仕事に誇りを持てないと損!?誇りを持つためにすべきこと!

仕事に誇りを持てないと損!?誇りを持つためにすべきこと!

仕事に誇りを持てていますでしょうか?人は人生の三分の一の時間を仕事に費すそうです。なので、仕事に誇りを持つことは人生を充実させる上で欠かせないことであると言えるでしょう。この記事では、仕事に誇りを持つことができていないあなたができることを説明します。


世の中には、自分の仕事に誇りを持って働いている人はどのくらいいるのでしょうか。誰もが自分の仕事に誇りを持ちたいと思う一方で、なかなか誇りを持てずに悩んでいる人も多いでしょう。この記事では、仕事に誇りを持てない理由や誇りを持つためにできることをご紹介しています。

仕事に誇りを持つことは必要なのか?

仕事の自信は成功の要因

自分の仕事やその仕事をしている自分に誇りを持つことは、仕事に自信を持って取り組み、成功するために必要なことであるとも言えます。誰だって仕事で成功し、楽しく仕事を続けていきたいものです。仕事に誇りを持ち続けることは、あなたの仕事や人生を豊かにすることにもつながっていくのかもしれません。

仕事に誇りを持てない理由

もし、あなたが今自分の仕事に誇りを持って働くことができていない場合、どのような理由が考えられるでしょうか。

商品やサービスを好きになれない

会社の雰囲気や給与面などを理由に職場を選んだため、自分が仕事で扱っている商品やサービス自体は好きではないという場合もあるでしょう。入社してしばらく経ち、ある程度自分の働く業界のことがわかってくると「うちの商品より他社の商品の方が魅力的かもしれない・・・」と気持ちが変わることもありますよね。


特に、自社の商品やサービスを自分の立場や部署では改善・変更することができず、仕方なくその商品を扱わなくてはいけない状況の人にとっては、自分の仕事に誇りを持てない原因となるようです。

自分の仕事に自信を持てない

「自分は先輩と比べて仕事ができない」「いつも上司に怒られてばかりの自分はだめだ」


自分のスキルや能力、経験に自信が持てないことから仕事への誇りが持てないケースもあります。特に、入社間もない社員や仕事が苦手だと感じている人が持ちやすい悩みでもあります。


しかし、他の人と比較をしてばかりでは自分に自信を持つことも、仕事に誇りを持つことも難しいでしょう。「昔の自分と比べて、自分は何ができるようになったか」と考えることで自分に自信が持てるようになるかもしれません。

知人の仕事と比べて見劣りするから

社内の同僚や先輩との比較だけでなく、知人の仕事と比べてしまうこともあります。自分の知り合いが勤めている会社の方が有名な企業であったり、よりよい商品を扱っている。自分の会社の仕事は地味で、友人の仕事は人気もあり華やかな業界だといったこともあるでしょう。


しかし、仕事に対する誇りは知名度や目立つ職業だから持てるものではありません。自分の仕事のどんなところが好きなのか、その仕事をしているどんな自分に自信が持てるのかなど、自分の気持ちに目を向けることが大切でしょう。

会社の将来性を感じることができないから

「業績が落ち込んできている」「昔ながらの伝統だけで時代に沿った改革がない」自分の会社の今後の想像したとき、将来性を感じないことが原因の場合もあります。この先、社会や顧客に選ばれないような商品やサービスを扱っていることで、「自分も時代遅れなのではないか」「こんな仕事を続けていても将来が不安だ」といった気持ちが大きくなってしまう人もいます。


しかし、会社の将来性を感じるために自分で何か努力していることがあるでしょうか。まずは自分が会社を変えていこうという意識で仕事に取り組んでみることで、仕事に誇りを持てる状況を作ることができるかもしれません。

年収が低いから

仕事は楽しくやりがいのあるものであっても、年収の低さから仕事への誇りを持てないこともあります。どんなに自分が良いと感じている商品でも「年収が低いということは自分の仕事は対した仕事ではないのかもしれない」と思ってしまうこともありますよね。また、自分の頑張りが評価されていないと感じている人もいるでしょう。

仕事にやりがいがないから

「何をやっても楽しくない」「お金をもらうためだけに働いている」仕事に対してのモチベーションも低く、仕事をしている意味を感じられないと仕事に誇りを持つことはできません。自分にとって、どんな仕事であれば「やりたい。やってよかった。」と感じることができるかを考えてみる必要があるでしょう。与えられた仕事を何も感じずにただこなすだけでは、仕事に誇りを持てるようになることはありません。

努力していないから

何の努力もせずに仕事をしている人は、自分の仕事への誇りはありません。「誇り」とは、何かしらの努力の結果があり、その努力を素晴らしいと思えることとも言えます。そのため、そもそも努力していない人に、仕事を誇らしいと思える感情が湧くことはありません。もし、自分の仕事に誇りを持ちたいと思うなら、まずは自分の仕事の中で1つでも努力して行ってみることが大切です。

仕事に誇りを持てないデメリット

仕事が上手くいかない悪循環になる

自分の仕事に誇りを持てないまま働き続けることで、だんだんと仕事がおろそかになってしまい、仕事が上手くいかないという悪循環に陥ることもあります。自分のしていることを良いことだと思っていないとき、その行動が奇跡的にいつも上手くいくことはありません。


仕事に集中できずに普段しないようなミスをしてしまったり、周囲からも仕事に意欲がないと見られて仕事を任せてもらうことが少なくなってしまう恐れもあるでしょう。その結果、「自分は仕事が出来ない人間だ」「誰にも必要とされていない」と、さらに自分の仕事に自信を持てないというサイクルに入ってしまう人も少なくありません。

成長を実感することができない

誇りを持てない仕事をしていれば、「その仕事で自分を成長させよう!」と思うことはまずないでしょう。言われたことをただこなし、上司にダメ出しをされればその通りに修正する。結局、仕事に対する自分の意見や工夫もなく、勤務時間は言われた通りに業務を行うだけの時間となり、成長を実感することはありません。


もっと仕事を効率的にこなしたい、よりよい成果を上げたいという気持ちもなく、ただ仕事をするだけの時間は社会人にとってとてももったいない時間となってしまうでしょう。

仕事のモチベーションが下がってしまう

仕事に対してモチベーションが上がるということももちろんありません。むしろ、「あと何時間で帰れるのだろう」「早く家に帰りたいな」といった仕事以外のことを考えている時間が多く、仕事に対する責任感もありません。仕事がうまくいったとしても、ミスが増えて上司に怒られたとしても、仕事に関して特別な感情が湧くこともありません。


新しい仕事に挑戦したい、もっと難しい仕事を任されたいと思うこともなく、仕事をしていてやりがいを感じることもないでしょう。

仕事が楽しくなくなる

自分の仕事に誇りを持つことができなければ、仕事をしている時間はとても退屈な時間となります。もし、今自分がしている仕事に誇りを持って働くことができていれば、ちょっと大変な雑務や難しい仕事も楽しく乗り切ることができるでしょう。


例え、残業を任されたとしても、「この仕事をやりきれば、また自分の自信や仕事への誇りにつながるかもしれない!」と前向きに仕事に取り組めるはずです。しかし、仕事に誇りを持たない人にとって、仕事とはただ給料をもらうために仕方なく「しなくてはいけないこと」に変わってしまいます。そこに楽しさや成長する喜びを見出すことができず、ただ時間が過ぎるのを待つという残念な結果となってしまうでしょう。

仕事に誇りを持つためにできること

目の前のことに一生懸命に取り組む

仕事に誇りを持てないデメリットを知り、「もっと今の仕事に誇りを持ちたい!」と感じたからといって、何か特別な難しいことに挑戦しなくてはいけないということはありません。まずは、今与えられている目の前の仕事に一生懸命に取り組むことが大切です。


皆に羨ましがられる仕事や多くの利益を生む仕事だけが誇りを感じることのできる仕事ではありません。自分が懸命に取り組み、自分の成長を感じる仕事に誇りを感じることもできます。自分の力で自分の仕事に誇りが持てると信じ、仕事をし続けることも大切でしょう。

成功体験を積み重ねる

仕事への自信や誇りを感じるのは、成功体験をしている人に多いのかもしれません。最初はできなかった仕事も、だんだんとできるようになり「入社したばかりの頃より、仕事が早くなったな」と上司に褒められたことで自信がついた人もいます。


また、失敗ばかりだった仕事がようやく成功したとき、「もっとこの気持ちを味わいたい!」と仕事に対する意欲が湧き、自分の仕事に誇りを持って取り組めるようになったケースもあります。今は自分にとって難しい仕事も、経験を積むことによって成功に近づくことができるでしょう。

商品やサービスについて詳しく知ろうと努力する

仕事に誇りが持てないのは、もしかするとまだ自分の扱う商品やサービスについて十分な知識や経験がないだけといった可能性もあります。少し商品を扱ったことがあるだけで、「自分の会社の商品は良くない」と勝手に決めつけてはいないでしょうか。


どんな商品やサービスにもメリットやデメリット、モノの良し悪しがあります。自分の商品だけでなく、他社の商品についても細かく知る努力をし、「本当に自分の仕事は誇りを持てない仕事なのか?」と改めて考えてみることで、新しい発見があるかもしれません。

主体的に仕事に取り組む

いつも言われたことだけをしている状態が続き、やらされているだけの仕事が多い場合は、思い切って自分で主体的にできる仕事に変えてみましょう。上司にお願いして仕事を変えてもらうよう交渉しても良いですし、今自分が抱えている仕事を「自分が主体的に取り組むとすれば、どのように仕事を進めるか?」と捉え方を変えてみるのも良いでしょう。


今の仕事を改めて「自分の仕事である」と認識し直すことで、責任感を覚えたり最後までやり遂げようという気持ちが生まれ、仕事に積極的になれる可能性もあります。

ポジティブに考えるようにする

商品やサービス、会社のネガティブな部分だけを見てしまいがちな人は、できるだけ物事をポジティブに捉える癖をつけましょう。どんなにネガティブに考えても、損をするのはその仕事をしている自分自身です。今の自分の仕事に自信を持ち、誇りを持って仕事をしたいのなら良いことに目を向けていく必要があります。


根拠もなく、「自分の仕事だけが一番だ」と考えすぎてはいけませんが、ある程度前向きに自分の仕事を捉え直してみることは大切なことです。

どうしても仕事に誇りを持てない人はどうする?

仕事には相性もある

今の仕事に誇りを持とうと努力しても、人によってはどうしても難しい場合もあります。仕事には自分に合うか合わないかといった相性の問題もあり、自分ではどうにもできない可能性もあるでしょう。今の仕事では仕事に誇りを持つのが難しいと感じたら、別の業界で新しい仕事を探してみたり、転職してみるといった方法もあります。

自分の強みを活かせる仕事を探す

誇りを持てる仕事を選ぶなら、自分の強みを活かせる仕事が良いでしょう。もちろん、苦手な仕事に挑戦し、克服することでどんな仕事にでも自信をつけたいという人もいますが、その方法は少しハードルが高い可能性もあります。まずは、今自分が周りの人より上手にできる仕事や楽しく働ける仕事を探してみましょう。そこでその仕事に誇りを持てるよう努力し続けることで、楽しくやりがいのある仕事となることもあります。

転職エージェントを利用する

「自分の強みがわからない」「強みを活かせる職場を探せない」転職を考えたときにこのような不安がある場合は、転職エージェントの利用がオススメです。転職エージェントは、単に自分の希望に合った仕事を紹介してくれるだけではありません。


どんな仕事が自分の強みを活かせるのか相談にのってくれるスタッフがおり、自分の強みが何か見つけられるようなツールを利用することもできます。誇りを持てる仕事を探すためには、誰かにアドバイスをもらうことも大切。自分にピッタリなエージェントを探してみてくださいね。

まとめ

「自分の仕事に誇りを持ちたい」働いている人であれば、誰もが一度は感じることかもしれません。せっかく長い時間仕事をしていても、その仕事や自分に対して自信が持てず、毎日同じことを繰り返していては仕事をしている時間は少しも楽しくないですよね。


自分の強みを活かして楽しく働き、今の仕事に誇りを持って働き続けるためにも、働き方や今の仕事を一度見直してみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


社会人調査

関連する投稿


プレゼンが苦手な人は仕事で困る!?苦手な理由と対策方法!

プレゼンが苦手な人は仕事で困る!?苦手な理由と対策方法!

日本人でプレゼンに苦手意識を持っている人は少なくないです。しかし、プレゼンはビジネスマンとして必要不可欠なスキルです。この記事では、プレゼンに苦手意識を持ってしまう理由と苦手意識を解消するための方法を紹介します。


社会人が働く理由は何なのか?働く目的を見失った時の対処法!

社会人が働く理由は何なのか?働く目的を見失った時の対処法!

働く理由とは?日々の忙しい業務の中で働く理由を見失った方、他の人はどういう働く理由を持っているんだろうなどと考えている方へ働く理由について徹底解説。働く理由のランキングや働く理由を知る、考えるためにおすすめの本を紹介したいと思います。


入社後に入社前とのギャップを感じる?その理由と防ぎ方!

入社後に入社前とのギャップを感じる?その理由と防ぎ方!

入社後に、入社前とイメージが違ったと感じる人も少なくないでしょう。実は大半の人が入社後にギャップを感じているのです。それでは、どうしてギャップを感じてしまうのでしょうか?この記事ではその理由と、入社後にギャップを感じるのを防ぐ方法を紹介します。


最新の投稿


嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいても気にする必要はありません。会社には様々な性格の人が入社してくるため、そもそも全員と仲良くするのは難しいことです。大切なのは、その同期に対して自分がどのように付き合っていくかです。こちらの記事では様々な対処法を紹介します。


職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場では様々な人が働いていると思います。色々な人がいれば、人間関係のトラブルや業務上の対立が起きてしまうことはあるでしょう。しかし、職場で喧嘩をしてしまうことには多くのデメリットがあります。この記事では、職場で喧嘩が起きてしまった時の対処法について紹介していきます。


社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人がペットを飼うには、費用や家の立地、自分の時間等様々なことを考慮に入れなければならず、苦労することも多いです。従って、ペットを飼うにはそれなりの覚悟を持って決断するべきです。自分に本当にその覚悟があるのか、一度立ち止まってよく考えてみましょう。


裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱や濫用ってよく聞くけど、実際それがなんなのかを知らない人は多いと思います。また、自分の裁量権は大きい方が果たして良いのでしょうか。この記事ではそんな、知ってそうで知らないことが多い「裁量権」について解説しているのでぜひ読んでいってくださいね。


ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーは社会人にとっての最低限身につけなければいけないことです。学生時代のように、自由な服装をして自由な言動をする事はできません。それでは責任のある一人の社会人として、会社の顔として正しく振る舞うにはどうしたらよいのでしょうか。