退職代行の申し込みから退職完了までの流れと詳しい利用方法

退職代行の申し込みから退職完了までの流れと詳しい利用方法

退職するに際して退職代行を頼みたいけどイマイチ流れや使い方がわからなくて不安な人は多いと思います。この記事では退職代行サービスを依頼してから、退職するまでの流れを紹介しているので、退職代行サービスを利用したいと思っていた人はぜひ読んでみてください。


退職代行サービスとは?

そもそも退職代行サービスとは、退職をしたいと考えている労働者が対策に関する届出や相談を自分自身の力でできない場合に、本人に代わって退職手続きを進めてくれるサービスのことを言います。


退職するということはネガティブな印象が強いため、上司になかなか言い出せなかったり、伝えることができても引き止められてしまうといった、退職に関するトラブルが多いのが現状です。


退職トラブルで悩んでいる労働者が増えていることや、ブラック企業が社会問題化されるようになって退職代行サービスが一般的に普及するようになってきました。


労働者にとっても、退職代行サービスを利用することで自分に代わって有利な条件で退職手続きを進めてもらうことができるため、サービスを利用して退職する人が年々増えています。

退職代行を利用するまでの流れ

無料相談の連絡をする

多くの退職代行サービスが無料相談を設けているので、退職をするかどうか悩んでいる人や、自分自身で退職手続きを進めようか悩んでいる人など、退職に関する悩みについて相談できます。


もちろん、電話のみでなくメールやラインでも相談できるので、好みの連絡手段を選択して相談できます。そこで、退職代行サービスの内容を聞いてから、サービスに申し込むのか自分自身で退職手続きを進めるのかを決めていくようになります。

現状、依頼内容を共有する

退職代行サービスを利用してスムーズに退職手続きを進めるためには、退職代行業者との情報共有が不可欠です。あなたの職場の情報や勤続年数、所属部署や雇用形態と入った会社情報や、あなた自身の住所や生年月日といった個人情報も共有する必要があります。


また、現在の業務内容や職場で不満に思っていること、なぜ退職を考えているのかという情報も共有しておくことで、よりあなたの現状に寄り添ったサービスを受けられます。

費用を入金する

会社情報やあなた自身の現状を伝え終わったら、退職代行サービスを利用する上で必要な費用を入金します。


多くの退職代行サービスでは先払いのシステムを設けているので、無料相談をする際に利用料金を確認しておくとスムーズに進むでしょう。業者によってはクレジットカードでの支払いや後払いに対応しているところもあるので、支払い方法や料金に不安がある場合は事前に確認しておきましょう。

退職代行を実行する

退職代行サービスの利用料金を支払ったら、実際に退職代行を実行してもらいます。退職代行を実行してもらう際は、あなたにとってできるだけ有利な条件で退職できるように、担当者と入念に打ち合わせをする必要があります。


退職したい日時や退職理由、会社から借りている物品の返却や会社に残っている私物の処理、退職に際して会社に発行してもらいたい書類などを伝えておくことで、退職してから会社に連絡をとらなければならないという事態を防ぐことができるのです。

結果の報告と退職後にすべきことの説明を受ける

退職代行が実行されれば、すぐに業者の方から結果の報告が来ます。


退職が認めてもらえれば、あなたから会社に送付しなければならない書類など、退職後に必要な手続きについて説明を受けます。

退職代行を利用した後の流れは?

退職届を作成する

退職を会社に認めてもらえたと報告があれば、まずは退職届を作成しましょう。退職届であなたが退職するという意思を会社に伝えなければ、正式に退職したことにならないので必ず作成する必要があります。


退職代行サービスによっては退職届の作成を代行してくれる業者もあるので、面倒な書類作成や郵送手続きが面倒であれば、作成をお任せするのも良いでしょう。

会社の備品を返却する

退職届で退職の意思を示せば退職することが確定するので、会社から借りていた備品を返却する手続きに進みます。会社から借りているものとしてパソコンや制服、名札や鍵といったものが挙げられます。


特に、保険証の返却を忘れてしまうと、後から保健所に提出しに行かなければならなくなるで、できるだけスムーズに退職手続きを進めたい場合は、返却物の忘れがないようによく確認しておきましょう。

私物や退職に関する書類を受取る

会社を退職する時は借りていたものを返すだけでなく、会社に置いていた私物を受け取ったり退職に際して受け取るべき書類をもらわなければなりません。


私物を受け取る場合は実際に会社に行かないといけないことになりますが、どうしても会社に行きたくない場合は郵送で送ってもらうという方法もあります。もらっておきたい書類の種類や、郵送してほしい私物の依頼をしたくないという場合は、退職代行サービスがあなたに代わって会社と調整してくれます。


特に、年金手帳や雇用保険被保険者証、源泉徴収票や健康保険被保険者資格喪失証明書は、退職後の役所での手続きの際に必要となるので、必ず受け取っておきましょう。

保険の手続きをする

会社を退職したら在職中に加入していた健康保険を脱退することになるので、新たに保険の手続きをしなければなりません。退職代行サービスは退職に関する会社との調整のみなので、役所関係の手続きは自分で行う必要があるのです。


健康保険にも今まで加入していた健康保険への任意継続や、国民健康保険への切り替えといった加入方法や、両親や配偶者の扶養に入ることで健康保険に加入させてもらうという方法もあります。


退職後のあなたの過ごし方に合わせた健康保険の加入方法を選びましょう。

年金の手続きをする

多くの人は会社と折半して厚生年金保険料を支払っていますが、退職すると自分自身で年金の手続きを進めなければなりません。新たな転職先が決まっている場合は転職先で厚生年金に加入して保険料を支払って行きますが、転職先が決まっていない場合は自分自身で国民年金に加入して保険料を支払う必要があります。


その他にも両親や配偶者の扶養に入ることで、保険料の支払いを実質的に免除してもらうという方法もあります。年金の手続きも健康保険と同様に、退職後の過ごし方によって手続きの方法が変わってくるのです。

税金の手続きをする

在職中は所得税や住民税といった税金の支払いを会社があなたに代わって行ってくれていましたが、退職後はあなた自身が納税手続きをしなければなりません。もし、転職先が決まっているのであれば、退職時に受け取った源泉徴収票を転職先に提出すれば税金の手続きを任せられるのですが、転職先が決まっていない場合は自分自身で税務署に行って確定申告をする必要があります。


このように退職後の流れによって手続きの方法や負担が大きく変わってくること、役所関係の手続きは退職代行サービスに関与してもらえないことを理解しておくことが重要です。

退職代行で即日退社をする流れ

退職代行で即日退社をする流れ

即日退職と即日対応は言葉は似ていますが意味が違います。即日退職は退職の意思を表明したその日に会社を退職することを言います。それに、対して即日対応は退職代行に申し込んだその日に退職手続きを始めてくれることなので、即日対応してもらったからといって当日に退職できるわけではないのです。

即日退社は弁護士が担当する退職代行を利用すべき

あなたが会社を即日退社したいと考えている場合、会社との交渉をスムーズに進めていくのは簡単なことではありません。


そもそも、退職についての話し合いの場を設けてもらえないということも考えられるので、有給休暇を消化するところではなくなってしまうこともあります。


有給休暇は法律で定められている労働者に与えられた権利なので、有給休暇を消化して即日退社したいと考えている場合は弁護士が担当してくれる退職代行を利用するべきです。

退職代行を利用するメリット

確実に退職することができる

退職代行を利用するメリットは4つあります。


まず、1つ目のメリットは確実に退職することができるということです。自分自身で退職手続きを進めていくことも可能ですが、雇用主や同僚に気兼ねしてなかなか言い出せなかったり、退職を引き止められてすぐに退職できないという人がほとんどです。


退職代行を利用すれば適切な手順を踏んで確実に退職へ結びつけてくれるので、本当に退職できるか心配だという人も安心して利用できます。

退職代行を利用するメリットは4つあります。 まず、1つ目のメリットは確実に退職することができるということです。自分自身で退職手続きを進めていくことも可能ですが、雇用主や同僚に気兼ねしてなかなか言い出せなかったり、退職を引き止められてすぐに退職できないという人がほとんどです。 退職代行を利用すれば適切な手順を踏んで確実に退職へ結びつけてくれるので、本当に退職できるか心配だという人も安心して利用できます。

退職代行を利用する2つ目のメリットは即日に退職できることです。弁護士が担当している退職代行の場合は、有給休暇を消化しつつその日に退職できるよう会社と交渉してくれるので、会社を退職したいと考えている日に確実に退職できます。

退職手続きを代行してもらえる

退職代行を利用する3つ目のメリットは退職手続きを代行してもらえることです。

会社の人と話をしたくないという人や顔合わせるのも嫌だという人にとっては退職手続きが苦痛になってしまいます。


退職手続きを退職代行に任せてしまえば、会社の人と顔を合わせることなく退職手続きを進められます。退職手続きのストレスをなくせるのが退職代行の大きなメリットです。 

有休消化や未払い給料の交渉まで任せることができる

退職代行を利用する4つ目のメリットは有給休暇や未払給料の交渉まで任せられることです。


ブラック企業では有給休暇を全く消化できていなかったり残業代の未払いがあるなど、従業員がデメリットを抱えたまま退職しなければならない場合もあります。


退職代行サービスを利用すれば有給消化や未払給料の交渉についても、あなたに加わって会社と交渉してくれるので、あなたにとって有利な条件で退職手続きを進められるのです。

退職代行の流れで起こり得るトラブルはある?

損害賠償を請求される

雇用期間が定められていない無期雇用契約の場合は、民法で定められているように退職日の2週間前までに退職意思を伝えれば退職できます。しかし、就業規則に反した日程で退職日を決めたり、定められた雇用契約期間を満了するまでに退職意思を伝えた場合は、会社から損害賠償を請求される可能性があります。


その他にも退職に際して他の従業員も一緒に退職するよう勧誘したり、会社から補助を受けて資格を取得していた場合などには、損害賠償請求や補助の返還を求められる場合もあるので注意が必要です。

退職できていないことにされる?

法律上退職の意思を表明した従業員を退職させないことはできませんが、退職意思を通知したにもかかわらず、なかったことにされてしまう退職トラブルが生じることもあります。そのようなトラブルに対処するために、退職の意思表示をしたという証拠を残すことが重要です。

退職後に嫌がらせを受ける

悪質な会社の場合、従業員が退職してから転職先に内定を取り消してもらうようお電話をするなど、従業員に脅しをかけるところもあるようです。


また、退職後に必要な書類を送付してくれないなど、退職後の手続きを妨げるような行為をしてくる会社もあり、退職してからも前の会社に嫌がらせを受けるといったトラブルが発生しています。


退職代行サービスでは弁護士が担当しているところもあり、法律に則って適切に手続きを進めてくれるので、退職後のトラブルを避けたい場合は退職代行サービスを利用しておいた方が良いでしょう。

まとめ

今回の記事では退職代行サービスがどのような流れで退職手続きを進めてくれるのかということや、退職代行サービスを利用して退職した後の手続きの流れ、退職代行サービスを利用するメリットについて紹介しました。


退職後に起こりうるトラブルを未然に防いでおくためにも、弁護士が担当してくれる退職代行サービスを利用することも検討しておきましょう。


ここで紹介した内容を参考にして、トラブルなく退職手続きを進められるようになってくださいね。

この記事のライター

最新の投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職の意向を伝えたのに退職日の引き延ばしの打診をされた…と悩んでいる人は少なくないです。本来、会社側には一定期間を超えて退職日を引き延ばす権利はありません。それでは、どうしたら拒否できるのかを退職日の引き延ばしを打診する理由とともに紹介します。


無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

退職後に保険証を発行出来るか不安な人は多いはずです。保険証がなければ医療費の負担も非常に大きくなります。しかし、必要な手順を知っておけば退職後の無職の状態でも保険証の発行が可能です。正しい知識を身につけ、無職の状態でも必ず保険証は所持しておきましょう。