仕事で人生が虚しいと感じてしまう…虚しい理由とその解決法

仕事で人生が虚しいと感じてしまう…虚しい理由とその解決法

仕事で虚しいと感じている人も多いのではないでしょうか。疲れた、もう辞めたい…そう思ってしまうのはなぜでしょうか?仕事はやりがいをみつけることで格段にできるようになります。人生をもっと楽しむためにも、虚しさを解消する方法を探してみましょう!

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

仕事で虚しいとばかり感じるのはなぜ?

仕事で虚しいとばかり感じる…そんな人も多いでしょう。それでは、そのように感じる理由は何なのでしょうか。

日々の仕事に変化がないから

入社してすぐは覚えることがたくさんあり、不安や大変さを感じると同時に、期待も感じていたのではないでしょうか。しかし、慣れてくると、真面目にやっても手を抜いても評価が変わらない、ということに気づいてしまったり、真面目にやっているのに明らかに手を抜いている人よりも評価されないと理不尽に感じたりすることもありますよね。


そうすると、ただ淡々と与えられた仕事をこなすだけになったり、適当に手を抜き始めたりしてしまいがちです。自分は報われないな、と思いながら同じようなことを繰り返すだけの毎日はつまらないですよね。それが虚しさに繋がってしまうのです。

目標がないから

何か目標があるときは辛いことでも頑張ることができますよね。しかし、目標がなかったりあきらめてしまったりすると、頑張る理由がなくなってしまいます。それだけではなく、理想と現実とのギャップに気が付き、いつのまにか目標がわからなくなってしまったということもあります。目標がないと先の見通しがたたず、毎日がただ過ぎていくだけの日々となります。虚しさを感じてしまうのも当然です。

周りから期待や評価されないから

周りの人に期待されたり、自分の頑張った仕事を褒めてもらったりすることは嬉しいと思います。人は誰でも認められたいという気持ちを持っています。期待されすぎるのは逆にプレッシャーになってしまうこともありますが、周りから期待や評価をされないと、自分に自信を無くしてしまったり、自分はこの会社にいなくてもいいのではないかと思ってしまったりします。


特に、同僚が出世していくのをただ眺めていることしかできなかったり、部下が自分よりも先に出世してしまったりすると会社のために頑張り続ける理由がわからなくなってしまいがちです。そうすると、職場での自分の存在価値がわからなくなり、虚しさを感じてしまうのです。

成長を実感できないから

自らの成長を実感したとき、誰でもうれしい気持ちになるでしょう。自信もつき、もっと頑張ろう、という気持ちになれますよね。しかし、初めのころはすぐに成長を感じることができてもしばらくするとすぐには成長を実感することはできなくなり、焦りを感じてしまうこともあります。


周りからの期待や評価と同様に、自らの成長を実感できないことも自信を無くし、職場での自分の存在価値がわからなくなる原因となります。そして虚しさを感じてしまうのです。

仕事が虚しいと感じるのは悪いことではない!

真剣に人生を考えているからこそ

ここまで読んでやっぱり自分はダメな人間なんだ…そう感じてしまった人もいるかもしれません。しかし、本当はその逆でそのように感じる必要はありません。仕事に虚しさを感じている人は、人生がこのまま終わってしまっていいのか、何か他のことをするべきなのではないか、というように、人生に対して真剣だからこそ悩むのです。


虚しさを感じるのは、自分の将来や展望が見えておらず不安だからという面もあります。だからこそ、このままで終わりたくない、もっと良い人生にしたいという考えを持っている自分に、自信を持って欲しいのです。


仕事はお金を稼ぐためだけのもので、適当に手を抜いてやればいいや、と思っている人は、仕事が虚しいと感じることはありません。仕事をその程度のものだと考えているからです。だからこそ、虚しさを感じている人は自分の今の仕事、そしてこれからの人生をどうしていきたいのか、ということをじっくり考え、成長のきっかけにしてみてください。

自分にとっての仕事とは?

仕事に虚しさを感じたときには、一度初心に戻って考えてみることが効果的です。自分にとって仕事はどんなものなのでしょうか。まずは自分の心に以下の二つのことを問いかけてみてください。

社会人になるときに持っていた目標は?

社会人になるとき、あなたはどんな目標を持っていましたか?もしくは仕事を続ける中で何か目標はできましたか?親孝行をしたい、社会貢献したい、という誰かのために頑張りたいという目標をもっていた人もいれば、仕事で成果を出すぞ!と意気込んていた人、あれ、目標なんてあったっけ?という人まで様々でしょう。


もし、目標があったのであれば今の自分は目標を達成している、もしくは目標に近づいているでしょうか。目標を明確に持って仕事をするだけで、仕事の出来は格段に上がります。目標があったならばそれを達成する努力を、目標がないのであれば今からでも目標を立ててみてはいかがでしょうか。少しは虚しさが解消されるかもしれません。

なぜ今の会社に決めたのか?

なぜ、今の会社に決めたのか覚えていますか?働きたかった職種だから、福利厚生が良かったから、年収が良かったから、などたくさんの理由があるでしょう。


たとえ、希望の会社ではないとしても、ここまでなら妥協できるという最低ラインよりは上に位置していた会社でしょう。確かに仕事は大変だったり、つまらなかったりするかもしれませんが、それはマイナス面ばかりを見てしまっているからなのかもしれません。今の会社の持つプラスの点についてももう一回考えてみてください。

仕事に虚しさを感じた時に考えるべきこととは?

仕事に虚しさを感じるといってもその ‟虚しさ”にも程度があります。その程度を知るためにも以下の3つについて考えてみてください。

プライベートとの兼ね合い

仕事が楽しければいいのですが、仕事に何の意義も感じないのに朝から晩まで働き詰めでそのうえ土日も出勤する…などというように、仕事にプライベートを奪われてしまう、というのは果たして良いことなのでしょうか。


家族との時間を大切にするためにプライベートの時間もある程度確保できるような職場に転職したり、自分が鬱になりそうだと感じてそうなる前に退職したりする人もいます。これは人生の中のどの位置に仕事を位置づけるのかにもよるのですが、仕事を人生の生きがいとしている人以外はやはりプライベートも大切にしたいのではないでしょうか。


プライベートの時間はとても大切です。虚しさがあまりにも深いのではなければ、プライベートの時間が充実していればその時間のために仕事を頑張ろうという気持ちになれたりするものです。


もし、プライベートの時間にすることがなく、休日を何もすることなく過ごしているという人がいれば何か一つでも趣味を見つけることをおすすめします。プライベートが充実すると仕事がうまくいく人も多いように、プライベートを充実させることは仕事がうまくいくきっかけとなることもあるのです。

現在、そしてこれからの給料

他人から評価されないことを嘆いている人は多いかと思いますが、毎月支払われる給料だって、あなたを評価するもののひとつです。もし、満足のいくお給料をもらっているのであれば、給料という面では正当に評価されているのです。


また、今後も満足のいくお給料をもらい続けられる保障があるのであればきちんと評価されているのではないでしょうか。もし、これに当てはまるのであればその虚しさは仕事に対するものではないかもしれません。

工夫したらやりがいを感じられるようにならないか

一番良いのは今の仕事にやりがいを感じられるようになることです。無理矢理にでも何かやりがいを見いだせないでしょうか。例えばお客さんに喜んでもらうことを一番に考えたり、今の仕事に新しいやり方を取り入れたりすることです。それによって虚しさが解消されるかもしれません。


また、自分のやりたい仕事を提案してみたり、自分の得意な部分や自分の好きな部分に、力を入れて取り組んだりするのもいいのではないでしょうか。もちろん、やりたくない仕事だからといって手を抜くことは許されませんが、最低限やるべきことを済ましておけば咎められることはありません。熱意が伝われば、新しいことにチャレンジする機会をもらうことができるでしょう。

仕事の虚しさを解消できないときはどうしたらよい?

上記のどの方法を用いても虚しさが解消できない…ということもあるでしょう。実は自分の中で中で何かが見つかれば、虚しいという感情はなくなります。しかし、それを見つけるためには大きな選択をしなければいけない場合もあります。一時の感情ではなく、よく考えてから決断してみてください。

今は我慢して頑張ってみる

虚しさは仕事を続ける中でどうしても出てきてしまう感情です。それが、一時的なものであると感じるのであれば、時間が解決してくれると信じて今のまま仕事を続けるのも一つの手です。担当が変わったり人事異動で周りの人が変わり、徐々に虚しさが解消されていく可能性もあります。もし、それでも虚しさが解消されなければそのときに考える、というのも悪くはない選択なのではないのでしょうか。

異動届を出す

社内で部署異動や転勤ができるのであれば、異動届を出してみるのはどうでしょうか。必ずしも希望が叶うというわけではないですが、社内に自分の興味のある仕事があるのであれば有効な手です。もし、希望の場所に異動できなくても環境が変わって虚しさを感じなくなる可能性もあります。

転職する

今の会社に自分の将来を感じない、どう頑張っても虚しさを解消できそうにない、給料があまりにも少ないと思う、そもそも会社自体に嫌気が差している、このままだと自分がだめになりそう、という場合は転職するのも一つの手です。


転職することに対して抵抗がある人もいるかもしれませんが、今の時代、転職は珍しいことではありません。転職することは「負け」や「逃げ」ではありません。むしろ、それは未来に向けた大きな「前進」だといえるでしょう。


周りの目を気にして転職するか悩んでいるのであれば、転職するべきです。あなたが考えているほど人は他人のことは気にしていません。たとえお世話になってきた上司や頼りにしてくれる後輩がいるとしても、そのうえで虚しさを感じているのであればそれはその程度だということです。転職することに抵抗がある人は、まずは転職のプロに相談してみて、仕事内容、給料、福利厚生などを鑑みたうえでどうするか考える、というようにしてみてはいかがでしょうか。


転職するときには前の会社を円満に退社したいですよね。そう考えている人はぜひ下の記事を参考にしてみてください。

仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/500

仕事を辞めることが決定したら、次は辞めどきはいつなのか考えるでしょう。基本的には、退職することは労働者の権利であるため、自分次第となります。ただし、円満退社を望むのであれば、会社にとっても良いタイミングであることが求められます。この記事では、理想の辞めどきを紹介しています。

しかし、転職をする際には注意してほしいことがあります。勢いだけで転職するのではなく、新たな目標を立て、「自分の本当にやりたいこと」ができるような会社に転勤してください。

まとめ

仕事において、頑張っても評価されなかったり、やりがいを感じられなくなる瞬間というものは誰にでもあり得ることです。だからこそ、自分の虚しさの程度を知り、正しく対処することが大切です。虚しさを感じることはチャンスでもあります。自分の気持ちと真剣に向き合い、成長のきっかけと出来たらよいですね。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


会社 虚しい

関連する投稿


会社が服装を指定する理由は?オフィスカジュアルのマナー!

会社が服装を指定する理由は?オフィスカジュアルのマナー!

会社によって業務中にしている服装は様々でしょう。今回は、会社が服装を指定する理由と最近増えているオフィスカジュアルのマナーについて説明します。この記事を読んで、明確なルールが定められていないことが多い服装マナーを覚えてみてください!


仕事で評価されないと悩んでいるあなたへ!評価されるための対策

仕事で評価されないと悩んでいるあなたへ!評価されるための対策

仕事で評価されるためにはどうすればいいのでしょうか?あなたの会社での評価が低い理由や原因、そして会社や仕事で評価される人間となるための対策を紹介します。仕事や会社で良い評価を得られるようになるためにも参考にしてみてください。


会社の平均年齢が高いことによる影響とは?注意すべき点!

会社の平均年齢が高いことによる影響とは?注意すべき点!

近年、日本の会社の平均年齢が世界的に見ても非常に高くなってきています。そんな中で会社の平均年齢が高いことによりどんな影響が生まれるのか?平均年齢の高い会社で勤務する際に注意すべき点について詳しく紹介していきたいと思います。


会社をボイコットするのは違法か?正式にボイコットする方法

会社をボイコットするのは違法か?正式にボイコットする方法

「会社をボイコットしたい…」会社からの日々のストレスが溜まっていくとこのように考える人もいるでしょう。しかし、ボイコットの意味は何か?ストライキとはどう違うのか?違法にはならないのか?会社をボイコットするためにはどのようにすれば良いのか?など理解している人は少ないでしょう。この記事で説明するので参考にしてください。


会社の休憩時間は正しく休めてる?知らなきゃ損すること!

会社の休憩時間は正しく休めてる?知らなきゃ損すること!

会社の休憩時間はしっかり取る必要があります。それ故、法律の観点からしっかりと休憩時間について理解しておく必要があります。また、休憩時間の過ごし次第で仕事のパーフォーマンスは変わってきます。心身ともにリフレッシュのできるように過ごしましょう。


最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。