仕事帰りにジムに通う社会人が継続的にジム生活を送る方法!

仕事帰りにジムに通う社会人が継続的にジム生活を送る方法!

ジムに行こうと思って、近くのジムに入会しに行く人はどんどん増えています。しかしその一方で実際に続いている人は増えているでしょうか、、大変多くの人が途中で挫折してジムに通わなくなっていきます。どうすればそれを改善できるか、などを紹介していきます!

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

【調査結果】ジムの契約していますか?

社会人を201名を対象に、「ジムの契約をしていますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

契約している:21%
もうすぐ契約する予定:3%
興味はあるが契約できていない:51%
ジムに行きたいと思わない:25%

調査の結果、社会人の51%が興味があるが契約できていないことが分かりました。
それでは、ジムに通うことのメリットについて解説していきます。

1.ジムに通うことのメリット

最近は、空前の筋トレブーム。テレビをつけても、本屋に行ってもなぜ筋トレをして方がいいのか、という話を聞かない日はありません。ジムに通うことは健康的だとわかっているけど、という曖昧な理由しか知らない人がたくさんいます。そしてそのような人はジムに通おうと思ってもあまり続かないことが多いです。三日坊主にならないためにも筋トレのメリットをしっかりと把握しておきましょう。

体力がつく

筋トレをすると、当たり前ですが筋力がアップします。そして、筋力がアップすると体力もつきます。そして体力は一生の財産です。社会人になって運動しなくなってから体力が一気に落ちた、という話をよく聞きます。それでは、比較的若いうちから体力が落ちているのであれば、さらに歳をとるとどうなってしまうでしょうか。

「寝たきり」の生活を送りたいと思っている人はおそらくどこにもいないでしょう。定年退職したら自分の趣味を思う存分楽しみたい!という野望がある方ならば、寝たきりになるわけにはいきません。ずっと元気で健康的に動ける体が必要です。

そして、今のうちから筋トレをしておくことは、将来健康な体を維持するために必須です。体力は年齢とともに落ちてしまうものですが、筋トレをする習慣をつけることで体力維持に繋がります。

体が変わる

筋トレを始める動機になることが一番多いのではないでしょうか。「体を変えたい。」という人は世の中にたくさんいます。テレビに出てたあの人みたいな体になりたい、、あんなマッチョになれたらいいな、、と憧れを抱いたことは誰しもあるはずです。

体を変えるのに一番効果的な方法が筋トレをすることです。食生活の改善だけでは限界があります。痩せたい人もマッチョになりたい人も何もしないで体型が変わるなんて思ってはいけません!体を変えたいなら筋トレをしましょう!

ストレス解消ができる

日々会社の上司からの圧力や、同僚との人間関係などにストレスを感じている人は、筋トレをすることでストレスを大きく解消できます。普段過ごしていて、思いっきり体を動かす、筋肉を使う、ということはあまりないはずです。筋トレをすることによって運動ができ、ストレス解消につながるので、精神的にも健康的になれます。

頭の回転が速くなる

筋トレに限りませんが、運動をすると、セロトニンというホルモンが出ます。これは太陽光を浴びることや運動をすることで分泌されるホルモンですが、このセロトニンが分泌されることで脳の覚醒が促されます。

運動をすることで日々の仕事の効率が上がった、いいアイデアが出るようになった!と感じることがあるかもしれません。健康のためだけではなく、直接仕事などにもいい影響を及ぼしてくれます。

2.どこのジムに通ったほうがいい?

会社のジムに通うのか、それとも家の近くのジムに通うのか、始めるときの悩みどころだとは思いますが、特別な事情がない限りは家の近くのジムに通うようにしましょう。理由は単純で、会社の近くだと休日、祝日の時にジムに通うのが面倒臭くなってしまうためです。

3.荷物を減らすため工夫、バッグ、持ち物など

会社勤めの社会人にとってジム通いをするときに億劫になってしまうのが荷物の多さです。会社帰りにジムに通おうとすると、普段のバッグと別に大きなスポーツバッグが必要になってしまいかねません。荷物がいやだから、、という理由で三日坊主になってしまうのはとてももったいないことです。そうならないための対策をご紹介します。

バスタオルは持っていかない

ジムに通う時に、帰りにシャワーを浴びる人はバスタオルを持っていくでしょう。しかし、バスタオルはとてもかさばります。そこで、一度ハンドタオルだけを持って行ってみてください。

ドライヤーなどを用意してくれているジムがほとんどですので、以外とハンドタオルくらいでも大丈夫、ということに気づくでしょう。その通りで、荷物がかさばるのが耐えられない、という人は思い切って持っていかない、という選択をしてみてください。

また、タオルを貸し出しているジムも多くあります。だいたい月1000円くらいが相場ですが、続けるためにそれが必要であれば、悪くない投資ではないでしょうか。

オススメのバッグ

会社で必要なものと合わせて一つのものにまとめるのか、それとも別のバッグにするのかは好みが分かれると思いますが、どちらがいいかはそれぞれの好みに分かれるでしょう。それぞれの場合に合わせたオススメのバッグのリンクを貼っておきますので、ぜひチェックしてみてください。

オススメのボストンバッグ

【イベント期間中ポイント5倍】 あす楽 OUTDOOR アウトドア ボストンバッグ ドラムバッグ 中サイズ スポーツバッグ 2Way ショルダー レディース メンズ 通勤 通学 スポーツジム 旅行 PRODUCTS アウトドアプロダクツ

価格:4,180円
(2019/11/28 17:39時点)
感想(51件)

大きめのバッグ

【15%ポイントバック 12/11 09:59まで】【送料無料】リュックサック リュック バックパック 大容量 大きい バッグ カジュアル ブランド 通勤 通学 デイパック メンズ レディース おしゃれ かっこいい スポーツ アウトドア ナイロン 軽量 軽い DEVICE デバイス

価格:10,780円
(2019/11/28 17:42時点)
感想(0件)

4.筋トレの効果を最大限にするための食事の仕方

筋トレをする時に欠かせないのが食事の管理です。どんなに頑張っても、しっかりとした食事ができなければなかなか筋肉がつかず、代謝も上げることはできません。ここでは社会人にとってオススメの食事の仕方を紹介します。

筋トレ前にしっかりと栄養を摂取する

筋トレをしている時、筋肉は大量のエネルギーを消費しています。そしてそのエネルギーを出すため、そして筋肉を修復させるのに必須なのがタンパク質です。筋トレの前に何も食べていないと、筋トレ中に筋肉が消費するエネルギーがなくなってしまいます。つまり、本領発揮ができなくなります。本領発揮ができない筋トレの効果はあまり高くないです。せっかく頑張ったのに効果が出ていないということになってしまいます。

しかし、難しいのは、筋トレをする前にたくさん食べればいいか、と言われるとそんなことはありません。満腹状態でもやはり本領発揮をすることができません。満腹にならないくらい、具体的に言えば、おにぎり一個とバナナくらいを筋トレをする前に摂取して臨みましょう。

筋トレ中にも摂取できればベスト

筋トレでまずある部位を鍛えたとします。全ての筋トレが終わるのが1時間半後だとすると、最初に鍛えた部位は、1時間以上何も栄養が得られていない状態となってしまいます。それを避けるために、筋トレをしながらプロテイン飲料を飲むのがオススメです。蓋つきのものであればジム内に持ち込めることがほとんどですので、有効活用しましょう。

筋トレ後の食事

筋トレ後に食事をしてしまうとせっかく筋トレしたのにもったいない、と言う人がいますが、それは大きな勘違いです。もし、痩せたいのであれば、代謝を高めなくてはいけません。そして代謝を高めるには筋肉をつける必要があります。筋トレをして、筋肉を痛めつけた後にもしっかりと栄養を摂取してあげましょう。

規則正しい生活を送ることは健康のためにとても重要なので、一日3食食べることはやめないでください。さらに、もしも体を大きくしてムキムキになりたい、と言う人がいたらたくさん食べることは必須です。ボディビルダーの人の中には、体を大きくするために1日に5食食べたと言う人が少なくありません。

オススメの食事

ジムに通っている人にオススメなのは、コンビニでも売っているサラダチキンです。サラダチキンは非常に脂質が少ない反面、タンパク質が多く摂取できます。特にファミリーマートでは、タンドリーチキン味や梅味など様々な種類のものが販売されているので、飽きずに食べることができます。ストイックに体を変えていきたい、という人にオススメの食べ物です。

5.ジムで友達を作るのはいいこと?

結論から言うと、ジムで友達を作ることはいい影響を及ぼしてくれることが多いです。まず、ジムに行く楽しみが一つ増えます。筋トレの合間、筋トレ後にお話をして帰る、なんてこともできます。

また、ジムに行かなきゃ、という義務感も芽生えます。ちょっとサボっているとあの人に指摘されてしまう、という危機感のようなものを感じることができるので、ジムに行く理由ができます。また、ライバル意識というのも芽生えて、あの人に負けてたまるか、という重いからジムに通うようになれるかもしれません。

友達を作ることの最大のメリットは、一人よりも追い込める、ということです。普通は一人でやるときは安全のため限界まで追い込むのは難しいです。しかし、二人以上でやる場合はある程度無理ができるのでより負荷のかかった筋トレをすることができるのでオススメです。

しかし、友達を作ることはいいことばかりか、というとそんなことはありません。実はデメリットもあります。そして人によってはそのデメリットのせいでジムに通わなくなった、という人もいるかもしれません。そのメリットは、ズバリ「人間関係」です。

話すのがあまり得意ではない人や、ジムでできた友達がとても面倒臭いなどということも大いにあり得ます。そしてその人間関係が嫌になったせいでジムに通わなくなってしまうのはもったいないことです。話すのがあまり得意ではない人はあまり友達を作らないようにしましょう。イヤフォンなどを常にしていると、話しかけられづらくなるのでオススメです。

6.女性でも三日坊主にならないために

ジムに通うことの最大の難関は「継続」です。今まで数え切れないほどの人が1ヶ月でやめてしまっています。1ヶ月では何も変わりません。さらに、男性よりも女性の方が体の変化がわかりにくいので、結果続かなくなってしまったという人がたくさんいます。そこで、誰でも継続しやすくなるような工夫を紹介していきます。

写真を撮る

毎日見ていると、自分の体がどのくらい変わったのかがわかりづらいです。むしろわからないことがほとんどです。その時に役に立つのが写真です。写真を1週間おきに撮ってみてください。1ヶ月通った後に昔の自分の写真を見ると、こんなに変わったのか!と驚くことがあります。そして、変化は強くモチベーションにつながるので、継続がしやすくなります。

ジムにお気に入りのシャンプーをおく

これは知り合いがやっていてとてもいいな、と思った工夫です。彼は、ジムに少し高めのシャンプーを置いておいて、それを使うためにもジムに通っています。シャンプーである必要はもちろんありませんが、ジムのロッカーなどに自分が使いたくなるような何かをおいておくことで、ジムに行く口実を作るのもいいかもしれません。

7.まとめ

継続していくと、ジムに通うことが習慣になります。習慣になってしまえば、よっぽどのことがない限り続かない、ということが無くなります。そしてそこまで行けば、ジムに「行かない」ことが辛くなります。そこを目指して頑張ってください!!

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。