仕事をサボる人ほど報われる!?仕事をサボる理由を解説

仕事をサボる人ほど報われる!?仕事をサボる理由を解説

どうしても仕事がキツければ仕事をサボりたくなることもありますよね。しかしながら、仕事をサボれば、上司からはイライラされるなどデメリットが数多く生まれますよね。今回は、仕事をサボることによるメリット、デメリットやサボりたくなる理由を紹介します。


仕事をしていると、「今日はちょっと仕事をサボりたいな」と思うこともあるでしょう。しかし、仕事をサボることには大きなリスクもあります。仕事をサボってしまおうという気持ちから、だんだんとサボり癖がついてしまい、さらに仕事をしたくないという悪循環に陥ってしまうこともあるかもしれません。


この記事では、仕事をサボることのメリットやデメリット、仕事をサボってしまう理由についてまとめています。

仕事をサボりたくなる理由

仕事をする気分じゃない

「抱えている仕事はたくさんあるし、早く終わらせて家でゆっくりした方がいいのはわかっているけれど・・・」仕事をした方がいいと頭ではわかっていても、仕事をする気になれない日もあるでしょう。仕事が多すぎて「どうせ一生懸命やっても残業だ」とやる気が起きないケースもありますし、やりがいのない仕事であれば「とりあえずやっている感を出しておこう」とスキがあればサボろうと考えている人もいるかもしれません。何となく気分が乗らない、切磋琢磨できる仲間がいないというのもサボってしまう原因になるでしょう。

体調が優れない

会社を休む程ではないけれど、体調面に問題がある場合もあります。毎朝なかなかベッドから出ることが出来なかったり、会社に到着すると気分が悪くなることもあると思います。いざ仕事を始めようとしても、他のことが気になって仕事に集中できず頭の中を整理できなかったり、気持ちが落ち込んでいて、頭がぼーっとして仕事が進まないといったこともあります。


また、頭痛や胃痛、吐き気が起こることがあれば、もしかすると大きなストレスを抱えているのかもしれません。仕事や会社の人間関係で悩みを抱えており、それが体調不良として表れている可能性もあるでしょう。体調が優れなければ、なかなか思い切り仕事をする気持ちにもなれません。また、席を外して休憩することが増えたり、トイレに行く回数が増えるなどサボってしまいがちになるでしょう。

LINEが気になる

「前日の夜、友人と楽しい話で盛り上がっていた」「グループLINEにいつ面白い話が上がってくるかわからずいつも気になってしまう」仕事よりもプライベートな話題が気になってしまうと、つい仕事をサボる行動に出てしまうでしょう。


また、自分の仕事に集中しなくてはいけない時間帯や会議中であってもコソコソ携帯を覗いてしまったり、携帯を見ていなくても頭の中はLINEの内容ばかりになって上司の指示をきちんと聞いていないことがあると思います。


集中力がなく、仕事に身が入らない状態が続いてしまう恐れもあります。もちろん、仕事以外の時間も大切ですし、少しの息抜きは必要でしょう。しかし、仕事中でもLINEが気になって仕事が手に付かないほどであれば、携帯への依存心が強すぎるのかもしれません。

スマホゲームをしたい

「通勤途中で出社ギリギリまでやっていたゲームが気になってしまう」「時間限定でゲーム内でイベントがあり、どうしても参加したい」スマホを使ったオンラインゲームも多くあり、ゲーム好きの方には仕事中もゲームをしたい気持ちが抑えられない人もいます。


トイレに行くふりをして個室でゲームをしていたり、外出中に営業をせずに社内でひたすらゲームをして帰ってくるといった人もいました。勤務時間中にゲームをしてはいけないことはわかっていながら、どうしても気になってしまう。ちょっとスマホを見るだけなら・・・と思ってゲームを開いてしまうと、なかなかやめられないなどゲーム依存から仕事をサボってしまうケースもあるでしょう。

仕事をサボると得した気分

いつも一生懸命働いている社員を見る度に「どうしてそんなに仕事を頑張れるんだろう」と感じ、仕事をサボることに優越感を覚える人もいます。仕事をサボりがちな人は、どんなに頑張ったって結局もらえる給料は同じなんだからと思い、仕事をサボることで得をしていると考える傾向にあります。


実際には、仕事に対する努力が評価され、結果的に給料アップや昇進のチャンスがあるにも関わらず、どれだけ今を楽に過ごせるかだけに目がいきサボる選択をしてしまうのでしょう。将来的には全く得をしない考え方ですが、仕事をサボる人の中にはそういった人もいるようです。

【調査結果】仕事をサボったことはありますか?

社会人を186名を対象に、「仕事をサボったことはありますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。


頻繁にある:22%

たまにある:37%

ほとんどない:22%

一度もない:19%


それでは、仕事をサボるメリット、デメリットについて解説していきます。

仕事をサボるメリット

仕事をサボるという行動には、メリットもデメリットも存在しています。まずは、仕事をサボるメリットをいくつかご紹介しましょう。

楽をすることができる

勤務時間中に常に集中して仕事をしている人と比較すると、楽に1日を過ごすことができます。頑張って行動している時間や、必死に考えている時間が少ないことから肉体的にも精神的にも、疲れを感じることが少ないでしょう。特に、時給・日給制のアルバイトやパートの場合は仕事量に応じて給料が上がるわけではありません。仕事をサボることでできるだけ自分のエネルギーを温存し、楽に稼ぐことができると言えるでしょう。

自分の時間に使うことができる

仕事をサボると言っても、ただダラダラしているのではなく「自分の時間を有効に使っている」と捉えることもできます。もちろん、勤務時間中は仕事をするのが大原則ですが、日本人は仕事のことばかり考えすぎているとも言われますよね。仕事中のちょっとしたスキマ時間に本を読んだり、仕事とは関係ない雑談をしたりするのはある意味有効な時間の使い方とも考えられます。

上手くサボれば生産効率が上がる

ダラダラ仕事を続けるよりも、計画的に少し仕事から離れる時間を作るのが仕事にとっても効果的とも言えるでしょう。ずっと仕事のことを考えていても、同じようなアイディアしか出てこなかったり、頭が働かなくなってしまうこともあります。


そんなとき、上手にサボる時間を作ることで、結果的に仕事もスムーズに進むといった可能性もあります。もちろん、サボる時間ばかりで仕事をしていなければ問題ですが、適度なサボりは仕事の生産効率が上がるかもしれません。

仕事をサボるデメリット

サボり癖が付いてしまう

つい一度仕事をサボってしまい、サボることに大きなメリットを感じてしまうとサボることが習慣化してしまいます。上手にサボることができていれば良いですが、仕事よりもサボることが中心となってしまい、仕事の成果が上がらなければ逆効果でしょう。


継続して集中する力も衰えてしまい、大事なときに力を出しきれずエネルギーが切れてしまわないよう、サボるのもほどほどにしましょう。

罪悪感を感じてしまう

最初はサボることに抵抗がなかったものの、自分だけがサボっていると思うと周囲に対して罪悪感を覚えることもあります。一生懸命頑張る同僚を見ながらも、自分はこっそりスマホをチェックしている。自分でサボることを選んでいるにも関わらず、「頑張っている人もいるのに申し訳ないな」と感じてしまうのです。サボることに罪悪感があるのなら、仕事に集中できるよう自分なりの対策を考えましょう。

仕事が遅れてしまう

サボることで自分の仕事に遅れが出てしまっては、会社や他の社員にまで迷惑をかけることになります。仕事には予想外のトラブルやミスが起こることもしばしば。「スケジュールに余裕があるから、今日はちょっとサボっちゃおう」と油断していると、締切ギリギリになって間に合わないかもしれないと焦ることもあります。効率的にサボるつもりが、仕事に遅れを出してしまうことになるとサボる意味がありません。

サボりがバレるリスクが大きい

「最近席を外すことが多いな」「あんなに営業に行っているのに成績が伸びないのはなぜだろう」あなたの不審な行動に上司が目をつけ、サボっていることがバレてしまっては大変です。実は、自分が思っているより上司は部下の行動を見ているものです。自分がバレていないと思っていても、上司にしてみればサボっているのがバレバレだったというケースもあります。サボっているのがバレてしまうと、上司に怒られてしまったり、評価が下がることもあります。最悪の場合、減給や解雇にもつながることもあるので注意しましょう。

仕事をサボる方法

仕事をサボることはいけないこととわかっていても、どうしても今日はサボりたい!そんなときに試してみたい方法をまとめました。

トイレに行く

社内で誰にも見られずにサボることができるのは、トイレに行くこと。上司も同僚も、あなたがトイレに行くことを止めることはありませんし、誰が何回トイレに行ったかをいちいち見ている人はいないでしょう。自分の席で仕事もせずにダラダラ携帯を見ているよりは、皆が仕事をしている場から離れ、トイレでサボる方が罪悪感も周囲からの視線も気になりません。

インターネットサーフィンをする

パソコンを使う仕事が多い場合、仕事をしているふりをしてネットサーフィンをして気分転換をするのも良いでしょう。近くに座っている人が自分の画面を覗いてこない限り、あなたがどんな画面を見ているのかは周囲にはバレません。しかし、離席するときにはパソコンを閉じることを忘れないように。別の人が間違ってあなたのパソコンを触ってしまい、仕事に関係ないサイトを見ているのがバレないよう意識しましょう。

上司がいない隙を見る

どんなやり方でサボるとしても、上司がそばにいるタイミングでサボるのは絶対に避けましょう。上司が休憩・外出しているときや、休暇を取っているときがサボるチャンスです。上司がいるときに堂々とサボっていると、余計な仕事を任されることもあります。上司がいるときには、自分は忙しいことをアピールしつつ、上司がいないところで上手にサボりましょう。

体調不良を理由に休憩する

どうしても上司がいるタイミングでサボりたいときには「具合が悪いので、少し休んでも良いですか?」と体調不良を理由に休憩するのはアリです。もちろん、本当に具合が悪いときもあるので、上司があなたの休憩を止めることはほとんどないでしょう。ただし、あまりにも具合が悪そうにすると、「体調が悪いのなら今日は休めば?」と言われてしまうこともあるので注意しましょう。また何度も同じ手を使うと、サボっているのがバレてしまうこともあります。

外回りを理由に出かける

自分の好きなタイミングでサボりやすいのは営業職でしょう。外回りの多い営業職は、ある程度自分の好きなときに外回りをすることができるため、外回りにいくという口実が使えます。外回りに行くといってプライベートな買い物に出かけたり、友人に会っていたというツワモノもいました。ただし、外出先で偶然同じ会社の人に会わないように警戒するのを忘れないでくださいね。

仕事をサボるくらいなら転職?

仕事にやりがいがないからサボりたい

「何となく仕事をサボってしまうけれど、サボりたい理由も特にない」そんな気持ちになることが多いなら、もしかすると今の仕事にやりがいを感じていないことから、サボりたいという気持ちが生まれているのかもしれません。仕事にやりがいを感じながら楽しく仕事をしているうちに、あっという間に1日が終わってしまうといった人も世の中にはたくさんいます。

サボるくらいなら転職

もし、「仕事をサボるのにも飽きた。本当はやりがいのある仕事を見つけたい」と感じているのなら、今の会社を辞めて転職するのも良いでしょう。給料をもらうために仕事をしていると思っていても、仕事をサボっているだけでは人生も楽しくありません。どうせ働くのであればサボることに時間を費やすのではなく、自分の成長や楽しさを感じられる職場を見つけてはどうでしょうか。

転職エージェントを利用しよう

自分で転職活動をするのは不安があるという人も、転職エージェントを利用すると自分に合った職場を見つけやすいかもしれません。自分の働きたい職場の雰囲気や、やってみたい仕事を伝えることで、転職エージェントがあなたにあった仕事を調べて紹介してくれます。自分の強みややりたいことがわからないときには、それをエージェントに相談することも可能ですよ。

まとめ

忙しい毎日を続けていると、つい仕事をサボってしまうこともあるでしょう。仕事以外のことが気になったり、そもそも仕事にやりがいを感じていないこともありますよね。もちろん、サボる時間を計画的に設けて効率的に働くことも可能ですが、仕事をサボることにはデメリットも多く存在します。どうやって仕事をサボるかを考えることに時間を費やすのではなく、楽しく働ける仕事を見つけることが仕事をサボらなくなる一番の解決策といえるのかもしれません。

この記事のライター

日本一の資格マニアを目指して日々資格勉強に励んでいます!少しでも記事を読んで下さったら嬉しいです。

関連するキーワード


仕事 サボる

最新の投稿


嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいても気にする必要はありません。会社には様々な性格の人が入社してくるため、そもそも全員と仲良くするのは難しいことです。大切なのは、その同期に対して自分がどのように付き合っていくかです。こちらの記事では様々な対処法を紹介します。


職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場では様々な人が働いていると思います。色々な人がいれば、人間関係のトラブルや業務上の対立が起きてしまうことはあるでしょう。しかし、職場で喧嘩をしてしまうことには多くのデメリットがあります。この記事では、職場で喧嘩が起きてしまった時の対処法について紹介していきます。


社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人がペットを飼うには、費用や家の立地、自分の時間等様々なことを考慮に入れなければならず、苦労することも多いです。従って、ペットを飼うにはそれなりの覚悟を持って決断するべきです。自分に本当にその覚悟があるのか、一度立ち止まってよく考えてみましょう。


裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱や濫用ってよく聞くけど、実際それがなんなのかを知らない人は多いと思います。また、自分の裁量権は大きい方が果たして良いのでしょうか。この記事ではそんな、知ってそうで知らないことが多い「裁量権」について解説しているのでぜひ読んでいってくださいね。


ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーは社会人にとっての最低限身につけなければいけないことです。学生時代のように、自由な服装をして自由な言動をする事はできません。それでは責任のある一人の社会人として、会社の顔として正しく振る舞うにはどうしたらよいのでしょうか。