プレゼンが苦手な人は仕事で困る!?苦手な理由と対策方法!

プレゼンが苦手な人は仕事で困る!?苦手な理由と対策方法!

日本人でプレゼンに苦手意識を持っている人は少なくないです。しかし、プレゼンはビジネスマンとして必要不可欠なスキルです。この記事では、プレゼンに苦手意識を持ってしまう理由と苦手意識を解消するための方法を紹介します。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

社会人にとって必須のスキルとも言えるプレゼンテーション能力ですが、苦手意識を持つ人は多いです。「できれば人前で話したくない」「準備が大変そう」と、何とかプレゼンを避ける方法はないかと考える人もいるでしょう。しかし、プレゼン力はどんな仕事でも重要なスキルとなります。


この記事で紹介するプレゼンに自信をつける方法や練習を実践し、苦手意識を克服してみてはいかがでしょうか。

【調査結果】人前で話すことは苦手ですか?

プレゼンが苦手…

プレゼンに苦手意識を持つ人は少なくない

「次のミーティングでは、君にプレゼンをお願いしたい」


会社の上司にそう言われたとき、自信を持ってプレゼンをやりたい!と言える人はどのくらいいるのでしょうか。特に、日本人は自分の意見を人前で堂々と話すのは得意ではなく、どちらかというと聞き役に徹してしまう人も多いはずです。


プレゼンが苦手だというのは、人と違った意見や今までにない自分の意見を言うことに苦手意識を持つ日本人に多いでしょう。また、人の目を気にしてしまったり、失敗を恐れる意識が高い人もプレゼンをやりたがらない傾向があることもプレゼンに苦手意識を持つ理由だと言えます。


このように、上手にプレゼンをできる人は少数派であるため、堂々と自信を持ってプレゼンができると、会社での評価も上がり、出世にもつながるかもしれません。

スティーブ・ジョブズでさえ最初は上手くできなかった

社会人を249名を対象に、「人前で話すことに苦手意識はありますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。


とても苦手である:60%

少し苦手である:24%

それなりに自信がある:10%

とても自信がある:7%


調査の結果、社会人の60%は人前で話すことがとても苦手であることが分かりました。

もしかすると「プレゼンが得意で好きな人は、最初から話すのが上手な人ばかりだ」という誤解をしていませんか?あの有名なスティーブ・ジョブズでさえ、プレゼンを上手にできるようになるまでには何度も練習しています。誰でも最初から練習もせず上手にできる人はおらず、苦手意識を持ちながらも様々な努力をしています。


それは、裏を返せば「苦手意識を持ったどんな人でも、練習を繰り返せば上手なプレゼンに近づける」ということ。最初からできないと決めつけたり、練習する前から諦めてしまわず、まずはやってみることが大切です。プレゼンの回数が増えてくることによって、自信もスキルも身につき自然とプレゼン上手になっていくでしょう。

プレゼンに苦手意識を持ってしまう理由

プレゼンに対する苦手意識はどのような感情から生まれるのでしょうか。以下の4つのうち、あなたの今の気持ちに当てはまる理由がいくつかあるかもしれません。

人前で話すのが苦手

プレゼンをするためには避けて通れないのが、人前に立って話すという状況です。そもそも誰かに注目されるのが苦手な人や、人前で話すことが嫌いな人も多いでしょう。特に、まだ自分の仕事に自信のない新人時代にプレゼンを任されてしまうと「プレゼンが下手だとバカにされるかもしれない」「優秀な上司たちの前で話すのが怖い」と感じてしまうこともあります。


また、自分の話をうまくまとめることができなかったり、上手に言葉が出てこない人にとっては「意味がわからない」「結局何が言いたいの?」と思われるかもしれないという不安を持っている人もいるでしょう。それに、複数の人の前で話さなくてはいけないというプレッシャーが加わり、プレゼンは苦手だと思っている人もたくさんいます。

プレゼンテーションで恥をかいた経験がある

「過去に自分のプレゼンにダメ出しをされてしまった」「大きな失敗をしたことがあり、もう二度とあの気持ちは味わいたくない」とプレゼンにトラウマを抱えている人もいます。自分の仕事のミスよりも、大勢の前での失敗やダメ出しは辛い気持ちになってしまいやすいですよね。


しかし、実際にこれまで自分は完璧なプレゼンをした!と感じた経験のある人はどれだけいるでしょうか。ほとんどの人が、自分のプレゼンについて反省点や失敗したと感じたポイントがあるはずです。ちょっとした失敗や恥ずかしい経験も、だんだんとプレゼンをこなしていくうちに忘れてしまうものです。何度かの失敗でプレゼンを諦めてしまうことなく、繰り返し挑戦することで苦手意識を克服していきましょう。

準備不足

話しているうちに頭が真っ白になってしまったり、プレゼンのために用意していたことを思い切り飛ばしてしまったなど、準備不足が原因の場合もあります。プレゼンに対して漠然と難しいものだと思いこんでしまい、本番までにどのような準備をしておけえばよいのかわからないという人もいるでしょう。何を準備して良いかわからずに本番を迎えてしまい、当日落ち着いてプレゼンをした経験がないことからプレゼンで極度に緊張してしまうため苦手だと感じている人も少なくありません。必要な準備を知るためにはプレゼンを繰り返し、都度反省することで準備不足も徐々に少なくなっていきます。


準備不足を言い訳にして、苦手意識を持ったままでいると日々の仕事でも様々な場面で支障が出てくるかもしれませんよ。

プレゼンテーション経験が少ない

経験が少ないことから「自信を持ってプレゼンする勇気がない」と感じる人もいるでしょう。確かに、プレゼンへの苦手意識は回数をこなすことで薄れていくとも言えます。しかし、なかなか普段の仕事の中でプレゼンをする機会を増やすのも難しいです。


経験を積みたくてもその機会がないという人も多いはずです。会社でプレゼンの機会があれば積極的に立候補してみる、社外の異業種交流会などの場に参加して仕事以外の場面で人前で話す機会を増やしてみるというのも苦手意識を克服するのに役立つかもしれません。経験の回数は自分のプレゼンへの自信にも比例します。ぜひ思い切って挑戦してみましょう。

プレゼンが苦手だと仕事で困る?

プレゼンに苦手意識を持つ人が多い一方で、プレゼンが苦手なことで何か困ることはあるのでしょうか。年に数回しかないプレゼンであれば、頑張って苦手意識を克服しなくても良いのでは?と感じる人もいるでしょう。しかし、普段の仕事でもプレゼンが必要になってくることが多いです。具体的にプレゼン力が必要なシーンをまとめてみました。

自分の考えを説明するために必要

どのような職種であっても、自分の商品に関する説明やアピールポイントを話す機会があるでしょう。プレゼンなどの大きな発表以外にも、社内会議などで自分の意見を言う場面も多くあります。そこで、自分の考えを論理立てて相手にわかりやすく説明し、理解してもらうスキルが必要となってきます。


もし、あなたのアイディアや考えが素晴らしいものであっても、その伝え方や話す内容が不十分なことから採用されなかったり、あなたの評価が下がってしまうこともあります。自分の感じていることや思いついたことをきちんと相手に伝えるというのは、社会人として必須のスキル。どのような仕事でも避けて通れないことだと言えるでしょう。

人の心を動かすために必要

「お客様に良いサービスだと思ってもらえる」「上司にあなたの仕事に対する熱意が伝わる」プレゼンテーションには、説明のわかりやすさだけではなく、人の心に響くメッセージを伝えるという効果もあります。最初は契約しようか悩んでいた取引先が、あなたのプレゼンや提案を聞いて、契約した後の具体的な効果を実感できたといった成功パターンもあるでしょう。


相手の心を動かし、仕事の契約を取る、商品を購入してもらうといった会社の利益に直結するプレゼンのスキル。苦手意識を克服することで、仕事がしやすくなったり会社に対する貢献度も大きく変わってくることでしょう。

プレゼンに自信を持つためのポイント

序盤はワンセンテンスを短めで話す

プレゼンに大切なのは「わかりやすさ」です。プレゼンに苦手意識のある人の多くが、話が長くなってしまい余計にわかりにくくなってしまいがち。そのため、特に序盤はワンセンテンス(1文)を短めに話しましょう。「◯◯だから、◯◯で、そして◯◯があって・・・」とダラダラと区切りをつけずに話してはいけません。適度に区切りを入れて話にメリハリをつけることで、聞いている人の心に残りやすいプレゼンをすることができるでしょう。

準備に多くの時間を使う

プレゼンを成功させるためには、準備が肝心です。本番前にリラックスする方法や、当日の話し方を意識する人が多いですが、それ以上に大切なのが準備に時間をかけることです。話す内容やスライドの確認、リハーサルの回数を何度もこなすことによって、自然と本番前にはリラックスし自信を持った状態を作ることができるでしょう。本番中のミスや焦りは準備不足から来るものがほとんどです。常に何度も頭の中でプレゼンをするイメージを繰り返し、本番に臨みましょう。

プレゼンをする数をこなす

プレゼンに対する自信をつけるためには、プレゼンをする場に慣れることが重要です。そのためには、どんなに苦手意識があってもまずはプレゼン回数を増やすこと。何度もしているうちに自分が苦手なところが明確になってきますし、当日の緊張にも慣れることができます。たった数回のプレゼン経験で自信をつけることができる人はいません。何十回も回数をこなし、自分のプレゼンに自信が持てるまで繰り返しプレゼンの場に挑戦していきましょう。

リハーサルを行う

話すのが苦手な場合は何度もリハーサルを行い、話すことに慣れておくのが良いでしょう。まずは、あなたのプレゼンを聞いている人がいない状態でどれだけ話せるか試してみて、可能であれば本番と同じようにオーディエンスをしてくれる同僚や友人を見つけてリハーサルをしてみましょう。実際にプレゼンを聞いてもらって感想をもらうのも良いですし、やってみることで自分なりの反省もたくさん出てくるはずです。特に、本番の失敗が怖い人にとっては、リハーサルで先に何度も失敗しておくことで本番の失敗を恐れずプレゼンをすることができるはずです。

プレゼンの練習方法

スライドを何度も読み上げる

本番で使用するスライドが完成したら、まずはそのスライドを何度も読み上げてみましょう。その中で、長く話し過ぎている部分やわかりにくいところがないか、スライドと話している内容が合っているかなどが確認できます。その後、改良したスライドをもとに今後は読む練習をしましょう。自分が話すときに言いづらい表現や言葉が出にくい箇所を確認し、さらに読みやすい原稿を仕上げ、自分の頭に内容が残るまで繰り返し練習しましょう。

模擬プレゼンテーションを録画する

ある程度プレゼンができる準備が整えば、次は「自分のプレゼンがオーディエンスからどのように見えているか」を確認します。自分ではゆっくり話しているつもりでも、かなり早口になっていたり、無意識に余計な動作をしていることもあります。自分の模擬プレゼンテーションを録画し、自分がオーディエンスになった立場で見直してみましょう。その後、自分のプレゼンの修正をし、再度録画してよりよいプレゼンになっているか確認しましょう。自分が相手にどう見えているかを事前に確認しておくことで、本番に不安になることが少なくなるはずです。

プレゼンが上手い人を真似する

自分のプレゼンを見てみても、あまり上手にできていないと感じたら、上手にプレゼンできる人と自分は何が違うのか分析してみることも大切です。例えば、プレゼンの上手な人をyoutubeなどで調べてその真似をしてみる。最初は上手に真似できなくても、真似しているうちにだんだんとその人の話すトーンや口調が自然と似てくるはずです。上手い人の話し方が身につくと、自分のプレゼンにも自信がついてくることでしょう。

オーディエンスをじゃがいもだと思う

どんなに練習しても、やっぱり人前に立つと緊張してしまい上手に話せないという人は、オーディエンスを意識しないことです。もちろん、プレゼン上手な人はオーディエンスを巻き込み、本番でもアドリブで多くのことを話せるはず。


しかし、まずは緊張をほぐしたいという方は、オーディエンスを気にしすぎずに自分の話に集中することも大切です。よく、「オーディエンスを人間ではなくじゃがいもだと思え」などと言われるように、聴衆をあなたのプレゼンを聞いていないただのモノだと思うことで緊張を抑えるといった方法もありますよ。

まとめ

最初のうちは誰もが緊張するプレゼンテーションの場。プレゼンに対する苦手意識を持つ人も多いですが、いつまでも苦手だと感じていると他の仕事でも大切なチャンスを逃してしまうかもしれません。繰り返し練習し、自分のプレゼンに自信をつけることで、徐々に苦手意識は軽減されていくはずです。失敗や恥ずかしさを極端に恐れず、まずは実践を積むことから始めてみてはいかがでしょうか。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


プレゼン 社会人調査

関連する投稿


仕事に誇りを持てないと損!?誇りを持つためにすべきこと!

仕事に誇りを持てないと損!?誇りを持つためにすべきこと!

仕事に誇りを持てていますでしょうか?人は人生の三分の一の時間を仕事に費すそうです。なので、仕事に誇りを持つことは人生を充実させる上で欠かせないことであると言えるでしょう。この記事では、仕事に誇りを持つことができていないあなたができることを説明します。


社会人が働く理由は何なのか?働く目的を見失った時の対処法!

社会人が働く理由は何なのか?働く目的を見失った時の対処法!

働く理由とは?日々の忙しい業務の中で働く理由を見失った方、他の人はどういう働く理由を持っているんだろうなどと考えている方へ働く理由について徹底解説。働く理由のランキングや働く理由を知る、考えるためにおすすめの本を紹介したいと思います。


入社後に入社前とのギャップを感じる?その理由と防ぎ方!

入社後に入社前とのギャップを感じる?その理由と防ぎ方!

入社後に、入社前とイメージが違ったと感じる人も少なくないでしょう。実は大半の人が入社後にギャップを感じているのです。それでは、どうしてギャップを感じてしまうのでしょうか?この記事ではその理由と、入社後にギャップを感じるのを防ぐ方法を紹介します。


最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。