なぜ、仕事が面白くない?やりがいを感じるためにできること!

なぜ、仕事が面白くない?やりがいを感じるためにできること!

仕事を面白くないと感じてしまうと働くこと自体がストレスとなってしまいます。特に、仕事を選ぶ基準としてやりがいを重視する人が増えているので、より一層仕事に面白さを見出すことが必要とされています。この記事では、仕事を面白くないと感じてしまうがどうするべきかを紹介しています。


仕事に対して面白さを感じている人は、あまり多くはありません。仕事に対してやりがいを感じていなければ、毎日の仕事が辛く辞めたいと考えてしまうこともあるでしょう。今回は、仕事が面白くないと感じてしまっている人へ、そう感じてしまう理由や対処法をご紹介します。

仕事へのやりがいは重要

現代において、仕事へのやりがいを大切にしている人は増えてきています。まずは、仕事へのやりがいについて見ていきましょう。

やりがいの重要度が上がっている

時代の流れによって、仕事を選ぶ際に「自分が仕事に対してやりがいを感じるか否か」を重要視する人が増えてきています。それは、昔と違って働き口がたくさんあるからです。就職難と言われていますが、自分が会社を選ばなければ仕事は世の中に溢れています。

 

そこで、多くの仕事から自分がやりがいを感じる仕事を選びたいと考えている人が増えているのです。現代の仕事選びにおいて、やりがいの優先順位は高まっていると言えるでしょう。

無理して仕事を続ける必要はない

仕事へのやりがいを意識している人が増えているため、現在の仕事に一切のやりがいを感じない場合に、無理して仕事を続けようと考える人は減ってきています。何故ならば、現代は「転職するのは当たり前の時代」だからです。

 

一昔前では、転職するとなると経歴に傷がつき、転職先でも良い顔をされることはありませんでした。本人だけではなく家族も心配するほど、転職とは珍しいものだったのです。しかし現代は、転職をサポートするためのサービスも充実しており、転職することに対する不安が解消されています。

 

そのため、無理してやりがいを感じられない仕事を続けようと考える人が減ってきているのです。

仕事が面白くないと感じてしまう人の特徴

次に、仕事にやりがいを感じない、面白くないと思ってしまう人の特徴を3つご紹介します。

漠然と仕事をしている人

仕事が面白くないと感じてしまう人は、ただ漠然と何も考えずに仕事をしていることが考えられます。仕事に対して、「なぜこうなるのか?」「ここはこのように改善すれば効率が良くなるのではないか?」などの探求はしません。ただ与えられた仕事をこなしているだけで、自分から仕事を楽しもうとしない人は、ずっと同じ仕事をやっていると面白く無くなってしまいます。

仕事をサボっている人

仕事をサボっている人も仕事を面白くないと感じていることが多いです。「仕事にやりがいがないから、サボってしまうのでは?」と感じる人もいるかもしれません。しかし、仕事をサボっているということは、自分の仕事に集中できていない証拠です。

 

仕事に集中して取り組んでいなければ、仕事のやりがいや面白さを見出すこともできません。仕事をサボっている人は、そのチャンスを逃していることになりますね。

上手くいかない言い訳ばかりする人

仕事で失敗してしまった時に、上手くいかない言い訳ばかりする人も仕事を楽しめない人です。人間は誰しも失敗を経験します。失敗しない人なんていません。その失敗した経験から何を学ぶのかが重要です。

 

「自分は何故失敗してしまったのか?」「次に同じミスを繰り返さないためには、どういう工夫をしたら良いのか?」など積極的に対策を考えていかなければ、いつになっても同じ失敗を繰り返すでしょう。そして、言い訳ばかりして同じミスを繰り返せば上司に怒られるはずです。怒られて楽しい人はいませんから、言い訳ばかりする人は仕事を楽しめない人が多いのです。

仕事が面白くないと感じる理由

なぜ仕事が面白くないと感じてしまうのでしょうか。面白くないと感じる理由を5つ考察してみます。

やりがいのない仕事をしている

やりがいを感じるか否かは、人それぞれです。やりがいを感じると言われている代表的な仕事は、医師や薬剤師などの命を扱う医療関係の仕事や、接客業ですね。これらの仕事は、患者様やお客様から直接「ありがとう」と、お礼を言ってもらえることにやりがいを感じる人が多くいます。また、自分が興味を持っている仕事ならば、どのような仕事でもやりがいを見つけることはできるでしょう。

 

しかし、今やっている仕事に全く興味を持てずにいる場合、やりがいを感じられずに「仕事が面白くない」と判断してしまう人も多いです。「やっともらえた内定だから、ここの会社でいいや」などの軽い気持ちで入社した人は、自分の興味のない仕事の可能性が高いため面白くないでしょう。

成長を実感できていない

何年働いてきても自分の成長を実感できない人も、仕事を面白くないと感じてしまうかもしれません。

 

例えば、入社して6年が経過して同期は大きなプロジェクトを任されているのに、自分はいつになっても任せてもらえないとします。6年間働いてきたのに自分は成長しておらず、プロジェクトを任せるほどの力がないと上司から判断されているということです。このような状況では、成長を実感できるはずがなく仕事がつまらないと感じてしまいます。

結果を出すことができない

営業職で良く耳にする話ですが、自分が努力していたとしても結果がなかなか出ないことに苦しんでいる人も多いでしょう。少しの努力で結果が出せる人もいれば、人並み以上に頑張ったとしても結果が出ない人もいます。

 

努力をしたのに結果が出ないとやる気が削がれてしまい、最終的に「この仕事はつまらない」と感じてしまうかもしれません。反対に、努力した分だけ結果が出るならば、仕事を面白く感じることができるでしょう。

努力しても評価されない

結果が出ていてもいなくても、努力をしていることを認めてくれる会社もあります。自分の努力を評価してくれたら、「次は結果を出せるように頑張ろう」とやる気につながりますね。

 

しかし、努力をしても評価してくれない会社も多いです。直属の上司は努力を見てくれているが、結局上に報告するのは数字なので、数字が出せていなければ会社からは認められません。このように、努力をしっかりと評価してくれなければ、仕事が面白くないと感じてしまうでしょう。

職場の人間関係が良くない

最後の理由として、「職場の人間関係」が考えられます。職場の人間関係が悪いと、「仕事に行きたくない」と感じますよね。仕事に行っても人間関係に悩まされてしまい、仕事を楽しむどころではありません。楽しい、楽しくない以前に仕事に集中できないでしょう。

 

職場の人間関係が悪くて転職を考える方も多いです。「人間関係が理由で転職なんてしても大丈夫かな?」と不安に感じる人もいます。しかし、仕事を楽しむ以前に職場の人間関係が悪いことで労働環境も悪化してしまうことも考えられるため、我慢して同じ職場にい続けなくても良いのです。

仕事にやりがいを見出す方法

ここからは、仕事にやりがいを見出す方法を6つご紹介します。仕事を面白くしたいと感じているならば、以下の方法をぜひ試してみてください。

まずは全力で仕事に取り組む

まずは、仕事に対して全力で取り組みましょう。先にもご説明した通り、仕事に集中しておらずサボっていては、仕事の全てを知ることはできません。

 

仕事に集中することで、自分の本当にやるべき仕事が見えてくる場合もありますし、周りから頼りにされて仕事が面白く感じることもあるでしょう。これらを経験するには、必ず仕事に全力で取り組んでいなければなりません。仕事を適当に行なっている人に対して、仕事を任せようとは思いませんよね。

 

仕事を任せてもらえなければ、自分のやる仕事が少なくなり全力で仕事に取り組むこともできないですね。仕事にやりがいを見出すならば、まずは目の前の仕事から全力で取り組んでみてください。

面白くないことから意識的にやりがいを探す

面白くない仕事の中から、意識的にやりがいを探してみましょう。例えば、与えられた仕事を「面白い」と「面白くない」に分けてみてください。面白い仕事に関してはそのまま進めても大丈夫です。

 

面白くない仕事は、「なぜ面白さを感じられないのか」「どうしたら面白くなるか」を分析していきましょう。「この仕事は単純作業だからつまらない」と感じているのなら、ゲーム感覚で楽しめるように制限時間を付けてみてはいかがでしょうか?

 

「30分以内にこの単純作業の仕事をここまで終わらせる」などと自分の中でルールを決めて、タイマーで測っておきましょう。このように時間制限を設けることで、仕事に対して集中力が生まれゲームのように楽しめることもあります。まずは意識的にやりがいや面白さを見出してみましょう。

目標を立てて仕事をする

営業職では毎月の売り上げ目標があります。営業職のように、自分の中で目標を立てて仕事をしてみましょう。

 

例えば、事務職の場合は売り上げなど存在しないため目標を立てづらいですね。そこで、「伝票入力を1日◯枚以上こなす」などの小さな目標を立てましょう。1日ごとの目標ならば小さく、達成感を感じやすくなります。目標を立てて仕事をすることは、達成感を感じられるため「次も頑張ろう」とやる気に繋がります。

 

また、もしも達成できなかった場合にも「なぜ達成できなかったのか」を考えておけば、次の目標に向かって頑張れますよね。仕事にやりがいを見出す中で、達成感を味わうということは非常に重要です。まずは小さな目標を立てて達成していきましょう。

新鮮なことに取り組む

何年も同じ仕事をしていると飽きてしまうこともあるでしょう。そこで、新鮮な仕事に取り組んでみるのも一つの手段です。自ら上司に「何か新しい仕事はありませんか?」などの質問をしてみましょう。質問をすることでやる気があると判断され、評価してもらえるかもしれません。

 

また、新しい仕事をもらえなくても、プライベートで新鮮なことに取り組んでみましょう。新しい趣味を増やしても良いですね。プライベートを充実させることで、仕事とのメリハリがつき仕事に対してつまらないと感じていた感情が消えることもあります。ぜひ試してみてくださいね。

上司に相談をする

どうしても仕事にやりがいが見出せない場合、上司に相談してみましょう。相談してみることで、今とは違う自分の興味が持てる部署に異動させてもらえるかもしれません。

 

ここで注意していただきたいのが、上司に相談する前に後輩や同僚、先輩などの周りの人に「仕事に対してやりがいを感じられない」と相談しないようにしましょう。仕事が面白くないと愚痴りたくなってしまうこともあるかもしれませんが、相談しても状況を変えることはできません。

 

むしろ、「この人は仕事に対してやる気がないんだ」と落胆してしまう可能性があります。やる気がないとバレてしまっては、仕事を任せてもらえないかもしれません。できるだけ自分の中で解決することに努力し、解決できなければ信頼できる上司に相談することをおすすめします。

自分がやりがいを持てることを分析する

現在の仕事で、自分がやりがいを持てることは何かを分析しましょう。例えば、現在は事務仕事をしているが接客業の方がやりがいを持てるという方は、思い切って営業職などに異動願いを出してみるのも良いですね。

 

自己分析をきちんと行うことで、自分が仕事に対して面白いと感じるポイントなどが見えてくるはずです。仕事と自分を見つめて考えてみることも大切だといえますね。

どうしても面白くないならば仕事を辞める!

これまで、仕事が面白くないと感じてしまう理由や対策についてご紹介してきました。しかし、どうしても面白くならないという人は、思い切って仕事を辞めてみましょう。

適性がなければつまらない

仕事を楽しむための努力をしても面白くないと感じる人は、現職に適性がない場合が考えられます。自分がどう頑張っても、適性がないのなら上手くいかずつまらないと感じてしまうでしょう。

 

その仕事に適性がないか分からないという人は、無料診断で仕事の適性を見極めてくれるサービスがあるので利用してみましょう。

努力し尽くしたら転職する

この記事でもご紹介してきたような解決法を試してみても、仕事が面白くないと感じてしまうならば転職することも視野に入れておきましょう。

 

冒頭でもお伝えした通り、転職するのは当たり前の時代です。自分にとって合わない仕事だったから転職したなど、多くの人が仕事内容を理由に転職しています。なんの努力もせずに転職した場合には、次の職場でも同じことを感じて続かないかもしれませんが、努力してもダメだったという人は転職するのも一つの手段ですね。

漠然と転職した人は繰り返す

とにかく今の仕事がつまらないから、すぐにでも転職したいと転職活動を焦ってしまい、漠然と転職してしまうと同じことを繰り返します。次の転職先で行う仕事内容をじっくりと検討し、自分がやりがいを持って仕事をしていけるかどうかを考えましょう。

転職エージェントを利用する

どうしても仕事を面白いと感じられない方は、「転職エージェント」を活用して転職しましょう。転職エージェントは無料のサービスで、自分に適性のある仕事を探すサポートをしてくれます。

 

また、転職する際に必ず書類審査や面接がありますが、転職エージェントが指導や対策を行ってくれるため安心して転職活動を行うことができます。ぜひ活用して転職を成功させましょう。

まとめ

今回は、仕事に対して面白くないと感じてしまってやる気が出ない人向けに、その理由や対処法についてご紹介してきました。仕事に対してやりがいを持つことは、自分がストレスなくスムーズに仕事を進める上で重要なことです。どうしても面白さを感じられレない場合には、思い切って転職しましょう。

 

ただし、仕事を辞めて数ヶ月間は仕事をしなくても生活できる程度の貯金をしてから、仕事を辞めることをおすすめします。無職になったときに、生活費が足りない恐怖に押しつぶされそうになって適当な職業に転職することは、仕事がつまらないと感じてしまう状態の繰り返しです。しっかりと貯金などの準備をしてから行動しましょう。

⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


仕事面白くない

最新の投稿


職場にいる嫌いな人の存在がストレス!?嫌いな人の対処法!

職場にいる嫌いな人の存在がストレス!?嫌いな人の対処法!

職場に嫌いな人がいると仕事に集中できなかったり、楽しんで仕事を進めることができなかったりすると思います。しかし、職場には好きな人ばかりいるということの方が稀で、多くの場合には、価値観が合わなかったり、生理的に受け付けないような人がいるでしょう。この記事では、職場にいる嫌いな人の対処法を紹介します。


ダメ上司への愚痴が止まらない?ダメ上司との上手な付き合い方!

ダメ上司への愚痴が止まらない?ダメ上司との上手な付き合い方!

ダメ上司の部下になるとストレスが溜まります。ついつい、仕事ができない上司、無責任な上司、高圧的な上司についての愚痴を漏らしていませんか?この記事では、ダメ上司の部下になってしまっている人のための、上司との付き合い方について説明しています。


ムカつく上司へのイライラが止まらない!?ムカつく理由と対処法!

ムカつく上司へのイライラが止まらない!?ムカつく理由と対処法!

ムカつく上司へのイライラで仕事は進まないし、ストレスは溜まるしで困っていませんか?このような悩みを持っている人は少なくないです。この記事では、上司にムカついてしまう理由とその解決方法を紹介していきます。


【転職プロナビ】あなたにピッタリの転職エージェントを診断!

【転職プロナビ】あなたにピッタリの転職エージェントを診断!

転職活動の悩みを解決するためのサービス「転職プロナビ」についてご説明します。転職成功者の80%以上が最低3エージェント以上登録していると言われるほど、転職エージェントを利用するメリットは大きいです。転職プロナビではあなたにピッタリのエージェントを紹介することができます。この記事では、詳しい使い方を説明してきます。


男社会をどのように生きる?男社会の特徴と生き抜くポイント!

男社会をどのように生きる?男社会の特徴と生き抜くポイント!

古くから男社会に悩まされる人は少なくないのではないでしょうか?上下関係に厳しかったり、明らかに理不尽な暗黙の了解が定められていたりと耐えられなくなる人は少なくありません。この記事では、男社会の特徴と生き抜くポイントを紹介していきます。