面接が苦手なのは対策を知らないから?場面別対策法とは!

面接が苦手なのは対策を知らないから?場面別対策法とは!

面接は苦手だと感じている人は多いのでないでしょうか。大学入試や就職など、人生のターニングポイントに面接はつきものです。だからこそ苦手を克服したいですよね。実は面接対策を知らないから苦手だと感じるのです。対策を知り、自信を持って臨みましょう!

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

【調査結果】面接に苦手意識はありますか?

社会人を227名を対象に、「面接に苦手意識はありますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。


とても苦手である:65%

少し苦手である:18%

それなりに自信がある:10%

とても自信がある:7%


調査の結果、社会人の65%は、面接がとても苦手であると感じていることが分かりました。


それでは、面接の対策について紹介していきます。

面接が苦手…

面接を苦手だと感じる人は少なくないです。面接は大学入試や就職など、多くの重要な場面で必要になります。大切だとわかっているからこそ、苦手を克服したいですよね。


面接に苦手意識を持つ人は多いですが、多くの人は対策することで解決しています。面接の対策方法を知らないからこそ面接に苦手意識を持ってしまうのです。面接の対策法を知れば、自然と面接に前向きな気持ちで向かえるようになります。

面接が苦手な人の特徴

面接が苦手だと感じる人によくみられる特徴は大きく分けて3つあります。面接が苦手な人はこの中の一つ、もしくは複数の特徴に当てはまるのではないでしょうか。

人とうまく話せない

口下手な人や、コミュニケーション能力が低いと感じている人など、人と話すのが得意でないと感じている人は面接に苦手意識を持つことが多いでしょう。面接では自分の強みや考え、熱意などを面接官にアピールしなければなりません。普段から人と話すことに苦手意識をもっていると、「面接官の質問に上手く答えられないのではないか」「上手く自分をアピールできないのではないか」と不安になってしまいます。


また、友達や知り合いとはよく話すけれど、人見知りで初対面の人と話すのは苦手だと感じている人も多いでしょう。面接官は当然、初対面の人ですし、毎回面接官は変わります。このことから苦手意識を持つ人もいるでしょう。

緊張しやすい

緊張しやすい人も面接を苦手だと感じる傾向にあります。緊張しやすい人とは、あがり症の人や、自分がどう思われているか気になる人などです。面接は普段と違い、目上の人と面接独特の雰囲気の中で話さなくてはならないため、緊張してしまうのは当然ともいえるでしょう。また、面接の中には今後の人生を大きく左右するような場面で行われるものも多いため、緊張しない方が珍しいとさえいえるでしょう。


適度な緊張であれば心や体を引締め、パフォーマンスを上げてくれますが、過度な緊張となると、集中力や注意力が低下し、パフォーマンスも下がってしまいます。このことが、体調不良を引き起こす原因となったり、面接中に動きや話し方が不自然になってしまい、自分の強みを出せないままとなってしまったりします。

心配性

何事も不安に思う人も、面接が苦手だと感じてしまいがちです。心配性の人は自分の能力以上に上手くやろうとして、失敗を恐れます。そのため「面接で失敗したらどうしよう」と考え、面接が怖いと感じてしまいます。


また、過去に面接で失敗した経験があり、それがトラウマとなってしまう人もいます。そうすると「今回も前回と同じようなことが起こってしまうのではないか」と考えてしまい、面接がネガティブなイメージになってしまいます。

場面別、面接の対策

面接が苦手だと思うのは、面接の対策を知らないからです。面接は場面ごとに対策が異なります。場面別の対策を見ていきましょう。

就職、転職時

就職、転職時は、面接の内容が採用を決めるといっても過言ではないでしょう。それではどのような対策を取ったらよいのでしょうか。

企業情報をきちんと把握する

企業情報をしっかりと調べ、把握することで、どのような企業なのか知ることができ、明確な志望動機を作ることができます。能力があることも大切ですが、企業への熱意も重要視されるため、面接官に入社の本気度が伝わるような志望動機を書くためにも企業情報をきちんと知ることは大切です。

よくある質問の答えを考える

就職、転職時の面接では、どの企業でもある程度決まったことが聞かれます。中には変わった質問をしてくる企業もありますが、そのような企業は少数派です。よくある質問はインターネットや、学生であれば大学のキャリアセンター、転職者であれば転職エージェントなどで知ることができます。その質問に答えられるようにしておくだけでもかなりの対策になるでしょう。

学生時代・前の企業で頑張ったことをしっかり伝える

就職、転職時の面接では「頑張ってきたことは何か」という質問をされることが多いです。学生であれば学生時代に頑張ったことを、転職者であれば前職で身につけた仕事やスキルを、どうしたら面接官にうまく伝わるか、ということを考慮しながら考えましょう。嘘をつくのはいけませんが、自分の経験が強みになるよう工夫しましょう。

OB・OG訪問をする

OB・OG訪問では、会社説明会やHPの情報では分からないことを聞くことができます。OB・OG訪問の際に「この企業で活躍している人は、どのような人ですか?」「どのような考え方の人がこの企業で成功していますか?」など、その企業で必要な能力を聞くことで、企業が求めている能力を知ることができます。自己PRがその会社の必要とする人物像と大きくかけ離れている、という人も多く見られますが、企業の求めている能力を知っていれば、的確に自分をアピールすることができるため、その企業に響く自己PRを作ることができます。それだけでなく、中には面接の秘訣を教えてくれる人もいるでしょう。

逆質問を考える

面接の際には「最後に質問はありますか?」と面接官から逆質問をされることが多いです。実はこの時にする質問で、面接官の応募者に対する印象が変わる可能性があるのです。


逆質問の際に面接官は、応募者の志望度や応募者の人柄、社風と合うかどうか、など意外と多くのことを見ています。また、応募者にとっては、労働意欲や企業への関心が高いこと、向上心などをアピールするチャンスでもあります。少なくとも5つ程度は逆質問を考えたうえで面接に臨みましょう。ただし調べればわかることや漠然とした質問は避けるようにしましょう。

面接対策のサイトやアプリを使う

面接対策のサイトやアプリがあります。実際に面接の練習をすることも大切ですが、どうしても回数を重ねることは難しいです。サイトやアプリであれば自宅や隙間時間に何度でも練習することができるため、上達に役立ちます。さまざまなサイトやアプリがあるため、自分に合うものを選んで使いましょう。

大学の推薦入試

大学の推薦入試では自己推薦、学校推薦ともに、面接を避けて通ることはできません。それどころか、面接を重視している場合も多いです。それではどのような対策を取ればよいのでしょうか。

先生に練習してもらう

学校の先生たちは、面接のコツを知っているでしょう。先生に面接をお願いし、アドバイスをもらうだけでかなり変わります。積極的に先生にお願いし、練習を重ねましょう。

先輩の聞かれた質問を調べる

大学入試で聞かれることはある程度決まっています。先輩たちが過去に受けた面接の内容を知り、その答えを考えるだけでもかなりの対策になります。


学校によっては先輩たちが過去に面接を受けた際に聞かれたこと、面接の雰囲気などを記録したデータが残っていることもあるのでそれを活用すると良いでしょう。そのようなものがない場合は、知り合いの先輩や先生を通じて面接を受けた人の話を聞けると良いでしょう。

大学の特色を調べる

大学によって、校風や学部の特徴、カリキュラムは大きく異なります。面接官は「数多くある大学の中でどうして本校を選んだのか」ということを聞いてきます。ネットで調べたり、資料請求をしたりして、できるだけ多くの情報を入手したうえで面接に臨みましょう。

オープンキャンパスに参加する

オープンキャンパスでは、教授や生徒の雰囲気、施設の様子など、実際の大学の様子がわかります。それだけでなく模擬授業を受けたり、教授や先生と話したりできる大学もあります。実際に目で見て感じたことは面接でも活かせますし、「本校のオープンキャンパスに参加しましたか?」という質問をされることも多いので、オープンキャンパスには積極的に参加しましょう。


大学で頑張りたいことを考える

面接時には「大学で何を頑張りたいと考えているのか」ということも聞かれます。この時にサークルやアルバイトと答えてしまっては「この子は大学で勉強する気がないのだな」と思われてしまいます。その大学が強みとしていることの中から頑張りたいことを見つけると、面接官にも好印象ですし、実際に大学で良い学びが得られるでしょう。

大学卒業後の進路を考える

大学在学中だけでなく、卒業後の進路を聞かれることも多いようです。大学で学んだことを社会で生かしていけるような人と研究したいと、大学側は考えるからです。大学で学んだことを将来どのような形で生かしていくのか、ということをきちんと考えておきましょう。

公務員試験の面接

公務員試験には筆記試験と面接試験の2つがあります。公務員試験で課せられる面接の重要度は、一般企業の面接と同等もしくはそれ以上だと言われています。筆記試験と面接試験の配点比率は未公開のため不明ですが、最近は面接重視の流れになってきています。だからこそきちんと対策しておく必要がありますね。

あらかじめ面接シートを準備しておく

公務員試験では面接を受ける際に、面接カードを書く場合が多いです。これはESのようなもので、これをもとに面接を進めていくため、選考の際にとても重要な要素となります。


面接カードを書くときは、嘘をつくのではなく、エピソードを上手く見せる工夫をしましょう。そして、内容はきちんと頭に入れておき、面接カードと話す内容が矛盾しないように気を付けましょう。


面接の際に持って行ったり、郵送で送ったりする場合は良いのですが、その場で記入する場合もあります。その場で記入する場合はあらかじめ想定できる範囲で準備しておきましょう。そうすることで時間がなく適当に作ってしまうのを防げますし、事前に面接のことを考えておくことができるため、他の志望者よりも一歩有利に立つことができます。

予備校に通う

予備校の先生は、多くの受験生を見ていますので、公務員試験の面接の傾向も知っています。予備校では独学では知ることのできない重要ポイントなどを効率よく学ぶことができますし、一緒に頑張る仲間がいます。独学でも合格する人はいますが、確実に合格したいという気持ちがあるのであれば予備校に通うことをおすすめします。

過去の面接質問集を見る

ネットや本で過去の受験者が実際に聞かれた質問が載っています。職種別に掲載されているものもあります。「なぜ公務員を選んだのか」など、基本的なものが多いですが、自分が聞かれる可能性も高い質問ばかりです。最低でもこれらの質問には答えられるようにしておきましょう。

通信教育や参考書を活用する

通信教育の教材や参考書にも過去問や予想問題、面接の際のポイントがたくさん書かれています。予備校には金額や時間の問題で通えないという人にもおすすめです。最近では通信教育や参考書でも模擬授業が受けられたり、分からない問題をメールで問い合わせできたりします。通信教育には模擬面接が受けられるものもあります。

英語の面接

外資系の企業や仕事で英語を使う職業の面接、英語の試験などでは英語で面接が行われます。英語で自分のことを話すことに苦手意識を抱く人は多いでしょう。ではどのような対策をしたらよいのでしょう。

シンプルな言い回しを使う

シンプルな英語を使うことを心掛けましょう。難しい言い回しだと回りくどくてうまく伝わらなかったり、緊張してうまく言えなくなったりする可能性もあります。また、難しい日本語をずっと聞いていると疲れてしまうように、難しい英語を聞いていると面接官も疲れてしまいます。シンプルな英語で、確実に自己PRが伝わるようにしましょう。

ESの内容を英語で言えるようにしておく

就職や転職のための面接である場合、ESに書いたことをそのまま聞かれる場合も多いです。実際に書いたことを、自分の言葉で話すことができるかを見ているからです。だからこそESに書いたことは確実に言えるようにしておきましょう。


しかし、その際に丸暗記をするのはやめましょう。緊張して頭が真っ白になってしまったときに、何も話せなくなってしまうからです。丸暗記ではなく、要点だけを暗記し、後は流れを覚えておくことで柔軟に対応できるようになります。

専門的な単語を調べておく

面接の際には日常会話では使わないような専門的な単語も出てきます。そのような単語が質問に出てきたときは、戸惑ってしまいますよね。聞き返すこと自体は悪いことではないですが、あまりにも単語を知らないと専門的な知識が一切ないのだと思われてしまい、減点となる場合もあるでしょう。


また、聞こえない単語があると焦ってしまい、以降の質問に影響する可能性もあります。あらかじめ専門的な単語の意味や発音を調べ、その単語を説明できるようにしておくことをおすすめします。

よくある質問例を参考にする

よくある質問例を参考にすることもおすすめです。特に、その質問を英語で聞くことは効果的です。英語の面接は内容に関しては日本語の面接より簡単なため、フレーズやセンテンスがそのまま使われることは少ないとはいえ、同じようなことを聞かれやすいです。


同じ質問を違う言い回しで話したり聞いたりできるようにしておいたり、答え方を何通りか考えておくだけでもかなり変わるでしょう。

英語だけに集中しすぎない

英語の面接だからといって英語をうまく話せればいいわけではありません。面接は面接官との会話のキャッチボールが大切です。面接官に自分の言葉で自分のことを伝えることが最も大切です。英語を使うことに必死になるのではなく、あくまでも英語を用いて会話をするのだということを覚えておきましょう。

面接時のポイント

面接時は内容以前に、気を付けなければいけないポイントがあります。

話し上手である必要はない

話し上手である必要はありません。話し上手だから面接を通過できるというわけではないからです。面接で大切なのはその人の人柄や、質問に的確に答えられているかです。話し上手になろうとするよりも、要点をまとめ、自分の言葉で話すことを大切にしましょう。

自己分析をする

自己分析とは、自分のこれまでの経験や思考を客観的に振り返り、自分の能力や性質、強みや弱み、今後のありたい姿などを理解することです。自己分析をすることで、面接時の自己PRで具体的なエピソードを語れるようになり、プラスの印象を与えることができるようになります。


それだけでなく、就活の際には、「どんな仕事に就きたいのか」「どのような仕事が向いているのか」「どの企業が自分に合っているのか」などを知るきっかけとなり、最初に自己分析をします。


自己分析の質が面接の明暗を分けるとさえいうこともできますので、丁寧にやりましょう。

自信を持つ

面接が苦手であっても自信をもって面接に臨みましょう。緊張しているからとおどおどしたり、おかしなしぐさをしてしまうと、それだけでマイナスに見られてしまいます。緊張していても、自信満々なのだといい聞かせましょう。自分を思い込ませることで自然と自信も出てきます。自信をもってはきはきと話せるように練習しましょう。


自分に強みや能力がないから面接は不安だという人もいるでしょう。しかし、平凡な人であっても明るくはきはき話せば、それだけでプラスに評価されます。また、自分が大した強みだとは思っていないことが、実は求められている能力だということもあります。自分の強みが求められているところが本当の自分の居場所です。等身大の自分に自信を持ちましょう!

求められる人物を意識する

面接は相性が大切です。たとえ、どんなに優れた部分があっても、それが求められる人物像と違えば、ただ的外れなことを話しているだけとなってしまいます。だからこそ情報収集を怠らず、どのような人物が求められているのかということを意識して面接に臨みましょう。

立ち振る舞いを意識する

いくら内容が良くても立ち振る舞いが良くないと印象が悪くなってしまいます。面接会場に着いた時から面接は始まっていると考え、会場に入るとき、面接までの待機時間、面接室に入るとき出るとき、面接中の態度などにも気を配りましょう。


一人一人の面接時間は短いですが、このわずかな時間で面接官は判断しなければなりません。明るくハキハキと話すことだけでなく、笑顔で話すこと、目を見て話すこと、早口にならずに話すことなど、話をするときの基本的な振る舞い方にも気を付けましょう。

発言に一貫性を持たせる

一貫性のある自己PRは信頼を高めます。面接以外の評価が良かったとしても、話に一貫性がないと面接官が人物像をつかむことができなくなり、最悪の場合、嘘をついていると思われてしまいます。


面接対策の本やマニュアル通りの回答をするのも怪しいと思われてしまいます。自分の言葉で話し、内容に一貫性を持たせるようにしましょう。

身だしなみを整える

面接時には内容だけでなく、印象も結果を左右するポイントとなります。その際に重要なのは身だしなみがきちんとしていることです。どんなに優れた人でも不潔だと印象は悪くなってしまいます。


服のしわ、髪型などに注意を払うことはもちろんですが、靴や鞄など、細かいところまで気を配りましょう。また、男性は髭の剃り残しに、女性はストッキングの伝線やメイクにも気を付けましょう。

面接でミスしてしまったら

どんなに対策をしていても、面接でミスをしてしまうことはありますよね。それではそのようなときにはどうしたらよいのでしょうか。

ミスを謝る

ミスをしてしまったら、すぐに謝りましょう。この時に注意しなければならないのは、取り繕おうとしたり、長々と言い訳に聞こえるような謝罪をしたりしてはいけないということです。このような謝罪はかえって印象が悪くなってしまうこともあります。誠実さや潔さが伝わるよう、正直に簡潔に謝罪しましょう。

焦らない

ミスをしてしまうと焦ってしまいがちですが、実は面接の合否にミスは関係ありません。むしろミスをした後どのように対処するかを見ているのです。だから、焦ってしまうのはよくありません。焦ってしまうと頭が真っ白になり、その後きちんと話すことができなくなってしまうこともあります。ミスをしたときは一度深呼吸をして心を落ち着けて、冷静になってから話し出すようにしましょう。

最初から言い直す

ミスをしてしまった時は、最初から言い直せば問題ありません。むしろ、何とか取り繕うために思いついたことを口に出してしまう方がよくありません。話が伝わりづらくなるだけでなく、話全体のつじつまが合わなくなってしまう可能性があります。


ミスをしてしまったら「申し訳ありません。少しお時間を頂いてもよろしいですか」と一言断った後、深呼吸して心を落ち着かせ、最初から言い直すようにしましょう。

まとめ

面接が苦手な人はいない、というよりは、面接がうまくできないからといって悩む必要はないのです。面接は真剣であればあるほど緊張してしまうものですし、面接官もそのことは分かっています。面接をうまくやること以上に、対策をしっかりすること、誠実さを示すこと、などを大切にしたいですね。


面接は場数をこなせば自然と慣れていくものです。面接のコツをつかむためにも、失敗を恐れずどんどん面接に挑戦していきましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


面接 転職

関連する投稿


転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職活動を始めようと考えたときにベストなタイミングはいつなのでしょうか?退職してからなのか、する前なのか?、転職に有利な時期は人それぞれ異なります。この記事では、あなたに合った転職のタイミングを知る方法を紹介します!


転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

三年以内の離職率三割と言われるように転職することが当たり前とされています。しかし、転職することに対してポジティブな意見ばかりではありません。転職回数が多いことに否定的な意見もありますが、多すぎると言われてしまう基準はいくつくらいなのでしょうか?


業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外にも上司からメールが止まらない、電話がかかってくる、など逃れられない状況に置かれた人がするべき対策集です。そもそも業務時間外の労働の基準はなんなのか、というところから業務時間外労働の断り方まで幅広く紹介しています。


モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

「上司のあの行動、もしかしてモラハラなんじゃ・・・?」職場で上司や同僚から嫌がらせを受けた経験はないでしょうか。自分ではなかなか判断しづらく、つい我慢してしまう方も多いのかもしれません。 実際に、職場でのどのような行動がモラハラに当たるのか、自分がモラハラにあったときの対策などをまとめました。


転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

今回で3回目の転職…まだ、20代なのにこんなに転職を繰り返しても良いのだろうか?面接でしっかりと説明すれば、運が悪く転職をしていることをわかってくれるのだろうか?複数回転職をすると継続して働くことができない人という印象を与えてしまうので不安になりますよね。


最新の投稿


退職時の言い方が難しい…穏便に退職する方法と言い方の例!

退職時の言い方が難しい…穏便に退職する方法と言い方の例!

「退職したいけど言い方はどうしたら良いのだろう」と悩む人も多いでしょう。多くの人が穏便に退職したいと考えると思いますが、引き止められることも珍しくなく、スムーズに済ませるのはとても難しいですよね。今回は穏便に退職するための話の進め方、言い方の例を紹介します!


仕事をやりたくないは甘えじゃない!原因と対処法!

仕事をやりたくないは甘えじゃない!原因と対処法!

仕事をやりたくないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。やりたくない仕事を続けることにはメリット・デメリットの両方がありますが、やはり我慢しすぎるのは良くありません。記事では仕事をやりたくないと感じる原因と対処法を紹介するので、参考にしてみてください。


仕事辞めたいはうつ症状の発端!?うつの原因と対処法!

仕事辞めたいはうつ症状の発端!?うつの原因と対処法!

仕事を辞めたいと考え続けている人はうつの症状が出始めているのかもしれません。仕事を辞めたいという気持ちは甘えだと思う多いかもしれませんが、うつは精神疾患です。無理するのはよくありません。この記事ではうつになりやすい人の特徴や環境、対処法を紹介します。


入社しない方がいい会社の特徴・見極め方とブラック企業大賞!

入社しない方がいい会社の特徴・見極め方とブラック企業大賞!

入社しない方がいい会社の見分け方がわからず悩んでいる人も多いでしょう。日本には企業が数多くあるので見分けることは難しそうですが、実はそれほど難しいわけではありません。この記事では入社しない方がいい会社の特徴と見分け方、2019年ブラック企業大賞を紹介します。


12時間労働がきつい!12時間労働は違法ではないの!?

12時間労働がきつい!12時間労働は違法ではないの!?

12時間労働がきついんだけどこれは普通なの?と苦しんでいる人もいるでしょう。時々であればまだ耐えられるかもしれませんが、常に12時間労働だと心身ともにボロボロになってしまいます。この記事では12時間労働は違法なのか、疲れてしまった人のやるべきことを紹介します。