会社を辞めますと言うタイミングと辞めさせてもらえない時の対処法

会社を辞めますと言うタイミングと辞めさせてもらえない時の対処法

会社を辞めますと伝えても辞めさせてくれない会社もあります。特に、人手不足問題を抱えているようなブラック企業では、辞めたいタイミングで退職することが難しくなるでしょう。この記事では、そのように退職の引き止めにあってしまったときの対処法を紹介していきます。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

「会社を辞めます」と伝えるのは、なかなか勇気の要ることです。どのタイミングで誰に伝えたら良いのか悩むでしょう。辞めますと伝えるタイミングと辞めさせてもらえない時の対処法などをご紹介します。

会社の正しい辞め方

会社を辞めるときは、どんな手順を踏むのでしょうか。そう何度も経験することではないので、知らない人も多いでしょう。そこで、会社の正しい辞め方をご紹介します。

退職の意思表示をする

まずは上司に口頭でアポをとるようにしましょう。「今後のことでお話があります。お時間をいただけないでしょうか」と一言声をかけるようにしましょう。どうしても上司が多忙で声をかけるタイミングがなければメールで伝えると良いです。


この時、直属の上司以外に退職の意志を伝えるのはマナー違反だとされています。「大事な話が自分を超えて交わされた…」と気分を損ねることになるかもしれません。


なかには、上司と良好な関係を築けていない人もいるかと思いますが、最後は気持ちよく別れたいと思うので、冷静に判断しましょう。円満退社を迎えるために気遣いは大切です。

退職願を提出する

会社を辞める時は退職願を提出することになります。ただし、必ずしも必要というわけではなく、口頭で伝えるだけで、あとは会社側が準備する書面に署名・捺印するだけで問題ない会社もあります。


そのため、上司や人事部に相談して退職願が必要か確認しましょう。もし、必要であれば、自分で作成します。会社に退職願のフォーマットがあれば、それに従うのですが、もし決まりがなければ、下記を記入しましょう。


・退職理由

・退職日

・退職願を記入した日付

・署名

・捺印


宛先は社長名で、退職理由は「一身上の都合により退職させていただきます」で問題ありません。あれこれ具体的な理由を書く必要はなく、形式に沿って書きましょう。

退職日を調整する

退職日に関しては、上司と相談して周りに迷惑をかけない日を設定します。多くの人は最後に有給休暇を取得するので、そのことも見込んだ退職日を設定すると良いでしょう。転職活動をすでに済ませていて次の会社が決まっているときは、特に、注意しましょう。

業務の引き継ぎをする

退職日が決まったら、なるべく早く業務の引き継ぎを行います。社内外の関係者にできるだけ対面で挨拶に伺うのがマナーです。


時間がなく直接伺うことが難しい場合は、挨拶メールを送るのが一般的になっています。大切な今の関係を維持できるのではないでしょうか。


とりわけ、顧客との関係は非常に重要なので必要な情報は後任者につぶさに伝えましょう。「そんなこと聞いていない…」ということを減らします。


会社によっては、引き継ぎが上手くできていないと退職後も連絡が来ることがあるようです。その行為自体に疑問を感じざるを得ませんが、引き継ぎの丁寧さで、最後の印象が大きく変わるので、気配りを大切にこまかく伝えましょう。

備品の返却、退職書類の受け取り

あと、退職の時にすることとしては、備品の返却と退職書類の受け取りがあります。会社から預かった下記のような備品を返却しましょう。


・社員証

・名札

・制服や作業着

・名刺

・会社貸出のパソコンや携帯

・会社から支給された文具品

・健康保険被保険者証


など、会社から借りているものは全て返却します。ロッカーも借りているものなので、中に入っている私物を全て片づけて、返却します。この時、不要な書類は持ち帰るのではなく、会社内にあるシュレッダーで処分しましょう。情報漏えいに繋がりかねないので、丁寧に扱います。

「会社辞めます」が言えない

なかには、「会社を辞めます」の一言がなかなか言えない人がいるでしょう。そういう人は必要以上に周囲の声に耳を傾け過ぎている可能性があります。

「会社辞めます」と言えない人が増えている…

近年、「会社を辞めます」と言えない人が増えているようです。退職を伝えにくい理由はこのあと紹介しますが、退職まで転職に関する話を避け、自分の仕事を完璧にこなし、きちんと引き継ぎをすると問題ないことがほとんどです。


たしかに「会社辞めます」とはなかなか言いにくいですが、勇気を出して一言告げると、退職できないことはないのです。

退職は労働者の権利

退職は労働者の権利として民法で定められています。「辞めてもらっては困る…」「今辞めたらもったいないよ…」などと上司に引き止められても、揺らぐ必要はありません。どうしても、退職したいなら、話を前に進めましょう。

辞めますと言えない理由

「会社を辞めます」と言えない理由について説明します。自分は、どのケースに当てはまるのか知ると心の中のもやもやに気付けるでしょう。

上司に話しかけるのが怖い

上司と円満な関係を築けていないと上司に話しかけることすら怖いと感じてしまいます。上司は、自分とって面倒は話にはいらつきを見せるかもしれません。最後ぐらい、円満に退職したいですが、上司にその気がないとスムーズに事が運ばないでしょう。


上司によっては、いつもせかせか歩きまわり、数秒の隙も与えない人がいます。それか、いつもイライラして、余裕を見せないかもしれません。上司が話しかけやすい雰囲気を作ってくれないことを理由に退職を言い出せない人は少なくありません。

上司に怒られるのが怖いから

また、上司の問題でいうと、退職を言い出すと怒られるのではないかという恐怖があるケースが考えられます。「なんで、そんな面倒なことを言い出すんだ!!」「そんなことを考えている暇があるなら、仕事をしろ!!」など、怒鳴られるかもしれません。


信じられないかもしれませんが、会社によっては上司が机を蹴ったり書類を投げたりして威嚇する場合があります。そんな状況だと恐怖を感じても不思議ではありませんよね。


怒られるのが嫌で退職できないかもしれませんが、本当にその会社で働くのが幸せなのか考えて、退職のきっかけを掴んでみてください。一瞬の恐怖を乗り越えると、快適な毎日が待っているかもしれません。

退職の相談すらさせてもらえないから

本当に悪質なのですが、退職の相談すらさせてくれない会社があるようです。「今後のことでご相談があるので、面談のお時間をとっていただきたいのですが…」と言っても、聞く耳持たずという状況です。


上司も雰囲気的に「そろそろ辞めますと言い出しそうだな…」と予想していることがあります。そのため、今辞められたら困るという時は先送りするように、のらりくらり過ごそうとするのです。


先ほども言った通り、退職は労働者の権利として民法で定められているので、無視し続けることはできません。このケースだと、強い意思表示を見せる必要があるでしょう。

引き止められることが見えているから

「会社を辞めたい…!?そんなこと認めるわけないだろ!!絶対辞めさせない!!」と引き止めることが目に見えていると、「会社辞めます」が言えないことがあります。どれだけ「君に辞められると困る」「今辞めたらもったいないよ」と言われてもはっきり断る意思が必要です。


この時に「どうしてもやりたいことがある」「次の会社が決まっている」と伝えると諦めてくれることがあります。しかし、「何がしたいんだ?」「次の会社はどこだ?」と聞かれることは目に見えているので、この話題をするのかどうかはしっかり検討したほうが良いでしょう。

退職理由を答えることができない

なかには、はっきり退職理由を答えることができないケースがあるでしょう。例えば、今の会社がしんどくて辞めたいとき、「しんどいので」というのは本人を目の前にして言いにくいものです。別に、これといった理由がないとき、「会社辞めます」と伝えにくいでしょう。

辞めますと伝えやすいタイミング

「会社辞めます」とは伝えにくいものですが、できるだけ言いやすい環境を整えることはできます。

繁忙期をずらして伝える

なるべく上司の手間にならないように、繁忙期をずらして退職したい旨を伝えると良いでしょう。繁忙期は、神経質になっている上司も少なくないので、「今このタイミングで言うか?」という印象を与えかねません。


そして、なるべく組織体制の変更タイミング前に伝えることをおすすめします。誰をどこの部署に異動させるかという検討をしているときに、退職の相談をできると望ましいです。なかには、次の異動対象者に自分が選ばれていたが退職するので、異動元の部署にも異動先の部署にも迷惑をかけたというケースがあるようです。


まだ、検討段階で会社を辞めようと考えていることを上司に伝えることはできないので、タイミングに非常に悩むかと思いますが、繁忙期は避けるのがコツです。落ち着いて話せるタイミングを見計らうと良いでしょう。

退職日の数ヶ月前に伝える

退職日の数カ月前に伝えるのはマナーです。会社の規則によっても決まりが違うのですが、1カ月前には正式な書類を交わさないといけないことが多いので、そのことを見込んで数カ月前に上司には「会社辞めます」と伝えないといけません。


できるだけ早いタイミングで伝えると、引き継ぎの期間を長く持てるので、周囲に迷惑をかけるリスクを減らせます。


たしかに、退職することを周囲に伝えてから、実際に辞めるまでに気まずい雰囲気に耐えなければいけませんが、迷惑をかけるより良いと考えられます。いろいろな手続きを考慮して、数カ月前には退職のための行動を始めましょう。

退職する覚悟を決めてから伝える

また、退職しようか悩んでいる段階で上司に報告するのはおすすめできません。「会社辞めます」ではなく「会社辞めようか悩んでいるのですが…」という相談をすると、ただただ混乱を招きます。


その情報が周囲に漏れる可能性もあるので、そうなるとあなたにとって居心地の悪い状況になってしまいます。誰かに相談したくなるかもしれませんが、両親や先輩、同期などに留めておくほうが良いです。上司に伝えるのは最終段階です。

転職先を決めてから伝える

「もうこれ以上頑張ると倒れてしまう…」というほどに心身を疲弊していない限りは、転職先を決めてから上司に伝えるとスムーズに事が運ぶことが多いです。


上司としても「次の転職先が決まっているなら、できるだけ早く調整してやらないとな!」と配慮してくれるかもしれません。気持ちは前を向いていることを示しましょう。

辞めさせてもらえない時の対処法

「会社辞めます」と言ってもまったく理解してもらえず、にっちもさっちもいかない時は以下の方法を試すと良いです。

一方的に退職届を提出する

一方的に退職届を提出する方法があります。法律では「退職の意志を伝えたあと2週間たてば退職できる」と規定されており、退職の意思表示は口頭でも構わないとされています。


つまり、口頭で「会社辞めます」と言えば、2週間後に退職できる権利があるというわけです。


しかし、念のため、内容証明郵便で退職届けを送付し、提出した証拠を残しておくようにすると安心でしょう。退職日は退職届けが会社に到着する日から2週間後にしておくと、最短で辞めることができる計算になります。


理解を得られていないのに、一方的に退職届けを送るのは抵抗があるかもしれませんが、そもそも退職の意思を受け入れてくれない会社側がおかしいのです。最終手段だと思いましょう。

電話で「辞めます」と伝える

すでに会社に出勤するのが苦しい状況なら、電話で伝える方法もあります。その時は、勇気を出して上司に直接伝えるのがベストですが、どうしてもできないなら人事部に伝えるのが良いでしょう。


電話で伝えるのは常識がないという意見もあると思いますが、うやむやにして無断欠勤扱いにされたり、周囲に迷惑をかけたりするより、良いでしょう。退職理由としては「一身上の理由」で貫いたら問題ありません。


「電話でお伝えすることになり申し訳ございません。」という一言をそえられると印象が良いでしょう。

メールやラインで「辞めます」と伝える

上司に直接話しかける勇気が出なければ、メールやラインで「辞めます」と伝えると良いかもしれません。すると、通常であれば「メールの件で面談をお願いします」と上司から連絡があるでしょう。そこで、正式に退職の旨を伝えます。きっかけはメールやラインでも問題ないでしょう。

退職代行を利用する

本当に話ができない状況なら、料金がかかりますが、退職代行を依頼すると良いでしょう。「今までお世話になった会社と最後はこんな別れ方か…」と少し切ない気もするかもしれませんが、仕方ありません。


次のことを考えて前を向きましょう。退職代行費用は、正社員・契約社員だと3万〜5万円、アルバイト・パートだと3万円あたりが相場です。休日や深夜でも対応してくれるところがあります。

まとめ

「会社辞めます」とはなかなか言い出しにくいもの。とりわけ上司と良好な関係を築けていなければ、大変勇気が要ります。


とはいえ、退職は労働者の権利なので、強引に引き止めることは許されません。


・繁忙期とはずらす

・退職日の数カ月前に伝える

・退職を決意してから上司に伝える

・できれば転職先を決めてから


これらのポイントを意識して、退職の意思を伝えましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


辞めます

最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。