退職したら後悔するかも?転職先で活躍するための4つのこと!

退職したら後悔するかも?転職先で活躍するための4つのこと!

退職しようかどうか迷っている時に、多くの人が悩んでいることの一つとして、退職した後に後悔してしまうかもしれない…ということがあるのではないでしょうか?この記事では、後悔してしまった場合には出戻りすることができるのか、後悔しないためにできることを紹介します。




転職して新しい職場での仕事がスタートするときには、きっと多くの人が「今までよりも充実した毎日を送ることができる」と期待に胸を膨らますことでしょう。


しかし、実際には思い描いていたイメージと現実がかけ離れていて、「こんなはずじゃなかったのに」と以前勤めていた会社を退職してしまったことに後悔の念を抱くことも少なくありません。


今回は、転職先で思いきり活躍できるために、退職する時点で知っておくべき4つのことについてお話しておきたいと思います。これから退職そして転職を考える皆さん、ぜひ参考にしてくださいね。

退職したら後悔するかも…?

退職する際には多くの人が「転職した方が状況が確実に良くなる」と思って退職することと思います。しかし、安易にこのような判断をしてしまうのは極めて危険です。


なぜなら、退職した後に後悔してしまうケースは皆さんが思うよりも多く、「離れてしまってその良さに気付く」ことが現実には多く起こっているのです。なぜ、退職した後に後悔することになってしまうのでしょう。ここではその原因を2つ紹介します。

退職してから前職の良さに気づくことになる

退職する前の段階では、「辞めてしまいたい理由」にフォーカスしがちです。心が「退職」に向かっているため、仕事に対してポジティブになれずにネガティブな面にばかり目が行ってしまいます。


しかし、仕事に関しては良いことも良くないこともある場合がほとんどです。退職して会社を離れた後に「前の会社のこんなところやあんなところはすごく良かったな」と気付かされることは少なくありません。まさに、失って気付くというケースですね。

新しい環境に挑戦することはストレスがかかる

転職を経験したことがある人ならきっとお分かりだと思いますが、新しい環境に挑戦することはとても大変です。もちろん、新しい舞台で活躍できるようになりたいなど、高いモチベーションはあるでしょう。


しかし、慣れない環境でその力を発揮できるようになるには時間がかかります。業務に慣れ、職場の人に慣れ、そして環境に慣れるまでの一定期間は非常にストレスがかかりやすいものです。「仕事が楽しい」と思えるまでのこの期間が辛く、すぐに退職してしまう人もいるくらいです。


転職して新しい職場でのスタートを切ったときには、不慣れな環境でストレスが溜まりやすくなるからこそ、以前の職場の居心地の良さを懐かしく思うことも多いです。

退職して後悔してしまう理由

ここからは、もっと具体的に「退職して後悔してしまう理由」について掘り下げてみましょう。ここでは4つのポイントにまとめて、多くの人が以前の職場を辞めてしまったことを悔やむよくある原因について紹介します。

新しく人間関係を構築するのが大変だから

一番の理由は人間関係にあるのではないでしょうか。人間関係は仕事を円滑に進めていくためにしっかりと良好な状態を保っておきたいところです。


しかし、入社直後はそのベースがまったく無いところからのスタートになるため、人間関係の構築に悪戦苦闘するケースは少なくありません。一旦人間関係ができあがってくると、職場での居心地も良くなり、やっとそこから100%業務に集中できる環境を作ることができるようになるものです。


どのような職場でも最初はやはり人間関係に悩むものです。このときに慣れ親しんだ以前の職場を恋しく思うのも納得ですね。

慣れない仕事をするのに疲れるから

転職してからは、新しい職場で初めての業務を次々に覚えていかなければならないため、毎日が戦いです。慣れてくると、日々の業務がルーティーン化されるためスムーズにできるようになるものの、それまでには時間がかかります。


慣れない仕事をすると気を使いますし、失敗して人に迷惑をかけることもあるでしょう。この期間は非常に疲れやすく、「前の職場ならもっとうまくやれていたのにな」と思うことは珍しくありません。

転職先での仕事が合わなかったから

転職先で、これまでの仕事と全く異なる業務を任されるとき、どうしてもその仕事内容がしっくりこず、その仕事自体が自分に合っていないのではないかと感じることもあります。


これは、慣れない新しい業務をこなしていく上では極めて自然なことで、多くの人が同じように感じています。この時点で「仕事が合わない」と判断するのはまだ早すぎるとも言えますが、そう感じてしまい前の職場に戻りたいと感じるケースもよくあります。

転職して給料が下がったから

転職する際には、これまで勤めていた会社よりもいい条件で転職したいとは思うものの、そうでないことも多いでしょう。転職したことで、これまでよりも給料が下がる場合には、どうしてもその点が心に引っかかってしまいがちです。前の仕事ならもっと給料をもらえていたのに、と退職したことに対して後悔の念を抱くことも多いです。

一度、退職したら戻ることはできない?

退職してから後悔してしまうケースは珍しくありません。やはり、以前の職場の方が良かったかもしれないという思いが日に日に強くなる場合には、もしかすると出戻りを検討した方が良いかもしれません。ここでは、出戻りが可能なのか、可能だとしてどういう場合に可能なのかについてを話しておきましょう。

大きな会社では出戻り社員を歓迎している

出戻りというと、あまり良い印象を抱かない人も多いのではないでしょうか。しかし、大手の企業の中には出戻り社員を積極的に採用しているところもあり、出戻りはもはやネガティブなものではないとも言えます。


例えば、パナソニックでは「出戻りキャリア」として、一度退職してしまった人を積極的に採用する方針を決めています。退職した後にもダイレクトメールなどで会社の情報を発信し、退職した社員とのコミュニケーションを取り続けることで、何かのきっかけで「戻りたい」と感じたときには元社員が気軽にコンタクトを取れる状況を常に作っています。


また、無印良品でおなじみの良品計画も同じように「カムバック採用」として、元社員の採用を積極的におこなっていることで知られています。そして、実際に退職後に再び同社で働きたいと戻ってきた元従業員数も多く、実際に出戻りの従業員が多く活躍しています。


このように、大きな会社では出戻り社員を歓迎しているところもあり、本当に新しい職場が合わないと思う場合には、出戻りを検討してみるのもひとつの方法だと言えるでしょう。

出戻り社員のメリット、デメリット

実際に出戻り社員として、退職した会社に再度雇ってもらう場合には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。ここでその両方をあげておきましょう。

 

メリットとしては…


・一度離れたことによって、その間に身に着けたスキルや経験を活かしてこれまで以上に活躍することができる。


・会社に対する強い想いをもって働くことができる


・業務内容が分かっているため、教育や研修を新たに受ける必要がなく会社にとっても即戦力として重宝される。

 

デメリットとしては…


・一度も退職せずに長く勤めている社員のモチベーションを下げてしまうリスクがある。


・退職前と同じ条件で再雇用すれば、周りから不公平だと思われる可能性がある。

 

このように、メリットもデメリットもあります。これらのメリットとデメリットは会社の風潮によっても異なるため、皆さんが元勤めていた会社の雰囲気を考えて客観的に判断すると良いでしょう。


会社が許可すれば可能

出戻りが可能かどうか、と疑問に感じる人もいるかもしれませんが、出戻り自体は会社が認めてくれさえすれば可能です。


一度理由があって辞めてしまった会社である事実には、変わりはありません。退職した理由が今後自分の中でまた問題になる可能性があると思う場合は、安易に出戻りを決めてしまわない方が無難です。


しかし、多面的に判断して、それでも以前の職場でまた働きたいと思う場合には、会社にコンタクトをとり担当者に相談してみると良いでしょう。

出戻り社員になれる人の特徴

どのような人が出戻り社員になれるのか、という点について最後にお話しておきましょう。出戻りでも歓迎される社員には大きく2つの特徴があります。それが、「仕事面での能力が秀でている」こと、そして「周りからの人望が厚く信頼されている人材である」ことです。


皆さんがこのいずれか、もしくは両方にあてはまっている場合には出戻りとしての再雇用を検討してもらえる可能性が高いです。会社としては、会社にとってメリットがあれば再雇用をするだけの話です。仕事をしっかりやり遂げることができず、周りからも信頼されていないとなると、当然出戻りとしてまた採用してもらうのは大変難しくなります。

退職して後悔しないためにできる4つのこと

退職した後に後悔してしまうという事態はなるべくなら避けたいものですよね。ここでは、退職後に後悔しないようにするための4つのことについて紹介します。この4つをきちんと押さえていれば、退職後に後悔することはないでしょう。退職前にしっかりと考えておきましょう。

①退職する理由に納得する

なぜ、今の職場を辞めてしまおうと思うのか、その理由を今一度見つめ直してみましょう。退職理由は様々だと思いますが、その理由にきちんと自分自身が納得しているかどうかがポイントです。


例えば、「今の給料に満足できない」ことが理由で仕事を辞める場合、転職した後に給料が上がらなければ辻褄が合わなくなるでしょう。


また、「他にやりたいことが見つかった」ことが理由だとすれば、今までやってきた仕事を辞めてまでそのことにチャレンジしたいと100%の気持ちで確信している必要があります。「何となく」ではなく、自分自身が退職理由に納得しているかを考えましょう。

②転職先選びにこだわる

転職先を安易に選んでしまうと、その後で後悔することになる可能性が高くなります。転職は大きな決断、しっかりとそのメリットとデメリットを見つめ冷静に客観的に判断して転職先を絞り込んでいきましょう。


慣れ親しんだこれまでの職場は、多少の不満はあっても居心地が良かったり仕事に慣れているため業務がしやすかったりと利点はあるものです。それを捨ててまで転職してしまって構わないと思えるほど魅力を感じる会社を転職先に選べば、後悔することはまずないでしょう。

③会社を客観的に評価する

退職する際には、退職したいと思う原因となる事項にばかり意識が向いてしまいがちです。しかし、ここで大切なのは客観的に会社を見ることです。


例え、皆さんにとって今の職場が「辞めてしまいたい」と思える会社であっても、そこには必ず「このまま働き続けるメリット」が何かしらあるものです。自分自身が今、単純に逃げ出してしまいたい気持ちから退職に踏み切ろうとしていないか、冷静に客観的に考えましょう。


このプロセスを経ていかなければ、間違った判断をしてしまい後悔の念に苛まれてしまう可能性があります。あくまでも主観的になりすぎないで、客観的に考えるのがコツです。

④前向きに考える

ネガティブな意識の先に、正しい選択はなかなかできないものです。人間関係に悩み、仕事の成果が上がらないことに悩み、「うまくいかない!辞めてしまおう!」と勢いで退職を決めてしまうのは良くありません。


しかし、退職自体はネガティブなことではなく、むしろ皆さんの人生をさらに豊かにする可能性を大きく秘めています。退職、そして転職して新しい職場に身を置いたとき、そこでもきっと数々の苦難があるでしょう。


慣れない人間関係や慣れない業務、すべてにおいて不慣れであるうちは、きっと思うように物事が進まずにいらだってしまったり、悔しい思いをすることもあります。これを経て、環境や業務に慣れた頃にはきっと「新しい職場での今後の目標」をしっかり見据えられるようになります。すぐに全てを完璧にこなそうと思うのではなく、前向きに一歩一歩新しい環境に慣れていくように考えましょう。

まとめ

退職する際には、本当に退職そして転職が今の自分にとって最善の選択肢なのかどうかをしっかり客観的に見極めることが大切です。転職した後に「元の職場の方が良かったかも、退職したのは間違っていたのかもしれない」と後悔してしまうケースは割と多いものです。


そのほとんどが、退職する時点での判断の甘さや転職先の会社選びを慎重におこなわなかったことによるものです。退職そして転職する際には慎重に決めるのが大切です。どの会社に勤めていても、何かしらの困難はあるものです。そのことを理解した上で判断しましょう。皆さんにとって退職はとても大きな決断です。後悔のないようにしたいものですね。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職 後悔

関連する投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員と一口で言っても様々です。全ての教科を自分で教えなければならない「小学校」、自分で免許を持っている科目だけを教えて部活の顧問をする「中学校」、さらに中学校の仕事内容にプラスして進路指導をする「高校」。それぞれに大変な仕事がありますね。 今回は、教員の仕事をスムーズに退職するための方法についてご紹介します。教員を退職しようか悩んでいる方は参考にしてください。


警察官を退職したい…強い引き止めからスムーズに退職する方法

警察官を退職したい…強い引き止めからスムーズに退職する方法

警察官の仕事は、街の治安や安全を守ることですね。そのような警察官に憧れて、警察学校を卒業し晴れて警察官になった方も多いことでしょう。しかし実際は、ブラック企業並かそれ以上と言われているほど過酷な労働環境です。 この記事では、警察官を退職したいと考えてしまう理由や、退職するか否かを躊躇してしまう理由を考察していきます。警察官の退職体験もご紹介しますので参考にしてくださいね。


モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

「上司のあの行動、もしかしてモラハラなんじゃ・・・?」職場で上司や同僚から嫌がらせを受けた経験はないでしょうか。自分ではなかなか判断しづらく、つい我慢してしまう方も多いのかもしれません。 実際に、職場でのどのような行動がモラハラに当たるのか、自分がモラハラにあったときの対策などをまとめました。


仕事を続けるのが限界かも…?頑張りすぎてしまう人は危険?

仕事を続けるのが限界かも…?頑張りすぎてしまう人は危険?

自分では気が付かないうちに「これ以上、この会社で仕事は続けられないかもしれない」と、体力や気持ちに限界が来ていませんか? ちょっと会社に行くのが嫌だなと思うだけで、自分は大丈夫。そう思っている間に、もしかするとうつ病などの病気に発展している場合もあるかもしれません。 この記事では、頑張りすぎてしまうあなたに仕事を続ける限界の基準や対処法をお伝えしていきます。


最新の投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職の意向を伝えたのに退職日の引き延ばしの打診をされた…と悩んでいる人は少なくないです。本来、会社側には一定期間を超えて退職日を引き延ばす権利はありません。それでは、どうしたら拒否できるのかを退職日の引き延ばしを打診する理由とともに紹介します。


無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

退職後に保険証を発行出来るか不安な人は多いはずです。保険証がなければ医療費の負担も非常に大きくなります。しかし、必要な手順を知っておけば退職後の無職の状態でも保険証の発行が可能です。正しい知識を身につけ、無職の状態でも必ず保険証は所持しておきましょう。