社風が自分に合わない!自分に合う社風の会社で働くには?

社風が自分に合わない!自分に合う社風の会社で働くには?

社風が合わないというのは社会人の中で非常に大きな問題です。入社してから自分のイメージとの乖離に戸惑う社会人が多いのが現状です。そう感じた時は一度、『本当にこの会社で働きたいのか?』『本当に自分に合っている会社なのか?』よく考えてみましょう。


自分の働く会社の「社風」を意識したことはあるでしょうか?

この記事では、社風の基礎知識や社風が合わないと感じているときにできることをまとめています。

自分の働く会社の「社風」を意識したことはあるでしょうか?

この記事では、社風の基礎知識や社風が合わないと感じているときにできることをまとめています。

社風とは?

社風

企業が持つ雰囲気や価値観

社風」と辞書で調べてみると、「気風」や「企業の中の人々に共有された行動の様式、スタイル」とあります。会社の理念や働いている社員によって社風は決まり、「明るい」「暗い」といった雰囲気から、「最先端の技術を取り入れる」「伝統を大切にする」といった会社の価値を決める考え方などを指すことが多いでしょう。

人によって良い基準が異なるから難しい

その会社の社風の良し悪しは、人によって基準が違いますよ。和気あいあいと周囲と話しながら仕事を進めい人もいれば、個々が自分の仕事に集中して成果を上げたいという人もいます。そのため、友人や同僚の意見が参考にならない場合もあるでしょう。

仕事を続ける上で重要なポイント

就職活動時、あまり社風を意識せずに就職先を決めたという人も多いはず。しかし、長く仕事を続けていくのなら、この社風は大切なポイントになってきます。安定を求めているのに、新たな挑戦が多く自分にとっては疲れてしまう。反対に、安定志向すぎて挑戦心の高い人にとっては仕事がつまらなく感じてしまうという人もいます。

社風が合わないことのリスクは大きい

人は1日の中で、約1/3の時間を仕事に費やしています。せっかく働くのなら、自分に合った社風の会社に勤めるのが良いでしょう。社風が合わないことで、同じ仕事をしていても精神的に受ける影響は変わってきます。最初は我慢できていても、いずれストレスが溜まっていったり、精神的に苦痛を感じることになるかもしれません。

よくある社風が合わない感じる理由

トップダウン経営が強すぎる

「社長や上司の言うことは絶対である」「部下には発言権がない」といった、トップダウン経営に嫌気がさす人もいます。もちろん、地位的には上司が自分の上であることはわかりつつも、せっかく部下が良い意見を持っていてもそれが反映されることはありません。


それにも関わらず、上の判断が遅く急な仕事が舞い込んでくる。そのせいで残業続きだと、イライラが募る部下も多いでしょう。どれだけ下の人間の話を聞いてもらえる会社かを見極めることが大切です。

「社長や上司の言うことは絶対である」「部下には発言権がない」といった、トップダウン経営に嫌気がさす人もいます。もちろん、地位的には上司が自分の上であることはわかりつつも、せっかく部下が良い意見を持っていてもそれが反映されることはありません。


それにも関わらず、上の判断が遅く急な仕事が舞い込んでくる。そのせいで残業続きだと、イライラが募る部下も多いでしょう。どれだけ下の人間の話を聞いてもらえる会社かを見極めることが大切です。

企業理念が合わない

<h3>企業理念が合わない

企業理念を知らずに入った会社が、自分に合わずに困ったという人もいます。「自分で考え、自分の手で道を切り拓いていける会社である」といった、自立を理念として掲げている会社で働いていたところ、本当に何も教えてもらえなかったという経験をする場合もありました。


「自立した働き方と部下を放置することは違うだろう」と内心思いつつも、それが会社の企業理念ですから、自分がどうにかできる問題ではありません。結局、自分で行動できる人が会社に残り、なかなか行動できなかった人は会社を辞めていくといったこともあったそうです。

体育会系の雰囲気

「仕事は気合だ!」「残業は成長するために必要!」など、がむしゃらに頑張る体育会系の雰囲気を苦手とする人もいるでしょう。的確なアドバイスを求めて先輩に質問にいっても、「とにかく死ぬ気で頑張れ!」と根性論で終了。


また、上下関係が厳しかったり、会社の飲み会が賑やかすぎてついていけないといったケースもあるようです。世の中には色んな価値観の人がいますが、あまりにも自分の性格と合わない社風で働くのは仕事の内容以上に辛い思いをするのかもしれません。

社員に裁量権がない

社員に裁量権がなく、たとえどんなに小さな案件であっても事あるごとに上司への確認が必要な場合もあります。「これくらい自分で決めさせてくれてもいいのに」「社長への確認に時間がかかりすぎて仕事が進まない」と不満を持つ社員が多い会社は、仕事のモチベーションが上がらないかもしれません。


また、自分を信頼してもらえていないのではと感じ、仕事に自信が持てないまま、仕事を続けていく不安もあるでしょう。

残業をすることが当たり前

残業を美徳とする会社も、残念ながらまだ日本には多く存在します。新人時代から「今日はここまでやって帰って」と依頼される仕事の量がどう考えても3日分の業務であることもあります。


しかし、他の社員も同様に過剰な業務を抱えているため、文句も言えなければ誰かに助けてもらうこともできません。結局、深夜まで残業し、朝は早めに出社するのが当たり前です。将来的に、精神的にも体力的にも辛い状況になることが予想できます。

評価基準が不明確

昇進やボーナスなどの基準が曖昧な企業もあります。営業成績も売上も自分の方が上なのに、いつも別の同僚の評価が高い。その同僚に理由を聞いても、本人もなぜだかわかっていないこともあります。しかし、普段の上司とのやり取りを見ていると、自分より評価が高い同僚のことを気に入っていることが明確にわかります。「きちんと働いているのに、上司の好みで評価されるのはおかしい」と、基準の曖昧さに耐えられないといったケースもあります。

社内ルールがなさすぎる

ルールが厳しい会社や、上下関係がありすぎるのも嫌ですが、ルールがなさすぎてどこに標準を合わせて仕事をすればよいのか判断できないのが困るという場合もあります。


入社当時は「うちは自由な会社だから」と言われ、魅力を感じていたものの、いざ働いてみるとルールがないあまりに仕事が進めづらいといった場合も。自分の後輩に何か指摘をしても、「それって会社で決まってます?」と言われ、反論できずに黙るしかない。最低限のルールは必要だと思う人もいるのかもしれません。

古い慣習が多い

ルールや伝統がありすぎるのも困るでしょう。どんなに忙しいときでも、朝礼で30分かけて企業理念を読み上げるのが当たり前。身だしなみチェックが細かく、OKが出るまで仕事を始めることさえできないこともあります。


提出書類に手書きを義務付けているなど、「時代に全然合っていないし、非効率なのに・・・」と思っていても変えられないもどかしさが、本来の仕事をするためのエネルギーすら奪っていることもあるでしょう。

本当に社風が合わないかを判断する基準

自分では「この会社の社風が自分に合っていない」と思っていても、あなたの不満は本当に社風が合っていないことにあるのでしょうか。以下の5つのポイントで確認してみましょう。

仕事にやりがいを持つことができているかを考える

社風がどうであれ、仕事を楽しくできているという人もいます。あなたは今、心から自分の仕事にやりがいを持てているでしょうか。仕事自体が自分に合っておらず、それを会社の社風のせいにしてしまっている場合もあります。社風が原因の場合は、転職をするなどの対策ができますが、仕事に対するやりがいが原因の場合はまた違った工夫をする必要があるでしょう。

会社のために働きたいと思えるかを考える

「これからも今の会社のために働きたい」という気持ちはあるでしょうか。「会社のため」といっても、色んな見方がありますよね。会社独自で開発したシステムや商品が気に入っている、熱心に教えてくれた直属の上司に感謝しているなど色んな理由があるでしょう。


それと社風を比較してみて、どれだけ社風が今の自分に影響を与えているか考えてみるのも良いかもしれません。「会社のために働きたいなんて思ったこともない」という人は、すでにその会社に思い入れがない証拠。新しい会社を探すという選択もあるでしょう。

心身に悪影響がある場合は社風が合っていない

「仕事は好きなのに会社に行くと疲れてしまう」など、心身に悪影響を感じている場合は社風が合っていない可能性が大きいです。理由もわからず疲れていたり、精神的に不安定になってしまうときは、自分と会社が合っていないということでしょう。


自分への悪影響が大きくなり、体を壊してしまう前に早急に対策を考える必要があります。ここで無理して会社に合わせていると、突然働けなくなるリスクもあるため、まずは休むことが大切です。

転職経験のある人は前職と比較する

今の会社の社風が合っているかわからないときは、前職との比較も参考になります。もし、前職は社風が原因で退職していない場合、「今と前職ではどんな違いがあるのか」と考えてみるのが良いでしょう。


また、前職も社風が原因で退職しているなら、「昔も同じような理由で退職をしていないか?」と振り返ることで、具体的にどんな社風が自分に合っていないかをより明確にできるきっかけになるかもしれません。

転職活動をして他の企業を見てみる

転職経験がなく、比較対象がない場合は転職活動をして他の企業の社風を見てみるのも良いでしょう。色んな会社の人事担当者と話をしてみる、実際に企業訪問してみて社風を肌で感じてみるなど行動してみてはいかがでしょうか。漠然と「何か今の会社が合わない」と思っているよりも、自分にどんな社風が合っているのか、逆にこれだけは嫌だといったこだわりなども見えてくるかもしれません。別の企業で働いている友人の話を聞くのも参考になるでしょう。

社風のミスマッチを防ぐには

会社訪問をする

社風を感じるには、実際に会社を訪れてみるのが一番の方法でしょう。「どんな社員が働いているのか」「仕事の進め方は自分に合っていそうか」「人事担当者は気が合いそうか」など、直接見たり聞いたりすることで社風を体感することができます。企業のサイトや求人情報ではわからない、生の声が聞けるのでより正しい情報が手に入るでしょう。

面接で質問する

社風について面接で質問してみるのも良いですね。「部下の相談にのったり、意見を聞いてくれる社員の方は多いですか?」「賑やかな会社または黙々と個々の仕事をするなど、会社の雰囲気はどのような感じでしょうか?」など、面接で聞きたい社風についての質問を事前に考えておきましょう。

実際に会社で働いている人に話を聞く

働きたいと考えている会社の人に話を聞いてみるのも重要です。企業訪問をして、社内で話を聞くのも良いですが、できれば社外で率直な意見を聞いてみるのも大切です。入社したての頃に困った経験や、会社に対する不満なども聞いておくことで「自分が就職したときも、同じような不満を持たないか?」と客観的に知ることができます。どんな会社も長所・短所どちらもあるのが当たり前です。働いている社員の正直な気持ちを聞けると良いです。

ネットの口コミサイトで評価を確認する

会社が出している求人や企業サイトと合わせて、口コミや評価をチェックしておきましょう。口コミには、今実際に働いている人や過去にその会社で働いていた人が投稿していることが多いはずです。


匿名で記入できるものであれば、社風に対する素直な感想が見られるかもしれません。また、5段階評価などがあれば、その会社が世間にどう評価されているかどうかもわかります。人の意見が全てではないものの、会社選びの参考にはなるでしょう。

社長について調べる

社風や企業理念を決めているのは社長です。そのため、その会社の社長の人柄や経歴、考え方などから見えてくるものもあるかもしれません。自分と同じような考え方を持っている人なら親近感が湧く場合もありますし、似た考えを持った社員が働いていることも多いものです。


自分が働く会社の社長として、信頼・尊敬できるかを自分なりに判断してみましょう。

社風が合うかどうかは運によることもある?

入社して働いてみないとわからないこともある

とはいえ、どんなに入念に就職活動や情報収集をしていても、「働いてみたら違った」ということもあるでしょう。外から見れば魅力的な社風でも、いざ自分が中に入ってみると思った以上に大変なこともあります。そこで「やっぱりこの会社は違う」とすぐに見切りをつけてはいけません。もしかすると、働き続けることでまた新たに見えてくる社風もあるかもしれません。

社風が違うと感じたら転職すべき?

社風が違ったからといってすぐに転職していては、また同じように転職を繰り返すことにもなりかねません。心身に不調をきたし、これ以上働けないほどの重度の不調でなければ、まずは「自分にできること」を考えながら少し働いてみることも大切です。


今あなたが感じている社風と、長年働いている人が感じている社風は異なる場合もあります。同僚でも会社の見方や考え方が違う場合もあるでしょう。色んな人の話を聞きながら、自分の考え方にバリエーションを持ってみるのも一つの工夫と言えますよね。

まとめ

「思っていた会社と違う」「自分に合う会社ってあるの?」と、働く会社の社風が気になる人も多いかもしれません。企業が持つ雰囲気や価値観は、それぞれの企業によって様々であり、自分に合うかどうかを見極めるのも難しいもの。また、社風のせいにしているけれど、本当は別のことが気がかりな場合もあります。


自分が楽しく快適に働くためにも、自分に合った仕事や会社を見る目を育てていくのも、社会人にとって必要不可欠な要素かもしれませんね。

この記事のライター

最新の投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職の意向を伝えたのに退職日の引き延ばしの打診をされた…と悩んでいる人は少なくないです。本来、会社側には一定期間を超えて退職日を引き延ばす権利はありません。それでは、どうしたら拒否できるのかを退職日の引き延ばしを打診する理由とともに紹介します。


無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

退職後に保険証を発行出来るか不安な人は多いはずです。保険証がなければ医療費の負担も非常に大きくなります。しかし、必要な手順を知っておけば退職後の無職の状態でも保険証の発行が可能です。正しい知識を身につけ、無職の状態でも必ず保険証は所持しておきましょう。