退職代行の料金はいくら必要!?退職代行サービスの選び方!

退職代行の料金はいくら必要!?退職代行サービスの選び方!

退職代行サービスを利用したいけれど、料金の相場やサービス内容の比較が難しくて選べない人は少なくないと思います。この記事では各社の退職代行サービスの料金や、サービス内容について詳しく説明しているので参考にしてみてください。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

会社を退職したい、そんなときに利用できるのが退職代行です。退職した労働者に代わって、弁護士が退職の処理などを行なってくれるサービスです。労働者は自由に退職や転職などを考えて良い権利があるものの、現実には脅しや嫌がらせなどをされてスムーズに退職できないケースも起きています。不安や怖い思いをせず退職できるサービス、「退職代行サービス」について詳しく説明していきます。

退職代行サービスの料金っていくら?

退職代行サービスは担当者やサービスの幅によって料金が異なります。例えば、弁護士が担当する退職代行業者に、法律に関する手続きを依頼する場合は相場より高い費用が必要になることもあります。

退職代行料金の相場(2,8000円)

退職代行サービスを実施する業者が増えていて料金体系は多種多様です。相場を知って、損のないように利用しましょう。


退職代行料金の相場は、28,000円ほどです。最大50,000円ほどかかる業者もあり、3万円前後が平均的と言えるでしょう。業者を選ぶときは、料金とサービス内容をしっかりと確認しましょう。

格安すぎる退職代行には注意

退職代行サービスは、ほとんどの場合料金の先払いシステムが採用されています。しっかりと料金が支払われたことを確認し、業者は動き始めます。しかし、入金したのに、その後連絡が取れなくなった、格安の料金だと紹介されていたのに後になって膨大な料金を請求されたというケースが起きています。


いわゆる、退職代行詐欺と呼ばれるトラブルが生じているのです。このようなトラブルを避けるためにも、業者選びはとても重要です。

弁護士となると少々値上がりする

信頼できる退職代行サービスを利用すれば、お金にまつわるトラブルなどを避けることができます。一方で、信頼できる弁護士などに依頼すると、少々料金が値上がりしすぎてしまいます。料金の相場を知った上で、自分が納得できる金額を提示してくれる弁護士を探すと良いでしょう。

ストレスなく退職できると思えば決して高くない

退職代行は、自分に代わって別の人が退職に関する手続きを進めてくれます。面倒に感じることはすべて任せられるので、ストレスなく退職できるでしょう。快適に退職できると思えば、28,000円の相場は決して高くありません。


退職するにあたって、嫌がらせなど人間関係にまつわる悩みも増えがちです。煩わしいことを気にせず退職できるのはありがたいですね。

信頼できる退職代行の判断基準

退職代行を業者に依頼して穏便に退職したいと考えている人は、信頼できる業者を選ぶことが大切です。ここでは、どのような基準で業者を判断すれば良いのかご紹介します。

実績がある退職代行

 

退職代行に関して実績がある業者は、安心できます。たった数人の人しか利用していないサービスは、やや信頼度に欠けます。多くの人が利用し、無事に退職できているというポイントを押さえながら業者を比較してみましょう。実績をチェックする際、以下の点に注意すると良いです。

 

・退職に成功した人の数

・退職成功率

・月間の相談数

・実際の事例

顧問弁護士の有無

弁護士に依頼するのは金銭面が高いかも・・・そう感じる人は、顧問弁護士が揃う一般の業者を探してみると良いでしょう。顧問弁護士が常駐しているところを選ぶとしっかりと相談に乗ってくれ、アドバイスや諸々の管理などにおいても信頼できます。


気になる業者を見つけたら、顧問弁護士の有無も確認しましょう。ホームページに記載されているケースもあります。記載がない場合は、直接問い合わせてみると良いでしょう。

2,8000円以上の料金体系

退職代行の料金相場は28,000円程度と紹介しましたが、細かい料金についても業者ごとに調べておく必要があります。5万円ほどかかる業者は、割高と言えるでしょう。


退職代行に5万円支払うことができるか検討し、3万円程度の相場を超える場合は慎重になることが大切です。高い料金を設定している業者の特徴についても調べておくと安心でしょう。業者選びの際に相場の料金を大きく超える場合は、注意が必要です。

退職失敗保証の有無

退職代行が失敗することはほとんどありません。ただし、中には退職代行業者を名乗っているだけの悪質な業者も存在します。


そのような業者に依頼しないためにも、「実績」、「相場」だけでなく、退職失敗保証の有無も確認しましょう。

転職サポート付き

退職代行の業者のなかには、単に退職業務を引き受けるだけでなく、その後の転職サポートが備わっているところもあります。退職するとなると、次の転職先を見つける必要が出てきます。転職サイトと提携していたり、無料で相談ができたり、自分にぴったりな会社を紹介してくれるなど、手厚くサービスを整えている業者もあるのです。


できるだけ早く次の勤務先を決めたい人は、転職サポートが充実している業者を選ぶと良いでしょう。

オプション料金が追加されないこと

退職代行サービスを利用する上で、オプション料金が追加されないことをしっかりと確認しておきましょう。基本料金は相場の金額だったのに、いざ利用してみるとオプション料金として加算されたというケースがあります。

基本料金の確認と同時に、それ以上の料金が発生しないかどうかは、入金前に確認する必要があります。

退職代行サービス人気の4社を比較

退職代行サービスは、様々な基準から1社に絞ることで安心して依頼できます。ここでは、人気の4社をご紹介しましょう。退職代行を検討している人は、ぜひチェックしてみてください。

EXIT

利用料金が5万円とやや高めに設定してある「EXIT」は、料金が高い分サービスが充実しています。結果的に、利用してよかったという人が多いのも現状です。相談は無料でできるため、気軽に問い合わせることができるでしょう。出社せずに退職も可能なため、スピーディーに退職したい人におすすめです。利用した人の多くが退職に成功しているのも、注目ポイントです。

 

~EXITの特徴~

・サービスが充実している

・24時間LINEで問い合わせが可能

・メディア掲載実績もあり、実績件数も豊富

・転職サイトとの提携により、退職後のサポートも充実

ニコイチ

「ニコイチ」も、退職代行サービスとして注目されています。3万円程度と相場の料金で、退職成功者が4,000人を超えた、実績ある会社です。創業14年と、退職代行サービスの中では老舗とも言えるでしょう。完全に退職の手続きが済むまで、追加料金は一切発生しません。プロの心理カウンセラーが在籍しているため、気軽に退職に関する悩みを打ち明けることができます。

 

~ニコイチの特徴~

・創業以来、退職実績100%を継続中

・相場の金額に設定してある

・LINEでの無料相談が可能

・オプション料金なし

・退職後のサポートも2ヶ月間ついている

汐留パートナーズ法律事務所

「汐留パートナーズ法律事務所」では、弁護士が退職に関する業務をすべて行なってくれます。即日退職も可能であり、退職するのが難しいと感じている人にもおすすめです。弁護士だけでなく、公認会計士や税理士、行政書士など、様々な国家資格を有する専門家が集まっています。退職にまつわる様々なトラブルも、法律を元に穏便に解決してくれるでしょう。

 

~汐留パートナーズ法律事務所の特徴~

・全国に対応、相談は無料

・LINEの返信が早く、スピーディーに円満退職できる

・有給休暇や未払い給与、退職金などの詳細についても弁護士がやり取りをしてくれる

saraba

相場となる28,000円程度で利用できる、退職代行サービスです。退職できなかった場合、100%返金保証もついています。即日代行も可能であり、円満かつスピーディーに会社を辞めたい人におすすめです。残業代や未払いの給与などの請求もしてくれるため、上司と顔を合わせずに退職したい人は、すべてsarabaに任せておくと良いでしょう。

 

~sarabaの特徴~

・24時間365日対応

・労働組合によるサービスであるため、会社との交渉が可能

・退職できなかったら、全額返金

・無料転職サポート付き

弁護士が行う退職代行は高くても元が取れるかも?

弁護士が担当する退職代行業者と一般的な退職業者の違いは、弁護士は会社側と交渉をすることができることです。例えば、退職に際して以下のような交渉が必要である場合は弁護士に依頼する方が安心だと言えます。

有給休暇取得の交渉

退職するときに、有給休暇が残っていることもあるでしょう。残っている有給休暇は取得しておくべきです。自分で上司に直接伝えることができない人や交渉しても会社側が有給休暇の取得を許可してくれなくて困っている人は、弁護士に依頼することができます。

退職金の請求交渉

 

退職する際に退職金を支払うという規定がある場合、会社は必ず対応しなければいけません。無事退職したのに退職金が支払われない、そんなときも弁護士が活躍してくれます。支払う義務があることを会社に伝え、退職金を請求することが可能です。きちんとした証拠も提示できるよう進めてくれるため、依頼者は安心して任せられるでしょう。

未払いの給与請求交渉

弁護士に退職代行をお願いすると、未払いの給与を会社に支払ってもらうことも可能です。未払いの給与額が多い場合は、弁護士に支払う費用よりも返ってくる額の方が大きくなる場合もあるので一度相談してみるのも良いかもしれません。

未払い残業代の交渉

給与だけでなく、残業代も未払いになっていることがあるでしょう。残業代に関しても、弁護士に任せておくと安心です。弁護士が残業代の計算をし、会社に請求します。残業代も、しっかり取り戻せるでしょう。

退職代行サービスを使うメリット

退職代行サービスを利用すると、どのように退職しようかと悩む必要がなくなります。その他にも、サービスを利用するメリットはたくさんあります。

無理な引き止めに合わない

会社の上司に直接退職を申し出た場合、無理に引き止められることもあります。会社にとって優秀な人材であったり、必要な存在である場合、しつこく引き止められるでしょう。自分の心では退職すると決めているのに引き止められると、どうしていいかわからなくなってしまいます。


退職代行に依頼すれば、無理な引き止めに合い、意思が揺らいでしまうのを防げるでしょう。

すぐに退職ができる

退職代行の利用で即日退職することも可能です。民法では2週間前までに退職の旨を会社に伝える必要があるとしていますが、退職を決意した人を無理に引き止めても会社にはメリットがありません。そのため、退職することを許可してくれる場合がほとんどなのです。


また、会社が許可をしてくれない場合でも有給休暇が2週間分残っている場合であれば、100%即日退職することができます。

確実に退職できる

弁護士に退職代行を依頼すると、確実に退職できます。退職するということは労働者に与えられた権利なので、退職の専門家が法律に乗っ取って手続きを進めていけば失敗することはほとんどありません。


退職の専門家に説明されれば、会社側も引き止めをすることを諦めてしまう場合がほとんどだそうです。

まとめ

退職代行は、スピーディーかつ円満に退職したい人におすすめのサービスです。上司と顔を合わせることなく、残業代や未払い給与の支払い手続きなどもすべて業者側がしてくれます。


退職代行サービスと呼ばれる業者は今では多く存在するため、弁護士が常駐しているところを選ぶと安心です。専門家に手続きを進めてもらうことで、すっきりと会社を退職できます。退職後の転職サポートについて手厚いサービスが揃うところも多いため、選び方のポイントを押さえながら慎重に選んでみましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。