仕事で評価されないと悩んでいるあなたへ!評価されるための対策

仕事で評価されないと悩んでいるあなたへ!評価されるための対策

仕事で評価されるためにはどうすればいいのでしょうか?あなたの会社での評価が低い理由や原因、そして会社や仕事で評価される人間となるための対策を紹介します。仕事や会社で良い評価を得られるようになるためにも参考にしてみてください。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

【調査結果】あなたの会社では結果とプロセスどちらを優先して評価しますか?

社会人を213名対象に、「あなたの会社では結果とプロセスどちらを優先して評価しますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。


結果:65%

プロセス:9%

両方同じくらい:13%

わからない:13%

会社から評価されなくて辛い…

努力しても会社からの評価が低いまま

今の会社で働き始めて5年が経ったものの、よく考えてみると入社当時と給料がそんなに変わらないのでは?と感じることはありませんか?もちろん、働くことにも慣れて職場の人間関係や仕事の仕方もある程度身についてきたでしょう。


しかし、周囲を見てみると昇進した同僚が増え、自分より後から入ってきた部下たちも上司からの評価が高い気がしてしまうこともあります。それに比べて自分は、色々努力しているにも関わらず会社からの評価が低いと感じてしまうこともあるでしょう。


毎日誰よりも早く出社して仕事の準備をしたり、上司から言われたことは期日内にきちんとこなしている。自分の仕事の仕方のどこがいけないんだろうと頭を悩ませている人も多いのかもしれません。

評価してもらえないデメリット

「会社からの評価が十分ではない」と感じながら働き続けることは、どのようなデメリットがあるのでしょうか。給料が増えないことはもちろんのこと、あなたが働く意欲まで奪ってしまっている可能性があります。

仕事のモチベーションが下がる

「自分は評価される仕事をしているはずなのに」「評価してくれない会社が悪い」

このように自分が評価されないことに不満を持ちながら働いていると、いずれ仕事をするモチベーションまで下がってしまうこととなります。特に、人間は誰かに認められたり褒められたりしたいものです。どんなに自分が頑張っても評価されない状態が続けば、「どうせ私がやらなくてもいい仕事だろう」「ちょっと手を抜いて仕事したとしても、上司は気づかないだろう」と懸命に働こうとしなくなるでしょう。


また、そんなときに限って上司に叱られてしまえば、「きちんと働いているときは評価してくれないのに、ミスしたときだけよく見てるよな」と不満が溜まるという悪循環に陥るかもしれません。

給料が増えない

たとえ、会社の評価が低くても、給料が十分にもらえるならいいですがそうはいきません。社内で行われる上司からの評価は、あなたの給料やボーナスの額に直結します。入社以来、ずっと昇進せず、役職もつかずに働いていれば手当等の支給もないでしょう。


本来であれば、数年働けば一定の給料アップが見込めるはずですが、会社からの評価が低いまま給料が上がらなければ一生その給料で生活しなくてはいけません。若いうちは良いですが、将来結婚して子どもが生まれ、家を買うことを考えると、いつまでも社内の評価が同じであることに危機感を覚える人も少なくありません。

裁量権を得ることができない

会社の評価が低いことで、仕事の裁量権が得られないのもデメリットの一つです。裁量権がなければ、逐一、上司の許可をもらってから仕事を進めなくてはいけません。例えば、営業先ですぐに決定したい内容があっても、決定事項を上司に確認しなければいけないと取引先に嫌な顔をされてしまうこともあります。このように、会社からの評価が低いことで仕事がスムーズに進まないデメリットがあります。

会社から評価されない原因

結果を残せていない

「結果が全て」という会社であれば、売上や目標件数、仕事のスピードなど会社に求められている結果に達していないことが原因となることもあります。ただし、結果が出せないことが原因であれば、自分は何を改善すればよいのか考え行動することで評価されるよう努力することが可能です。


もし、自分がどのような結果を求められているかを知らなければ、まずはそれを確認するところから始めましょう。求められている結果があまりにも高いもので、自分がどんなに努力しても無理な場合は転職を考える必要があるかもしれません。もう少しで到達可能な目標であれば、少しの努力で評価を上げることができる場合もあるでしょう。

評価する人が望んでいることを理解できていない

「こんなに頑張っているのに」と不満を感じている人は、もしかすると、その頑張りが評価する側の望みとズレてしまっているケースもあります。例えば、締切よりかなり前倒して仕事を終わらせて提出し「自分は完璧だ!」と思っていても、上司からすれば「締切ギリギリまで自分で考え、より質の高いものを提出してほしい」と思っているかもしれません。


また、その逆もあるでしょう。評価を上げるために大切なことは、評価する側の望みをきちんと把握することがあります。今やっていることが評価されないのであれば、別のアプローチを考える必要があるでしょう。

ハードルを上げすぎてしまう

自分自身でハードルを上げすぎてしまっている可能性もあります。「自分はこんな評価で終わる人間じゃない!」「自分ならもっとできるはずだ」と、会社に対する評価や自分の能力を冷静に判断できていないこともあるでしょう。


特に、これまで学生時代や別の会社で評価が高かった人やプライドの高い人にその傾向が強いです。よっぽど部下を見ていない上司や、評価をしていない会社ではない限り、自己評価と他社からの評価に大きな差があることは考えられません。自分でハードルと上げてしまうのではなく、冷静に今の自分の現状を把握し、できることから行動してみるのが良いかもしれません。


コツコツと積み上げることができない

「早く自分を評価してほしい」「こんなにいろんなことに挑戦しているのに!」と、評価を焦ってしまう人は、すこし急ぎすぎている可能性もあります。どんなに最初から優秀な人であっても、まずはその会社で多くの実績や経験を積む必要があります。


長く継続して物事に取り組めるというのも、会社にとっては一つの評価基準となるでしょう。それができずに、評価の高そうな仕事にだけ手を出して、毎日しなくてはいけないルーティン業務をおろそかにしている、職場の人間関係を構築しようとしないといった状況では、会社として評価できるとは言えません。


まずは毎日の仕事を丁寧にしてみたり、自分のどんなところが評価を下げてしまっているのか周囲に聞いてみることも良いでしょう。

会社から評価されない人の特徴

仕事の量でアピールしようとしている

「私はこんなに仕事をしました!」と、自分をアピールする部下もいます。しかし、それが評価に直結しないのは、評価=仕事の量とは言えないからではないでしょうか。もちろん、短い時間で多くの仕事をこなしてくれることは会社とっても有り難いことですが、その質はどうでしょうか。


また、与えられた業務によっては量を求められていないこともあります。例えば、「新しいイベントをアイディアを出しておいて」と上司に頼まれたとしましょう。そこで、100コのアイディアを出したからといってそれが評価に結びつくわけではありません。もしかすると、3つの深く考え検討されたアイディアの方が高い評価となることもあるでしょう。

完璧主義

自分だけで仕事を完結しようとして、きちんとしたものができるまで上司に提出しない。納得のいくものができなければ提案すらしないといった、度を超えた完璧主義もなかなか高い評価を受けることが難しいでしょう。


先程の仕事の量で評価をもらおうとする人と、正反対のケースです。業務によっては、完璧主義で間違いのない正確な仕事を求められる場合もありますが、全ての業務がそうとは限りません。仕事を受ける時点で、上司は自分にどれだけの成果や正確性を求めているのか、内容の充実度とスピードではどちらを重要視しているのかなど、業務を見極める能力も評価を上げるために必要な要素となるでしょう。

リサーチに時間をかけすぎる

完璧主義とも似ていますが、いいものを作ろうとリサーチばかりに時間がかかってしまう人もいます。「失敗しては困るから」「もう少し調査しないと」と、なかなか最終的な完成にたどりつかず、上司がイライラしてしまうケースもあります。特に、「仕事はやりながら考える」「失敗しながら完成形を目指す」といった考え方の上司は、頭で考えてばかりのタイプや行動までに時間がかかる人に対する評価を下げる傾向にあります。



自分の評価をあげるためには、上司がどんな性格の人なのかを知ることも大切になってくるでしょう。

言われたことしかできない

「きちんと言われた通りにやっているのに」という人も、評価が低いです。言われた通りにできているというのは、裏を返せば言われたことしかできていないとも言えます。忙しい上司の中には、頼みたい仕事を全て指示していない人もいます。


任された業務をする中で「彼ならきっと言わなくてもやってくれるだろう」と期待して仕事を頼んだものの、本当に言ったことしかしてこなかったと上司ががっかりしていることもあるでしょう。


言われたことはきちんとできているという人は、そろそろ次のステップに進むときかもしれません。「上司の言わなかった依頼は何か?」と自分で推測することから始め、「この仕事もやってくれうなんて気が効くね」という上司の感謝をもらえれば、評価アップも期待できるはずです。

評価されるためにできること

会社から求められていることをリサーチする

自分の評価を上げるためには、まず求められていることを正確に把握することから始めましょう。自分が思っている評価してほしいポイントと、会社が求めることにズレがある場合、どんな頑張りも無駄になってしまいますし、逆に自分の評価を下げることにもなりかねません。


自分に求められていることを知るために、最も早い方法は直接上司に確認してみることです。ただし「何をすれば自分を評価してもらえますか?」と聞くのはあまり印象がよくありません。「どんなサポートをすれば、より会社の役に立てるでしょうか?」など、会社の役に立ちたいという意思を見せることが大切です。

評価されている人の真似をする

また、会社から求められていることを知っても「実際に何をすればいいの?」と疑問を持つ人もいるかもしれません。そんなときは、まず今すでに評価されている人を探し、その人の真似をすることから始めてみましょう。


特に、自分と同じ部署の同年代の社員で上司からの評判が高い人がどんなことで評価されているかを知ることで、自分にも同じような振る舞いが求められていることもあります。また、その相手が仲の良い相手であれば「自分も君のように会社に評価される社員になりたいんだ」と伝え、実際に仕事の様子をそばで見せてもらうことも良いでしょう。

評価されない原因が会社にある場合

これまで紹介してきた内容は、全て評価される側に原因がある場合の対処法でした。ただし、会社に何らかの理由があって、あなたが評価されていない可能性もあります。以下のような理由であなたの評価が低い場合には、別の対策が必要になってくるでしょう。

人件費に余裕がない

社員に高い評価を与え、それを給料に反映するとなると必ず人件費は上がることとなります。もし、会社に十分な資金がなかったり、売上が思ったより伸びなかったというった場合には、給料を上げることができないために評価したくてもできないという可能性もあります。

評価制度が明確ではない

通常、各社員の評価基準は明確にされており、その基準に基づいて上司が部下に評価を与えます。しかし、評価の高い社員を見ても、なぜ評価が高いのかがわからない。昨年に比べて明らかに成績が伸びたにも関わらず、評価が変わらないなど制度が不明確な場合もあるでしょう。
通常、各社員の評価基準は明確にされており、その基準に基づいて上司が部下に評価を与えます。しかし、評価の高い社員を見ても、なぜ評価が高いのかがわからない。昨年に比べて明らかに成績が伸びたにも関わらず、評価が変わらないなど制度が不明確な場合もあるでしょう。

結果を評価しないのはブラック企業

周囲の営業成績や売上と比較して、どう考えてもトップの成績を残しているにも関わらず、結果を評価してもらえないのはブラック企業と言っても過言ではありません。入社して間もないため、先輩よりもいい成績を残して他の社員から嫌がらせを受ける人もいるほど会社がブラックな企業であれば、無理にその会社で働く必要はないでしょう。

転職するならな転職エージェントを利用

自分の評価が低いのは明らかに会社側に問題があるという場合、転職をすることを視野に入れても良いかもしれません。なかなか自分で転職先を見つけることは難しい場合には、転職エージェントを利用することもできます。多くの求人の中からあなたの希望や経験にあった最適な転職先を見つけるサポートをしてくれるでしょう。

まとめ

会社での自分の評価が低いというのは、仕事のモチベーションも上がらず給料も低いため良いことは一つもありません。会社に評価してもらえるためにできることを実践し、それでも評価を上げることが難しいときには、会社を変えるということも可能です。


自分が前向きにチャレンジできる職場を見つけ、仕事で成長できる環境を整えることが大切になってくるのかもしれませんね。


社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

日本一の資格マニアを目指して日々資格勉強に励んでいます!少しでも記事を読んで下さったら嬉しいです。

関連するキーワード


評価されない 仕事 会社

関連する投稿


仕事で板挟みになったときは?やり過ごす解決策や逃げ出す方法!

仕事で板挟みになったときは?やり過ごす解決策や逃げ出す方法!

仕事上の人間関係トラブルでは、当事者たちだけではなく板挟みとなってしまっている周りの人たちまで傷つくことがあります。例えば、管理職と現場でトラブルが起きた場合にそれを繋いでいた人たちが板挟みにあい、被害を被るということはよくあります。この記事では、そのような場合の解決策を紹介していきます。


仕事をなめている人の特徴5つと対処法4選!部下の教育方法は?

仕事をなめている人の特徴5つと対処法4選!部下の教育方法は?

「あの新人、仕事をなめてる」「あの人いつもやる気ないよね」など、あなたの周りにも仕事をなめている人がいるかもしれません。仕事をなめている人が周囲にいると、空気を悪くし、やる気のなさが伝染してしまうため良い環境とは言えません。今回は、仕事をなめてやる気のない人の特徴や、その状態で働き続けるとどうなるのかを当人目線と会社目線でご紹介します。最後には対策もご説明しますので、ぜひ試してみてくださいね。


仕事を取られると不安に感じるのはなぜ?原因とその解決策!

仕事を取られると不安に感じるのはなぜ?原因とその解決策!

後輩や同期に仕事を取られる…と悩んでいる人は少なくないです。本来ならば、仕事を引き取ってもらえるのは、自分の担当しなければいけない仕事の量が減るので嬉しいことでしょう。しかし、多くの人は仕事を奪われてしまうことで不安に感じるようです。この記事では、仕事を取られて不安に感じる理由とその対処法を紹介していきます。


仕事についていけない…辛い日々に耐えれなくなった時の対処法!

仕事についていけない…辛い日々に耐えれなくなった時の対処法!

仕事についていけないと悩んでしまっている人は少なくないでしょう。自分だけが仕事についていけていないと、自身のプライドが傷つけられたり、他の人や会社に迷惑をかけてしまっていると不安になってしまいます。この記事では、仕事についていけない人の対処法を紹介していきます。


会社が服装を指定する理由は?オフィスカジュアルのマナー!

会社が服装を指定する理由は?オフィスカジュアルのマナー!

会社によって業務中にしている服装は様々でしょう。今回は、会社が服装を指定する理由と最近増えているオフィスカジュアルのマナーについて説明します。この記事を読んで、明確なルールが定められていないことが多い服装マナーを覚えてみてください!


最新の投稿


他人に期待しない生き方をすべき理由?期待せずに生きる方法!

他人に期待しない生き方をすべき理由?期待せずに生きる方法!

他人に期待しないで生きることにはメリットとデメリットのどちらもあります。誤解されやすい他人に期待しないという考え方をしっかりと理解することで人生の役に立つかもしれませんよ。この記事では、他人に期待しないの意味や期待せずに生きる方法を紹介します。


自分を客観視する事は大切?客観視できるようになる方法8選!

自分を客観視する事は大切?客観視できるようになる方法8選!

自分を客観視することは冷静な判断をするために不可欠です。また、自分を客観視することができるとビジネスや人生で成功しやすいともいわれています。この記事では自分を客観視することのメリット、客観視できるようになるための方法を紹介します!


話が長い人は要注意?だらだらと話すデメリットと簡潔に話す方法

話が長い人は要注意?だらだらと話すデメリットと簡潔に話す方法

話が長い人だと指摘されたことはありませんか?話が長い人は仕事上で不便が生じるだけでなく頭の悪い人などと相手からの印相を下げることにもなりかねません。この記事では、話が長くなってしまう理由と改善方法を紹介していきます。


視野が狭い人の特徴とデメリットは?すぐに試せる4つの改善策!

視野が狭い人の特徴とデメリットは?すぐに試せる4つの改善策!

上司に視野が狭いと注意されたことはありませんか?視野が狭いことで生じるデメリットは意外にも多いので、視野の狭さが気になる方は改善すべきです。この記事では、視野が狭い人の特徴と改善策をご紹介します。


人の気持ちがわからない人の特徴と理由は?上手く付き合う方法!

人の気持ちがわからない人の特徴と理由は?上手く付き合う方法!

「あなたは人の気持ちがわからない人だね」と言われたことはありませんか?言われているあなたはそれほど重く受け止めていないかもしれませんが、相手はあなたが思っている以上に深刻に悩んでいる可能性がございます。この記事では、人の気持ちがわからない人の上手な対応方法を紹介します。