看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


看護師の労働市場の現状

まずは日本の看護師の労働市場の現状を見ていきましょう。

日本は慢性的な看護師不足

厚生労働省によると、日本では2025年に看護職員が約196万~206万人もの人数が必要とされている一方で、2016年時点での就業者総数は約166万人に留まっています。

 

慢性的な人手不足は一人あたりの業務負荷を増大させ、さらなる看護師の離職を招きます。また、ベテランが抜けた穴を経験不足の人材が埋めることで、医療サービスの低下につながるケースも頻繁に起こっています。

資格を持っている約1/3が看護師職に就いていない

看護師資格を保有しているにも関わらず、看護職に付いていない人を「潜在看護師」と呼びます。驚くことに日本はその潜在看護師の人数が現在が約70万人もいるとされています。これは全体の約1/3にもあたり、今後も増えると予想されています。ここからも看護師の労働市場がいかに看護師不足に陥っているか見て取れると思います。

看護師が辞めたいと思う理由

ではなぜ、こんなにも看護師は離職率が高いのでしょうか。勤務年数ごとの代表的な理由を見ていきましょう。

1年目

夜勤が辛い

夜勤のある看護師は全体の75%以上です。(準夜勤も含めると88%以上。)それと比較して、日勤のみで働く看護師は全体の12%とまだまだ少ないといえます。看護師として働くのであれば、夜勤をすることは仕方がないことなのかもしれません。


しかし、看護師1年目の人からすれば慣れるまでは大変だと感じてしまうでしょう。日本看護協会では仮眠をするように勧めており、労働基準法では1日8時間以上労働する場合、1時間以上の休憩を取ることが定められています。最低1時間の休憩に関しては確保されている職場がほとんどのようですが、一部では急なトラブルや患者さんの急変で仮眠を取ることが難しかったり、そもそも仮眠時間がない職場もあります。


また、夜勤のせいで業務後も寝つきが悪いなどの不眠を訴える人も多いそうです。そのほか、長時間の夜勤による作業の負担増によって腰を痛める人もいます。加えて夜間は従事者が少ないため、少人数で多くの人を見る必要があります。特に、介護施設では、夜の看護師の配置が義務づけられていないこともあり、万が一容態が急変した場合には、少ない人数で対応しなければなりません。


このような慣れない負担やプレッシャーなどの理由によって、1年目は辞めたいと思う人が多いそうです。

女性しかいない職場での人間関係

看護師として働いている人たちは女性が圧倒的に多いです。だからこそ他の職業では見られないような人間関係があります。


特に、1年目の看護師が辛いのは上下関係だそうです。1年目なのだから、学校で習っていないことに遭遇したり、あまりの仕事量の多さに付いていけなかったりすることは多いと思います。しかし、一番の問題はそれを先輩が怖くて聞くことができないということです。


勇気を振り絞って聞いても、「自分で調べて」なんて冷たい言葉が返ってきた日にはもう二度と聞くことなんてできないでしょう。このような厳しい人間関係に嫌気が指して辞める人は多いそうです。

2年目

休暇が取れない

2年目になり、それなりに業務に慣れてくると自分の休暇の少なさに気づくことになります。実は看護師は数ある職業の中でも有給消化率が悪いことで有名です。労働者は雇入れの日から6ヶ月継続勤務、または全労働日の8割以上出勤していれば有給を取ることができます。


そして、看護師は勤務年数6ヶ月では、10日間の有給休暇がもらえます。その後、1年6ヶ月で11日間、2年6ヶ月で、12日間、3年6ヶ月で、14日間というふうに徐々に増えていくと規定されています。


しかし、2013年に公表された「看護職員の労働実態調査」では、有給休暇の年間の取得日数は平均8.86日となっています。「10日以上」が44.5%、「20日以上」は5.6%です。一方で、31.4%の看護師が「5日以下」、「全く取れなかった(0日)」も3.3%となっています。有給休暇取得率が20%未満という看護師は5割近くに上ると見られ、有給休暇の消化が進んでいないことがわかります。

看護師は全国レベルで慢性的な人手不足です。有給どころではなく、通常の休日でさえ翌月までくり越すという話も珍しくはありません。そのため、看護師業界では有給休暇は捨てるもの、と認識をしている人が少なくないということです。

(参考:http://irouren.or.jp/research/労働実態調査.pdf)


後輩に頼られない

また、後輩ができるというのも辞めたいと思う一つの要因です。今までは自分が上下関係で一番下だった人も後輩が入ってきて後輩に教える立場になります。しかし、そのような状況下でもし自分が頼られず、他の同僚ばかりに後輩が頼っていたらどうでしょう。


自分は頼りないのだと落ち込み、せっかく一年かけてつけてきた仕事への自信を失ってしまう人もいると思います。二年目ゆえの悩みですがこれが応えて退職する看護師は少なくないです。

3年目

賃金が安い

看護師は一般的に賃金が高いというイメージがあります、看護師は国会資格ですし、実際、看護師の平均年収は約450-500万円ほどで、日本の女性の平均年収は276万円と言われているので比較的高いと言えるでしょう。


しかし、看護師さん本人に聞くと大半の人が「賃金は低い」と答えます。その理由は賃金以上の激務と大きな責任にあります。そして、それが年収に見合わないな、と思い始めるのがちょうど3年目になったくらいの頃であり、それ理由に退職し、他業種に転職しようとする人が多いとのことです。

4年目

人手不足で負担が大きい

4年目になると上記の理由でかなり同期は減ってきています。それゆえにエスカレーター式で責任のある役職につくことが多いのが4年目の看護師です。普通の会社ならようやく初めての昇進があるくらいの頃ですが、看護師の場合はグループのリーダーを担っているという人も少なくありません。


しかし、いかんせん人手不足のためにリーダーの業務が激務になってしまうことも多く辞めたいと思う一因になっています。

中間管理職で激務

入職して4、5年目は、上と下からの板ばさみに合います。先輩に頼りにしてもらえることはありがたいけど、新人の気持ちもわかりますし、、、。


患者さんの看病という業務の他にも悩ましいことがあるというのは、仕事に集中できなくなるだけでなく、私生活でも満足に休養できず心身にも悪影響です。このように新たな人間関係に悩みこの時期に辞めるという人は多いそうです。

10年目以降

ライフステージの変化

大体の看護師が上記の理由によって4、5年目までに辞めるのに対して10年程度長らく勤めて辞めるという看護師も稀にいます。その主な理由としてはライフステージの変化です。


社会人10年目にもなると、結婚して家庭に入るという方や、結婚していたけれど子供が生まれ育児に専念しようという方が出てきます。今までいろいろな困難や人間関係を克服してきた方でも、このような致し方ない理由で退職する人がこの時期に辞める傾向が見られるそうです。

辞め際を判断する5つの基準

仕事が原因で体調不良になったとき

あまりにも仕事でのストレスが大きく、慢性的な体調不良や不眠、うつ状態、適応障害、過食などの摂食障害などを発症してしまった場合、今すぐその病院を退職するべきでしょう。なぜなら、健康障害を発症するほどのストレスをそれ以上蓄積すると、もっと大きな疾患を抱えてしまう可能性があるからです。


職場に原因があるならその病院を退職するべきですし、看護師という仕事自体にストレスの原因があるなら、看護師からの転職を考えるべきです。

仕事が原因でプライベート支障が出たとき

家庭がある状態で看護師をやっている方の中には、仕事を優先させようとして家庭での不和に繋がってしまったなんて人はいると思います。夜勤が多い職種ですし、ご家族とのすれ違いが起きるのはある程度しょうがないことかもしれません。


しかし、そのような期間があまりにも長く続いてしまっている方は、本当にそのような生活に問題がないのかを考え直す必要があります。家族のために仕事をしているのに、仕事のため家族を犠牲にしてしまっているのであれば、それは本末転倒ではないでしょうか。


そのため、このようにプライベートに支障が出たとき、仕事よりも優先させるべきものがあるのであれば、その職場を退職すべきでしょう。

新しい職業に就きたいと思ったとき

看護師資格を取ってとりあえず看護師として働き始めたものの、人間関係や、仕事内容に違うと感じたならば、看護師以外の職業を検討することも良いと思います。できるだけ早く違う業種に転職すれば、その分その先でキャリアを積めるわけですし、そのキャリアの分昇進することも可能になって給料も上がる可能性が高くなるでしょう。


今、看護師が向いていないなと思いながらも働いている方は、思い切って退職して新たな自分を探してみてはどうでしょうか。

やりがいを感じなくなったとき

どんなに職場に慣れて業務を一人前にこなせるようになっても、その仕事にやりがいが持てなくなってしまったら、果たしてその仕事をやり続ける意味はあるのでしょうか。やりがいというのは、時には給料以上に大きな仕事を続けるモチベーションです。


それが無くなってしまったら、どんなに慣れた職場であっても仕事に身が入らなくなってしますでしょう。特に、看護師という人の命を預かる仕事であれば大事にも至りかねません。自分のためだけでなく、看護師をやるやりがいが無くなってしまったと感じたのであれば、退職することをお勧めします。

生活環境が変わったとき

結婚や妊娠・出産・夫の転勤等などによって生活環境が変わった時、それは退職するチャンスかもしれません。看護師を辞めたくても言い出すタイミングを逃してしまったり、人手不足で今辞めるのは職場に迷惑がかかるため罪悪感がある、などの理由で退職できていなかった人もいます。


生活環境の変化が理由であれば、後味が悪くなることなく退職することができます。前々から辞めるきっかけを探していた人はこのタイミングで辞めて見るのは手かもしれません。

看護師を辞めるには?

体調不良を訴える

職場の人間関係や業務内容のせいで健康被害がある場合は、その旨をダイレクトに伝えるのは一つの手です。体調不良のまま勤務されるようでは病院側も迷惑がかかるでしょうし、体調不良で辞めるとなれば残った元同僚の待遇改善にも繋がるかもしれません。


そのため、体調不良が原因で病院を退職する場合は変にごまかすことなくいうのが得策でしょう。

他の職種に転職したいと伝える

看護師でない職に就きたいと訴えるのも有効な方法の一つでしょう。他の病院にいきたいと訴えただけでは、待遇改善や人手不足で引き留められてしまうかもしれません。


しかし、病院ではなく看護師以外の職業について働きたい胸を伝えれば、病院側も引き止めにくく比較的にスムーズな退職が可能となるのではないでしょうか。

引越しを理由にする

上記でも紹介したように生活環境の変化は退職の理由としてもっとも後腐れがないものでしょう。その中でも引っ越しは物理的な問題となってくるので、引き留めようにも引き留めようがありません。


もし、仮に本当に引こっさない人でも生活圏が職場とある程度離れている人は元同僚に遭遇することは滅多にないでしょうから、実際に引っ越さなくても引っ越しで退職すると上司に伝えることもできます。

親の介護を理由にする

親の介護も上司が引き止めにくい理由の一つでしょう。もし、あなたが一人っ子であればなおさらのことです。介護は看護師の仕事と同様かそれ以上に大変なので、介護を理由に退職するといえば文句を言われるどころか気遣ってくれる人も中にはいると思います。


しかし、中にはシフトなどを融通するから残って欲しいと言われる場合もあるので、どうしても辞めたい場合の理由としては、それが事実であってもより確実な理由を作るというも手ではないでしょうか。

結婚すると言う

家庭に入るというのも有効な退職理由でしょう。看護師という職種は拘束時間が長いです。そのため、結婚して夫を支えなければいけいないというのは上司も引き留めようがありません。しかし、パートタイムのような非常勤でもいいと言われた場合は、嘘でも夫に専業主婦になって欲しいと言われたといえばそれ以上は病院側は引き留めることができないでしょう。

転職に際して気をつけること

転職するタイミング

上記にあげた理由を使えばいつでも好きな時に退職できるかといえばそれは難しいでしょう。患者さんの数だけの引き継ぎ事項があったり、自分自身の多くの事務的な手続きがあったりと急に退職ができないことは多いです。


それでは、どのタイミングで退職届けを出せば、退職しやすいのでしょうか。まず一つは年度末です。年度末というのは住民税の支払いが特別徴収のままです。そのため、転職先が決まっているのであれば、収入から天引きされる額が少なくなります。加えて年度末は退職者が比較的多い時期ですので他の時期と比べて辞めやすい雰囲気になっていると思います。


もう一つは2月前後です。この時期は看護師の求人が増えているため、看護師は辞めたくないけど病院は退職したいという方はこの時期に転職して見るのがいいかもしれません。

違う病院への転職

せっかく違う病院に転職したのに、前の病院と同じような理由で職場での悩みができてしまうことのないように、どのように前の病院と違うのか自分で慎重に比較する必要があります。家と病院との距離であったり、勤務時間帯であったり、福利厚生であったり、人によって重視することは違うと思うので何に重点をおくのか決めてから選ぶと後悔のない転職ができるのではないでしょうか。

看護師以外の転職先

まず看護師以外の職業に転職する場合は、給料が下がってしまうことが多いことを念頭に置いておく必要があります。看護師は国家資格です。そのため一定程度の給与基準が満たされてます。


しかし、転職となれば、余程待遇がいいところでなければその給与額からの減額は避けられないでしょう。それは看護師以外のキャリアがなければなおさらのことですので、もし、転職を考えている方はそのことを念頭に置いていく必要があるでしょう。

一般事務

事務は書類やパソコンに向き合う仕事というイメージがありますが、実際には他部署とのやりとりや、来客対応といった人とかかわる仕事も多いです。患者さんと接してきた看護師としての経験を、生かせる職種の一つと言えるでしょう。

アパレル系

アパレル系はコミュニケーション能力が最も重視されます。従業員と客との関わりが売り上げに大きく左右されるからです。しかしその分、接客対応に秀でている元看護師は重宝されます。

飲食業

この業種も非常に多くの場面で接客対応を必要とします。昨今対応に困る客も増えているので、単なる学生バイトでは対応できない事案も少なくはないでしょう。そこで人の扱いが上手な元看護師の店員がいれば、場を丸く収めることも比較的容易になります。お店としては非常に助かる人材ではないでしょうか。そのため飲食業においても転職先は多く見つかります。

看護師の転職に関するQ&A

資格がもったいない気がするが看護師を辞めたい

何らかの理由で辞めたいけど、せっかく看護学校に通って国家資格である看護師になったから辞めるのはもったいない気がすると思っている方は少なくないでしょう。


しかし、現状として辞めたいと考えているということは、自身が仕事より優先すべき何かを抱えているということだと思います。それが健康であれ、時間であれ、もし優先すべきことがあると自覚しているのであれば資格がもったいなく感じても一回辞めてみるのは一つに選択肢です。


それで辞めてみてやはり、自分には看護師職が向いていると自覚したなら戻ればいいのではないでしょうか。看護師界は依然として人手不足ですし、引く手は数多ですので業界復帰は難しいことではありません。

違う業界ならどの分野で重宝されやすいか

病院以外でも看護師資格を活かせる職種は多くあります。例えば、一般企業で働く産業看護師(企業看護師)です。病院と違って日勤のみなのでワークライフバランスを取りやすく、病院看護師と比べると落ちるものの給与も比較的高いのが人気の要因のようです。その他にも保育園や保育室、美容クリニックなどだと資格を活かして仕事ができます。


看護師資格を必要としない職種でも、忍耐力やコミュニケーション能力が高い看護師は多方面の業種から重宝されます。思い切って自分が兼ねてからやりたかった職種に転職してみてはどうでしょうか。

まとめ

看護師を辞めたくても多くの理由から退職できずに今の病院に勤め続けている人多いと思います。


しかし、無理に勤め続けるのは病院にも自分にも悪影響しかありません。辞め方の方法や時期辞めた後の動向などが心配で今まで決心できなかった方も、この記事を読んで自分にとって正解の選択肢が見えてきたのではないでしょうか。


ぜひ、ご自分のより良い人生のために看護師を続けるかどうか、この機会に考えてみてくださいね。

この記事のライター

関連するキーワード


看護師 辞めたい

関連する投稿


介護士を辞めたいと思う理由は?激務?介護士の転職先を紹介!

介護士を辞めたいと思う理由は?激務?介護士の転職先を紹介!

介護士を辞めたいと思い悩んでいる人は少なくないでしょう。介護士は激務でストレスがたまりやすい職業の割に給料が安いことで有名です。このような現状から離職率が高い介護業界ですが、介護業界以外の転職先としてはどこが良いのでしょうか?この記事では、介護職の転職について紹介していきます。


営業を辞めたい…営業職に向いていない人の特徴と転職先!

営業を辞めたい…営業職に向いていない人の特徴と転職先!

総合職として入社した会社で営業職に配属されたけれど、営業職に適性がなくストレスが溜まる毎日という人は少なくないでしょう。特に、営業職は事務職などと比べて数字を求められます。ノルマに追われる毎日に耐えられないという人は、この記事を読んでキャリアを考え直す参考にしてみてください。


保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険営業の仕事と聞くと厳しい労働環境など、良いイメージを持たない人も少なくないと思います。実際に、「保険営業を辞めたい…」と考えている人は多く、離職率はかなり高い数字となっています。この記事では、保険営業職を辞めた後の働き方について紹介していきます。


教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員と一口で言っても様々です。全ての教科を自分で教えなければならない「小学校」、自分で免許を持っている科目だけを教えて部活の顧問をする「中学校」、さらに中学校の仕事内容にプラスして進路指導をする「高校」。それぞれに大変な仕事がありますね。 今回は、教員の仕事をスムーズに退職するための方法についてご紹介します。教員を退職しようか悩んでいる方は参考にしてください。


モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

「上司のあの行動、もしかしてモラハラなんじゃ・・・?」職場で上司や同僚から嫌がらせを受けた経験はないでしょうか。自分ではなかなか判断しづらく、つい我慢してしまう方も多いのかもしれません。 実際に、職場でのどのような行動がモラハラに当たるのか、自分がモラハラにあったときの対策などをまとめました。


最新の投稿


裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱や濫用ってよく聞くけど、実際それがなんなのかを知らない人は多いと思います。また、自分の裁量権は大きい方が果たして良いのでしょうか。この記事ではそんな、知ってそうで知らないことが多い「裁量権」について解説しているのでぜひ読んでいってくださいね。


ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーは社会人にとっての最低限身につけなければいけないことです。学生時代のように、自由な服装をして自由な言動をする事はできません。それでは責任のある一人の社会人として、会社の顔として正しく振る舞うにはどうしたらよいのでしょうか。


なぜ、仕事が面白くない?やりがいを感じるためにできること!

なぜ、仕事が面白くない?やりがいを感じるためにできること!

仕事を面白くないと感じてしまうと働くこと自体がストレスとなってしまいます。特に、仕事を選ぶ基準としてやりがいを重視する人が増えているので、より一層仕事に面白さを見出すことが必要とされています。この記事では、仕事を面白くないと感じてしまうがどうするべきかを紹介しています。


仕事で泣く理由は?涙が出た時の対処法と泣いている人への気遣い

仕事で泣く理由は?涙が出た時の対処法と泣いている人への気遣い

“仕事で泣く”という経験をしたことがありますか?社会人ならば、少し仕事で嫌なことがあったくらいで泣いてしまうのは甘えなのではないか?と考える人も少なくないでしょう。それでも、泣いてしまうのには理由があります。この記事では、仕事で泣いてしまう理由と対処法を紹介します。


仕事帰りにジムに通う社会人が継続的にジム生活を送る方法!

仕事帰りにジムに通う社会人が継続的にジム生活を送る方法!

ジムに行こうと思って、近くのジムに入会しに行く人はどんどん増えています。しかしその一方で実際に続いている人は増えているでしょうか、、大変多くの人が途中で挫折してジムに通わなくなっていきます。どうすればそれを改善できるか、などを紹介していきます!