にいる嫌いな人の対処法を紹介します。


ダメ上司への愚痴が止まらない?ダメ上司との上手な付き合い方!

ダメ上司への愚痴が止まらない?ダメ上司との上手な付き合い方!

ダメ上司の部下になるとストレスが溜まります。ついつい、仕事ができない上司、無責任な上司、高圧的な上司についての愚痴を漏らしていませんか?この記事では、ダメ上司の部下になってしまっている人のための、上司との付き合い方について説明しています。


ムカつく上司へのイライラが止まらない!?ムカつく理由と対処法!

ムカつく上司へのイライラが止まらない!?ムカつく理由と対処法!

ムカつく上司へのイライラで仕事は進まないし、ストレスは溜まるしで困っていませんか?このような悩みを持っている人は少なくないです。この記事では、上司にムカついてしまう理由とその解決方法を紹介していきます。


【転職プロナビ】あなたにピッタリの転職エージェントを診断!

【転職プロナビ】あなたにピッタリの転職エージェントを診断!

転職活動の悩みを解決するためのサービス「転職プロナビ」についてご説明します。転職成功者の80%以上が最低3エージェント以上登録していると言われるほど、転職エージェントを利用するメリットは大きいです。転職プロナビではあなたにピッタリのエージェントを紹介することができます。この記事では、詳しい使い方を説明してきます。


男社会をどのように生きる?男社会の特徴と生き抜くポイント!

男社会をどのように生きる?男社会の特徴と生き抜くポイント!

古くから男社会に悩まされる人は少なくないのではないでしょうか?上下関係に厳しかったり、明らかに理不尽な暗黙の了解が定められていたりと耐えられなくなる人は少なくありません。この記事では、男社会の特徴と生き抜くポイントを紹介していきます。