ニート歴があると採用で不利?ニートが就職するための方法!

ニート歴があると採用で不利?ニートが就職するための方法!

「ニート歴があるけれど就職したい!」そのように考えている人は少なくないでしょう。しかし、一度、ニートを経験してしまうと社会に受け入れてもらえるのだろうか?悪い待遇を受けないだろうか?と不安になると思います。この記事では、ニート歴がある人の就活方法を詳しく説明しています!


ニート歴があっても就職できる?

結論から言うと、たとえニート歴があっても就職することはできるでしょう。


ただし、「どうしてニートであったのか」「ニート歴はどれくらいの期間なのか」という点を自分自身で把握しておくことや、働くことへの意欲を高めておかなければなりません。


まずは、ニート歴がある場合に就職が可能かどうか、ニート歴が就職にどのような悪影響を及ぼすのかを見ていきましょう。

就職はできる

たとえ、ニート歴があったとしても就職することはできますが、ニート歴のない人が就職するのとはハードルの高さが違うということを理解しておきましょう。


また、ニート歴がある場合にネックとなる部分が書類選考や面接です。


就職を考えている業界や業種、年齢によってもニートであったことの影響は異なるものとなりますので、ニート歴の長さによって就職へのハードルの高さも変わってくるでしょう。


ニート歴がある場合、社会経験や仕事のスキルが社会に出て働いている人よりも劣っているわけですから、ある程度の覚悟は必要となります。


たとえ、ニート歴があっても就職は可能ですが、現実と理想とのギャップやニート歴があることによる悪影響を事前に把握しておかなければ、就活は精神的にも大変なものとなります。

ニート歴は採用に悪影響する

働きたいという気持ちやスキルが高くても、ニート歴が長ければ社会人経験や適性に難があると判断されてしまうため、書類選考や面接の段階で悪影響を及ぼしてしまいます。


採用面接では、これまでのニート歴について深掘りされることも十分に考えられますし、明確な答えもなくニート歴がただ長ければ、書類選考で落とされてしまうだけです。


まずは、自分自身でニートになってしまった理由やニート歴についてしっかりと洗い出しをしておき、今の自分にできることや仕事への意欲を改めて見つめ直しておくことが大切です。


書類選考の時点で「この人なら仕事を任せられそう」と納得させられる理由があれば、ニート歴があっても就職することは可能となるでしょう。

キャリアアップの可能性もある

就職が決まってしまえば、誰しも同じスタートラインに立っていますので、ニート歴があったとしても問題はありませんし、働き始めてしまえば結果を残すために働くのみです。なので、過去のニート歴にとらわれる必要もありません。


仕事の頑張り次第ではキャリアアップの可能性もありますので、過去にニート歴があったとしても悲観的にならず、ニート歴を巻き返すくらいの気持ちで働いてみましょう。


また、キャリアアップの可能性は若ければ若いほどありますので、早めに社会に出て働くことが、キャリアアップの可能性を高めることに繋がります。


まずは、将来へのキャリアアップに繋げていけるよう、すぐに就職してスキルの向上を目指しましょう。

ニート歴があるデメリット

ニート歴があるデメリットは就職がしにくいだけではなく、社会的な影響も関係してきます。


仕事をしていなかった期間が長ければ長いほど、働くことへの意欲や体力を元に戻すことも大変な労力となりますので、1日でも早くニートから抜け出すことが大事になります。


ここからはニート歴があることによるデメリットについて解説していきたいと思います。

就職で不利に働く

ニート歴が長くても就職することはできますが、自分が思い描くような業種に就職できるかと言えば、必ずしも叶うわけではないでしょう。


ニート歴が長いことによるデメリットには、応募できる求人が限られてしまったり、自分が目指したいと思う業種に就職することができないという事が挙げられます。


希望する業種のスキルがいくら高くても、ニート歴が長ければ「自分に甘い人なのかも」と思われてしまうため、採用してもすぐに辞めてしまうのではと思われてしまうのが普通です。


ニート歴があるデメリットには就職面接に不利に働くことが挙げられますので、1日でも早くニートから脱却し、社会に出るということが大切になってくるのです。

社会的評価が下がる

ニート歴があることは、社会的評価が下がってしまうというデメリットもあります。携帯電話の契約やクレジットカードの審査をはじめ、近年では多くのものに社会的な評価が関係しています。


こうした審査は社会的評価が大きく関係しており、支払いが滞っていないかという事や勤めている会社、仕事をしている年数、転職の多さなども社会的な評価に関連しています。


社会的評価はすぐに影響が見られなくても、いざ何かを契約しようとした際に必要となるものですので、日頃から社会的評価を意識した生活を心がけ、1日でも多くの就労日数を得ることが大切です。


ニート歴が長ければ社会的評価を向上させる事もできず、評価対象となるものもありませんので、社会的評価も低いままという目には見えないデメリットを抱えることになります。

自信が無くなってしまう

あまりにニート歴が長くなってしまうと見る世界も狭くなってしまい、自分に自信が持てなくなってしまうというデメリットも出てきてしまいます。


自分に自信を持てず、社会にでることにも二の足を踏んでしまうことで悪循環を招いてしまうのがニート生活の怖いところですので、勇気を持ってニート生活から抜け出すことが大切です。


社会に出てからは仕事で成功をおさめることで自信を付けたり、他の人とコミュニケーションを図ることで自信を付けていくことも多いですが、こうした大切な経験はニート生活で経験することはできません。就活で失敗しても、ニート生活では得ることのできなかった経験にはなりますので、まずは行動に移すということが非常に大切になってきます。

職務経歴を話せない

就職の面接や転職する際に武器となるのは、これまで経験してきた業種や仕事のスキル、仕事で得てきた社会的な経験値です。


面接や書類選考ではこうした経験を職務経歴書でアピールすることになりますが、ニート歴が長いとこれまでの職務経歴をアピールすることができず、仕事に関わるスキルがない人材と判断されてしまいます。


また、過去に就職した経験があってもニート歴が長ければ、過去に就職した経験もプラス材料として捉えられることは難しいでしょう。


採用担当としては職務経歴を見て、就職後すぐに仕事をこなすことができる人材かどうか、職場に馴染むことができるかどうかを判断しますので、職務経歴の無さは採用に強く影響してきてしまいます。

ニート歴が長いほど社会復帰の難易度が上がる

ニート歴が長いと社会復帰することの難易度も上がりますので、ニート歴は短いほど良いと言えるでしょう。社会に出て働くということは単に仕事をこなすだけではなく、他人との関わりや社内での人間関係を構築することも必要となります。


ニート歴が長いほど、他人とのコミュニケーション能力も低くなってしまうばかりか、自分自身の働く意欲や体力にも大きく影響してきますので、社会へ復帰することの難易度が上がってしまうというデメリットがあります。


ニート歴が長いことによるデメリットは就職することが難しいということだけではなく、自分自身が生活する上でも大きなデメリットを負っているということを理解しておくことが大切です。

就職に不利になるニート歴

ニート歴があって就職を考えているのであれば、まず準備しておきたいのが自分のニート歴についての洗い出しです。ニート歴は長ければ長いほど就職に不利に働いてしまい、ニート歴が短ければ短いほど影響は少ないと言えます。


ここからは、ニート歴がどのくらいだと就職に不利なのかを解説していきたいと思います。

2年以上ニートが続いている

2年以上ニート歴が続いているのであれば、ニート期間にどのような生活を送り、どのようにして生計を立ててきたのかが重要なポイントとなってきます。


ニート期間中もスキルの向上や少額でもアルバイトをしていたのであれば、就職の面接でもニート期間について積極的に伝えるべきですが、これらのことを何もしていなかったと答えてしまっては、就職することは難しくなるでしょう。


2年以上ニートが続いていたのであれば、まずはニート期間中の自分自身の行動やこれまでの仕事の経験を洗い出し、就職への準備を始めるようにしましょう。


また、何かしらの習い事やスキルを向上していた事実を作り、自分自身も直ぐに働くことのできる心と身体に仕上げていくことも大切です。

職歴がなく、ニート生活を送っている

社会的な評価を高めるには社会に出て長い期間を働く必要があるため、職歴が全く無いというのは大きなハンデとなってしまうでしょう。


20代や30代といった働き盛りの期間をニートとして過ごしてしまったということは、社会に出てからの常識やコミュニケーション能力を身につける機会を逃してしまっているということです。


どんな仕事であっても社会に出て働いている方と、ニートとして過ごしてきた方とでは社会的な評価も大きく異なり、ニート歴がある場合の社会的評価は低く見られても仕方のないものとなります。


ニートであっても何かしらスキルの向上に努めていた事実を作り、将来への準備をしていたと説明できるようにし、生活リズムを元に戻すなど何かしらの行動を起こすべきです。

30代を過ぎてからの就職

ニート歴も長く30代を過ぎてからの就職となると、更に就職へのハードルは高いものとなります。20代であれば社会に出てからも若手として通用しますが、30代に入ればある程度の社会経験を積み、仕事もそれなりにこなせるようになっているはずの年代となります。


そのため、就職で求められる30代の理想像は即戦力になりうる人材となってきます。


しかし、そこで就職を躊躇していても年齢を重ねてしまうだけですので、仕事を選ばず、まずは社会に出て働いている歴を増やしていくことが大切となります。


30代を過ぎても就職することは可能ですし、20代に職歴があれば思うような業種への就職も夢ではありませんので、年齢にとらわれること無く挑戦する意欲が大切となってくるでしょう。

ニート歴がある人がすべきこと

ニート歴があっても就職することはできますが、ニート歴のない人と比べるとやはり就職へのハードルは高いものとなります。


そこでここからは、ニート歴がある人が就職を目指すためにすべきことを紹介していきたいと思います。

若いうちに就活すべき

ニート歴があってもまだ20代であれば、社会に出てからはまだまだ若手と言える年代ですので、少しでもニート歴を伸ばさないよう、若いうちに就職はすべきです。


あれこれと仕事や業種を選ばず、まずは早い段階で行動に移して職務経歴書に記載できることを増やせるようにしましょう。また、若いうちであれば就職することだけにとらわれず、アルバイトから正社員を目指すというケースも一般的です。


これが30代、40代となるとアルバイトから正社員を目指すことすら難しくなってきますので、若いうちに少しでも早く就職活動を開始すべきなのです。


若いうちに就活するメリットは多いので、ニート歴があってもあまり悲観的にならず、まずは一歩を踏み出してみましょう。

転職エージェントを利用する

ニート歴があるので自分で仕事を探せる自信がないのであれば、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。


「転職」といっても転職エージェントでは様々な仕事を扱っていますので、初心者歓迎の仕事やブランクがある方でも募集している仕事を扱っている可能性は高いです。これまでに経験のない仕事でも紹介してもらえる可能性は高いので、自分で就職を探しつつ、転職エージェントにも登録しておくという方法もおすすめです。


また、転職エージェントによっては担当が付くこともあり、ニート歴があっても親身に就職の相談にのってもらえる場合もあります。


一人で仕事を探せる自信がないのであれば、まずは転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

ハローワークを活用する

転職エージェントでも就職の相談にのってもらうことができますが、ハローワークでも就職の相談にのってもらうことができます。


転職エージェントは全国の求人を対象としているのに対し、ハローワークでは住んでいる地域の求人を中心に紹介していますので、通勤のしやすいエリアの就職先を探すことも可能です。


また、ハローワークで就職の相談を行えば1対1で仕事の相談にものってくれますし、必要に応じて職業訓練なども紹介してくれますので、ニート歴がある場合の就職活動でもしっかりとサポートしてくれます。


就職するのに二の足を踏んでいるのであれば、まずはハローワークで就職の相談をしてみるなど、ハローワークを上手に活用してみることが就職への近道となるのです。

アルバイトから始める

ニート歴があるので、いきなり就職を目指すことに抵抗があるのであれば、アルバイトから正社員を目指してみるのも一つの方法です。


就職するまでの時間はかかるものの、しっかりと下積みを積んで就職することができるため、長く働くことを考えると非常に魅力的な就職活動とも言えるでしょう。


また、ニートとして長く生活してきたのであれば、アルバイトから始めて徐々に心と体を正常に戻していけるため、急激な環境の変化にも戸惑うことなく、社会に復帰することができるでしょう。


まずは、アルバイトからスタートして、少しずつ自信を取り戻しながら就職を目指してみるのも有益な手段となりますので、無理に就職ばかりを考えず、自分のペースで前に進んでみるのもおすすめです。

未経験から始めることができる仕事

ニート歴が長いと就職できる業種も限られてくると説明してきましたが、必ずしもすべての業界から受け入れられないというわけではありません。


大事なのは働きたいという意志や、あなた自信の人柄が最も重要な部分となりますので、まずは自分自身の生活を見つめ直し、すぐにでも働ける状態にしておくようにしましょう。


ここからはニート歴に関わらず、未経験からでも始めることができるおすすめな業界をいくつか紹介していきたいと思います。

IT業界

近年で最も注目されていると言っても良いのがIT業界ですが、一方でIT業界は人材不足している業界としても広く知られています。


一見すると人気の高そうなIT業界ですが、日本にはまだまだITスキルを持った人材も少なく、多くの会社が人材不足問題を抱えていると言われています。


IT業界であれば今後の需要も高く、市場は今後も拡大していくことが予想されますので、未経験であっても挑戦する価値はある業界です。また、ITに関する知識が無くてもハローワークの職業訓練校をはじめ、多くの民間企業でもスクールが存在しますので、容易にスキルを身につけることができるでしょう。


その気になればインターネットを駆使して独学でも学ぶことができますので、ニートであってもスキルを身につけることができるでしょう。

工場勤務の作業員

ニート歴が長いのであれば、工場勤務の作業員もおすすめの就職先に挙げられますが、就職よりもアルバイトからの募集が多い業界です。特別なスキルも必要とせず就業時間も安定していますので、自分のペースに合った生活を送りながら働くことができるでしょう。


また、仕事の内容に対して対価も高めな業種ですので、安定した生活を送りつつ、安定した収入が期待できるのも工場勤務の作業員がおすすめな理由です。


デメリットとしては体力勝負な職場も多く、仕事内容も単純な作業が多いので、ニート歴の有無にかかわらず長く働ける人材かどうかが重視される業種と言えます。就職する業種にもよりますが、資格を取得することでスキルアップを目指せる作業員もありますので、アルバイトからでも十分に就職を目指せる職種でもあります。

接客業(飲食など)

ニート歴が長く、人とのコミュニケーションを図る機会が少なかったのであれば、思い切って接客業を目指してみるのもおすすめです。


始めは戸惑うことも多いかも知れませんが、いざ飛び込んでしまえば人との関わりや、やりがいも直接感じられる業種と言えますので、やる気の向上や自信を取り戻すのに多くの時間を必要としないでしょう。


また、目に見えてスキルをアピールできる業界でもあるので、スキルアップを目指している方にもおすすめの業種と言えます。


中でも飲食業界は人材不足で求人数も多いため、ニート歴があっても就職できる可能性が高い業種です。


一方、接客業は残業時間や休日が少ないなど、デメリットと言える部分も多い業界ですが、何よりもやりがいのある業種ですので、ニート歴の長い方には特におすすめと言えます。

まとめ

ニートであることのメリットは一つもなく、ニート歴の長さはデメリットを大きくするだけですが、すぐに行動に移すことができれば就職することも夢ではありません。


そのためにまずは生活リズムを整えるようにし、いつでも働くことのできる気持ちや体にしておくことが重要です。


出来ることから始めるようにし、ニート歴を伸ばさないという気持ちが大切ですので、今回紹介してきた記事の内容を参考にし、就職して社会復帰を目指すようにしていきましょう。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


ニート歴

最新の投稿


嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいても気にする必要はありません。会社には様々な性格の人が入社してくるため、そもそも全員と仲良くするのは難しいことです。大切なのは、その同期に対して自分がどのように付き合っていくかです。こちらの記事では様々な対処法を紹介します。


職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場では様々な人が働いていると思います。色々な人がいれば、人間関係のトラブルや業務上の対立が起きてしまうことはあるでしょう。しかし、職場で喧嘩をしてしまうことには多くのデメリットがあります。この記事では、職場で喧嘩が起きてしまった時の対処法について紹介していきます。


社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人がペットを飼うには、費用や家の立地、自分の時間等様々なことを考慮に入れなければならず、苦労することも多いです。従って、ペットを飼うにはそれなりの覚悟を持って決断するべきです。自分に本当にその覚悟があるのか、一度立ち止まってよく考えてみましょう。


裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱や濫用ってよく聞くけど、実際それがなんなのかを知らない人は多いと思います。また、自分の裁量権は大きい方が果たして良いのでしょうか。この記事ではそんな、知ってそうで知らないことが多い「裁量権」について解説しているのでぜひ読んでいってくださいね。


ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーは社会人にとっての最低限身につけなければいけないことです。学生時代のように、自由な服装をして自由な言動をする事はできません。それでは責任のある一人の社会人として、会社の顔として正しく振る舞うにはどうしたらよいのでしょうか。