仕事で泣く理由は?涙が出た時の対処法と泣いている人への気遣い

仕事で泣く理由は?涙が出た時の対処法と泣いている人への気遣い

“仕事で泣く”という経験をしたことがありますか?社会人ならば、少し仕事で嫌なことがあったくらいで泣いてしまうのは甘えなのではないか?と考える人も少なくないでしょう。それでも、泣いてしまうのには理由があります。この記事では、仕事で泣いてしまう理由と対処法を紹介します。

社会人にオススメYoutube動画
⬇︎『鬼滅の仕事人』⬇︎


仕事で厳しい局面になったとき、タブーであると分かっていても、思わず泣いてしまうことがあります。


ある調査によると6割以上の女性が仕事で泣いた経験があるという結果も出ています。


理不尽や自己嫌悪で気持ちが高ぶったときに、涙を流すことが多いようです。しかし、泣いた方も泣かしてしまった方も、その後の対応に悩むのではないでしょうか。


そこで、仕事で泣く理由から泣いてしまった時にすべきこと、職場で部下が泣いている時の対応まで詳しくご紹介します。


最近、仕事がつらく、感情的になっている人は読んでおいた方が良いでしょう。

仕事で泣く理由

仕事で泣いたことがない人にとっては、「なぜ、職場で涙を流すのか…?」と疑問で仕方がないでしょう。とはいえ、仕事で泣く人も泣きたくて泣いているわけではないことがほとんどなので、理解してあげる姿勢が必要です。

結果を出せない

結果を出せず、悔しくて泣いている場合があります。例えば、売り上げが悪く、上司に売れていない理由を述べている最中に、自分の不甲斐なさに泣けてきたという場合や、周りが目標を達成している中で自分では未達だったとき悔しさがこみ上げてきて涙した場合などが考えられます。

仕事が思うようにいかない

入社したてで分からないことだらけで、不安や焦りがあり、仕事が思うようにいかずに、泣く人がいます。入社する前は、活躍する自分の姿をイメージしていたかもしれません。


しかし、その理想と現実のギャップに悩まされるのです。ある種、パニックになってしまっているともいえます。思うようにならないから、泣くとは幼稚だな…と感じる人がいるかもしれませんが、本人は必死なのです。

出世レースから外れる

とりわけ男性だと、出世レースから外れると悔しくて泣くことがあります。同期だけではなく、後輩にも抜かれるとプライドが傷つくでしょう。


今までの自分の頑張りは何だったのか…と絶望的な気持ちになります。かっこ悪いことだと思っていても、自然と涙を流してしまうのです。


このケースだと、のちのちも引きずることが多く、自宅に帰っても人知れず泣く人が多いでしょう。明るく出勤するのが難しくなります。

上司に詰められる

上司に詰められて泣いたという人はけっこう多いです。単純に怖くて泣いたというわけではなく、もともと自分でも認識していた課題を詰められて自己嫌悪になり、感情的になるケースが多いです。「やっぱり私はだめなんだ…」と落ち込むのです。


他には、上司から理不尽な怒られ方をして、悔しくて泣くことがあります。それは、今日がどうのこうのというわけではなく、日頃から理不尽さを感じていることが多いです。「もう仕事を辞めてしまいたい!」と感じている人も少なくありません。

人間関係で揉める

人間関係で揉めるとじわじわと精神的に追い詰められます。社内いじめとは言わずとも、嫌がらせにあって、孤独な気持ちになることがあるでしょう。


とりわけ、女性だけの職場だと複雑なパワーバランスが存在するケースもあるので、慎重に付き合っていかないといけません。

社内いじめに遭う

けっこう深刻なのが、社内いじめです。大人ばかりの職場でいじめとはあまりにも幼稚ですが、意外と多くの職場であるようです。一時期は、教師間いじめが話題になりました。


理不尽な理由でいじめのターゲットにされると、精神的な負荷がかかります。思わず涙しても不思議ではありません。しかし、涙する姿を見て、いじめる側は喜ぶかもしれませんね。

ストレスに耐えられなくなる

結局のところ、ストレスに耐えられなくなるというのが、精神的に追い詰められて泣く理由でしょう。


例えば、緊張の中、プレゼンをして厳しいダメ出しの連続に思わず泣いた新入社員を知っています。緊張や焦り、悔しさなどが一気にこみ上げてきたのでしょう。


周りとしては、表情に変化が生じた時点でダメだしを止める気配りは必要だったかもしれません。ストレスに耐えられなくなる新入社員は少なくありません。

将来が見えない

「職場で考えることか?」という指摘もあるかと思いますが、将来が見えなくて、不安になり、泣く人がいます。


将来に何も希望を持てないという状況は、心がかなり疲弊しているので、要チェックです。漠然とした不安に押しつぶされそうなときも気をつけてください。

仕事で泣く人の特徴

仕事で泣く人にはいくつかの特徴があります。やむを得ず泣いてしまった人も、泣けばどうにかなるだろうと思っている人もいるでしょう。本当の意味で、仕事で泣く人の気持ちを理解するために知っておきましょう。

メンタルが弱い人

単純にメンタルが弱いと仕事でよく泣きます。泣くことで気持ちを落ち着かせていることもあるようですね。周囲は困惑するかもしれませんが、次第に慣れてきます。


周りとしては「泣いているけど、そっとしておこう」というのが適切な対応となるのではないでしょうか。


しかし、「メンタルが弱い」のではなく「メンタルが弱くなっている」人の場合は、注意してあげてください。


もともと元気で熱心な人こそ、上手くいかず停滞していると深く思い悩んでしまうことがあります。「泣いているからメンタルが弱い」ではなく、「泣いているからメンタルが弱っている」とも考えられます。


適切なフォローをしてあげないと、鬱病など深刻な病気を招きかねません。

泣けば許されると思っている人

けっこうやっかいな存在なのが、泣けば許されると思っている幼稚な人です。まるで子どものような発想ですね。


例えば、仕事で失敗した時、同僚にきちんと原因や経緯を説明できないため、何とかごまかそうとする心理が働いて涙を流す人がいるようです。泣けば許されると思っているのでしょう。


こういった場合は、泣き止んでから冷静に話し合う必要があります。一度許してしまうと、ごまかすことをやめません。

怒られた経験が少ない人

最近の新入社員だと、学生時代に怒られた経験が少ない人が多いです。怒られた経験が少ないと、戸惑いや焦りが生じてしまうでしょう。上手く対応できず、ますます指導をしている上司や先輩を怒らす原因にもなりかねません。


怒られてショックを受けて、泣くという選択肢しか見つからないケースもあるようですね。この場合は、社会人経験を積むと改善できる可能性が高いです。

仕事で一杯になっている人

もう仕事で一杯になっていると、我慢が限界を超えて涙が溢れてしまうことがあります。


例えば、上司から無理な頼み事を押し付けられたり、残業しないと対応しきれないタスク量を割り振られたりするとコップの水が溢れるように涙がこぼれ落ちてしまいます。


表情を見ていると、「大変そうだな…」というのは伝わってくると思うので、配慮してあげる気遣いがあっても良いかもしれませんね。

職場では泣かない方が良い?

言わずともご理解いただいているかと思いますが、職場では泣かない方が良いでしょう。なぜなら、職場で泣くとマイナスイメージを与えるからです。

媚を売っているように思われる

とりわけ女性が泣くと男性は「大丈夫?」と思わず声をかけたくなります。女性同士でも、「大丈夫?ゆっくりしときなよ~」と優しい言葉をかける人がいるでしょう。


他人の優しさに甘えている状況だといえます。媚を売っているように思われても仕方ありません。

感情的な人だと思われる

仕事には、冷静さが求められます。ほとんどの人がストレスのある中で耐えて働いているので、泣くという感情的な行為をする人に対して嫌悪感を抱く人もいます。


「しんどいのはお前だけじゃないんだ!」「泣いたら許されると思うなよ!」と心の中で思っているかもしれません。


まったく感情がない人も問題ですが、あまりにも感情的で冷静さに欠けている人は避けられる傾向があります。

メンタルの弱さが明らかになってしまう

泣くことにより、メンタルの弱さが明らかになってしまいます。例えば、役職についている人であれば、部下からの信頼が失われてしまうかもしれません。


優秀な人材は、タフに安定してコンスタントに成果を出せる人だと言われているので、メンタルの弱さが露わになってしまうと評価が下がってしまう可能性があります。

めんどくさい人だと思われる

泣かれてもあまり感情が揺らがない人は、たた単純に「めんどくさいな~」と思うかもしれません。泣いたら許されるなんて甘いことは考えない方が賢明でしょう。


めんどくさい人だと思われたら、その後の関係が悪化するので、涙を流すことはおすすめできません。もし、泣いてしまっても、そのあとは気丈にふるまって、仕事に支障をきたさないようにしたいですね。

職場で泣いてしまった時にすべきこと

「泣きたくて泣いたわけではないんだ…」と言いたい人がほとんどでしょう。ただし、泣いてしまったときは、ただ泣きっぱなしではいけません。


周りの人は困惑します。直前に話をしていた人は罪悪感を抱くことも考えられます。これからの関係を悪くしないために職場で泣いてしまったときにすべきことをご紹介します。

人目のつかない場所に移動する

泣いてしまったら、「すいません、少し離席します」と一言添えて人目のつかない場所に移動することをおすすめします。トイレの個室は、良いですね。


デスクのところで泣き続けると周囲は気になります。できるだけ同僚に迷惑や心配をかけないのがマナーです。社会人のマナーとして、できるだけの配慮はしましょう。

泣き終えたら周りに謝罪する

泣き終えたら、落ち着いたあとに周囲に謝罪すると丁寧でしょう。少なくとも泣く直前に話していた相手には、「取り乱して申し訳ございませんでした」と伝えましょう。特に、お詫びの品を贈る必要はありませんが、口頭で、謝罪をすると良いです。

結果を出して見返す

職場で泣いてしまったことにより、内心馬鹿にする同僚がいるかもしれません。泣いてしまった事実は変えられないので、その後の努力と結果で見返しましょう。


後で、あの涙がターニングポイントだったと胸を張れるくらいの結果を出せると良いですね。

転職する

どうしても心が疲れたら、転職するという選択肢を考えてみてください。泣いた時にあまりにも感情を取り乱してしまったら、その後が居づらくなるかもしれません。


環境を変えると良い方に向くことも多いので、検討してみると良いでしょう。つらいまま続けていると、涙を流す毎日になるかもしれません。

職場で部下が泣いている時の対応

職場で部下が泣いている時は、対応に困るでしょう。自分の苦労話をして奮起させたら良いのか、良いところを褒めて励ましたら良いのか、対処法をお伝えします。

泣いている理由を聞く

まずは、泣いている理由を聞いてあげましょう。何に課題があるのか明確にします。泣いた状況を見ていると、言いたいことがあるかもしれませんが、一旦は泣いている人の話を全て聞き入れてあげましょう。

コミュニケーションの頻度を増やす

職場で泣いた人は精神的に追い込まれている可能性が高いです。様子を注意深く観察してあげる必要があるでしょう。「おはよう」「お疲れ様です」だけでも良いので、コミュニケーションの頻度を増やして、反応を伺ってください。

鬱病になっていないか確認する

コミュニケーションの頻度を増やした結果、鬱病になっていないか確認する必要があります。


鬱病になると、長期的に休職することになり、本人にとっても同僚にとっても好ましい状況だといえません。早期発見だと、軽度の鬱病で、回復する時期が早まるかもしれません。上司である以上、部下の心身には気を遣ってあげましょう。

仕事量を調整する

泣くということは、精神的に追い込まれている証拠なので、仕事量を調整してあげると良いです。少しだけ仕事量を減らすだけでも、残業をしなくて済むかもしれないので、退社後にリフレッシュしてくれるかもしれません。


プライベートなことまでは立ち入れませんが、仕事面でできるだけフォローしてあげると、余裕が生まれるのではないでしょうか。

まとめ

仕事で泣く理由から泣いてしまった時にすべきこと、職場で部下が泣いている時の対応まで詳しくご紹介しましたが、全てに言えることは「配慮が大事」ということです。


思わず泣いてしまったときは、まずはその場から離れて、冷静になった後は、周囲に謝罪の一言があっても良いでしょう。迷惑と心配をかけてしまったことに対する配慮です。


また、職場で泣くほどまでに追い込まれているのですから、上司は積極的に声掛けをしたり仕事量を調整したりする配慮があって良いでしょう。


ほんの少しだけで良いので優しさ・気遣い・配慮をしてあげましょう。

⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる
社会人にオススメYoutube動画
⬇︎『鬼滅の仕事人』⬇︎

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


仕事で泣く

最新の投稿


職場にいる嫌いな人の存在がストレス!?嫌いな人の対処法!

職場にいる嫌いな人の存在がストレス!?嫌いな人の対処法!

職場に嫌いな人がいると仕事に集中できなかったり、楽しんで仕事を進めることができなかったりすると思います。しかし、職場には好きな人ばかりいるということの方が稀で、多くの場合には、価値観が合わなかったり、生理的に受け付けないような人がいるでしょう。この記事では、職場にいる嫌いな人の対処法を紹介します。


ダメ上司への愚痴が止まらない?ダメ上司との上手な付き合い方!

ダメ上司への愚痴が止まらない?ダメ上司との上手な付き合い方!

ダメ上司の部下になるとストレスが溜まります。ついつい、仕事ができない上司、無責任な上司、高圧的な上司についての愚痴を漏らしていませんか?この記事では、ダメ上司の部下になってしまっている人のための、上司との付き合い方について説明しています。


ムカつく上司へのイライラが止まらない!?ムカつく理由と対処法!

ムカつく上司へのイライラが止まらない!?ムカつく理由と対処法!

ムカつく上司へのイライラで仕事は進まないし、ストレスは溜まるしで困っていませんか?このような悩みを持っている人は少なくないです。この記事では、上司にムカついてしまう理由とその解決方法を紹介していきます。


【転職プロナビ】あなたにピッタリの転職エージェントを診断!

【転職プロナビ】あなたにピッタリの転職エージェントを診断!

転職活動の悩みを解決するためのサービス「転職プロナビ」についてご説明します。転職成功者の80%以上が最低3エージェント以上登録していると言われるほど、転職エージェントを利用するメリットは大きいです。転職プロナビではあなたにピッタリのエージェントを紹介することができます。この記事では、詳しい使い方を説明してきます。


男社会をどのように生きる?男社会の特徴と生き抜くポイント!

男社会をどのように生きる?男社会の特徴と生き抜くポイント!

古くから男社会に悩まされる人は少なくないのではないでしょうか?上下関係に厳しかったり、明らかに理不尽な暗黙の了解が定められていたりと耐えられなくなる人は少なくありません。この記事では、男社会の特徴と生き抜くポイントを紹介していきます。