転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職活動を始めようと考えたときにベストなタイミングはいつなのでしょうか?退職してからなのか、する前なのか?、転職に有利な時期は人それぞれ異なります。この記事では、あなたに合った転職のタイミングを知る方法を紹介します!




転職を考えたとき、重要になってくるのが転職のタイミングではないでしょうか。いつから転職活動を始めるのかを決めるためには、採用する側の企業に合ったタイミングや採用状況を見極める必要があります。


この記事では、転職のタイミングの重要性や適切な転職のタイミング、そしてタイミング以上に重要なポイントもお伝えしていきます。

転職のタイミングは重要なのか?

転職活動のタイミングはすごく重要

転職をする上で、「いつ転職するか」といった転職活動のタイミングはとても重要です。いざ、転職しようと思っても、自分の働きたい業界での需要がない、あるいは少ないといった状況であれば、どんな人でも転職活動は不利になってしまいます。


採用する側の立場になって考えてみれば「いい人材だけど、今は特に、人手は十分だから・・・」となれば、採用を見送る気持ちもわかりますよね。


反対に、大手企業や就活生に人気のある職種であっても、需要がある時期での転職は有利に進む場合も。「どうしても来月までに採用しなくては!」と会社側が焦っている時期だと、自分の実力以上の会社でも採用されることもあるでしょう。今後、自分の働きたい職場や業界に合わせて、適切なタイミングを見極めて転職活動を始めるのが効果的と言えます。

企業が人材を求めている時期ではないと優秀な人でも落とされる

人手が十分であり、新しい人材を求めていないような時期に転職活動をした場合、どんなに優秀な人でも採用されることはありません。企業では、年間の採用人数をある程度決めている場合も多く、いくら優秀な人材でも採用予定数を超えて採用するということはめったにないでしょう。


また、それを知らずに色んな企業に何度も面接に向かい、不合格をもらうことは自分に自ら精神的なダメージを与えてしまうようなものです。人材が充足している時期の不採用の理由は、あなたのスキルや人柄、経験値が少ないからではありません。単に、企業として新しい人材を求めていないというだけなのです。


そのため、企業も人材を求めている時期に転職活動をすることが会社にとっても自分自身にとっても大切です。

求人を出していても、実際はクローズしている可能性はある

「いつでもWEBサイトに求人が掲載されているし、時期は関係ないのでは?」と思う企業もあるでしょう。しかし、求人を出していても積極的に募集を行っていない企業もあります。


そのため、企業のサイトだけを見て、「自分の転職したいタイミングで履歴書を送ってみよう」と判断するのは少し早いかもしれません。あなたが転職することを決めたなら、まずはその企業に連絡をし、実際に求人を募集しているか確認してみましょう。


直接メールや電話をしてみると、「サイト掲載はしているのですが、現在のところ募集はしていません」といった返答をもらうこともあります。まずは、会社側の状況を正しく把握し、受け入れられる状態であれば転職活動を進める方が効率的でしょう。

タイミングは重要であるが、最も重要なのは転職意思

転職活動の決め手はタイミングですが、タイミングが悪いからといって転職活動を諦める必要はありません。転職するために最も重要となるのは、あなたの転職意思です。


いくらタイミングを合わせようと考えても、実際のところそのタイミングで転職が可能となるかはわかりませんよね。「転職したい」と思った時期と、転職のベストタイミングが数ヶ月ずれていたというケースも少なくありません。


転職したいという自分の意思が固まったら、そこから、よりよい転職のタイミングを考えていくといった考え方でタイミングを図りましょう。自分の転職したいという意思を尊重し、「自分でベストなタイミングを作る!」と積極的に転職活動を始めたツワモノもいます。

離職期間が長いと選考で不利になる

ただし、いつまでものんびり転職活動をしていて良いというわけではありません。「良いタイミングを待っていたら、もう半年経ってしまった」などということがないように、できるだけ離職期間が短くなるように退職のタイミングも考えておきましょう。


離職期間が長いと、採用する側も「転職活動に苦戦しているんだな」「何社も落ちている人材なのかな」と感じ、選考で不利になってしまうことも多いです。また、自分自身も転職活動に対するモチベーションが下がり、「もうどの会社を受けても採用されないのでは」とネガティブになってしまう就活生も多いものです。


面接を受けたい企業のリストアップや書類選考の準備など、在職中からできる転職活動は退職前に進めておき、離職期間は短くする工夫をしましょう。

【調査結果】転職活動をどのタイミングで行いましたか?

社会人161名を対象に、「転職活動をどのタイミングで行いましたか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。


上司に退職することを伝える前:71%

上司に退職することを伝えてから:9%

退職後すぐに:7%

退職後期間が空いてから:13%


調査の結果、上司に退職することを伝える前に転職活動を始める人が71%いることが分かりました。


それでは、「上司に退職することを伝える前」「上司に退職することを伝えてから」「退職後すぐ」「退職後期間が空いてから」のタイミングについて、解説していきます

退職後の転職活動をするタイミングは?

上司に退職意思を伝える前

転職活動をして、ある程度次の職場で働ける目処が経ってから上司への報告をする人もいます。「退職することを決めてからって、会社へは事後報告って良いの?」と思われる方もいるかもしれませんが、今勤めている会社の業務に支障をきたすことなく、転職活動をしているのであれば特段問題はありません。


ただし、会社によっては自分の想像以上に退職までの日数がかかってしまうこともあります。引き継ぎや退職の手続き等も踏まえて、退職意思を伝えてから次の職場に入社するまでは数ヶ月の猶予があると良いでしょう。退職意思を伝える前に、転職活動をして次の職場を決めておけば安心して引き継ぎ業務を行うこともできますよね。

上司に退職意思を伝えた後

今の会社を辞めることを先に決めており、上司に退職する旨を伝えてから転職活動を始めることもできます。もし、次の職場も今と同じような業界で働くのであれば、周囲に隠すことなく転職活動を行えるので自分の気持ちも楽だったという人もいます。


ただし、周囲はあなたの転職を応援している人ばかりではないかもしれません。「会社に残る人の気持ちも考えて欲しい」「転職先が見つかってずるい」と、あなたの転職活動を良く思わない人もいます。職場の誰にどこまで転職活動について話すかは、自分で周囲の状況を見ながら冷静に判断しましょう。


また、退職意思を伝えることで「転職活動を真剣に行わなくては!」と自分にプレッシャーをかけることができるといったメリットもあるでしょう。

退職後すぐに

退職をしてからすぐ、転職活動を開始する人もいます。とにかく、今の会社を辞めるのが先といった方や、在職中は忙しくて転職活動にまで気が回らないといった人もいますよね。


また、家庭の事情などですぐに次の就職先を見つけなくてはいけない人もいるでしょう。この場合は、退職月をできるだけ転職に有利なタイミングに近づけることが大切です。勢いだけで会社を辞めてしまい、実際に転職活動をしてみたら全然採用されない・・・となると、精神的にも金銭的にも負担が多く、転職活動にも身が入りません。


自分の転職活動を有利に進められるよう、退職の時期を考えておくことが大切です。退職まで忙しいのは仕方ありませんが、スキマ時間を使うなどできることは少しでも始めておくと良いでしょう。

退職後に期間が空いてから

退職し、少し時間が経ってから転職活動を行う人もいます。前職で体調を崩してしまった方や休養が必要な方、金銭的に少し余裕のある方は急いで転職活動をしない場合もありますよね。


もちろん、ある程度の休暇やリフレッシュも必要ですが、離職期間の長さだけには注意しましょう。引く手あまたの業界への転職や、まだ若い人材で需要がある場合を除き、できるだけ早く次の職場を探すことが重要です。


自分のできることから少しずつ転職活動を始め、仕事を始める時期に関わらず、早めに採用してもらえる会社に出会っておきましょう。なかなか、次の就職先が決まらないと、焦って気持ちも落ち着かいないものです。

転職市場的に有利なタイミングとは?

求人が多い時期

転職するのに有利なタイミングは、2、3、8、9月です。年度始めの4月や中期の10月に入社式を行う会社が多いため、その数ヶ月前が狙い目でしょう。ただし、勤めている会社によっては、年度末の3月は繁忙期かもしれません。


その場合は、早めに2月に転職活動をするなど今の仕事との調整も頭に入れておくと、スムーズに転職活動を進めることができるでしょう。反対に、夏の8,9月は休暇を取れるタイミングの方も多いはずです。


転職先の会社がお盆休み等の可能性もあるので、時期をずらして休暇を取って就職活動をすれば、今の会社の社員にも感謝され、自分も良いタイミングで転職活動ができると思います。見通しを持って余裕のある転職活動を心がけましょう。

新卒と同じタイミング

新卒と同じタイミングで転職活動をすると、企業側の受け入れ準備ができているため採用されやすくなる可能性がぐっと上がります。新しい社員を受け入れる準備は、どの会社でも基本的に人事担当者が行っていますよね。人事担当者の仕事は多く、求人広告を出すところから入社説明会、研修準備ととにかく多忙です。


そんな中、全く他の入社希望者がいないタイミングで「採用して下さい!」と入社を希望されても人事担当者も困ってしまいますよね。受け入れる側の状況を考えた転職活動は、自分の採用率にも大きく関わってくることでしょう。

新卒入社後に転職を考えるタイミング

転職することは当たり前

「新卒で入社した会社で一生働かなくてはならない」といった考えはもう古く、「入社3年以内の離職率は3割」とも言われています。


今の時代、転職することは当たり前であり「就活に失敗してしまった」「自分は社会人失格かもしれない」と、転職を考える自分を責める必要はありません。


むしろ、新しい会社で自分の実力を試したいと、ポジティブに転職を考える人も増えてきています。今の会社が合わないと感じてしまうのも、もしかすると、自分が成長したらかもしれません。自分の転職意思を前向きに捉え、いつ転職するかを考えていきましょう。

入社3年前後

入社3年以内であれば専門的なスキルを問われないことも多く、第二新卒が優遇されている年代です。また、一定期間1つの会社に勤めていた経験から、自分が働いている中で感じたこと、今後の自分のキャリア設計などをより具体的に話せる経験も積んでいることでしょう。


採用する側も、明確な転職理由があれば入社3年程度経った人材の雇用には前向きになります。新卒より社会人経験があること、30代の転職者よりフレッシュな人材であることをアピールできる良いタイミングでの転職となるでしょう。

入社後すぐの転職はイメージダウン?

入社1年未満など、入社後すぐの転職は次の就職先から見てもイメージダウンにつながる恐れがあります。次に採用する側から見れば「継続力、忍耐力が不足しているのでは?」「またうちの会社もすぐに辞めてしまうかも」といった不安材料になってしまいます。


もし、入社後半年で転職を考えているのであれば、まずは1年頑張って働くことができないか考えてみてください。明らかにブラック企業に入ってしまった、うつ病等病気になってしまったということがない限り、すぐに退職を決意しない方が自分のためというケースもあります。

転職でタイミングより重要なポイント

転職へのモチベーション

ここまで転職のタイミングに焦点を当てて考えてきましたが、最も重要なのは転職へのモチベーションです。いくら、今の会社を辞めたくても、転職にベストなタイミングが来たとしても、転職するために頑張って活動するぞ!という意思がなければ、厳しい転職活動を続けていくことが難しいでしょう。


「単に今の会社から逃げたいだけなのでは?」ともう一度自分の考えを見直し、転職に対する意思を固めた上で、転職活動を始めることが成功への近道かもしれません。

タイミングが合わなくても転職エージェントで解決

もし、転職活動をする意思が固く、タイミングだけが良くないといった場合には、転職エージェントを利用するという方法があります。


自分で転職活動するには不利なタイミングでも、あなたより知識も情報もある転職エージェントに相談することで、よりよい転職先を見つけてもらったり、企業の最新情報を得ることができます。


また、希望の勤務地や給与を伝えるだけで、自分に合う企業かつ求人を出している企業を紹介してくれることもありますよ。困ったときには、様々なサービスを利用するというのも一つの方法です。

まとめ

転職をしようと考えたときには、転職活動を始めるタイミングを様々な視点から考えていくことが大切です。いくら自分が転職したくても、採用してくれる企業が人材を求めていなくては意味がありませんよね。需要と供給がぴったり合うタイミングで効率的に転職活動を行いましょう。


また、タイミングが合わないときには、転職エージェントを活用することもできます。自分に合った転職先を見つけるために、この記事が参考になれば嬉しいです。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


転職 タイミング

関連する投稿


転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

三年以内の離職率三割と言われるように転職することが当たり前とされています。しかし、転職することに対してポジティブな意見ばかりではありません。転職回数が多いことに否定的な意見もありますが、多すぎると言われてしまう基準はいくつくらいなのでしょうか?


業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外にも上司からメールが止まらない、電話がかかってくる、など逃れられない状況に置かれた人がするべき対策集です。そもそも業務時間外の労働の基準はなんなのか、というところから業務時間外労働の断り方まで幅広く紹介しています。


モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

「上司のあの行動、もしかしてモラハラなんじゃ・・・?」職場で上司や同僚から嫌がらせを受けた経験はないでしょうか。自分ではなかなか判断しづらく、つい我慢してしまう方も多いのかもしれません。 実際に、職場でのどのような行動がモラハラに当たるのか、自分がモラハラにあったときの対策などをまとめました。


転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

今回で3回目の転職…まだ、20代なのにこんなに転職を繰り返しても良いのだろうか?面接でしっかりと説明すれば、運が悪く転職をしていることをわかってくれるのだろうか?複数回転職をすると継続して働くことができない人という印象を与えてしまうので不安になりますよね。


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


最新の投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職の意向を伝えたのに退職日の引き延ばしの打診をされた…と悩んでいる人は少なくないです。本来、会社側には一定期間を超えて退職日を引き延ばす権利はありません。それでは、どうしたら拒否できるのかを退職日の引き延ばしを打診する理由とともに紹介します。


無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

退職後に保険証を発行出来るか不安な人は多いはずです。保険証がなければ医療費の負担も非常に大きくなります。しかし、必要な手順を知っておけば退職後の無職の状態でも保険証の発行が可能です。正しい知識を身につけ、無職の状態でも必ず保険証は所持しておきましょう。