仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛すぎる…と悩んでいませんか?仕事で怒られる理由としては、自分がミスをした場合や上司が理不尽にキレている2つの理由があると思います。この記事では、仕事で怒られてしまう理由と正しい対処法を紹介していきます。


仕事で怒られてばかりの人はいるのではないでしょうか。理不尽に怒られていることでやる気が出ない人もいるはずです。


ただ、怒られてばかりの人は何かしらの理由があります。ここでは理由を明確にして、それを踏まえた対策を取れるようなご説明をします。

仕事で怒られてばかりで辛い

怒られてばかりなのはしょうがない?

怒られてばかりのことはしょうがないことなのでしょうか。これは一概にしょうがないこととは言い切れません。


しょうがないことであると考えられるのは、怒られる要因に自分の問題がある場合です。自分の勤務態度が悪いなど、何かしらの問題があり、その結果で怒られているのであればしょうがないことです。上司も怒るしか無い場面で怒っていると考えられます。


それに対して、しょうがないこととは考えられないこともあります。これは怒られる要因に自分の問題がない場合です。単純に上司の機嫌が悪かったり、そもそも上司と相性が悪いなど自分にはどうしようもないことが考えられます。このときは、怒られることがしょうがないこととは考えないようにしましょう。

言われるうちが華

言われてるうちが華であるという考え方も存在します。仕事で怒られるということは、まだ見放されていないということを意味しています。見放されてしまっては怒られることもなくなるものです。


つまり、怒られてるということは、それを糧に成長するチャンスがあるということも意味しています。怒られることは辛いことではありますが、反省点を見つけ出し自らを成長させる良いチャンスだと捉えられます。


見方を変えてみると、怒られなくなることはこのチャンスが与えられなくなることになります。今までは怒られることでチャンスを与えていたものの、諦めてチャンスすら与えなくなってしまうのです。怒られるうちは見放されていないと考えてよいでしょう。それを糧に成長する姿勢が大切です。

怒る側が考えていること

仕事で怒られることは辛いことです。ただ、怒る側がどういったことを考えているのかについても検討をしてみましょう。何を考えているかは人それぞれであると思われますが、例えば「部下に成長してもらいたい」や「苛立ちを部下にぶつけたい」と考えているとします。


部下に成長してもらいたいと考えているのであれば、これは意味のある怒られ方です。怒られることは辛いことではありますが、これを通して成長してもらいたいと考えられているわけですので悪い気持ちにはなりません。


苛立ちを部下にぶつけたいと考えているのであれば、これは意味のない怒られ方です。言ってしまえば理不尽に怒られているということです。部下の成長などを考えず、自分の勝手な思いをぶつけているだけですので、受け流すなどの対応が必要です。

理不尽な怒りには問題がある

怒られることは全てが正しいと受け入れていいものではありません。理不尽な怒りをぶつけられている場合には問題意識を持たなければなりません。


例えば、上司は相性が悪いことによって怒りをぶつけていることがあります。これは怒られる側からしても理解し難いことです。社会人にもなってそのような理由で怒られているとすれば、怒られる側は納得できず問題意識を持つことでしょう。


また、上司のプライベートでトラブルがあり、それが起因して機嫌が悪く怒られてしまうこともあり得るでしょう。これに関しても怒られる側は納得できることではなく、問題意識を持つべきことです。


何かと理不尽に怒られることはありえます。なぜ怒られるのかわからない場合には問題意識を持ち、自分が悪いものであると決めつけないようにしなければなりません。

怒られ続けるデメリット

怒りからは学べない

怒りからは学べるとは限らないデメリットもあります。


人によっては怒られることによって反骨精神で成長できることもあります。優しい指導を受けるのではなく、怒られたりスパルタな指導を受けることによって成長できる人もいるのです。


しかし、怒られるだけでは成長できない人もいます。優しく指導を受けたり説明を受けなければ心が折れてしまうような人もいます。そのような人は怒られ続けてもデメリットしかありません。成長に繋がらない怒りは必要以上に受けるべきではないのです。

仕事が嫌いになる

仕事が嫌いになるデメリットもあります。


怒られ続けると仕事に限らず何事でも嫌気がさしてくることでしょう。仕事は生活のためにやらなければならないことではありますが、それでも怒られ続けると嫌気がさしてくるはずです。


仕事が嫌いになってくるとやる気が下がりミスなどが発生しやすくなるデメリットを引き起こします。つまり、デメリットが他のデメリットを生んでしまうのです。怒られ続けて仕事が嫌いになることは、もはややむを得ないことであるともいえます。

うつ病になる

怒られ続けることでうつ病になる可能性があるデメリットが存在します。


うつ病になる理由は様々ですが、上司からの叱責によってうつ病になるケースは確認されています。仕事が嫌いになるデメリットと繋がるところもあります。一度、うつ病になってしまうと簡単に立て直すのは難しいと言われています。仕事に対して恐怖心をもってしまうことも少なくありません。仕事のことを考えるだけで動けなくなることもあるようです。


うつ病にはデメリットしかありません。そうならないためにも、自衛することが求められます。

仕事で怒られてばかりの人の特徴

態度やマナーが悪い

態度やマナーが悪いことが怒られる人の特徴です。


仕事を円滑に進めるにあたり、勤務態度やマナーは重要視される部分です。仕事ができれば良いという考え方もありますが、人間性も問われることが多いでしょう。そのためここの部分に問題があると怒られる原因となります。


態度やマナーに対する評価は個人の主観にも左右される部分です。怒られることに納得できないこともあるでしょう。ただ、上司の価値観では気に食わない部分があると割り切らなければならないこともあります。しかし、実際に態度やマナーの悪さが考えられるのであれば、その点は改善しなければなりません。

約束や時間を守らない

約束や時間を守らないことも怒られる原因となります。社会人にとってこれらを守ることは当たり前のことです。約束を守れなければ信用力の失墜にも繋がってしまいます。


そのようなことを踏まえると、約束や時間を守れないことで怒られるのは当たり前のことです。怒られる理由がここに存在するならば反論の余地はありません。ただ、理不尽な納期など守れない約束を強いられている場合にはこの限りではありません。自分に問題があるのか、上司などに問題があるのかは判断しなければならない部分です。

同じミスを繰り返す

同じミスを繰り返すことも怒られる人の特徴です。


人間は誰でも何かしらのミスを犯すものです。これは仕方がないことですので、ミスが原因で怒られた場合には受け止めて改善することが重要です。指摘内容を踏まえて改善すれば怒られることはないでしょう。


しかし、怒られたにも関わらず同じミスを繰り返す人もいます。繰り返していると同じように怒られ続け、最終的には見放されて怒られなくなります。ミスをして怒られることは当たり前のことです。ただ、同じミスを繰り返して怒られ続けることは避けなければなりません。

素直になれない

素直になれないことで怒られることもあります。


社会人であり適切な指導を受けて怒られたのであれば、それを素直に受け止める姿勢が大切です。拗ねてしまい素直に受け止められないようなことがあれば、上司の意に反することとなり怒られる原因となってしまいます。


社会人はできるだけ素直に受け止める姿勢が求められています。もちろん素直に受け止められないこともあるとは思います。ただ、正しいことは可能な限り素直に受け止めて怒られるような特徴にしないことを意識しなければなりません。

上司と価値観が合わない

上司と価値観が合わないことによって怒られることもあります。人間的に合わないことも怒られる人の特徴です。


しかし、上司と相性が悪いために怒られることは回避できることではありません。どちらもそうそう簡単に人間性を変えることは不可能であるからです。ましてや、社会人になっている場合、自分なりの価値観や人間性は完成していると考えられます。このタイミングで上司と相性が合わないからといって、怒られないように何かしらの対策をするのは難しいと考えてよいでしょう。

仕事で怒られてばかりの人ができること

怒られる原因を潰す

上司に怒られる原因を潰すことで怒られる回数を減らせます。怒られる根本原因を減らすものです。


怒られてばかりの原因は上記の通り仕事のミスや勤務態度などが考えられます。この部分は自分で意識をすることによって改善できることです。怒られているうちが華ですので、そのチャンスを活かして自分なりに改善していくことで怒られなくなるでしょう。


怒られないように原因を潰す事は時間のかかることです。怒られたからといって今すぐには改善できないこともあるでしょう。繰り返し同じことで怒られる可能性もあります。しかし、原因を潰す努力をしていれば怒られる回数は減るはずです。怒られる原因が自分にある場合には、この部分を潰す努力から始めてみましょう。

上司に好かれるように努力する

上司に好かれる努力をして怒られないようにする方法もあります。


上司に好かれず人間関係でぎくしゃくしていると、それが原因で怒られることは多々あります。また、嫌われていることで怒られやすくなるのも事実です。理不尽に怒られてしまうようなことも考えられます。


嫌われていることが原因で怒られるのであれば、好かれることで状況を改善できる可能性があります。上司も気に入ってる人を積極的に怒ることはしないでしょう。


上司に好かれるための方法は様々考えられます。例えば、上司の仕事を積極的に巻き取ることが挙げられるでしょう。上司の負荷を減らす努力をすることで好かれる可能性があります。他にも積極的に食事をするようにするなど、自分が好意的であるかのような振る舞いをする方法も考えられます。

怒られても耐えることができる精神力をつける

怒られることに耐えるために、耐えられるだけの精神力をつける方法もあります。


自分が強くなれば怒られても耐えられるという考え方です。怒られることでうつ病などになる原因は、精神力の弱さがあると考えられます。精神面でダメージを受けることによって、心が折れてうつ病などになってしまいます。問題があるのは上司にだったとしても、最終的に心が折れるかどうかは自分自身の問題です。


何を言われても心が折れないようにするためには、自分自身の精神力を高めること以外がありません。心が強くなれば折れる可能性も下がると考えられます。最近は強い精神を持つための自己啓発本なども発売されています。そのようなものを活用して、怒られても耐えられる精神力を持つのも良いでしょう。

怒られてばかりの職場から逃げる

ひたすら理不尽に怒られ続けるようなことがあれば、その職場から逃げ出すことも考えられます。自分から逃げることによって職場環境を変えられます。


逃げると言ってもその方法は様々です。分かりやすいものであれば転職するものが挙げられます。その会社自体から逃げ出すことを考えることは容易いことでしょう。しかし、転職はハードルが高いことでもあります。


そこで逃げる選択肢として異動するか上司に異動してもらうことが挙げられます。逃げ出すために異動するのであれば異動届を出すこととなりますし、異動してもらいたいのであれば会社に問題を通告するとなります。


怒られる環境から逃げ出すことも1つの選択肢です。逃げ出すことは悪であると判断されることが多々ありますが、必要に応じて逃げ出すことも選択肢です。

理不尽に怒られている時の対応

上司の理不尽な行動を会社に相談する

上司が理不尽に怒ってくるのであれば、それは会社に相談しましょう。会社に相談することで状況を改善できる可能性があります。


特に、最近は理不尽な行動や指導がハラスメントであると判断されることも増えてきています。「パワハラ」に対して注意を払っている会社も多いのが事実です。そのため、何かしらの相談をすると早急に対応してくれる可能性があります。


自分だけで上司の理不尽な行動に対応するのは難しいこともあります。会社のハラスメント窓口などを利用して、会社として対応してもらうことをまずは考えましょう。

異動届を出す

上司から離れることを考えているのであれば、異動届を出すことが選択肢に挙げられます。自ら上司から離れることによって、怒られる機会をなくす選択肢です。


会社によって異動させてもらえるかどうかは異なっています。中小規模の会社では、なかなか異動届を出しても受け入れられないこともあります。また、異動届を出すことが怒られる原因となることもありえます。ただし、出してみないと判断できないのも事実です。まずは自分から状況を変えるために異動届を出すと良いでしょう。

転職する

会社として対応してもらえる見込みがないのであれば転職を考えましょう。会社に頼れないのであれば仕方がないことです。一般的に、転職活動と仕事を同時に進めるのはストレスがかかります。怒られることが原因で転職活動を進めるのであれば、精神的にも負担を感じながら転職活動を進めなければならないかもしれません。


ただし、転職しなければ状況を打開できないこともあります。怒られる続けると自分が潰れてしまうだけです。最終的には転職を決断しなければならないこともあります。

まとめ

仕事で怒られてばかりの人はその理由を考えることが重要です。なぜ自分は怒られてばかりであるのか、理由がわからなければ前に進めません。


人によって仕事で怒られてばかりの理由は異なりますが、自分に問題がある場合には改善が必要です。ミスを繰り返していたり勤務態度が悪いのであれば、怒られるのは仕方がないことです。


逆に、自分に理由が無いのにもかかわらず怒られてばかりのこともあります。仕事では仕方がない部分もありますが、上司の理不尽な行動は会社に相談するなどの対策が必要です。


上司に怒られてばかりの人は自分から行動することが必須です。行動しなければ怒られ続けて、うつ病になるなどのトラブルの原因となります。怒られてばかりの理由を見極めて、適切に対応していくことが求められます。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


仕事 怒られてばかり

関連する投稿


仕事で評価されないと悩んでいるあなたへ!評価されるための対策

仕事で評価されないと悩んでいるあなたへ!評価されるための対策

仕事で評価されるためにはどうすればいいのでしょうか?あなたの会社での評価が低い理由や原因、そして会社や仕事で評価される人間となるための対策を紹介します。仕事や会社で良い評価を得られるようになるためにも参考にしてみてください。


仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

優秀な社員一人に仕事が集中して、会社全体の仕事が回らない状況になることはよくあることがです。しかし、そのような状況が続くと社員一人にストレスがかかるだけでなく、職場全体に悪影響を及ぼしてしまいます。この記事では、仕事をスムーズに回す方法を紹介するので参考にしてみてください。


仕事を投げ出したいと感じるのはいけない!?限界がきたらどうする?

仕事を投げ出したいと感じるのはいけない!?限界がきたらどうする?

何度も仕事を投げ出したいと思うけれど、「ここで投げ出すのは甘えなのかな?」、「投げ出した後が不安…」と考えてなかなか意思決定できない人がいます。それでは、仕事を投げ出すことはいけないことなのでしょうか?それとも、限界がきたら投げ出すべきなのでしょうか?


仕事とプライベートは分けるべき?オンオフをつけるメリット!

仕事とプライベートは分けるべき?オンオフをつけるメリット!

仕事が休みでせっかくのプライベートなのに、仕事が頭にちらついて心から休めない。そのまま休日が終わってしまい出勤しても身が入らない。これでは公私ともに悪影響ですよね。この記事ではそんな現状の打開策が書いてあるので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。


仕事、会社の電話が嫌いな人へ!電話恐怖症の克服の仕方!

仕事、会社の電話が嫌いな人へ!電話恐怖症の克服の仕方!

どんな会社、どんな仕事であっても電話からは避けられないですよね。電話で対応したりなどが苦手で電話恐怖症にまで陥った人もいませんか?今回はそんな皆さんのために電話におけるコツや電話恐怖症の克服の仕方を紹介していきたいと思います。


最新の投稿


嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいても気にする必要はありません。会社には様々な性格の人が入社してくるため、そもそも全員と仲良くするのは難しいことです。大切なのは、その同期に対して自分がどのように付き合っていくかです。こちらの記事では様々な対処法を紹介します。


職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場では様々な人が働いていると思います。色々な人がいれば、人間関係のトラブルや業務上の対立が起きてしまうことはあるでしょう。しかし、職場で喧嘩をしてしまうことには多くのデメリットがあります。この記事では、職場で喧嘩が起きてしまった時の対処法について紹介していきます。


社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人がペットを飼うには、費用や家の立地、自分の時間等様々なことを考慮に入れなければならず、苦労することも多いです。従って、ペットを飼うにはそれなりの覚悟を持って決断するべきです。自分に本当にその覚悟があるのか、一度立ち止まってよく考えてみましょう。


裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱や濫用ってよく聞くけど、実際それがなんなのかを知らない人は多いと思います。また、自分の裁量権は大きい方が果たして良いのでしょうか。この記事ではそんな、知ってそうで知らないことが多い「裁量権」について解説しているのでぜひ読んでいってくださいね。


ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーは社会人にとっての最低限身につけなければいけないことです。学生時代のように、自由な服装をして自由な言動をする事はできません。それでは責任のある一人の社会人として、会社の顔として正しく振る舞うにはどうしたらよいのでしょうか。